屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/17更新】

  台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

HOME > ブログ > 劣化した棟板金の傷み具合|横浜市港南区

劣化した棟板金の傷み具合|横浜市港南区

更新日:2018年7月1日

今回は築年数が経ったお宅の棟板金の調査に伺いました。

最近弊社への棟板金についてのお問合せの中に「近所で工事をやってるものですが。」などで話しかけられ、不安になり調査依頼を頂くといった事が多いです。

実際そんな離れたところから細かく分かるかは疑問ですが、言われてしまうと不安になるのも当然です。正しい情報なのか確認の為にも調査致します。

棟板金は、屋根のいちばんてっぺん、高いところに設置してある雨漏りを防いでくれる重要な役目を担う部分になります。

通常ですと耐用年数は15年ほどですが、棟板金を固定するために内部にあります貫板と呼ばれる木材がなんらかの要因で雨水を吸ってしまい腐食すると、固定するために使っている釘が浮いてしまい、結果棟板金が剥がれかかっていたりなどが、よくある症状です。もちろんこうなったから今すぐ雨漏りに繋がるわけではございません。

屋根材の下には防水紙もあり、雨水の侵入を防いでくれます。だからといって、釘が浮いている状態で放置しておりますと、なにかしら強風で煽られたりした時に最悪板金が飛んでしまい、近隣の車に落ちたり、通行人に危害を与えてしまったり、想定外の事態を招くことになります。

今回は棟のどの部位を見てもほぼ釘が浮いており、棟板金自体にもサビが見受けられ相当劣化が進行しているのがわかります。

棟板金はステンレスビスでの固定で部分補修したりなどができ、棟板金を交換しなくても大丈夫な時もございます。

しかし今回のような釘が明らかに浮いてそこからの雨水の侵入などがわかり、サビも見受けられます所から想像しますと、中の貫板も腐食が進んでいるために、さらに釘が固定できなく緩くなっている状態を分かります。

これほど劣化が進みますと釘を打ち込んだり、再固定するための部分補修ではなく貫板からの交換となる棟板金交換工事が必要とわかります。

しっかり固定されていれば本来指が入るスペースはございませんが、大体の部分でスっと指が入ってしまうほど、板金自体も固定されていません。

落下などしたときの事を考えますと、はやめの交換工事が今回は必要です。

定期的な点検を行っていますと、ここまでになる前に補修ができ、最小限の出費で抑える事もできます。

街の屋根やさんでは点検調査は無料です。訪問業者からの思わぬ一言で冷静な判断ができなく無駄な工事をしてしまう前に適正な点検で建物を守りましょう。

フリーダイヤル 0120-989-936 まで。

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市港南区のその他のブログ

      2018/11/9 横浜市港南区で雨漏り調査、出窓霧除けの破損が原因でした
      横浜市港南区で雨漏り調査、出窓霧除けの破損が原因でした

         隙間があれば雨水は色々なところに雨漏りの被害をもたらします。横浜市港南区W様のお宅より、「少し前より出窓から雨漏りしている」とのお悩みのご相談がありましたのでお伺いいたしました。出窓の窓枠や出窓と外壁の取合いからの雨漏りはよくありますが、横浜市港南区W様のお話によると、出窓自体から雨漏りが発生しているようです。出窓や庇に絡んだところからの雨漏りは雨漏りが発生しやすい箇所ですが、...続きを読む

      2018/10/30 横浜市港南区にて台風で破損した棟瓦・桟瓦の調査
      横浜市港南区にて台風で破損した棟瓦・桟瓦の調査

         本日は横浜市港南区K様より、「先日の台風で瓦の一部が落下、屋根の上に上れない為、状況が気になるので調査をしてほしい」とのご相談をいただきました。K様宅の前は一通りもあり、瓦が落ちて被害が出ては大変です。早速調査に伺ってまいりまいた。 「棟瓦の一部が崩れております」 今回の台風では瓦屋根の一部が破損・落下したとのご相談は結構いただいております。K様宅の様に棟瓦...続きを読む

      2018/10/14 横浜市港南区で台風によってスレート屋根の棟板金が飛散
      横浜市港南区で台風によってスレート屋根の棟板金が飛散

         本日は横浜市港南区にお住いのW様より、先日の台風によるスレート屋根の棟板金飛散の調査のご依頼をいただきました。W様邸は築25年程、建物に関しては定期的にメンテナンスは行ってきたそうです。屋根に関しても数年前に塗装は行った様ですが、棟板金の状況までは把握していなかったとの事です。 「飛散した棟板金」 今回の台風の被害を受けて、初めて屋根の状況を把握する方も少...続きを読む

      2018/10/11 横浜市港南区にて台風により吹き飛ばされたスレート屋根ニチハのパミール
      横浜市港南区にて台風により吹き飛ばされたスレート屋根ニチハのパミール

         台風24号により屋根材が吹き飛ばされてしまい一晩明けたら庭先にスレート屋根材が散乱していたという横浜市港南区のお宅へ点検調査に伺いました。 既にお客様の方で玄関先に散乱していたものがまとめられており、台風の脅威を感じられます。さっそく屋根のどのあたりが吹き飛ばされたのか。まだ屋根材がひょっとしたら残っていないか等思いつつ、屋根に上がってみました。 【残っていた屋根材を見...続きを読む

      2018/09/30 横浜市港南区で銅製雨樋の破損を調査、銅や金属製の雨樋もお任せ下さい
      横浜市港南区で銅製雨樋の破損を調査、銅や金属製の雨樋もお任せ下さい

         硬質塩ビ製の雨樋が主流となっている昨今ですが、和風な建物にお似合いの銅製雨樋もまだまだ需要はあります。アルミ製やステンレス製の雨樋もありますが、和風な建物にはやっぱり銅製雨樋がお似合いです。銅製雨樋のデザインや形状が、和風な建物に良く似合うように造られているということも理由の一つです。横浜市港南区Y様のお宅より「金属の雨樋が破損してしまい困っている」とのお悩みのご相談がありまし...続きを読む

      2018/06/25 築40年アパート共用部の調査|横浜市港南区
      築40年アパート共用部の調査|横浜市港南区

         本日は築40年、一度もリフォームしないままのアパート共用部、廊下や階段の点検調査をご依頼頂きましたので、その様子をお伝え致します。 屋根は一度リフォームしているとの事ですが、専有部を含め、共用部は手をかけてないとの事で、それがきっかけで今回のお問合せとなったようです。 ではさっそく見てみます。 安心して生活していただけるように コンクリートの廊下にはコケ...続きを読む

      2018/06/1 横浜市港南区|マンション屋上笠木補修工事の様子
      横浜市港南区|マンション屋上笠木補修工事の様子

         本日は横浜市港南区のマンションで行われた笠木補修工事の様子をお伝えいたします。こちらのマンションでは、先月の強風時に笠木の一部が飛散する被害がございました。一般住宅とは違いマンション屋上に設置してある部材との事もあり、重さ、大きさはそれなりにございます。飛散した一部は見つかっていない様ですが、二次被害の報告は入っていないそでうです。 今回は飛散した部分の現状復旧...続きを読む

      2018/05/28 良かれと思って設置したはずのベランダ桝で不具合|横浜市港南区
      良かれと思って設置したはずのベランダ桝で不具合|横浜市港南区

         最近は雨樋関連の部材も改良が進み、調査をしていてもそれを実感する機会が増えて参りました。ベランダやバルコニーの手摺壁から排水するための受け部材を、ベランダ桝やバルコニー桝などと呼びますが、この部材も改良が進んでいるようです。今までのベランダ桝は、上から見下ろすと雨水の流れがそのまま見えるようになっておりました。沿岸部や木々が近くにあるお宅では、砂や枯れ葉が詰まってしまい、街の屋...続きを読む

      2018/05/19 棟瓦の不具合でお困りの方へ|横浜市港南区
      棟瓦の不具合でお困りの方へ|横浜市港南区

         今回は棟、屋根の一番高い部分の瓦がズレているとお問合せを受け、お伺い致しました。横浜市港南区T様邸の屋根は洋瓦のモニエル瓦です。 今では手に入らない瓦のために、替えがききません。部分的に新しいものに交換というわけにもいきませんので、屋根にあがる私共も細心の注意を払わなければいけません。 当たり前ですが、どんな屋根に上がる時も同じ気持ち、段取りをし調査、点検をさせてい...続きを読む

      2018/03/31 横浜市港南区|屋根一面にフィルム!?雨漏り調査
      横浜市港南区|屋根一面にフィルム!?雨漏り調査

         本日は横浜市港南区にお住まいのT様宅より、雨漏りのご相談を頂ました。T様宅は築30年、10年程前に建物全体のメンテナンスは行ったそうですが、数年前から2階天井部分に雨染みが確認できる様になったとの事です。そこで、屋根に不具合があるのではと思い、今回、調査の依頼を下さいました。 実は5年程前にも別の業者さんに点検を行ってもらい、屋根の一部を補修したそうですが、その...続きを読む

      2017/10/5 横浜市港南区|金属屋根の瓦棒葺きをガルバリウムで屋根カバー工事③
      横浜市港南区|金属屋根の瓦棒葺きをガルバリウムで屋根カバー工事③

         横浜市港南区のお宅で、金属屋根の瓦棒葺きにガルバリウム鋼板を使用した屋根カバー工事を行っております。前回は防水紙の設置とドブの加工と設置をお伝えしました。工事は終盤に差し掛かり完成間近です。本日はカッパの取付けと棟板金取付けの様子お伝えします。   【カッパの取付け】 瓦棒葺きは規則正しい間隔で、心木のサイズもほぼ統一されております。瓦棒葺きのカバ...続きを読む

      2017/09/30 横浜市港南区|金属屋根の瓦棒葺きをガルバリウムで屋根カバー工事②
      横浜市港南区|金属屋根の瓦棒葺きをガルバリウムで屋根カバー工事②

         横浜市港南区のお宅で、金属屋根の瓦棒葺きにガルバリウム鋼板を使用した屋根カバー工事を行っております。前回は軒先部分の加工や水切りの設置をお伝えしました。本日は防水紙の設置とドブの加工と設置の様子お伝えします。   【防水紙の設置】 防水紙には、改質アスファルトルーフィングを使用します。ロール状で入荷されます。この防水紙をドブという凹んだ部分の幅に合...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市港南区の施工事例一覧

      横浜市港南区の住宅で軒どいを半円形から角形へ交換

      【施工内容】
      雨樋交換 足場

      横浜市港南区の雨漏りのしている瓦棒屋根を補修工事

      【施工内容】
      屋根葺き替え 雨漏り修理

      ガルバリウム鋼板

      横浜市港南区の施工事例 屋根カバー工事 屋根材:ヒランビー使用

      【施工内容】
      屋根カバー工法 屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー