屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市旭区でS型瓦の漆喰工事が始まりました

横浜市旭区でS型瓦の漆喰工事が始まりました

更新日:2017年4月29日

横浜市旭区で漆喰工事が始まりました。屋根工事には最適な晴天で屋根の上はちょっと暑いくらいに良い天気で良かったです。

漆喰の詰め直し工事に使用するのは、『シルガード』です。施工のしやすさと耐久性を兼ね備えていて、現在使われている漆喰の殆どがこのシルガードです。昔からある本漆喰は、寺社仏閣などでしか使われていない様です。

屋根はS瓦といって洋瓦に分類される瓦です。日本瓦の棟瓦は、のし瓦が何段か積んであるので、のしと桟瓦の間に漆喰を詰めるのですが、S型瓦はその様な納まりになっていないので、少し施工方法が変わります。

丸い棟瓦の奥まで漆喰が詰まっていますので、通常の状態では古い漆喰を剥がす事が困難になります。ですので、S瓦の場合は一度棟を取り外してから古い漆喰を剥がさなければなりません。

この様に古い漆喰を剥がして土の状態にしていきます。ここから漆喰を詰めていって棟を戻して納めていきます。漆喰詰め直し工事というよりは、棟の積み直し工事に近いかもしれませんね。漆喰工事は古い漆喰を剥がさなければ意味がありません。古い漆喰の上に新しい漆喰を塗っても一緒に剥がれてしまうからです。もし『漆喰は詰め直しで大丈夫です!』という業者がいましたら瓦屋根の納まりをちゃんと理解していない証拠ですので注意しましょう。横浜市旭区のS型瓦屋根の漆喰工事は明日までですので、漆喰を塗っている様子はまた次回アップさせて頂きます。

漆喰工事についてご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問い合わせください。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      横浜市旭区のその他のブログ

      2018/04/15 横浜市旭区|破風板補修・軒天工事時の様子
      横浜市旭区|破風板補修・軒天工事時の様子

         本日は横浜市旭区のN様宅の破風板補修と軒天工事の様子をお伝えいたします。N様宅では今回、屋根のカバー工事と外壁塗装を行う予定でおります。そこで、以前から気になっていた腐食した破風板の補修と軒天ボードの工事も合わせて行うことになりました。ご予算などの都合もあり、破風板に関しては全体の交換ではなく、腐食した部分の補修になります。 (こちらが腐食した破風板部分です) ...続きを読む

      2018/03/2 横浜市旭区|雨樋つなぎ目部分からの水漏れ、原因は経年劣化
      横浜市旭区|雨樋つなぎ目部分からの水漏れ、原因は経年劣化

         本日は横浜市旭区にお住まいのM様より「雨樋から水漏れがあり、補修が可能かどうか調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。M様宅は築30年ほど、屋根や外壁のメンテナンスは10年おきに行ってきたそうです。また、2,3年後を目途に建物の全体的なメンテナンス、若しくは建て替えなども視野に入れながら計画を練っているそうです。今回ご相談を頂いた雨樋に関しては、ちょうどベランダ上部の位置の軒...続きを読む

      2018/02/19 横浜市旭区|築30年ならば屋根のメンテナンスには葺き替えを
      横浜市旭区|築30年ならば屋根のメンテナンスには葺き替えを

         本日は横浜市旭区にお住まいのM様からのご相談を受けました。築30年、建物に関して所々で不具合や劣化が目立ち始めてきている現状で、建て替えも検討している中、「仮に塗装を行った場合、改めて10年程の耐久は可能かどうか」とのご相談です。結論から言いますと、持つ事もあるかもしれないが、持たない可能性のほうが高いと言えるでしょう。実際の屋根を調査する中で、屋根材表面の劣化(塗膜の劣化)は...続きを読む

      2018/02/15 二重にしてある屋根は雨漏りでボロボロです|横浜市旭区
      二重にしてある屋根は雨漏りでボロボロです|横浜市旭区

         横浜市旭区で屋根の調査をおこないました。平屋建ての建物で何度か屋根を直していた様ですが、雨漏りが止まらない様でお困りになっていました。店舗として使われていたそうですが現在は空き家になっています。このままでは新しく貸し出す事が出来ないので直したいというお問合せでした。二重になっている屋根ですが、下の屋根まで雨水が回ってしまいトタン屋根と木の下地が腐ってしまっていました。単純に屋根...続きを読む

      2018/01/29 劣化した瓦屋根の下地は葺き直し工事で直します|横浜市旭区
      劣化した瓦屋根の下地は葺き直し工事で直します|横浜市旭区

         横浜市旭区で瓦屋根の葺き直し工事をおこなっています。今回葺き直し工事をおこなった経緯は、下の部屋へ雨漏りしていて原因が瓦の下に葺いてある防水紙の劣化にあったからです。防水紙の劣化と共に瓦を引っ掛ける瓦桟の固定にも問題があり、垂木(たるき)という屋根の下地材に固定されていないところがあったので、釘穴から天井裏へ雨漏りしていました。瓦に限らず屋根の造りは、屋根材の表面だけではなく裏...続きを読む

      2018/01/29 塗装をしても剥がれるのが早い化粧スレート|横浜市旭区
      塗装をしても剥がれるのが早い化粧スレート|横浜市旭区

         現地での調査が必要なのは、屋根の広さや現状に合う塗料の選定などもありますが、塗装をしたあとも塗料が剥がれず長持ちするかの判断もしております。横浜市旭区J様より「屋根の塗装をしてほしい」とのご要望で、まずは調査にお伺いしました。築30年近く経過している横浜市旭区J様のお宅の屋根は、以前に屋根塗装を行っている化粧スレート屋根でした。傷んでいるから塗装をするというのも間違っておりませ...続きを読む

      2018/01/11 平板瓦の棟漆喰が剥がれて下地に傷みが出ています|横浜市旭区
      平板瓦の棟漆喰が剥がれて下地に傷みが出ています|横浜市旭区

         横浜市旭区で屋根の調査をおこないました。瓦屋根で傷みが出やすいのが棟の瓦に塗ってある漆喰です。棟部分からの雨水の侵入を防ぎ、棟瓦の下地の土が崩れない様にする為にとても重要な部分です。漆喰の劣化は一番わかりやすい部分で、剥がれたり欠片が落ちてきたりするので気付きやすい瓦屋根の劣化部分だと思います。漆喰の剥がれが直ぐに雨漏りする訳ではありませんが、放置していると棟が崩れる原因になっ...続きを読む

      2017/12/22 ファインパーフェクトベストで化粧スレートを屋根塗装|横浜市旭区
      ファインパーフェクトベストで化粧スレートを屋根塗装|横浜市旭区

         「屋根が以前の色と違ってきた」と横浜市旭区G様のお宅より、お悩みのご相談がありました。屋根の表面がザラザラと削れてきており、そのまま歩くと滑ってしまう状態でした。化粧スレートも劣化の進行具合により、屋根塗装をしても長持ちするかしないかが決まります。特に1回目の屋根塗装は早いに越したことはありません。横浜市旭区G様のお宅の化粧スレートも例外ではなく、調査後はすぐに屋根塗装をさせて...続きを読む

      2017/12/9 雨漏りの原因はスレートの割れではなく防水紙の劣化|横浜市旭区
      雨漏りの原因はスレートの割れではなく防水紙の劣化|横浜市旭区

         横浜市旭区で雨漏りでお困りの建物です。スレート葺きの屋根から雨漏りしているそうで原因を突き止めて雨漏りを止めたい、というご希望です。雨漏りを止めるには今どうなっているのか、どこが傷んでいるのかを突き止めて、正確にその部分を直さなければなりません。雨漏り修理の難しいところは原因を特定するところなので、原因さえ分かればあとはそこを直せば良いので比較的簡単です。ちゃんと直していけば安...続きを読む

      2017/12/5 瓦は問題なくても防水紙が劣化すると雨漏りします|横浜市旭区
      瓦は問題なくても防水紙が劣化すると雨漏りします|横浜市旭区

         雨漏りでお困りの横浜市旭区の建物です。10月に上陸した台風の影響で初めて雨漏りしたそうですが、そのあとは雨が降っても全然雨漏りしていないそうです。瓦葺きの屋根は一見問題が無く見えますが、雨漏りする理由は瓦自体にはなくて、瓦の下に葺いてある防水紙が劣化している事です。瓦屋根は瓦の表面と下に葺いてある防水紙によって雨水から建物を守っています。その防水紙が劣化してしまうと雨漏りに繋が...続きを読む

      2017/10/27 台風の影響で棟板金が飛んでもすぐに対応します|横浜市旭区
      台風の影響で棟板金が飛んでもすぐに対応します|横浜市旭区

         季節外れの台風が発生している影響により、神奈川県の各地で被害が出ております。屋根も例外ではなく、いろいろな被害が出ております。特に破損や飛散といった現象が多く、横浜市旭区Y様のお宅のでも、「この前の台風で棟板金が飛ばされてしまった」とお悩みのご相談がありました。街の屋根やさんでは、このような事態にすぐに対応します。   【台風被害にすぐに対応します】 ...続きを読む

      2017/09/16 横浜市旭区で劣化したパミールをガルバリウム鋼板でカバー工事
      横浜市旭区で劣化したパミールをガルバリウム鋼板でカバー工事

         横浜市旭区で屋根のカバー工事をおこなっています。   築10年を超えた建物で初めてのメンテナンスですが、屋根が大分傷んでいるので見て欲しいというのがお問い合わせのきっかけでした。 スレート葺きの屋根は表面が結構ボロボロな状態になっていました。これは、ニチハというメーカーで製造されていたパミールという屋根材です。製品の強度に問題があり、表面がミルフィーユ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市旭区の施工事例一覧

      歪んでしまった雨樋DL55を部分的に交換工事|横浜市旭区

      【施工内容】

      DL55

      腐食した木材を交換してコロニアルクァッド葺き替え工事|横浜市旭区

      【施工内容】

      コロニアルクァッド

      横浜市旭区築20年の屋根で太陽熱温水器の撤去と屋根カバー工事

      【施工内容】

      スーパーガルテクト

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      横浜市旭区でS型瓦の漆喰工事が始まりました

      横浜市旭区でS型瓦の漆喰工事が始まりました

      横浜市旭区で漆喰工事が始まりました。屋根工事には最適な晴天で屋根の上はちょっと暑...続きを読む

      横浜市旭区で雨漏りする前にS型瓦の漆喰工事をおこないます

      横浜市旭区で雨漏りする前にS型瓦の漆喰工事をおこないます

      横浜市旭区で漆喰工事をおこないます。今日は暖かくて屋根の上だと汗ばむくらいに良い...続きを読む

      横浜市中区強風により落下した巴瓦の設置工事を行いました

      横浜市中区強風により落下した巴瓦の設置工事を行いました

      以前に銅製雨樋の交換工事のご用命を頂いた横浜市中区のお宅で、強風で巴瓦の落下があ...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      横須賀市|棟の漆喰詰め直し工事で雨漏りを改善致しました
      横須賀市|棟の漆喰詰め直し工事で雨漏りを改善致しました
      施工内容
      漆喰工事,漆喰詰め直し
      築年数
      使用材料
      川崎市川崎区|雨漏り防止に棟瓦漆喰詰め直し工事
      川崎市川崎区|雨漏り防止に棟瓦漆喰詰め直し工事
      施工内容
      漆喰工事,漆喰詰め直し
      築年数
      使用材料

      お問い合わせバナー