屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

HOME > ブログ > 瓦は問題なくても他の要因で雨漏りに繋がります|横浜市中区

瓦は問題なくても他の要因で雨漏りに繋がります|横浜市中区

更新日:2018年6月28日

瓦は何かあっても一枚から交換できます。他の屋根材と違い瓦自体はメンテナンスがほぼいらないと言われるほど長持ち致します。

ではどこが原因で雨漏りに繋がったりするのでしょうか。

もちろん瓦の割れからの雨漏りもありますが、多くは漆喰が剥がれて棟瓦がズレていたり、雨水が多く集まる谷部に長年ポタポタ落ちる水滴による摩耗によって穴が空いてそこからの雨水の侵入であったり、瓦の隙間から入り込んだ雨水が正常に流れず留まってしまい経年劣化で傷んだ防水紙の裏にまわってしまい、結果躯体部分を伝わり室内天井の雨染みなどに繋がります。

上記写真は漆喰の剥がれ、その結果のし瓦がズレてしまい棟瓦が固定できていない瓦屋根の様子です。一見問題ないように見えますが、近くできちんと漆喰を見てみますとメンテナンスがされてない建物ではよく漆喰が剥がれ中の土が流れ出てしまい、棟が固定できなくなります。こうなると瓦の飛散防止などもあり、棟瓦の取り直し工事などの必要性が出てきます。今日ではシルガードと呼ばれる防水性を高めた南蛮漆喰もございます。また、築年数が経ちますと屋根材の下にあります防水紙の劣化も気にしなくてはなりません。

桟瓦をどかして様子を伺うと、ごみや泥などが溜まっていたり、下地の劣化なども確認できます。こちらも瓦自体ほど耐久年数は長くはないので、手をかけなくてはいけない所です。

また、どうしても補修では無理となった場合、葺き替え工事が御座いますが、現在では軽く長持ちする金属屋根に葺き替えするパターンが増えてきております。

逆にスレート屋根などからの葺き替えで重量のある瓦をのせるのは正しくありません。

今までより重い屋根材を葺いてしまうと、建物の重心が高い位置になってしまい耐震性の問題が出てきてしまいます。新築時に瓦を使っている建物ならば問題ありませんが、それ以外は考えには入れないようにしましょう。

補修やカバー工法、葺き替えなど屋根に関しては色々ありますが、すべてにおいて万能というものはございません。ですので点検などは専門の業者に依頼し、何がいいのか最適を導き出して建物の寿命を延ばしてあげるのがいいと思います。

築年数が経ったなら点検は必ずしておきましょう。いざというときに慌てなくて済みます。

街の屋根やさんでは、点検調査は無料です。どんな屋根材にも対応しておりますのでお気軽にご相談くださいませ。

フリーダイヤル 0120―989-936

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市中区のその他のブログ

      2019/01/21 横浜市中区本牧元町にて築40年経ったアパートの屋根調査、使われていたのはセメント瓦でした
      横浜市中区本牧元町にて築40年経ったアパートの屋根調査、使われていたのはセメント瓦でした

         本日はそろそろ築年数を考え、屋根の葺き替えを考えているとのことで調査のご依頼を頂きました、横浜市中区本牧元町のアパートの屋根調査を行いましたので、その様子をお伝えいたします。   お伺いした際に分かったのは、既に室内へ雨漏りしているとの事でした。さっそく屋根にあがってみます。   野地板も腐食し棟から見える小屋裏の様子 &nbs...続きを読む

      2019/01/7 横浜市中区西之谷町にて漆喰の詰め直し工事を行いました
      横浜市中区西之谷町にて漆喰の詰め直し工事を行いました

         本日は横浜市中区西之谷町N様宅で行いました、漆喰詰め直し工事の様子をお伝えいたします。N様宅では去年の台風時に屋根から漆喰の欠片が落ちてきたことをきっかけに、屋根の点検・調査を行う事になりました。 「施工前の屋根の様子」 N様宅は築40年以上は経っている建物で、先々に建て替えや建て壊しも検討されているとのことです。現在雨漏りなどの不具合は無いものの、20年...続きを読む

      2018/12/1 横浜市中区で雨漏り調査、トップライトを撤去しカバー工事のご提案
      横浜市中区で雨漏り調査、トップライトを撤去しカバー工事のご提案

         小雨だとそうでもないが、風を伴う雨が降るとどうしてもトップライト(天窓)から室内に雨が入り込んでしまって、以前にも修理を他業者にて行っているが、解決になっていないからとの事がきっかけで調査のご依頼を頂きました、横浜市中区のお宅の雨漏り調査に伺いました。 トップライトは今は扱うメーカーが少ないのもありますが、そもそもが耐用年数がおおよそ20年と見られている物です。もちろんき...続きを読む

      2018/11/20 横浜市中区にて棟板金が飛散した片流れ屋根の調査
      横浜市中区にて棟板金が飛散した片流れ屋根の調査

         本日は横浜市中区にお住いのS様より、「先月の台風で屋根の棟板金が外れてしまった様なので、調査をしてほしい」とのご相談をいただきました。S様宅は築6年程の割と新しめの建物になります。棟板金の飛散の原因の一つは、板金の下地(貫板)の劣化です。下地が劣化しますと、板金を止めてる釘が抜けやすくなり、板金自体が浮いてしまい、強風に煽られ飛散してしまうのです。S様宅はまだ築が浅いこともあり...続きを読む

      2018/11/16 横浜市中区の屋根調査、棟板金の飛散で屋根に上がるとコロニアルの傷みも確認
      横浜市中区の屋根調査、棟板金の飛散で屋根に上がるとコロニアルの傷みも確認

         横浜市中区I様より「屋根にある金属製の部品が落ちてきた」とのお困りのご相談が御座いました。長細い部品とのことでしたので棟板金ではないかと推測しましたが、すぐにお伺いして調査をさせていただきました。屋根の上は普段上がることがないところです。そして外壁などと違い普段から眺めることが難しいところでもあります。横浜市中区I様のお宅もかれこれ6年以上は見ていないとのことでした。今回は屋根...続きを読む

      2018/10/15 横浜市中区で台風被害を受けた瓦屋根の漆喰(しっくい)調査
      横浜市中区で台風被害を受けた瓦屋根の漆喰(しっくい)調査

         本日は横浜市中区にお住いのO様より、「先月の台風の影響で屋根の上から漆喰(しっくい)の欠片が落ちてきたので調査をしてほしい」とのご依頼を頂きました。O様宅は築40年以上は経っている瓦屋根の建物です。屋根のメンテナンスは今までに一度だけ行ったことがあるそうですが、数十年前との事です。また、5、6年後には建て壊しを考えていることもあり、ここで予算を使いたくないのがご希望の様です。早...続きを読む

      2018/10/12 横浜市中区で以前に交換した銅製雨樋の色がいい感じに変わっていました
      横浜市中区で以前に交換した銅製雨樋の色がいい感じに変わっていました

         別件でのご依頼があり横浜市中区Y様のお宅にお伺いしました。以前から度々工事のご依頼を頂いており、2年前には玄関庇に取付けられた銅製雨樋を交換させていただきました。取付けたばかりの銅製雨樋やすでに緑青がふいているものは街中で目にすることはありますが、ピカピカな状態から緑青がふくまでの中間の状態を見たことはありませんでした。銅は経過により色合いが変化していきます。変改してく様子を見...続きを読む

      2018/08/18 横浜市中区で行った瓦屋根の谷板金塗装は意外な盲点?
      横浜市中区で行った瓦屋根の谷板金塗装は意外な盲点?

         スレート屋根を塗装する場合はスレート部分はもちろんのこと、棟板金や谷板金、ケラバ水切りなどの板金を加工されて造られているところも一緒に塗ります。日本瓦や洋瓦などを使用している瓦屋根はどうでしょうか。日本瓦や洋瓦などの瓦屋根の場合、棟に関しては棟用の瓦が使用されておりますが、谷に関しては板金をしています。日本瓦や洋瓦などの瓦屋根はそのまま使用し続けても、塗装せずに長期間維持するこ...続きを読む

      2018/08/3 横浜市中区で雨樋点検・50年程前から使用の軒樋半月、劣化状況を確認します
      横浜市中区で雨樋点検・50年程前から使用の軒樋半月、劣化状況を確認します

         本日は横浜市中区A様より、雨樋の点検調査のご依頼を頂きました。A様は築50年は経っている平屋の建物にお住まいです。2年ほど前に屋根の修理工事を行ったそうですが、雨樋に関しては現在に至るまで手を付けていないそうです。当時、屋根工事と併せて交換をお考えの様でしたが、ご予算の都合上、見送ることにしたそうです。 さすがに屋根は直したばかりとの事もあり、状態は良好です。し...続きを読む

      2018/07/25 雨漏りに気づかなくて急に天井が落ちてきた|横浜市中区
      雨漏りに気づかなくて急に天井が落ちてきた|横浜市中区

         外壁より内側に樋がある場合、それを箱樋と呼んだりします。箱のような形の樋をしており、雨水がそこに溜まるようになっているのですが、屋根材に板金を使用した箱樋形状の屋根で雨漏りは発生しました。横浜市中区E様より、「暫く使用してない部屋の天井が急に落ちてきた」とお悩み・お困りのご相談がありました。     【最近の集中豪雨も天敵】 先ほど申...続きを読む

      2018/06/23 強風で落下した洋瓦を元に戻してお悩みを解決|横浜市中区
      強風で落下した洋瓦を元に戻してお悩みを解決|横浜市中区

         横浜市中区の山手町周辺では、昔から洋館が建ち並んでいたこともあり、洋瓦を使用している屋根のことでお悩みやお困りのご相談をよく受けます。横浜市中区H様より。「落下した洋瓦を元に戻してほしい」とのお困りのご相談がありましたので、調査にお伺いして早速工事に取り掛かりました。     【小さな瓦工事もお任せ下さい!!】 ケラバの一番軒先側に取...続きを読む

      2018/06/19 洋瓦屋根のメンテナンスに棟瓦取り直し工事|横浜市中区
      洋瓦屋根のメンテナンスに棟瓦取り直し工事|横浜市中区

         横浜市中区の山手町周辺では、昔から洋館が建ち並んでいたこともあり、外観の風合いを今も大切になさらる方が多い地域柄のようです。屋根に使用されている瓦は洋風の洋瓦が今も多く点在しております。和瓦も同様ですが、瓦屋根も定期的なメンテナンスが必要となり、メンテナンスの有無には調査を行いわないとなりません。横浜市中区山手町E様のお宅より、屋根調査のご依頼がありました。横浜市中区山手町E様...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市中区の施工事例一覧

      横浜市中区の施工事例 屋根カバー工事 外壁塗装工事

      【施工内容】
      外壁塗装 屋根カバー工法 屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー