屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

HOME > ブログ > 築30年経過した屋根調査|横浜市泉区

築30年経過した屋根調査|横浜市泉区

更新日:2018年6月23日

本日は築年数30年は超えています屋根の点検でお伺いいたしました。

きっかけはその他外壁等含めまして外観の汚れも気になるとの事で、一度建物全体の調査をしてくれる業者を探されておりました。この度はご縁があり弊社に調査依頼を頂きました。

弊社では建物のことなら何にでも対応致しておりますので、今回の調査に繋がった形です。

さっそく梯子をかけて調査開始です。

上がってみますと、一度手をかけられたのか今回のスレート屋根に関しては塗装面に関してはそこまで劣化は御座いませんでしたが、所々クラック(ひび割れ)が縦や横に入っておりました。

水の通り道のために本来は縁切りといった、塗装を行った後に屋根材内側に雨水が侵入してしまった時のため、それを排出させるための通り道を確保するためにあえて隙間を作るのですが、それがされておりませんでした。ですので内部に留まってしまった雨水を吸収してスレート屋根自体が気温差で内部で収縮・膨張を繰り返した結果、クラックの原因になったと思われます。

現在は縁切りではなく、タスペーサーと呼ばれるものを予めスレートとスレートの重なり部分に差し込み、隙間を確保してから塗装いたしますので、縁切りをしなくても良くなっています。

細かく見ますと、表面の塗装の劣化も確かに見られますが、まだ再塗装で問題ない範囲です。築年数から行きますと防水紙の心配もする時期ですが、歩いた感じですと下地はまだしっかりしておりましたので、クラックを補修しつつ、再塗装で表面の保護をしてあげることで、屋根材の劣化の進行は防げませんが、遅らせる事はできます。ですが築年数が30年は経っておりますと本来であれば下地がまだ生きている間にカバー工法や、下地からやりかえる葺き替え工事を考えないといけない時期です。瓦屋根と違いスレート屋根の場合もそうですが、どんな屋根材も耐用年数が御座いますので、その内部にあります防水紙や下地も考えながら塗装でいいのか、他の工法がいいのかを判断しなければなりません。

その為に弊社のような専門業者による細かい点検が必要です。

 

屋根も色々な材質のものが御座います。また塗料もたくさんありますので、その屋根の材質や築年数での劣化など総合的に判断してお客様にご提案をできるのが街の屋根やさんの強みになります。この機会に点検をされてみては如何でしょうか。街の屋根やさんでは点検調査は無料です。

お気軽にお問合せくださいませ。 フリーダイヤル 0120-989-936

 

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市泉区のその他のブログ

      2019/02/10 横浜市泉区和泉中央南にて棟板金飛散から屋根外壁の点検調査
      横浜市泉区和泉中央南にて棟板金飛散から屋根外壁の点検調査

         本日は横浜市泉区和泉中央南K様宅にて、屋根外壁の点検調査を行いました。K様宅は築18年、今回が建物のメンテナンスを行うのが初めてとの事です。きっかけは去年の台風による屋根棟板金の飛散です。台風被害とのこともあり、火災保険を適用しての復旧工事の予定です。復旧には作業用の足場の設置が必要です。そこで今回、足場代が保険で賄えることもあり、足場の有効活用として、あわせて屋根外壁のメンテ...続きを読む

      2019/01/17 横浜市泉区中田南にて雨漏りしている築30年経過したスレート屋根の調査
      横浜市泉区中田南にて雨漏りしている築30年経過したスレート屋根の調査

         本日は築30年経ち、雨漏りしている事がきっかけで調査の依頼を頂きました、横浜市泉区中田南での屋根調査の様子をお伝えいたします。 (雨漏りでお困りの方はこちらをご覧ください。) 詳しくお話を伺うとどうやら塗装などのリフォームも過去に1度したかどうかとの事でした。   表面の塗膜も剥がれすぎて素地が出てしまっています 緩い勾配も関係していると...続きを読む

      2018/10/3 横浜市泉区で屋根を調査、築年数が経過すると周辺の関連箇所にも傷みが出てきます
      横浜市泉区で屋根を調査、築年数が経過すると周辺の関連箇所にも傷みが出てきます

         建物は基礎から外壁、外壁から屋根へと数珠のように繋がっております。屋根が傷んでいた場合、屋根に絡むそれ以外の場所にも傷みが出ていることがあります。そうなると、屋根に絡むところも必要に応じて工事をしなくてなりません。横浜市泉区S様のお宅は築40年近く経過されている建物でした。「端にある瓦が落ちてしまった」とのお困りのご相談がありましたので、すぐに調査へお伺いいたしました。 ...続きを読む

      2018/08/27 横浜市泉区でスレート屋根塗装、雨漏りを防ぐためにも縁切り(えんきり)は必須の工程です
      横浜市泉区でスレート屋根塗装、雨漏りを防ぐためにも縁切り(えんきり)は必須の工程です

         本日は横浜市泉区の屋根塗装の現場から、雨水がスレート屋根の裏側に何かしらの原因で入り込んでしまっても大丈夫なように、タスペーサーを使って雨水の流れる隙間を作る作業の様子をお伝えいたします。 昔からよく縁切りと呼ばれており、塗装を行った為にできたスレートの重なり部分の小口(こぐち)の塗膜を皮すきや、カッターなどで切れ目を入れて雨水の通り道をあえて作るものです。現在では効率や...続きを読む

      2018/08/11 横浜市泉区にて屋根葺き替え、新規屋根材はコロニアルクアッドで色はミッドナイトブルー
      横浜市泉区にて屋根葺き替え、新規屋根材はコロニアルクアッドで色はミッドナイトブルー

         本日は横浜市泉区U様宅で行われました、屋根葺き替え工事からコロニアル(スレート)葺きの様子をお伝えいたします。先日は下葺き工事までの工程をお伝えいたしました。本日は新規屋根材を葺いていきます。まず、谷部分の板金施工からです。谷部分は雨水が一番流れる箇所でもあり、雨漏りの原因となりやすい箇所でもございます。施工は特に慎重に、その場の屋根に合った規格に沿って板金を加工・施工いたしま...続きを読む

      2018/08/7 横浜市泉区でコロニアルによる屋根葺き替え工事、野地板、防水紙の下葺きまでの工程です
      横浜市泉区でコロニアルによる屋根葺き替え工事、野地板、防水紙の下葺きまでの工程です

         本日は横浜市泉区U様宅で行われました、コロニアルによる屋根葺き替え工事から、野地板、防水紙の下葺きまでの工程をお伝えいたします。 U様宅は築30年、屋根に関しては20年程前に塗装によるメンテナンスは行ったそうですが、それから現在に至るまでは手を付けてきていないとの事です。数年前から屋根裏に雨染みが見つかり、室内に漏るまでには至っていないそうですが、屋根が傷んでいるのではと...続きを読む

      2018/08/1 棟板金よりもスレート屋根が心配でした|横浜市泉区
      棟板金よりもスレート屋根が心配でした|横浜市泉区

         訪問業者に指摘された棟板金の調査にお伺い致しましたお宅で、棟板金は指摘された問題は見つからず、ご報告し安心頂けましたが、気になったのは実は棟板金よりも、調査の為にあがったスレート屋根自体でした。築年数は20年以上とお伺いしていましたが、表面の劣化が顕著で、板金を交換したとしても屋根材自体がもう耐用年数を超えているかもしれないと思うほどでした。 ご覧ください。表面...続きを読む

      2018/07/30 棟板金の痛みはよく訪問業者に指摘されます|横浜市泉区
      棟板金の痛みはよく訪問業者に指摘されます|横浜市泉区

         近隣で工事をしているものですが、とチャイムを鳴らし訪問してくる業者がいます。今回はとりあえずは見てもらったものの、いきなり来た訪問業者ということもあり、弊社にもしっかり点検して現状を知りたいとの事で点検のご依頼がありましたので、その時の様子をお伝えいたします。 遠目から見て棟板金が飛びそうだ、浮いているなどはっきり言えるものなのかどうか。調べてみましょう。 ...続きを読む

      2018/07/28 縁切りをしていないスレート屋根とは|横浜市泉区
      縁切りをしていないスレート屋根とは|横浜市泉区

         本日は築20年経つスレート屋根の調査にお伺い致しました。お問合せのきっかけとしては、近所で工事をしているものですが、お宅の屋根の傷みが気になったものでと、訪問してきます。よくある手口です。 不安感を煽ることを言うのでお客様も困ってしまい、弊社にきちんと点検してほしいという問い合わせは非常に多いです。注意しましょう。直さなくてもいいところまで直す事になるケースが多いようです...続きを読む

      2018/07/26 近くで工事をしていると言う業者さんに言われた棟板金の浮きを調査しました|横浜市泉区
      近くで工事をしていると言う業者さんに言われた棟板金の浮きを調査しました|横浜市泉区

         本日は、近くと言っても少し離れた建築現場の業者さんに棟板金の浮きを指摘され、それがきっかけでお問合せを受けました泉区K様宅に調査に伺いました。 屋根に上がって直接みれないと、言われただけですと不安です。しっかり屋根に上がって調査していきます。 確かに屋根に上がり大棟を近くで見てみますと、指が軽く入るくらいの隙間ができており、簡単に動いてしまう状態でした。 ...続きを読む

      2018/06/16 モニエル瓦の不安なところ|横浜市泉区
      モニエル瓦の不安なところ|横浜市泉区

         本日は、スズメが巣を作ってしまっているとのことで、点検調査に伺った様子をお伝え致します。 お問合せの時点では洋瓦と聞いておりましたが、現場について屋根に上がってみますと、モニエル瓦でした。 モニエル瓦は、ラファージュルーフィング株式会社(旧:日本モニエル株式会社)が発売していたもので一世風靡した屋根材です。日本瓦とは違いセメントで出来ているコンクリート瓦です。 ...続きを読む

      2018/06/3 横浜市泉区|築30年、屋根裏から雨漏りの兆候・屋根点検調査
      横浜市泉区|築30年、屋根裏から雨漏りの兆候・屋根点検調査

         本日は横浜市泉区にお住まいのU様宅から、屋根の点検・調査のご依頼を頂きました。先日、たまたま別の業者さんが屋根裏の調査を行った際、一部分に雨染みが確認され、屋根の劣化具合が疑われたそうです。U様宅は築30年。20年前に一度、屋根は塗装のメンテナンスを行ったそうですが、それからは手を掛けておらず、現在に至っているとの事です。 見るからに屋根全体、塗膜の劣化が顕著で...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市泉区の施工事例一覧

      横浜市泉区にて築30年のお家の屋根をコロニアルクアッドで葺き替え、色はミッドナイトブルー

      【施工内容】
      屋根葺き替え

      屋根:コロニアルクアッド

      横浜市泉区にある腰葺きの越屋根をエコグラーニによる屋根葺き替え工事でメンテナンス

      【施工内容】
      屋根葺き替え 雨樋工事

      横浜市泉区の施工事例 屋根漆喰詰め増し工事

      【施工内容】
      漆喰詰め増し

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      横浜市旭区西川島町にて雨漏りの原因特定の為、屋根を調査いたしました

      横浜市旭区西川島町にて雨漏りの原因特定の為、屋根を調査いたしましたNEW

      室内への雨漏りがわかってからしばらく放置していたそうですが、台風がきっかけで修繕...続きを読む

      横浜市泉区和泉中央南にて棟板金飛散から屋根外壁の点検調査

      横浜市泉区和泉中央南にて棟板金飛散から屋根外壁の点検調査

      本日は横浜市泉区和泉中央南K様宅にて、屋根外壁の点検調査を行いました。K様宅は築...続きを読む

      築30年経過した屋根調査|横浜市泉区

      築30年経過した屋根調査|横浜市泉区

      本日は築年数30年は超えています屋根の点検でお伺いいたしました。 きっかけ...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      お問い合わせバナー