屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

年末年始休業のお知らせ


12月29(土)~1月6日(日)まで休業いたします。


※1月7日より通常営業いたします。

 年末年始はほとんどの業者がお休みになってしまいます。急な雨漏りなどでお困りにならないよう年越し前に街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

お問い合わせはこちら

年末年始休業のお知らせ


12月29(土)~1月6日(日)まで休業致します。


1月7日より通常営業致します。年末年始はほとんどの業者がお休みになってしまいます。急な雨漏りなどでお困りにならないよう年越し前に街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

お問い合わせはこちら

HOME > ブログ > 防水の裏側に雨水が入り込むと簡単に雨漏りします|横浜市泉区

防水の裏側に雨水が入り込むと簡単に雨漏りします|横浜市泉区

更新日:2018年2月26日

横浜市泉区で雨漏りの調査に伺いました。二年程前に一度雨漏りの兆候があったのですが、一旦納まったのでそのままにしていたそうです。ここ最近雨漏りの状態が酷くなってきたので、原因究明のためにお問合せを頂きました。天井のボードを一部剥がして天井裏を確認出来る様にしてありましたので中を覗いてみると、雨水によって木が腐食しているのが分かりました。この部分上はバルコニーの床になっているので、防水に原因がありそうです。バルコニーに出てみると、ちょうど部屋との境目の位置で雨漏りしており、FRP防水とサッシの取り合いの納め方が逆になっていました。この状態では雨水が防水の裏側に入り込んでしまい、雨漏りするのも当然です。築18年経過した建物で、途中で防水をやり直した形跡がありませんので、最初からこの間違った施工がされていた様です。下地も腐食が進んでいるので下地を剥がしてしっかりと直す必要があります。

天井裏から雨漏りの状況を確認します。

天井に開けられた開口部分から天井裏を覗いてみましょう。上はバルコニーの防水になっていて、ちょうど部屋とバルコニーの境目部分に開口があるのですが、部屋側は全く雨漏りした形跡がありません。

丁度サッシとバルコニーの境目部分が画像の位置です。雨水によって木が腐食しているのが良くわかります。明らかに床の防水に問題がありそうです。

施工に不備があるバルコニーの防水工事

バルコニーの床にはFRP防水が施工されていました。築18年で表面が削られて中に埋め込まれているガラス繊維が剥き出しになっている所もありました。

問題の部分はここです!床から立ち上がったFRP防水がサッシにに被さって納めてあります。見た時に『?』マークが頭に浮かんだくらいおかしな納め方になっていました。

サッシに塗られていた防水は完全に口があいている状態で、これでは防水の裏側に簡単に雨水が入り込んでしまい、雨漏りするのは当たり前です。防水材の上にサッシが被さらなければならないのに、全く逆の納め方になっています。簡単に言えば隙間を無くせば良いのですが、下地の腐食を考えると床を一旦剥がしてから防水をやり直す必要があります。新築ではないので、サッシ回りの防水処理を適切におこなって、今後雨漏りしない様にしなければなりません。横浜市泉区でおきていた雨漏りの原因は防水の裏側に雨水が入り込む事でしたので、防水をやり直して雨水がちゃんと流れる様に納めていきましょう。

ご質問や御不明な点などございましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せください。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市泉区のその他のブログ

      2018/10/3 横浜市泉区で屋根を調査、築年数が経過すると周辺の関連箇所にも傷みが出てきます
      横浜市泉区で屋根を調査、築年数が経過すると周辺の関連箇所にも傷みが出てきます

         建物は基礎から外壁、外壁から屋根へと数珠のように繋がっております。屋根が傷んでいた場合、屋根に絡むそれ以外の場所にも傷みが出ていることがあります。そうなると、屋根に絡むところも必要に応じて工事をしなくてなりません。横浜市泉区S様のお宅は築40年近く経過されている建物でした。「端にある瓦が落ちてしまった」とのお困りのご相談がありましたので、すぐに調査へお伺いいたしました。 ...続きを読む

      2018/08/27 横浜市泉区でスレート屋根塗装、雨漏りを防ぐためにも縁切り(えんきり)は必須の工程です
      横浜市泉区でスレート屋根塗装、雨漏りを防ぐためにも縁切り(えんきり)は必須の工程です

         本日は横浜市泉区の屋根塗装の現場から、雨水がスレート屋根の裏側に何かしらの原因で入り込んでしまっても大丈夫なように、タスペーサーを使って雨水の流れる隙間を作る作業の様子をお伝えいたします。 昔からよく縁切りと呼ばれており、塗装を行った為にできたスレートの重なり部分の小口(こぐち)の塗膜を皮すきや、カッターなどで切れ目を入れて雨水の通り道をあえて作るものです。現在では効率や...続きを読む

      2018/08/11 横浜市泉区にて屋根葺き替え、新規屋根材はコロニアルクアッドで色はミッドナイトブルー
      横浜市泉区にて屋根葺き替え、新規屋根材はコロニアルクアッドで色はミッドナイトブルー

         本日は横浜市泉区U様宅で行われました、屋根葺き替え工事からコロニアル(スレート)葺きの様子をお伝えいたします。先日は下葺き工事までの工程をお伝えいたしました。本日は新規屋根材を葺いていきます。まず、谷部分の板金施工からです。谷部分は雨水が一番流れる箇所でもあり、雨漏りの原因となりやすい箇所でもございます。施工は特に慎重に、その場の屋根に合った規格に沿って板金を加工・施工いたしま...続きを読む

      2018/08/7 横浜市泉区でコロニアルによる屋根葺き替え工事、野地板、防水紙の下葺きまでの工程です
      横浜市泉区でコロニアルによる屋根葺き替え工事、野地板、防水紙の下葺きまでの工程です

         本日は横浜市泉区U様宅で行われました、コロニアルによる屋根葺き替え工事から、野地板、防水紙の下葺きまでの工程をお伝えいたします。 U様宅は築30年、屋根に関しては20年程前に塗装によるメンテナンスは行ったそうですが、それから現在に至るまでは手を付けてきていないとの事です。数年前から屋根裏に雨染みが見つかり、室内に漏るまでには至っていないそうですが、屋根が傷んでいるのではと...続きを読む

      2018/08/1 棟板金よりもスレート屋根が心配でした|横浜市泉区
      棟板金よりもスレート屋根が心配でした|横浜市泉区

         訪問業者に指摘された棟板金の調査にお伺い致しましたお宅で、棟板金は指摘された問題は見つからず、ご報告し安心頂けましたが、気になったのは実は棟板金よりも、調査の為にあがったスレート屋根自体でした。築年数は20年以上とお伺いしていましたが、表面の劣化が顕著で、板金を交換したとしても屋根材自体がもう耐用年数を超えているかもしれないと思うほどでした。 ご覧ください。表面...続きを読む

      2018/07/30 棟板金の痛みはよく訪問業者に指摘されます|横浜市泉区
      棟板金の痛みはよく訪問業者に指摘されます|横浜市泉区

         近隣で工事をしているものですが、とチャイムを鳴らし訪問してくる業者がいます。今回はとりあえずは見てもらったものの、いきなり来た訪問業者ということもあり、弊社にもしっかり点検して現状を知りたいとの事で点検のご依頼がありましたので、その時の様子をお伝えいたします。 遠目から見て棟板金が飛びそうだ、浮いているなどはっきり言えるものなのかどうか。調べてみましょう。 ...続きを読む

      2018/07/28 縁切りをしていないスレート屋根とは|横浜市泉区
      縁切りをしていないスレート屋根とは|横浜市泉区

         本日は築20年経つスレート屋根の調査にお伺い致しました。お問合せのきっかけとしては、近所で工事をしているものですが、お宅の屋根の傷みが気になったものでと、訪問してきます。よくある手口です。 不安感を煽ることを言うのでお客様も困ってしまい、弊社にきちんと点検してほしいという問い合わせは非常に多いです。注意しましょう。直さなくてもいいところまで直す事になるケースが多いようです...続きを読む

      2018/07/26 近くで工事をしていると言う業者さんに言われた棟板金の浮きを調査しました|横浜市泉区
      近くで工事をしていると言う業者さんに言われた棟板金の浮きを調査しました|横浜市泉区

         本日は、近くと言っても少し離れた建築現場の業者さんに棟板金の浮きを指摘され、それがきっかけでお問合せを受けました泉区K様宅に調査に伺いました。 屋根に上がって直接みれないと、言われただけですと不安です。しっかり屋根に上がって調査していきます。 確かに屋根に上がり大棟を近くで見てみますと、指が軽く入るくらいの隙間ができており、簡単に動いてしまう状態でした。 ...続きを読む

      2018/06/23 築30年経過した屋根調査|横浜市泉区
      築30年経過した屋根調査|横浜市泉区

         本日は築年数30年は超えています屋根の点検でお伺いいたしました。 きっかけはその他外壁等含めまして外観の汚れも気になるとの事で、一度建物全体の調査をしてくれる業者を探されておりました。この度はご縁があり弊社に調査依頼を頂きました。 弊社では建物のことなら何にでも対応致しておりますので、今回の調査に繋がった形です。 さっそく梯子をかけて調査開始です。 ...続きを読む

      2018/06/16 モニエル瓦の不安なところ|横浜市泉区
      モニエル瓦の不安なところ|横浜市泉区

         本日は、スズメが巣を作ってしまっているとのことで、点検調査に伺った様子をお伝え致します。 お問合せの時点では洋瓦と聞いておりましたが、現場について屋根に上がってみますと、モニエル瓦でした。 モニエル瓦は、ラファージュルーフィング株式会社(旧:日本モニエル株式会社)が発売していたもので一世風靡した屋根材です。日本瓦とは違いセメントで出来ているコンクリート瓦です。 ...続きを読む

      2018/06/3 横浜市泉区|築30年、屋根裏から雨漏りの兆候・屋根点検調査
      横浜市泉区|築30年、屋根裏から雨漏りの兆候・屋根点検調査

         本日は横浜市泉区にお住まいのU様宅から、屋根の点検・調査のご依頼を頂きました。先日、たまたま別の業者さんが屋根裏の調査を行った際、一部分に雨染みが確認され、屋根の劣化具合が疑われたそうです。U様宅は築30年。20年前に一度、屋根は塗装のメンテナンスを行ったそうですが、それからは手を掛けておらず、現在に至っているとの事です。 見るからに屋根全体、塗膜の劣化が顕著で...続きを読む

      2018/05/4 雨漏りは滴ってこなくても雨漏りしてることがよくある|横浜市泉区
      雨漏りは滴ってこなくても雨漏りしてることがよくある|横浜市泉区

         街の屋根やさんですから、「雨漏りしてきた」や「雨が降ると滴ってくる」などのお悩み・お困りのご相談は頻繁にある訳ですが、雨漏りとは関係のない調査で気づくこともあります。皆さまのなかには、滴ってくることで雨漏りと判断される方が多いようにお見受けしますが、実はそういう訳ではありません。滴ってこなくても、屋根からもれてしまえば雨漏りなのです。そしてそれは、間違いなく建物内部を傷ませてし...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市泉区の施工事例一覧

      横浜市泉区にて築30年のお家の屋根をコロニアルクアッドで葺き替え、色はミッドナイトブルー

      【施工内容】
      屋根葺き替え 足場

      屋根:コロニアルクアッド

      横浜市泉区にある腰葺きの越屋根をエコグラーニによる屋根葺き替え工事でメンテナンス

      【施工内容】
      屋根葺き替え 雨樋工事 足場

      横浜市泉区の施工事例 屋根漆喰詰め増し工事

      【施工内容】
      漆喰詰め増し 足場

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー