屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市戸塚区|水漏れ発覚から、トップライトの撤去を行いました

横浜市戸塚区|水漏れ発覚から、トップライトの撤去を行いました

更新日:2018年3月11日

本日は横浜市戸塚区K様宅のトップライト撤去工事の様子をお伝えいたします。K様宅は築20年、今回2回目の屋根外壁塗装のンテナンスを行いました。その際、屋根の洗浄を行っていたところ室内に水漏れが発覚。急遽、散水試験を行い水漏れの原因を調査いたしました。そこで、トップライト廻りの板金部分に不備が見つかり(立ち上がり部分の板金がしっかり巻かれておらず)、そこから水漏れが発生したことが確認できました。

トップライト立ち上り部分の不備

一般的にトップライトも経年で劣化はいたします。目安として10年程で窓廻りのゴム・パッキンの交換などのメンテナンスが必要です。20年程ではトップライト本体の交換も検討する時期になります。しかし、今回K様宅で見つかった不備は明らかに施工時による不備と判断できます。今まで雨漏りが起こらなかったのは、雨が当たりにくい箇所で、雨が当たっても下地(防水紙)が雨除けの役割を果たしていたからでしょう。しかし、下地や防水紙も劣化します。

今回はたまたまメンテナンス中に発覚したことにより、あらゆる対策(選択肢)が取れます。簡易的な補修もですが、足場がある内に交換、または撤去などの工事を行う事も選択できます。そこで今回はトップライトの撤去を行い、穴を塞ぐことになりました。

屋根材の撤去 トップライト

まずはトップライト廻りの屋根材を剥がします。K様宅のトップライトは二つ、水漏れが発覚したのはそのうちの一つですが、今回は二つとも撤去を行い、穴自体を塞ぎます。ちょうどトップライトがある範囲が仕切られているので、その範囲で屋根材を剥がし、防水紙、屋根材を葺き替える事にいたします。

枠の切断 下地を整える作業

今回のトップライトは内側から立ち上げて施工されているため、外側から枠を切断するかたちを取ります。

トップライトの穴を板で塞ぐ 防水紙貼り

下地を平たんに整え、トップライトのあったところに板を張り合わせ、穴を塞ぎます。後は防水紙を下から上(棟の部分)へと貼っていき、屋根材(スレート)で葺いていきます。

スレート葺き トップライト撤去及びスレート葺き完了

トップライトの枠の切断に多少手間がかかりましたが、二人掛かりで一日の作業です。後は同じ色へ塗装を行い、室内からの天井部分の復旧(ボード・クロス貼り)工事を行えば、トップライト撤去及び屋根葺き替え工事の完了です。

今回は屋根外壁塗装の最中での追加工事になったため、部分的な塗装やトップライト撤去時の足場の使用など、段取り良く行えました。これからは隔年、定期的な点検も行ってまいりますので、K様も安心して過ごしていただけるでしょう。街の屋根やさんでは工事後のサポートもしっかりと行っております。

屋根に関するご相談は(フリーダイヤル0120-989-936まで)お気軽にお声がけください。

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市戸塚区のその他のブログ

      2018/09/17 横浜市戸塚区にて錆で変色した瓦棒葺き屋根をコロニアルへ葺き替え
      横浜市戸塚区にて錆で変色した瓦棒葺き屋根をコロニアルへ葺き替え

         本日は横浜市戸塚区I様宅にて増築部分の屋根葺き替え工事の様子をお伝えいたします。I様宅は築50年、3階建ての鉄筋コンクリート造です。約30年前に3階部分の一部を増築し、現在は既存の屋根(陸屋根)と瓦棒葺き屋根がくっついた状態になっております。今回は30年前に増築された瓦棒葺き屋根の工事になります。約30年間ノーメンテナンスにより、屋根一面が錆だらけで、既存の陸屋根、防水面にまで...続きを読む

      2018/08/21 横浜市戸塚区で築30年の瓦棒葺き(トタン)屋根を調査、錆の酷さから全面改修のご提案
      横浜市戸塚区で築30年の瓦棒葺き(トタン)屋根を調査、錆の酷さから全面改修のご提案

         本日は横浜市戸塚区にお住いのI様より、増築部分の瓦棒葺き(トタン)屋根の調査依頼を頂きました。I様宅は3階建ての鉄筋コンクリート造です。一階と二階部分は貸しており、I様は3階部分に住んでおります。建物自体の築は50年程、二階陸屋根部分に増築したのは30年前程になるそうです。 今回ご依頼を頂いたのは増築部分のトタン屋根の錆びが酷い事もあり、改善したいとのご相談になりま...続きを読む

      2018/07/21 瓦屋根の歪みは屋根調査をすると分かります|横浜市戸塚区
      瓦屋根の歪みは屋根調査をすると分かります|横浜市戸塚区

         築年数の経過とともに、瓦屋根も様々な不具合が出てくるものです。一見普通に並んでいるように見える瓦も歪んでいることがあります。和瓦や洋瓦と呼ばれる瓦は重量があり、簡単に瓦の並びに異常が出ることはありませんが、10年20年と経過してくると何らかの現象が出てきます。築年数の経過とともに、瓦屋根は歪んでくることが多いです。横浜市戸塚区T様のお宅より、「近隣のお宅を施工している屋根業者か...続きを読む

      2018/05/22 横浜市戸塚区|経年での劣化が原因で雨樋からの水漏れ
      横浜市戸塚区|経年での劣化が原因で雨樋からの水漏れ

         本日は横浜市戸塚区にお住いのN様宅より、雨樋の点検・調査のご依頼を頂きました。N様宅では数か月前から、雨が降ると雨樋(軒樋)の途中から水が漏れるとの事です。敷地内なので気にはしていなかったそうですが、大雨になると、樋から溢れた水が地面にたたきつけられ、テレビの音が聞こえなくなるほど激しい音をたてるそうです。 まず気になったのが、屋根の劣化状況です。全体的に塗膜の...続きを読む

      2018/05/21 横浜市戸塚区|風害による破損・屋根修理の為の調査依頼
      横浜市戸塚区|風害による破損・屋根修理の為の調査依頼

         本日は横浜市戸塚区にあるアパートオーナー様からのご依頼です。先月の強風時にアパート階段上のトタン屋根の一部外れ、バタバタと煽られている状況との事です。落下する危険性も考えられ、早急に点検調査を行ってほしいとのご要望です。アパートは築30年は経っているそうで、屋根に関しては、一度、メンテナンスは行ったそうですが、問題のトタン部分に関しては、手を付けてこなかったそうです。 ...続きを読む

      2018/04/28 横浜市戸塚区|屋根材の劣化、色褪せ、棟板金の浮き・塗装の為の調査
      横浜市戸塚区|屋根材の劣化、色褪せ、棟板金の浮き・塗装の為の調査

         本日は横浜市戸塚区のS様宅より、塗装の為の点検・調査の様子をお伝えいたします。S様宅は築20年、10年前に外壁は塗装によるメンテナンスを行ったそうですが、屋根に関しては手付かずの状態で現在に至るとの事です。今までに雨漏りなどの不具合が起こった事も無く、屋根の状態を気にすることは無かったそうです。外壁に関しては毎日目に付くので、劣化の状況が確認しやすいのですが、屋根に関しては見え...続きを読む

      2018/04/18 雨漏りは平場だけじゃないトップライトの屋根修理|横浜市戸塚区
      雨漏りは平場だけじゃないトップライトの屋根修理|横浜市戸塚区

         今年は風の強い日が多く、強風や突風の被害によりお悩みやお困りのご相談が後を絶ちません。風の強い時期が過ぎると今度は雨季に入ります。屋根の備えはお済みでしょうか。屋根はいろいろな部材で造られており、瓦の乗った平場だけでなく、それ以外にも雨漏りが発生しやすいところがあります。特にトップライトやそのまわりは雨漏りの原因となることが多いです。今回は横浜市戸塚区F様より、「屋根で心配なと...続きを読む

      2018/04/14 横浜市戸塚区|トップライト撤去・内装復旧工事の為の作業用足場
      横浜市戸塚区|トップライト撤去・内装復旧工事の為の作業用足場

         本日は横浜市戸塚区のK様宅より、トップライト撤去後の内装復旧工事(内装用足場仮設)の様子をお伝えいたします。K様宅では先月、屋根塗装の為の洗浄時にトップライト付近からの水漏れが発覚し、経年での劣化も考慮に入れ、トップライト自体を撤去する工事を行いました。今回はトップライト撤去後の内装復旧工事を行うに従い、天井部分までの内装用足場の仮設を行います。 天井までの高さ...続きを読む

      2018/02/8 野地板の傷みでカバー工事か葺き替え工事か判断します|横浜市戸塚区
      野地板の傷みでカバー工事か葺き替え工事か判断します|横浜市戸塚区

         横浜市戸塚区で屋根の調査をおこないました。屋根を直す必要がありカバー工事で検討されていますが、カバー工事をおこなえる条件として、野地板に傷みが無い事が挙げられます。今の屋根の上に新しい金属屋根などを被せるカバー工事は、固定をする時に屋根材に止めるのではなく野地板に固定をするので、現在の野地板が傷んでいないかが重要になります。雨漏りや経年劣化によって野地板が傷んでいる場合は、葺き...続きを読む

      2018/01/5 横浜市戸塚区|不安を煽られたお客様からの棟板金の点検依頼
      横浜市戸塚区|不安を煽られたお客様からの棟板金の点検依頼

         本日は横浜市戸塚区のK様からのご依頼です。先日、近くで屋根工事を行っていた業者の方から「屋根の棟板金が取れている」との指摘を受けたそうで、指摘をした業者の方は「気になるなら直します」とだけ言い、名刺を置いて去っていったそうです。屋根にものぼらず、また、見ず知らずの方から急の事でしたので、一応、地元で屋根専門の業者を探して(弊社に)相談を持ちかけてみたとの事です。 早速、実...続きを読む

      2017/12/18 築7年のお宅の化粧スレートもひび割れが起こっていた|横浜市戸塚区
      築7年のお宅の化粧スレートもひび割れが起こっていた|横浜市戸塚区

         築7年のお宅の化粧スレートでもひび割れが起こっておりました。冬の屋根の備えとして雪止め金具増設のご相談で、横浜市戸塚区T様のお宅の屋根で調査をしていたところ、化粧スレートのひび割れが目に入ってしまいました。全体的な割合で言えば、築10年から20年経過している屋根の調査が多いです。建物のメンテナンスは築年数がある程度経過してから行うものなので、建ててから数年の屋根に上がることは、...続きを読む

      2017/12/11 早い段階で傷んでしまいボロボロになるパミールの調査|横浜市戸塚区
      早い段階で傷んでしまいボロボロになるパミールの調査|横浜市戸塚区

         横浜市戸塚区S様のお宅より、「屋根が波打って見えてボロボロになってしまった」とお悩みのご相談がありました。「どうやらパミールという屋根のようで…」とすでに化粧スレートの商品名まで分かっているご様子でした。過去に製造されていたニチハさんのパミールという商品は、早い段階で傷んでしまいボロボロになるという事実があります。何年か前までは調査にお伺いして判明し、その場ご依頼者様のご説明す...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市戸塚区の施工事例一覧

      横浜市戸塚区|水漏れ発覚、トップライト撤去工事

      【施工内容】

      屋根材:コロニアル 塗料:ファインパーフェクトベスト

      横浜市戸塚区で屋根のカバーと外壁塗装工事

      【施工内容】
      外壁塗装 屋根カバー工法

      エコグラーニ、エラストコート

      横浜市戸塚区で浮き上がったケラバの板金補修です

      【施工内容】
      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー