屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市旭区次は塗装しても持たないであろうスレート屋根

横浜市旭区次は塗装しても持たないであろうスレート屋根

更新日:2017年9月1日

横浜市旭区でスレート屋根調査を行いました。築9年で屋根塗装を行い4年が経過したスレート屋根です。

化粧スレート屋根 IMG_4888

こちらのお宅には下屋があり、2階の窓から下屋を見下ろすことが出来るのですが、ご主人様が下屋の化粧スレートにひび割れがあるのを発見したことでご相談がありました。

化粧スレート屋根② 化粧スレート屋根ひび割れ①

下屋を確認するために屋根に上がらせて頂きます。パッと見た感じでは太陽の光に反射して気づきませんが、1枚1枚をよく見ていくとひび割れがあることが分かります。

タスペーサー タスペーサー差してない

こちらのお宅で使用されている化粧スレートは、縦に太い溝が最初から造られているタイプの化粧スレートを使用されております。この太い溝に対してタスペーサーを使用しているところもあれば、していないところもありました。その意図があまり理解できないのですが、よく「太い溝がある化粧スレートは縁切りを行ったりやタスペーサーを使用する必要がない」と仰る方が多いようです。

屋根塗料縁切り① 屋根塗料縁切り②

しかし、屋根塗料を販売しているメーカーさんの取扱説明書には「水切部で化粧スレートの上下の重なり部分が塗料でつまってる箇所は縁切りを行う」とおしなべて記載されております。ということはつまっている状態は好ましくなく、どんな形状であれ化粧スレートであれば解消しなければならないということです。なので「太い溝がある化粧スレートは縁切りを行ったりやタスペーサーを使用する必要がない」ということはありません。

化粧スレート屋根ひび割れ②

現在では縁切りの代わりにタスペーサーを差し込むことが多いです。縁切りを行っていなかったり、タスペーサーが差し込んでないところを見てみると、上下の重なり部分に染みが出来ており太い溝の部分からひび割れが発生しております。これは内部に溜まる水が十分に抜けていないことで発生しております。やはり縁切りやタスペーサーが必要がないということはありません。こちらのお宅では下屋だけでも10カ所以上のひび割れや亀裂が存在しました。化粧スレートで塗装出来るのは外部に面した部分のみで裏側は塗装できません。なので内部に水が溜まりすぎると塗装していない裏側から劣化が始まります。築9年で屋根塗装を行ったのはとても良いタイミングです。しかし、4年でこのようになってしまっては塗装した意味が半減します。現在は雨漏りが発生している訳ではありませんでしたが、次回のメンテナンスで塗装しても長い期間は持たないでしょう。築13年ということで、次回のメンテナンスでは屋根カバー工事のような、既存の化粧スレートに頼らないメンテナンスが望ましいです。横浜市旭区次は塗装しても持たないであろうスレート屋根をお伝えしました。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      横浜市旭区のその他のブログ

      2018/05/19 はずれていると指摘された棟板金の調査|横浜市旭区
      はずれていると指摘された棟板金の調査|横浜市旭区

         築20年、棟板金がはずれているのでみてほしいという横浜市旭区I様のお宅にお伺いいたしました。 既に他業者にて一度みてもらったことがあるということですが、弊社でも調査してほしいとのご依頼を受けましたので、できる範囲内で調査させていただきます。 塗装もみてほしいとのことなので、さっそく屋根へ上がります。 地上からでもかなりの劣化がうかがえます   ...続きを読む

      2018/05/13 雨樋支持金具も重要な存在です|横浜市旭区
      雨樋支持金具も重要な存在です|横浜市旭区

         本日は横浜市旭区のT様邸にて、破損した雨樋支持金具の交換作業をいたしました。 破損していた支持金具で支えていた管は2階北側の軒樋に溜まった雨水を集水器に一旦集めて、縦樋ではなくそのまま少しさがった屋根に乗せて軒先へとつながるリレーの役目もはたしていました。 このままでは雨水が下野に直接流れ落ちてしまい、家屋への雨水の侵入の恐れや外壁の汚れにつながるために、交換となり...続きを読む

      2018/05/11 アパート屋根のケラバ材の破損は直すことが可能です|横浜市旭区
      アパート屋根のケラバ材の破損は直すことが可能です|横浜市旭区

         ハウスメーカーの建物は、ハウスメーカーが独自に製造した材料を使用していることが多いですが、工事代金・修繕費が高額と聞きます。ハウスメーカーが独自に製造した材料ではなくても直せるところもあります。横浜市旭区のアパートオーナー様より、「20年経ったアパートの屋根を見てほしい」とのご相談がありましたので、オーナー様所有のアパートにお伺いいたしました。   &nb...続きを読む

      2018/05/10 浮き上がった棟板金は飛散する前に交換します|横浜市旭区
      浮き上がった棟板金は飛散する前に交換します|横浜市旭区

         横浜市旭区で屋根の調査です。屋根の塗装工事をおこないたいというお問合せで屋根にのぼって状態を調べてみました。築20年以上経過していて一度も屋根の塗装をおこなった事がないと伺ったのですが、実際は塗装した跡がありました。しかし、大分劣化していて表面にはコケや汚れなどがこびりついていてズルズルな状態になっています。スレートの表面の傷みも気になりますが、棟板金の状態が目に入りました。棟...続きを読む

      2018/04/26 箱樋が詰まると雨漏りに直結します|横浜市旭区
      箱樋が詰まると雨漏りに直結します|横浜市旭区

         横浜市旭区で雨漏りの調査に伺いました。最近雨が降る時は集中的に大量の雨が降るので、今まで何ともなかった建物も雨漏りする事があります。雨漏りすると建物に悪影響が出てしまいますので、定期的なメンテナンスをおこなっていく必要があります。今回は店舗前にある庇部分の雨漏りで、建物と庇の間からポタポタと雨水が垂れています。お店の入り口の真上から雨漏りしていますので、直ぐに対処しないとお客様...続きを読む

      2018/04/15 横浜市旭区|破風板補修・軒天工事の様子
      横浜市旭区|破風板補修・軒天工事の様子

         本日は横浜市旭区のN様宅の破風板補修と軒天工事の様子をお伝えいたします。N様宅では今回、屋根のカバー工事と外壁塗装を行う予定でおります。そこで、以前から気になっていた腐食した破風板の補修と軒天ボードの工事も合わせて行うことになりました。ご予算などの都合もあり、破風板に関しては全体の交換ではなく、腐食した部分の補修になります。 (こちらが腐食した破風板部分です) ...続きを読む

      2018/03/2 横浜市旭区|雨樋つなぎ目部分からの水漏れ、原因は経年劣化
      横浜市旭区|雨樋つなぎ目部分からの水漏れ、原因は経年劣化

         本日は横浜市旭区にお住まいのM様より「雨樋から水漏れがあり、補修が可能かどうか調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。M様宅は築30年ほど、屋根や外壁のメンテナンスは10年おきに行ってきたそうです。また、2,3年後を目途に建物の全体的なメンテナンス、若しくは建て替えなども視野に入れながら計画を練っているそうです。今回ご相談を頂いた雨樋に関しては、ちょうどベランダ上部の位置の軒...続きを読む

      2018/02/19 横浜市旭区|築30年ならば屋根のメンテナンスには葺き替えを
      横浜市旭区|築30年ならば屋根のメンテナンスには葺き替えを

         本日は横浜市旭区にお住まいのM様からのご相談を受けました。築30年、建物に関して所々で不具合や劣化が目立ち始めてきている現状で、建て替えも検討している中、「仮に塗装を行った場合、改めて10年程の耐久は可能かどうか」とのご相談です。結論から言いますと、持つ事もあるかもしれないが、持たない可能性のほうが高いと言えるでしょう。実際の屋根を調査する中で、屋根材表面の劣化(塗膜の劣化)は...続きを読む

      2018/02/15 二重にしてある屋根は雨漏りでボロボロです|横浜市旭区
      二重にしてある屋根は雨漏りでボロボロです|横浜市旭区

         横浜市旭区で屋根の調査をおこないました。平屋建ての建物で何度か屋根を直していた様ですが、雨漏りが止まらない様でお困りになっていました。店舗として使われていたそうですが現在は空き家になっています。このままでは新しく貸し出す事が出来ないので直したいというお問合せでした。二重になっている屋根ですが、下の屋根まで雨水が回ってしまいトタン屋根と木の下地が腐ってしまっていました。単純に屋根...続きを読む

      2018/01/29 劣化した瓦屋根の下地は葺き直し工事で直します|横浜市旭区
      劣化した瓦屋根の下地は葺き直し工事で直します|横浜市旭区

         横浜市旭区で瓦屋根の葺き直し工事をおこなっています。今回葺き直し工事をおこなった経緯は、下の部屋へ雨漏りしていて原因が瓦の下に葺いてある防水紙の劣化にあったからです。防水紙の劣化と共に瓦を引っ掛ける瓦桟の固定にも問題があり、垂木(たるき)という屋根の下地材に固定されていないところがあったので、釘穴から天井裏へ雨漏りしていました。瓦に限らず屋根の造りは、屋根材の表面だけではなく裏...続きを読む

      2018/01/29 塗装をしても剥がれるのが早い化粧スレート|横浜市旭区
      塗装をしても剥がれるのが早い化粧スレート|横浜市旭区

         現地での調査が必要なのは、屋根の広さや現状に合う塗料の選定などもありますが、塗装をしたあとも塗料が剥がれず長持ちするかの判断もしております。横浜市旭区J様より「屋根の塗装をしてほしい」とのご要望で、まずは調査にお伺いしました。築30年近く経過している横浜市旭区J様のお宅の屋根は、以前に屋根塗装を行っている化粧スレート屋根でした。傷んでいるから塗装をするというのも間違っておりませ...続きを読む

      2018/01/11 平板瓦の棟漆喰が剥がれて下地に傷みが出ています|横浜市旭区
      平板瓦の棟漆喰が剥がれて下地に傷みが出ています|横浜市旭区

         横浜市旭区で屋根の調査をおこないました。瓦屋根で傷みが出やすいのが棟の瓦に塗ってある漆喰です。棟部分からの雨水の侵入を防ぎ、棟瓦の下地の土が崩れない様にする為にとても重要な部分です。漆喰の劣化は一番わかりやすい部分で、剥がれたり欠片が落ちてきたりするので気付きやすい瓦屋根の劣化部分だと思います。漆喰の剥がれが直ぐに雨漏りする訳ではありませんが、放置していると棟が崩れる原因になっ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市旭区の施工事例一覧

      歪んでしまった雨樋DL55を部分的に交換工事|横浜市旭区

      【施工内容】

      DL55

      腐食した木材を交換してコロニアルクァッド葺き替え工事|横浜市旭区

      【施工内容】

      コロニアルクァッド

      横浜市旭区築20年の屋根で太陽熱温水器の撤去と屋根カバー工事

      【施工内容】

      スーパーガルテクト

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      はずれていると指摘された棟板金の調査|横浜市旭区

      はずれていると指摘された棟板金の調査|横浜市旭区

      築20年、棟板金がはずれているのでみてほしいという横浜市旭区I様のお宅にお伺いい...続きを読む

      どんな屋根も定期的なメンテナンスは必要|横浜市港北区

      どんな屋根も定期的なメンテナンスは必要|横浜市港北区

      本日は横浜市港北区のお客様より、屋根の調査のご依頼を受け、現場調査にまいりました...続きを読む

      工場屋根で明り取り・トップライトが暑くていらない|横浜市鶴見区

      工場屋根で明り取り・トップライトが暑くていらない|横浜市鶴見区

      工場屋根や倉庫屋根には、建物によって明り取りやトップライトが取り付けてあることが...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      横浜市緑区|屋根の状態に合わせて屋根カバーと屋根塗装を使い分け、お住まい全体をリフォーム
      横浜市緑区|屋根の状態に合わせて屋根カバーと屋根塗装を使い分け、お住まい全体をリフォーム
      施工内容
      屋根塗装,屋根カバー工法,屋根カバー工事
      築年数
      使用材料

      お問い合わせバナー