屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

1月22~23日、2月1~2日の雪害調査、お任せください

1月22~23日、2月1~2日の雪害調査、お任せください

HOME > ブログ > 横浜市神奈川区|海外から帰宅したら棟板金が飛散していた

横浜市神奈川区|海外から帰宅したら棟板金が飛散していた

更新日:2018年1月21日

本日は横浜市神奈川区にお住いのM様より「屋根の棟板金が落ちてしまった」とのご相談を頂きました。M様は現在お仕事の都合で海外に住んでおり、3か月ぶりに日本のご自宅へ戻られたそうです。その際、近所の方から「台風時に屋根の板金が飛散しているのを発見した」との指摘を受け、板金の一部が庭に落ちているのを確認したとの事です。

M様宅 飛散した板金

築は30年以上は経っているそうで、屋根のメンテナンスは今まで一度も行ったことがないそうです。現在は海外での生活もある為、こちらの建物に関しては、数か月に一度、戻った際に掃除を行う程度との事です。早速屋根にのぼり、現状を確認いたします。

飛散した部分 板金釘浮き

全体的に色褪せ、塗膜の劣化がうかがえます。今までメンテナンスを行っていないとの事もあり、屋根材自体の反りや浮きなども見られる状況です。飛散した板金部分のみの交換・修理は可能ですが、他の板金部分も全体的に釘の浮きが見て取れ、おそらく、再度強風に見舞われた際に飛散するリスクは高いと判断できます。今回飛散した板金と併せ、最低でも他の板金の釘を止め直す必要があります。(現在はビスで止め直すことが殆どです)

築年数から考えても屋根全体の下地の劣化もうかがえる状況です。足で踏んだ感触も所々で浮いた感触があり、葺き替えるのが理想と判断できます。棟部分だけを見たとしても、下の貫板の劣化を考えて、飛散した部分だけではなく全体を交換するのが良いでしょう。

屋根表面の状況 屋根表面の劣化状況

M様に現在の状況を報告した後に今回はいくつかのご提案をいたしました。まず、飛散した棟板金に関しては、風害によるものなので保険の適用が可能です。他の板金の釘浮きと併せ、保険の申請を行うことをアドバイスさせて頂きました。また、工事を行うにあたっては、足場の仮設が必要になります。保険の申請が下りた際、足場代も保険で賄えるのであれば、この機に全体的なメンテナンスを考えるのも良いでしょう。

屋根に関しては下地の状況を考えて、塗装やカバー工法はお勧めできません。やり直すなら下地から確りと直すことが必要である旨もお伝えさせて頂きました。勿論、今後、建て替えや建て壊しなどの考えもあるのならば、無理に全体的な工事を行う必要もございません。先を見据えた上で、部分的な補修で済ますのか、棟板金全体の交換をするのかなど、いくつかの選択肢がある事をお伝えさせて頂き、後日、改めて打ち合わせを行う流れになりました。

屋根全体

街の屋根やさんでは、ご相談を頂いたお客様の立場に立って、先も見据えながらのアドバイスやご提案をいたします。点検や調査は無料です。屋根に関わらず、建物に関してお悩み事がございましたら(フリーダイヤル0120-989-936まで)お気軽にご相談ください。

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      横浜市神奈川区のその他のブログ

      2018/02/12 横浜市神奈川区|板金部分の塗装はケレンを行い錆止めを
      横浜市神奈川区|板金部分の塗装はケレンを行い錆止めを

         本日は横浜市神奈川区I様宅の屋根塗装の様子をお伝えいたします。I様宅は築10年、今回が初めての塗装メンテナンスになります。初めての塗装は塗料の吸い込みが通常よりも激しい事が予想されます。その為、下塗り材をしっかりと塗っていくことが大切です。塗装の工程は基本的に下塗りを行い、中塗り、上塗りと3度塗りの工程になります。まずは屋根の下塗りの様子です。 今回I様宅で使用...続きを読む

      2018/01/26 横浜市神奈川区|落ち葉が原因の雨樋の詰まり・対策方法は!?
      横浜市神奈川区|落ち葉が原因の雨樋の詰まり・対策方法は!?

         本日は横浜市神奈川区にお住いのO様より「隣の敷地からの落ち葉が原因で、雨樋が詰まっていないか調査をしてほしい」とのご依頼を頂きました。O様のお宅は築10年で、ちょうど全体的なメンテナンスも考える時期との事もあり、建物全体の点検も兼ねて雨樋の詰まりの調査を行いました。 まず屋根に関してですが、築10年ですので下地に関しては問題がないのですが、屋根材の表面(塗膜)の...続きを読む

      2018/01/22 横浜市神奈川区|玄関サイドの空間に庇を設置しました
      横浜市神奈川区|玄関サイドの空間に庇を設置しました

         本日は横浜市神奈川区のN様宅より、玄関両サイドの空間に雨除けの庇の設置工事を行った様子をお伝えいたします。こちらのお宅では先月、玄関前の屋根の破風に板金を巻く「破風板板金カバー工事」を行いました。今回はその屋根の両サイド(玄関出入り口すぐの箇所)の空間部分に雨よけの庇をつけてほしいとのご依頼を頂きました。 大きさとしては縦70センチ・横35センチ程になります。多...続きを読む

      2018/01/21 築25年のスレート屋根はカバー工事でメンテナンス|横浜市神奈川区
      築25年のスレート屋根はカバー工事でメンテナンス|横浜市神奈川区

         明日は関東地方でも雪予報なので積もらないかが心配ですね。今日は横浜市神奈川区で屋根の調査をおこないました。お問合せのきっかけは、棟板金が浮いていると近所で工事中だという業者に言われたそうです。この様な話は最近特に増えていて、調査に伺うと換気棟だったり棟板金のジョイント部分で板金が厚くなっている所を指摘して『浮いている』という事が非常に多くなっています。数年前から同じ様なお問合せ...続きを読む

      2017/12/25 横浜市神奈川区|破風板を板金でカバーしました
      横浜市神奈川区|破風板を板金でカバーしました

         本日は横浜市神奈川区にあるお宅から、玄関前の破風板に板金を巻く「破風板板金カバー工事」の様子をお伝えいたします。破風板の役割としては、耐風・耐火性能の向上、壁面の保護、意匠性の向上があげられます。傷んだ破風板を補修する方法としては、破風板の状態にもよりますが、塗装、金属板金巻き、破風板交換になります。今回はガルバリウム鋼板の板で既存の木製破風板をカバーする方法を採用します。 ...続きを読む

      2017/12/3 横浜市神奈川区|増築部分の屋根から雨漏り・原因は縁切り!?
      横浜市神奈川区|増築部分の屋根から雨漏り・原因は縁切り!?

         本日は横浜市神奈川区のお宅で「増築部分のトイレ天井からの雨漏り」のご相談をいただき、調査へ伺ってまいりました。築は30年程、その間メンテナンスは一度も行ったことが無いそうです。今まで雨漏りなどは起きたことがなく、今回の増築部分の雨漏りが初めてだそうです。雨漏りを起こしたトイレ天井の上は屋根にあたります。こちらのお宅は平屋建てですので、天井からの雨漏りの原因としてまず疑うべきは、...続きを読む

      2017/11/26 横浜市神奈川区|散水試験で出窓からの雨漏りを確認
      横浜市神奈川区|散水試験で出窓からの雨漏りを確認

         今回は横浜市神奈川区にお住いのI様より雨漏りのご相談を頂き、現地での調査(散水試験)を行った時の様子をお伝えいたします。雨漏りを起こしたのは先月の台風の時期で、風雨が激しいと発生するようです。今月に入ってからは雨が降った際でも雨漏りまでは起きていないそうです。   雨漏りを起こしていた場所は出窓部分になり、天板が浮くほど水が浸透してきたそうです。乾いている現在でも膨...続きを読む

      2017/11/17 横浜市神奈川区|バルコニーからの雨漏り、原因は排水口まわりでした
      横浜市神奈川区|バルコニーからの雨漏り、原因は排水口まわりでした

         本日は横浜市神奈川区のN様より、バルコニーからの雨漏り調査のご依頼をいただきました。今回はN様がご不在時の調査により、バルコニーの外側から梯子をかけ、そこから上がらせていただき、調査をすることになりました。 早速現地を確認していくと、築年数も経っていることもあり、多少の色褪せなどは見て取れますが、バルコニーの防水自体のメンテナンスはされていたそうで、現状では下地...続きを読む

      2017/11/5 雨漏りしているスレート屋根はカバー工事で直します|横浜市神奈川区
      雨漏りしているスレート屋根はカバー工事で直します|横浜市神奈川区

         横浜市神奈川区で屋根の調査をおこないました。天井から雨漏りしているというお問い合わせで、先日上陸した台風21号の時に初めて雨漏りしてしたそうです。通常の雨と違い台風の時は強風と豪雨が同時に来ますので、今迄雨漏りしていなかった建物も雨漏りする事があります。想定外の部分もありますが、建物自体を腐らせていまう可能性がある為雨漏りしている部分は止めないとなりません。雨漏りの原因は屋根に...続きを読む

      2017/10/11 エコグラーニの工事で端を立ち上げて隠れてしまう気遣い|横浜市神奈川区
      エコグラーニの工事で端を立ち上げて隠れてしまう気遣い|横浜市神奈川区

         30年間メンテナンスフリーのエコグラーニを使用した屋根工事が増えてきております。最近では、ご提案する前からご存知なお客様も増えてきました。長持ちするうえにデザイン性が高く、外観の雰囲気もかなり変わるところが選ばれる理由のようです。街の屋根やさんでもエコグラーニを使用した工事は実績が多く、これまでに沢山の工事をさせて頂きました。横浜市神奈川区M様のお宅でもエコグラーニを使用した屋...続きを読む

      2017/10/7 急勾配でもお任せ下さい!細かく体勢を変えて屋根カバー工事|横浜市神奈川区
      急勾配でもお任せ下さい!細かく体勢を変えて屋根カバー工事|横浜市神奈川区

         劣化が進んで傷みが著しい化粧スレート屋根には、屋根カバー工事のような抜本的な工事が必要になります。横浜市神奈川区M様のお宅の屋根も劣化が進んで傷みが著しい化粧スレート屋根でした。屋根カバー工事をするにあたっては、「屋根材は今後のメンテナンスコストにお金のかからないものにしてほしい」とのご要望がありましたので、30年間メンテナンスフリーのエコグラーニで屋根カバー工事をすることにな...続きを読む

      2017/09/17 横浜市神奈川区で雨樋の向きを変えて雨水が飛び出すのを防ぎます
      横浜市神奈川区で雨樋の向きを変えて雨水が飛び出すのを防ぎます

         横浜市神奈川区で雨樋工事をおこないました。雨樋に不具合が出ていると雨が降った時にしっかりと雨水を受ける事が出来ないので、直しておかないと建物へ悪影響が出る場合もあります。台風18号が接近中なので尚更ですね。 雲行きが怪しくなってきたので早速作業開始です。 2階の屋根から流れてきた雨水が1階の屋根の上を流れる様な造りになっているのですが、軒樋の取付位...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市神奈川区の施工事例一覧

      築20年の化粧スレートにエコグラーニで屋根カバー|横浜市神奈川区

      【施工内容】

      エコグラーニ

      横浜市神奈川区で劣化した破風板を板金で巻いたメンテナンス!!

      【施工内容】
      破風板板金巻き工事

      横浜市神奈川区の施工事例 板金交換工事

      【施工内容】
      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー