屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > ブログ > 雨漏りは平場だけじゃないトップライトの屋根修理|横浜市戸塚区

雨漏りは平場だけじゃないトップライトの屋根修理|横浜市戸塚区

更新日:2018年4月18日

今年は風の強い日が多く、強風や突風の被害によりお悩みやお困りのご相談が後を絶ちません。風の強い時期が過ぎると今度は雨季に入ります。屋根の備えはお済みでしょうか。屋根はいろいろな部材で造られており、瓦の乗った平場だけでなく、それ以外にも雨漏りが発生しやすいところがあります。特にトップライトやそのまわりは雨漏りの原因となることが多いです。今回は横浜市戸塚区F様より、「屋根で心配なところがあるから見てほしい」とのご不安のご相談がありましので調査にお伺いいたしました。

 

 

【トップライトの鉛は経年劣化で破れます】

トップライト 屋根修理1

トップライトの下端から軒先方向へ少し伸びた水切りがあります。板金で仕上がってあるお宅もありますが、この部分に鉛が使用されているお宅もあります。実はこの鉛は経年劣化により、切れたり破けたりすることがあります。特に陽の当たりやすい方角に取り付けられたトップライトやその鉛によく見かけます。劣化するのは水切りに使用されている鉛だけでなく、トップライトに打たれているコーキング部分も同様のことが言えます。

 

 

トップライト 屋根修理2 トップライト 屋根修理3

横浜市戸塚区F様のお宅は洋瓦を使用した屋根ですが、南側を向いたトップライトがありました。トップライトを開けて下端の水切りを見てみると、バックリと鉛が破けた状態になっているのを見つけました。この状態で雨が降ると破けたところに雨水がそのまま入り込みますので、あまり良い状態ではありません。このまま放置すると防水紙の劣化を促進させてしまうので、築年数によっては雨漏り繋がる可能性も出てきますので、屋根修理を行う必要があります。トップライトの下端の水切りとして使用される材質は、屋根材によって傾向があります。化粧スレートなどの形状が直線的なもの対しては、板金が使用されていることが多いです。しかし、日本瓦や洋瓦の様な形状が波型であったり凹凸がある屋根材に対しては、その形状に合わせやすいように鉛が使用されていることが多いです。この鉛で造られた水切りは、必要だから設置されております。破れたままにして良い訳ではありません。トップライトの屋根修理として新しい鉛と交換しましょう。雨漏りを未然に防ぐための屋根修理です。街の屋根やさんではさまざまな屋根に対する屋根修理を行っております。屋根修理でお困り・お悩みの方は、街の屋根やさんにお任せ下さい。

フリーダイヤル0120-989-936。

 

 

 

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      横浜市戸塚区のその他のブログ

      2018/05/22 横浜市戸塚区|経年での劣化が原因で雨樋からの水漏れ
      横浜市戸塚区|経年での劣化が原因で雨樋からの水漏れ

         本日は横浜市戸塚区にお住いのN様宅より、雨樋の点検・調査のご依頼を頂きました。N様宅では数か月前から、雨が降ると雨樋(軒樋)の途中から水が漏れるとの事です。敷地内なので気にはしていなかったそうですが、大雨になると、樋から溢れた水が地面にたたきつけられ、テレビの音が聞こえなくなるほど激しい音をたてるそうです。 まず気になったのが、屋根の劣化状況です。全体的に塗膜の...続きを読む

      2018/05/21 横浜市戸塚区|風害による破損・屋根修理の為の調査依頼
      横浜市戸塚区|風害による破損・屋根修理の為の調査依頼

         本日は横浜市戸塚区にあるアパートオーナー様からのご依頼です。先月の強風時にアパート階段上のトタン屋根の一部外れ、バタバタと煽られている状況との事です。落下する危険性も考えられ、早急に点検調査を行ってほしいとのご要望です。アパートは築30年は経っているそうで、屋根に関しては、一度、メンテナンスは行ったそうですが、問題のトタン部分に関しては、手を付けてこなかったそうです。 ...続きを読む

      2018/04/28 横浜市戸塚区|屋根材の劣化、色褪せ、棟板金の浮き・塗装の為の調査
      横浜市戸塚区|屋根材の劣化、色褪せ、棟板金の浮き・塗装の為の調査

         本日は横浜市戸塚区のS様宅より、塗装の為の点検・調査の様子をお伝えいたします。S様宅は築20年、10年前に外壁は塗装によるメンテナンスを行ったそうですが、屋根に関しては手付かずの状態で現在に至るとの事です。今までに雨漏りなどの不具合が起こった事も無く、屋根の状態を気にすることは無かったそうです。外壁に関しては毎日目に付くので、劣化の状況が確認しやすいのですが、屋根に関しては見え...続きを読む

      2018/04/14 横浜市戸塚区|トップライト撤去・内装復旧工事の為の作業用足場
      横浜市戸塚区|トップライト撤去・内装復旧工事の為の作業用足場

         本日は横浜市戸塚区のK様宅より、トップライト撤去後の内装復旧工事(内装用足場仮設)の様子をお伝えいたします。K様宅では先月、屋根塗装の為の洗浄時にトップライト付近からの水漏れが発覚し、経年での劣化も考慮に入れ、トップライト自体を撤去する工事を行いました。今回はトップライト撤去後の内装復旧工事を行うに従い、天井部分までの内装用足場の仮設を行います。 天井までの高さ...続きを読む

      2018/03/11 横浜市戸塚区|水漏れ発覚から、トップライトの撤去を行いました
      横浜市戸塚区|水漏れ発覚から、トップライトの撤去を行いました

         本日は横浜市戸塚区K様宅のトップライト撤去工事の様子をお伝えいたします。K様宅は築20年、今回2回目の屋根外壁塗装のンテナンスを行いました。その際、屋根の洗浄を行っていたところ室内に水漏れが発覚。急遽、散水試験を行い水漏れの原因を調査いたしました。そこで、トップライト廻りの板金部分に不備が見つかり(立ち上がり部分の板金がしっかり巻かれておらず)、そこから水漏れが発生したことが確...続きを読む

      2018/02/8 野地板の傷みでカバー工事か葺き替え工事か判断します|横浜市戸塚区
      野地板の傷みでカバー工事か葺き替え工事か判断します|横浜市戸塚区

         横浜市戸塚区で屋根の調査をおこないました。屋根を直す必要がありカバー工事で検討されていますが、カバー工事をおこなえる条件として、野地板に傷みが無い事が挙げられます。今の屋根の上に新しい金属屋根などを被せるカバー工事は、固定をする時に屋根材に止めるのではなく野地板に固定をするので、現在の野地板が傷んでいないかが重要になります。雨漏りや経年劣化によって野地板が傷んでいる場合は、葺き...続きを読む

      2018/01/5 横浜市戸塚区|不安を煽られたお客様からの棟板金の点検依頼
      横浜市戸塚区|不安を煽られたお客様からの棟板金の点検依頼

         本日は横浜市戸塚区のK様からのご依頼です。先日、近くで屋根工事を行っていた業者の方から「屋根の棟板金が取れている」との指摘を受けたそうで、指摘をした業者の方は「気になるなら直します」とだけ言い、名刺を置いて去っていったそうです。屋根にものぼらず、また、見ず知らずの方から急の事でしたので、一応、地元で屋根専門の業者を探して(弊社に)相談を持ちかけてみたとの事です。 早速、実...続きを読む

      2017/12/18 築7年のお宅の化粧スレートもひび割れが起こっていた|横浜市戸塚区
      築7年のお宅の化粧スレートもひび割れが起こっていた|横浜市戸塚区

         築7年のお宅の化粧スレートでもひび割れが起こっておりました。冬の屋根の備えとして雪止め金具増設のご相談で、横浜市戸塚区T様のお宅の屋根で調査をしていたところ、化粧スレートのひび割れが目に入ってしまいました。全体的な割合で言えば、築10年から20年経過している屋根の調査が多いです。建物のメンテナンスは築年数がある程度経過してから行うものなので、建ててから数年の屋根に上がることは、...続きを読む

      2017/12/11 早い段階で傷んでしまいボロボロになるパミールの調査|横浜市戸塚区
      早い段階で傷んでしまいボロボロになるパミールの調査|横浜市戸塚区

         横浜市戸塚区S様のお宅より、「屋根が波打って見えてボロボロになってしまった」とお悩みのご相談がありました。「どうやらパミールという屋根のようで…」とすでに化粧スレートの商品名まで分かっているご様子でした。過去に製造されていたニチハさんのパミールという商品は、早い段階で傷んでしまいボロボロになるという事実があります。何年か前までは調査にお伺いして判明し、その場ご依頼者様のご説明す...続きを読む

      2017/12/9 防水工事でドレンの周りを工夫して改修ドレンを納めます|横浜市戸塚区
      防水工事でドレンの周りを工夫して改修ドレンを納めます|横浜市戸塚区

         横浜市戸塚区W様のお宅のルーフバルコニーにウレタン防水工事を行います。防水工事には付き物のドレンに対する作業。横浜市戸塚区W様のお宅でも改修ドレンを納めます。立上りの高さが短くすぐ上には笠木があり、ドレンに対する作業がしづらい環境にありました。ドレンをそのままで防水工事してしまうと、いずれ雨漏りに繋がる危険性がありますので、防水工事のタイミングメンテナンスしておかなくてはなりま...続きを読む

      2017/11/21 1本棟板金が飛んでしまったら他も飛ぶ可能性があります|横浜市戸塚区
      1本棟板金が飛んでしまったら他も飛ぶ可能性があります|横浜市戸塚区

         先月の台風って随分前の様な気がしますが、台風21号と22号の被害でお困りの方がまだまだいらっしゃいます。本日伺った横浜市戸塚区のお客様も台風の被害に遭われていました。棟板金が飛んでしまったそうですが、飛んでしまった事に気づかずにお隣から指摘されて初めて気づいたそうです。棟板金が飛んでしまうと屋根の面と面の取合い部分が剥き出しになってしまい、防水紙(ルーフィング)が劣化していると...続きを読む

      2017/11/1 化粧スレートが反るのは傷みすぎた状態|横浜市戸塚区
      化粧スレートが反るのは傷みすぎた状態|横浜市戸塚区

         化粧スレートが反るのは傷みすぎた状態です。横浜市戸塚区内の屋根を眺めていると、塗装でメンテナンスしている屋根が非常に多く、カバー工事や葺き替え工事を行った形跡のある屋根が非常に少ないです。もちろん全ての屋根がという訳ではないのですが、それでもどの屋根も築10年前後でしっかり塗装しているというのは現実的ではなく、全ての屋根が塗装で済む訳がありません。本日お伺いした横浜市戸塚区N様...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市戸塚区の施工事例一覧

      横浜市戸塚区で屋根のカバーと外壁塗装工事

      【施工内容】
      外壁塗装 屋根カバー工法

      エコグラーニ、エラストコート

      横浜市戸塚区で浮き上がったケラバの板金補修です

      【施工内容】
      棟板金交換

      横浜市戸塚区|屋根カバー工事 タフルーフ|土肥様

      【施工内容】
      屋根カバー工法 屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー