屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

HOME > ブログ > 雨漏りは平場だけじゃないトップライトの屋根修理|横浜市戸塚区

雨漏りは平場だけじゃないトップライトの屋根修理|横浜市戸塚区

更新日:2018年4月18日

今年は風の強い日が多く、強風や突風の被害によりお悩みやお困りのご相談が後を絶ちません。風の強い時期が過ぎると今度は雨季に入ります。屋根の備えはお済みでしょうか。屋根はいろいろな部材で造られており、瓦の乗った平場だけでなく、それ以外にも雨漏りが発生しやすいところがあります。特にトップライトやそのまわりは雨漏りの原因となることが多いです。今回は横浜市戸塚区F様より、「屋根で心配なところがあるから見てほしい」とのご不安のご相談がありましので調査にお伺いいたしました。

 

 

【トップライトの鉛は経年劣化で破れます】

トップライト 屋根修理1

トップライトの下端から軒先方向へ少し伸びた水切りがあります。板金で仕上がってあるお宅もありますが、この部分に鉛が使用されているお宅もあります。実はこの鉛は経年劣化により、切れたり破けたりすることがあります。特に陽の当たりやすい方角に取り付けられたトップライトやその鉛によく見かけます。劣化するのは水切りに使用されている鉛だけでなく、トップライトに打たれているコーキング部分も同様のことが言えます。

 

 

トップライト 屋根修理2 トップライト 屋根修理3

横浜市戸塚区F様のお宅は洋瓦を使用した屋根ですが、南側を向いたトップライトがありました。トップライトを開けて下端の水切りを見てみると、バックリと鉛が破けた状態になっているのを見つけました。この状態で雨が降ると破けたところに雨水がそのまま入り込みますので、あまり良い状態ではありません。このまま放置すると防水紙の劣化を促進させてしまうので、築年数によっては雨漏り繋がる可能性も出てきますので、屋根修理を行う必要があります。トップライトの下端の水切りとして使用される材質は、屋根材によって傾向があります。化粧スレートなどの形状が直線的なもの対しては、板金が使用されていることが多いです。しかし、日本瓦や洋瓦の様な形状が波型であったり凹凸がある屋根材に対しては、その形状に合わせやすいように鉛が使用されていることが多いです。この鉛で造られた水切りは、必要だから設置されております。破れたままにして良い訳ではありません。トップライトの屋根修理として新しい鉛と交換しましょう。雨漏りを未然に防ぐための屋根修理です。街の屋根やさんではさまざまな屋根に対する屋根修理を行っております。屋根修理でお困り・お悩みの方は、街の屋根やさんにお任せ下さい。

フリーダイヤル0120-989-936。

 

 

 

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市戸塚区のその他のブログ

      2018/12/24 横浜市戸塚区矢部町にて雨漏り調査、原因はトップライト(天窓)以外にもあるようです
      横浜市戸塚区矢部町にて雨漏り調査、原因はトップライト(天窓)以外にもあるようです

         増築した小屋裏部屋に設置してあったトップライト近辺に雨染みがある事がきっかけで雨漏り調査の依頼を頂きました、横浜市戸塚区矢部町のお宅での調査の様子をお伝えいたします。築年数は40年近く、何度か建物に関しては増築部も含めリフォームをされてきたとの事でした。 まずはきっかけとなったトップライト回りの様子を見てみます。   数年前から雨漏りしていたと思われる木...続きを読む

      2018/11/25 横浜市戸塚区で屋根調査、お隣様と屋根が繋がっている場合はお隣様も葺き替え工事が必要です
      横浜市戸塚区で屋根調査、お隣様と屋根が繋がっている場合はお隣様も葺き替え工事が必要です

         横浜市の住宅の中にはテラスハウスのように、外から見て1軒の建物に見えても、その中で数世帯に分かれている建物があります。このように1軒の建物で数世帯に分かれている場合でも、建物は築年数の経過とともに傷んできます。横浜市戸塚区T様より、「トップライトを外して屋根を葺き替えたい」とのご相談がございましたので、さっそく調査にお伺いしました。横浜市戸塚区T様のお宅は、1軒の中で数世帯に分...続きを読む

      2018/11/11 横浜市戸塚区から貫板と棟板金の交換工事の様子をお届けします
      横浜市戸塚区から貫板と棟板金の交換工事の様子をお届けします

         本日は横浜市戸塚区Y様宅で行いました、屋根棟板金の部分交換工事の様子をお伝えいたします。Y様宅では先月の台風の影響で、屋根の下屋部分にある棟板金の一部が飛散する被害がございました。築は30年程で、今回工事を行うに伴い、他の板金部分の交換のご対案もいたしましたが、今回は飛散した部分のみの交換のご要望により、下屋部分4m程の貫板と棟板金の交換を行う事になりました。 「貫板(下...続きを読む

      2018/10/27 横浜市戸塚区で屋根調査、瓦屋根は瓦を外して防水紙の確認をします
      横浜市戸塚区で屋根調査、瓦屋根は瓦を外して防水紙の確認をします

         屋根は雨漏りしないことが前提にあります。もちろん屋根材も大切ですが、それと同じくらい屋根材の下に敷かれている防水紙も大切です。普段雨が降っても雨漏りしないのは、この防水紙の役割が非常に高いからです。屋根調査では屋根材の傷み具合はもちろんですが、現状で雨漏りしていないかを確認する必要があります。日本瓦や洋瓦を使用している建物の場合は、傾向として築年数が長いことが多く、近年使用され...続きを読む

      2018/10/13 横浜市戸塚区で台風24号により消えた雨樋の行方を追う
      横浜市戸塚区で台風24号により消えた雨樋の行方を追う

         いつもあるはずの所に白い雨樋がないとお問合せを受け台風がすぎて数日後、横浜市戸塚区のM様宅にお伺いしました。 まずは現地に到着しご挨拶し、軒樋から順に見ていきますがきちんと取り付けられています。一周回ってどこの軒樋も外れてはいませんでした。こちらのお宅は下屋もありますが、こちらも問題なし。 可能性として、後は下屋があるので2階からの竪樋を下屋に流している可能性がある...続きを読む

      2018/10/2 横浜市戸塚区で駐車場の屋根を調査、劣化してくるとかなり脆くなります
      横浜市戸塚区で駐車場の屋根を調査、劣化してくるとかなり脆くなります

         駐車場屋根に使用されている屋根も屋根は屋根です。ご自宅の屋根と同様に外部に晒されているため、使用し続けると劣化が進行します。太陽の光を透しやすい材料が屋根材として使われておりますが、劣化してくるとかなり脆くなるようです。小石が当たったり猫が乗ったりするだけで、簡単に穴が空いたり割れたりするようです。横浜市戸塚区O様のお宅では駐車場屋根としてはかなり広めの屋根があり、どうやら劣化...続きを読む

      2018/09/28 横浜市戸塚区の雨漏り調査、原因であるトップライトは交換も撤去処分も可能です
      横浜市戸塚区の雨漏り調査、原因であるトップライトは交換も撤去処分も可能です

         「強く雨が降った日に雨漏りしてくる」とお悩みのご相談がありましたのは、横浜市戸塚区T様のお宅からでした。強い雨が降るとかなりの数量が漏ってくるとのことでしたので、ご相談がありましてからすぐにお伺いいたしました。雨漏りが発生している2階のお部屋に通していただくと、雨漏りの原因となってるのは、お部屋の天井にあるトップライトであることが分かりました。明り取りや天窓とも呼ばれるトップラ...続きを読む

      2018/09/24 横浜市戸塚区にて築30年の屋根調査、これまでの屋根材を活かして屋根カバー工事のご提案
      横浜市戸塚区にて築30年の屋根調査、これまでの屋根材を活かして屋根カバー工事のご提案

         本日は横浜市戸塚区O様宅より、屋根の調査のご依頼をいただき伺ってまいりました。O様宅は築30年、5年前に中古で購入された建物になります。購入当時は外壁のメンテナンスは済んでいる事は確認していたそうですが、屋根に関してはいつ頃にメンテナンスが行われたのかはっきりしない状況だったそうです。今回はその屋根についての点検調査のご依頼になります。 「平屋建てのシンプルな切妻屋根」 ...続きを読む

      2018/09/17 横浜市戸塚区にて錆で変色した瓦棒葺き屋根をコロニアルへ葺き替え
      横浜市戸塚区にて錆で変色した瓦棒葺き屋根をコロニアルへ葺き替え

         本日は横浜市戸塚区I様宅にて増築部分の屋根葺き替え工事の様子をお伝えいたします。I様宅は築50年、3階建ての鉄筋コンクリート造です。約30年前に3階部分の一部を増築し、現在は既存の屋根(陸屋根)と瓦棒葺き屋根がくっついた状態になっております。今回は30年前に増築された瓦棒葺き屋根の工事になります。約30年間ノーメンテナンスにより、屋根一面が錆だらけで、既存の陸屋根、防水面にまで...続きを読む

      2018/08/21 横浜市戸塚区で築30年の瓦棒葺き(トタン)屋根を調査、錆の酷さから全面改修のご提案
      横浜市戸塚区で築30年の瓦棒葺き(トタン)屋根を調査、錆の酷さから全面改修のご提案

         本日は横浜市戸塚区にお住いのI様より、増築部分の瓦棒葺き(トタン)屋根の調査依頼を頂きました。I様宅は3階建ての鉄筋コンクリート造です。一階と二階部分は貸しており、I様は3階部分に住んでおります。建物自体の築は50年程、二階陸屋根部分に増築したのは30年前程になるそうです。 今回ご依頼を頂いたのは増築部分のトタン屋根の錆びが酷い事もあり、改善したいとのご相談になりま...続きを読む

      2018/07/21 瓦屋根の歪みは屋根調査をすると分かります|横浜市戸塚区
      瓦屋根の歪みは屋根調査をすると分かります|横浜市戸塚区

         築年数の経過とともに、瓦屋根も様々な不具合が出てくるものです。一見普通に並んでいるように見える瓦も歪んでいることがあります。和瓦や洋瓦と呼ばれる瓦は重量があり、簡単に瓦の並びに異常が出ることはありませんが、10年20年と経過してくると何らかの現象が出てきます。築年数の経過とともに、瓦屋根は歪んでくることが多いです。横浜市戸塚区T様のお宅より、「近隣のお宅を施工している屋根業者か...続きを読む

      2018/05/22 横浜市戸塚区|経年での劣化が原因で雨樋からの水漏れ
      横浜市戸塚区|経年での劣化が原因で雨樋からの水漏れ

         本日は横浜市戸塚区にお住いのN様宅より、雨樋の点検・調査のご依頼を頂きました。N様宅では数か月前から、雨が降ると雨樋(軒樋)の途中から水が漏れるとの事です。敷地内なので気にはしていなかったそうですが、大雨になると、樋から溢れた水が地面にたたきつけられ、テレビの音が聞こえなくなるほど激しい音をたてるそうです。 まず気になったのが、屋根の劣化状況です。全体的に塗膜の...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市戸塚区の施工事例一覧

      横浜市戸塚区の屋根カバー工事、トップライトと撤去してオークリッジスーパーを使用

      【施工内容】

      オークリッジスーパー(ブラックオニキス)

      横浜市戸塚区でスレート屋根をスーパーガルテクトのSシェイドチャコールで屋根カバー工事

      【施工内容】
      屋根カバー工法

      スーパーガルテクト

      横浜市戸塚区|水漏れ発覚、トップライト撤去工事

      【施工内容】
      屋根葺き直し その他の工事

      屋根材:コロニアル 塗料:ファインパーフェクトベスト

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー