屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 施工事例 > 鎌倉市植木にて青緑瓦の棟が強風により倒壊した為に屋根葺き替え.....

鎌倉市植木にて青緑瓦の棟が強風により倒壊した為に屋根葺き替え工事を行いました

更新日:2020年6月12日

【施工前】
棟が倒壊していた瓦屋根

【施工後】
瓦からスレートへ葺き替え工事

築年数40年

平米数57.4㎡

施工期間5日

使用材料コロニアルクァッド 
 (アイリッシュグリーン)

費用137.3万円

保証8年

ハウスメーカーハウスメーカー不明

足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】


担当:新海


 屋根の一番高いところ、屋根面と屋根面がぶつかり合う所に必ず設置されている「棟」。雨が降ったり強風の影響からお住まいを一番初めに守ってくれる所ですので、どんな屋根材の棟でもメンテナンスが必要です。
 鎌倉市植木にお住まいのM様よりその棟が強風の影響でどうやら崩れてしまった、庭先に瓦も落ちているので屋根の点検調査をしてほしいとご相談を頂きました。

 さっそく現地調査にお伺いし屋根に上がってみますと、すぐに崩れてしまった棟の様子が目に入りました。M様邸は築40年以上経過しており、今まで屋根のメンテナンスはした記憶がないとの事でしたがその影響は今回の棟の倒壊以外にも屋根全体に見受けられました。瓦を捲り下地の様子を確認しますとルーフィング(防水紙)の劣化や、瓦を引っ掛ける為に設置してある瓦桟も釘で固定はされてはおりますが指でつかむとグラグラと動いてしまう状態です。室内には雨漏りしておりませんでしたが、確実に見えない所で雨漏りが始まっておりました。

 今回は築年数の事もあり、また修繕するとしても重い瓦は使いたくないとの事、また予算の関係もあり軽量セメント瓦である化粧スレートにて屋根葺き替え工事を行う運びとなりました。同時に軒の高さが出てしまい既存の雨樋では雨水を受け止めきれなくなる事も考慮し雨樋も同時に交換する事となりました。

 今回の葺き替え工事で使用する屋根材の化粧スレートはケイミューさんの「コロニアルクァッド」です。経年で表面の塗膜が必ず劣化してしまうので、ある程度の年数が来ましたら塗装でのメンテナンスは必要ですが、M様邸の先々の事を考えると候補の一番手となりました。既存の瓦よりも軽く、お住まいにかかる負担を軽くしたい事と、予算、また先々何年お住まいになりたいかを全て満たしたのが今回はケイミューさんのコロニアルクァッドとなりました。

 注意点としてはお隣様との距離が近かったため、足場が越境してしまうために施工に関わる全てに関してご迷惑をかけないようにしなくてはならない事でした。それでは施工の様子をご覧ください。
 屋根の一番高いところ、屋根面と屋根面がぶつかり合う所に必ず設置されている「棟」。雨が降ったり強風の影響からお住まいを一番初めに守ってくれる所ですので、どんな屋根材の棟でもメンテナンスが必要です。
 鎌倉市植木にお住まいのM様よりその棟が強風の影響でどうやら崩れてしまった、庭先に瓦も落ちているので屋根の点検調査をしてほしいとご相談を頂きました。

 さっそく現地調査にお伺いし屋根に上がってみますと、すぐに崩れてしまった棟の様子が目に入りました。M様邸は築40年以上経過しており、今まで屋根のメンテナンスはした記憶がないとの事でしたがその影響は今回の棟の倒壊以外にも屋根全体に見受けられました。瓦を捲り下地の様子を確認しますとルーフィング(防水紙)の劣化や、瓦を引っ掛ける為に設置してある瓦桟も釘で固定はされてはおりますが指でつかむとグラグラと動いてしまう状態です。室内には雨漏りしておりませんでしたが、確実に見えない所で雨漏りが始まっておりました。

 今回は築年数の事もあり、また修繕するとしても重い瓦は使いたくないとの事、また予算の関係もあり軽量セメント瓦である化粧スレートにて屋根葺き替え工事を行う運びとなりました。同時に軒の高さが出てしまい既存の雨樋では雨水を受け止めきれなくなる事も考慮し雨樋も同時に交換する事となりました。

 今回の葺き替え工事で使用する屋根材の化粧スレートはケイミューさんの「コロニアルクァッド」です。経年で表面の塗膜が必ず劣化してしまうので、ある程度の年数が来ましたら塗装でのメンテナンスは必要ですが、M様邸の先々の事を考えると候補の一番手となりました。既存の瓦よりも軽く、お住まいにかかる負担を軽くしたい事と、予算、また先々何年お住まいになりたいかを全て満たしたのが今回はケイミューさんのコロニアルクァッドとなりました。

 注意点としてはお隣様との距離が近かったため、足場が越境してしまうために施工に関わる全てに関してご迷惑をかけないようにしなくてはならない事でした。それでは施工の様子をご覧ください。


担当:新海


【調査時の様子】

倒壊した棟

 

 現地調査の為に屋根にあがりますとすぐに棟瓦が倒壊しなにやら養生のようなテープが貼られているのが確認できます。後で聞きました所知り合いの大工さんに倒壊が分かった直後に連絡をしたら屋根に上がって何かやってくれた、との事でこの様な状況になっているとは何もわからなかったそうです。

 確かに私達も養生をし着工まで待って頂く事もございますが、瓦屋根の時は気を付けなければなりません。瓦屋根の修繕には瓦を再利用して下地から新しくする「葺き直し」と、今回行いました「葺き替え」がございます。養生を行うのはいいのですが、もし養生によく使います防水テープ(ブチルテープ)を使用してしまうと、葺き直しを行うとなった際に大変です。強い粘着力を持っておりますので養生に使う事も多いのですが、剥がす時に瓦に粘着面が残ってしまうのです。瓦屋根の養生はどんな工事にするかある程度方向性が固まった後にしましょう。

 

倒壊した原因は漆喰の劣化 漆喰は定期的なメンテナンスが必要

 

 それでは棟が倒壊した原因を調査ではっきりさせます。棟は葺き土の上に熨斗瓦や冠瓦を乗せ、漆喰で側面を保護し最後に仕込んである銅線でそれらをまとめて固定します。あくまで銅線は有事の際に瓦が屋根から落下するのを防ぐ為のもので、棟瓦の固定を銅線に頼っているのではありません。土台にある葺き土と漆喰によって棟は保たれています。M様邸の倒壊していた棟瓦をよく見ますとまずその銅製が切れてなくなっている所が数か所ございました(写真左)。これが理由で庭先に倒壊した棟の一部の瓦が落下していたと推測できます。

 もし銅線が機能していたならば、庭先に瓦は落下していなかったと思います。また、側面には葺き土を保護するために塗られている「漆喰」がありますが、ほぼ全ての棟で欠けたり割れたりし内部の葺き土が丸見えになっている様な状態です。これではここから雨水が入り込んでしまい棟が歪み、今回の様な倒壊を招いてしまいます。棟の漆喰がメンテナンスされていない事で棟が歪み、そこへ強風がぶつかり倒壊したと思われます。

 

棟全体が傷んでいる様子 冠瓦は落下し割れてしまったので養生をしておきます

 

 切妻屋根で途中段が下がって棟が続く「棟違い」の屋根ほぼ全てに養生テープが貼られていますが、これではまったく意味がありません。隙間は出来たままです。

 現地調査時にお伺いした時にM様は既に屋根全体の修繕をご検討されており、落下した瓦を見て重たい瓦以外の屋根を使いたいとのお話が既にございましたので、まず残った土を隙間に詰め持っていたガラ袋で熨斗瓦が丸見えだった所へ被せ、そこへ防水テープで養生をさせて頂きました。これでしばらくの間は直接の雨水の侵入は防げるでしょう。ただし、養生はあくまでも工事までの為にするもので長い間もつものではありません。早急な工事が求められます。

 

雨漏りが始まっている瓦屋根 杉皮が割れてボロボロな様子

 

 棟がここまで傷んでしまっていると心配なのが、雨漏りです。室内天井へ染みがなくとも雨漏りが起きてしまっている屋根は多く調査してまいりました。倒壊している近くの桟瓦を数枚めくり下地の状態や瓦を引っ掛ける瓦桟と呼ばれる木材が雨水を吸っていないか確認してみますと、既に雨水が相当前から侵入している様子が窺えました。瓦桟には白カビが出来ており、グラグラと動いてしまうほど傷んでしまっていました。

 また、今でいうルーフィングの役目として杉皮、トントン葺きとも呼ばれる薄く裂いた板を重ねて防水紙の代わりとして使用してありましたが、それらも雨水の影響と経年劣化でパリパリ割れてしまっており、防水紙としても役目を果たせていませんでした。色々確認していますと既に杉皮が割れて昔の屋根の野地板によく使われていたバラ板の隙間が見えてしまっています。室内への雨漏りがなかったのが不思議なくらいです。それでは施工の様子です。

 

【施工開始、瓦撤去作業】

野地板で負荷を分散させながら瓦下ろし清掃を行います バラ板を呼ばれる野地板が腐食し割れて室内天井上に落ちている

 

 まずは既存の青緑瓦を全て清掃しながら撤去作業致します。重たい瓦を全て人力で持ち上げて下ろしますのでとても手間と時間がかかる作業となります。またM様邸の野地板は傷んでいる所が多く負荷を分散させながらでないと野地板を突き破り室内天井へ落ちてしまうと想像できるほどでしたので、負荷を分散するためにあらかじめ構造用合板を屋根に置いてその上を移動する様に致しました。調査時に確認できなかった箇所にも野地板が腐食し室内側へ落ちている箇所もございました(写真右)。

 

【野地板重ね張り】

不陸はほぼなかったのでそのまま野地板を重ね張りします 棟違い部がある切妻屋根

 

 不陸、垂木や野地板が雨水を吸った影響で棟から軒先まで平らではなくなっている箇所が多少見受けられましたが、今回はM様のご希望で予算を抑え雨漏りしないように葺き替え工事をとのお話がありましたので通常どおりそのまま野地板を重ね張り致しました。あまりにも下地に不陸が出ていると仕上がった時に棟が波打ったように見えてしまうので、気になる様でしたら垂木の補強で不陸調整をしてから野地板を張ると見栄えも良くなります。

 

【ルーフィング敷設】

改質ゴムアス施工 軒先から棟へルーフィング敷設

 

 野地板を張った後は、軒先からルーフィングを転がすように敷設してゆきます。軒先から棟まで重ね代を十分にとりながらルーフィングを何列も敷設致します。

 棟まで来ましたらM様邸は切妻屋根ですので反対側に折返し、最後に棟部分に真物(まもの)を被せ雨仕舞をしておきます。

 

【軒先やケラバ水切り役物の設置】

軒先水切り 水を切る水切りは屋根工事には欠かせません

 

 ルーフィングの敷設がきちんとしていれば、雨漏りしているお住まいでも雨漏りしなくなります。それほどルーフィングは重要な役目を担っています。その後は軒先や切妻屋根の妻側に設置する水切りと呼ばれる役物をルーフィング敷設とほぼ同時に行っておきます。雨水が建物内部へ入り込まないようにしてくれるガルバリウム鋼板製の役物です。

 軒先やケラバには破風板が設置されておりますので、その破風板が雨水を吸わないように水切りを設置しておきます。

 

【コロニアルクァッド葺き】

軒先から葺き始めます 途中雪止め金具を設置します

 

 役物の設置さ終わった後はコロニアルクァッドを葺き始めます。ケラバに滑り込ませ葺き始めます。化粧スレート用の釘で固定し途中二列目三列目にはステンレス製の雪止め金具を設置致します。屋根の色はアイリッシュグリーンですので、雪止めもそれと似た同系統の物で統一しておきます。化粧スレート一枚の幅は91㎝あり、釘を4箇所野地板に向けて打ち固定致します。

 孔は開いてしまいますが、改質ゴムアスファルトルーフィングが釘穴廻りに食いついてくれますので問題ございません。

 

化粧スレートのカットは専用のシングルカッターを使用します 綺麗にコロニアルクァッドが葺かれています

 

 化粧スレートは軽量屋根材に分類されますが、持ってみると案外重量があります。それをどうやって加工、切断するかといいますと写真左にありますシングルカッターと呼ばれる工具で使用します。ハンドル部を持ち上げて、化粧スレートを左側からシングルカッターに差し込み、少し勢いをつけて押し切りますと、綺麗に切断できます。

 M様邸はシンプルな切妻屋根ですので斜めに切断する箇所はなく縦にのみ切断し使用致しました。勾配もきついわけではないので、葺き始めるとあまり時間がかからず屋根全体へ綺麗にコロニアルクァッドが葺かれてゆきます。

 

棟違い施工 雨水が入りそうなところには万が一に備えシーリングを打っておきます

 

 M様邸の屋根の納めで心配だったのが、棟違いになっている箇所です。段が下がったところへ棟ができますので屋根の上に外壁ができます。その屋根と外壁の取合い部から雨漏りする事がよくございますので、写真の様に棟違いと捨て谷と呼ばれる水切り板金を設置したところは念の為にシーリングを打っておきます。雨水が流れ落ちるように計算して職人さんがシーリングを打ってくれています。打ってはいけない所へシーリングを打ちますと、何かあり屋根材の裏側へ雨水が回ってしまった時、本来であればそのまま雨樋が設置されている軒先まで流れるようになっておりますが、打ってはいけない間違ったシーリングが施されてしまいますと屋根材の裏で雨水が滞留し、そこから雨漏りしてしまいますのでシーリングを理由もなく打つ様な事は致しません。

 

【棟納め】

最後に棟を納めます 貫板を設置後棟板金を固定し、重ねる箇所にはシールを打っておきます

 

 屋根全体にコロニアルクァッドを葺き終えたら、屋根の一番高いところでお住まいを守ってくれる棟を設置致します。防腐処理された杉板を屋根面にそれぞれ一本ずつ設置してゆき、釘で野地板に固定致します。その後屋根と同色のガルバリウム鋼板製棟板金を被せ側面からSUSビスで固定致します。また、棟板金の重なりには写真右の様にシーリングを打ち雨水が内部へ入り込まないように処理致します。

 よく台風シーズンになると板金が飛んだ、釘が浮いているとご相談を頂く事が多いのですが棟板金もメンテナンスしなければ今写真でご覧頂いております貫板が腐食し釘が浮きやすくなります。そこへ強風がぶつかると、棟板金はまだ錆も出ていなくしっかりしているように見えても内部が腐食している事で釘で棟板金が固定できなくなり、飛散してしまうのです。葺き替え工事やカバー工事を行ったとしても定期的なメンテナンスが必要です。街の屋根やさんにはその準備がございますのでご安心ください。

 

【完成】

棟違い部の納めもしっかり確認 屋根の上に外壁が出来る棟違いは捨て谷部分もしっかりと確認

 

 棟違い部や捨て谷部へ最後に屋根と同色に合わせたシーリングを打って雨仕舞はきちんと仕上がっております。また、捨て谷を固定する為に使用したビスにはパッキンがついており雨水が入り込まないような造りになっておりますので安心です。

 

和瓦からコロニアルクァッドへの葺き替え工事完了

 

 鎌倉市植木M様邸の屋根葺き替え工事が無事竣工となりました。お色もカタログを十分に吟味してお選び頂きM様には大変満足頂けた工事となりました。

 今回M様邸の屋根葺き替え工事に使用した屋根材はケイミューさんのコロニアルクァッドです。軽量セメント瓦とも呼ばれ多くのお住まいに今も使用されている商品となります。どうしても経年で表面のコーティングが薄れてくると苔やカビなどの汚れの繁殖を許してしまうので10年前後、立地や環境によってはそれよりも早く塗装でのメンテナンスが必要になる屋根材ですが、トータルバランスは優秀な屋根材です。また、コロニアルクァッドは他の屋根材と比べお選び頂けるお色が多いのも特徴で、12色からお選び頂けますので色選びも楽しい屋根材となります。

 この度はご利用頂きまして誠にありがとうございました。

 

【一ヵ月後定期点検の様子】

 

ドローンによる定期点検は大変好評です

 

 こちらは施工後の定期点検にお伺いした時の様子です。街の屋根やさんでは定期点検や現地調査時にドローンを使う事もございます。特に施工後にドローンを飛ばし屋根全体を確認できるのは、普段屋根全体を見ることが出来ないお客様には大変好評を頂いております。こんな屋根だったんだと驚かれることもしばしばございます。

 今後も定期点検でお邪魔させて頂きますので宜しくお願い致します。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行ったM様のご感想をご紹介いたします

M様のアンケート

【工事前】

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風の時に瓦が落ちた為
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに問い合わせました。特に悩んだりはしてませんが問い合わせをしました。
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
まずは見積もりをお願いしたく探して頂いた施行会社様へは連絡しようと思いました。正直何が決めてという事はなく来て頂いてからその様子等で決めたいと思いました。
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
丁寧にご説明頂きました。とてもご親切で不快感もなく対応頂いています。(御社が頂いている資料、見積の内容も細かく説明頂き安心致しました。完成までよろしくお願い致します。
工事前アンケート

【工事後】

Q1.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
完全な工事
Q2.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
家を建てた時フラッと依頼していた人が年なので屋根に登ることが出来なくなりました
Q3.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
Q4.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
丁ねいな仕上りに大変まんぞくしております
Q5.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
安心しておまかせできると紹介いたします
工事後アンケート

M様のアンケートを詳しく見る→

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      32年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルクァッド 色:ミッドナイトブルー

      施工内容
      屋根葺き替え,屋根カバー工法
      築年数
      35年
      使用材料
      オークリッジスーパー(ハーバーブルー)

      鎌倉市と近隣地区の施工事例のご紹介

      同じ工事のブログ一覧

      川崎市高津区久地で地震に備えて雨漏りしている重い瓦葺き屋根を軽い金属屋根に葺き替えます

      2021/03/2 川崎市高津区久地で地震に備えて雨漏りしている重い瓦葺き屋根を軽い金属屋根に葺き替えます

       川崎市高津区久地で屋根の調査をおこないました。瓦葺き屋根は雨もりしていましたので、下地をしっかりと直さないと雨漏りは止まりません。下地を直す為には瓦を再利用する葺き直し工事と、瓦から他の屋根材へ変える葺き替え工事をおこないます。重い瓦屋根のままで下地だけ直した場合、最近の地震の事も考えて軽くて耐久...続きを読む

      横浜市旭区西川島町にてスレート屋根調査、塗膜が剥がれ雨水を吸ってしまい傷んでいる屋根には塗装ではなく屋根工事でのメンテナンスが必要です

      2021/02/28 横浜市旭区西川島町にてスレート屋根調査、塗膜が剥がれ雨水を吸ってしまい傷んでいる屋根には塗装ではなく屋根工事でのメンテナンスが必要です

       最近、通りがかる訪問業者に屋根の指摘をされる事が多くなった、不安なので一度しっかりと屋根点検をしてほしいと横浜市旭区西川島町にお住まいのお客様より街の屋根やさんへご相談を頂きました。築30年程経過しており、前回の外装リフォームから10年以上経過しているようです。さっそく現地にお伺いし、屋根の状態を...続きを読む

      横浜市瀬谷区東野で傷んだスレート屋根の調査で危険な箇所が見つかりました

      2021/02/25 横浜市瀬谷区東野で傷んだスレート屋根の調査で危険な箇所が見つかりました

       横浜市瀬谷区東野にお住まいのH様より、お住まいのお庭に屋根材が落ちていて、雨漏りが心配なので見に来てほしいとお問い合わせを頂きました。現地でお話を伺うと、H様のお住まいの屋根は2年ほど前に屋根の塗装工事をしたばかりとのことでした。 屋根材が激しく傷んでいます  調査のため屋根に上ろうと屋根に片...続きを読む

      お問い合わせバナー