屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 鎌倉市岡本にて長年メンテナンスをされていなかった棟瓦が破損し.....

鎌倉市岡本にて長年メンテナンスをされていなかった棟瓦が破損し冠瓦が軒先から落下寸前、棟瓦取り直し工事を行いました

更新日:2020年10月18日

【施工前】
冠が落下し銅線も切れて棟倒壊寸前だった屋根

【施工後】
シルガード(黒)を使い棟瓦取り直し

築年数36年

施工期間2日

使用材料南蛮漆喰 シルガード(黒)

費用

詳しくはお問い合わせください

詳しくは
お問い合わせください

ハウスメーカー地元工務店

棟瓦取り直し

【お問い合わせのきっかけ】


担当:新海


 鎌倉市岡本にお住まいのK様より、「最近空き家にしていたが、とある日に帰って見たら屋根の瓦らしきものが遠目から歪んでいるように見えていて心配。」との事で街の屋根やさんへご相談を頂きました。既に築が30年以上経過しており、先々大きな修繕をする予定はなく、建て壊す考えをお持ちでいらっしゃいました。ただ、不安なのが瓦が落下して近隣へご迷惑をかけないかと仰られておりました。
さっそく現地にお伺いし屋根に上がらせて頂くと綺麗な青緑瓦が葺かれておりました。しかし、屋根の頂点にあります棟近辺を見ておりますと本来あるはずの冠(かんむり)瓦がなく、よく見ましたら軒先の方へと落下しており運よく引っかかって落ちずに済んでおりました。その他鬼瓦も外れかかっていた事や、漆喰が剥がれている箇所、棟を固定する銅線も多く切れてしまい、棟自体が歪んでしまっておりました。上記の劣化は、強風や台風時に棟飛散や落下にも繋がりますし、またその結果雨漏りにも繋がります。

 今回は先々の事を考えて屋根全体の修繕よりも部分的な修繕でとのお打合せの結果、棟瓦取り直し工事を行い、棟瓦の歪みを正し雨漏りに備えつつ、近隣へのご迷惑が起きないようにメンテナンスを行う運びとなりました。
街の屋根やさんでは未だ続くコロナ禍において、引き続き必要な対策を講じて対応させて頂いておりますのでご安心ください。
 鎌倉市岡本にお住まいのK様より、「最近空き家にしていたが、とある日に帰って見たら屋根の瓦らしきものが遠目から歪んでいるように見えていて心配。」との事で街の屋根やさんへご相談を頂きました。既に築が30年以上経過しており、先々大きな修繕をする予定はなく、建て壊す考えをお持ちでいらっしゃいました。ただ、不安なのが瓦が落下して近隣へご迷惑をかけないかと仰られておりました。
さっそく現地にお伺いし屋根に上がらせて頂くと綺麗な青緑瓦が葺かれておりました。しかし、屋根の頂点にあります棟近辺を見ておりますと本来あるはずの冠(かんむり)瓦がなく、よく見ましたら軒先の方へと落下しており運よく引っかかって落ちずに済んでおりました。その他鬼瓦も外れかかっていた事や、漆喰が剥がれている箇所、棟を固定する銅線も多く切れてしまい、棟自体が歪んでしまっておりました。上記の劣化は、強風や台風時に棟飛散や落下にも繋がりますし、またその結果雨漏りにも繋がります。

 今回は先々の事を考えて屋根全体の修繕よりも部分的な修繕でとのお打合せの結果、棟瓦取り直し工事を行い、棟瓦の歪みを正し雨漏りに備えつつ、近隣へのご迷惑が起きないようにメンテナンスを行う運びとなりました。
街の屋根やさんでは未だ続くコロナ禍において、引き続き必要な対策を講じて対応させて頂いておりますのでご安心ください。


担当:新海


【調査の様子】

 

青緑瓦が葺かれた屋根

 

 鎌倉市岡本にお住まいのK様邸に現地調査にお伺いした時の様子です。軒先にある雪止め金具に気を付けながら梯子をかけて屋根に上がらせて頂きました。

K様邸の屋根は青緑瓦で葺かれており、形状は切妻屋根の母屋下がりで棟の途中が段違いになっている意匠性の高いデザインでした。

 一見するとどこも傷んでいないように見受けられる瓦屋根でした。しかし、メンテナンスをした記憶がないとの事でしたので屋根全体を細かく見させて頂く事に致します。平場の桟瓦は割れやズレ、捲れなどもなかったのですが、屋根の頂点に設置してあります「棟瓦」が一部外れてしまっておりました。

 

 

鬼瓦や冠瓦が正常な状態ではなかった様子 軒先に運よく残っていた冠瓦

 

 こちらがその外れていた瓦の様子です。棟に被さっている「冠瓦」がいくつか棟から落ちて軒先まで滑り落ちておりました。これは運よくケラバの破風板に打ち込んであった電源ケーブルに引っかかっている状態で落ちずに屋根に残っておりました。しかし、これがいつ落下するかは不明です。これに気付かないまま、何かの拍子に落下してしまった時に通行人にお怪我を負わせてしまったり、強風や台風で飛散してしまったら、近隣のお住まい等へ損害を出してしまうかもしれません。

 また、冠瓦がないという事は棟瓦がまともにおさまっていない事と同意です。瓦の接着剤としての漆喰が経年劣化で機能しなくなってしまった事も冠瓦が棟から外れてしまった要因かもしれません。また、化粧としてある鬼瓦も傾いてしまっておりました。棟に問題がありますと、棟からの雨水の侵入による雨漏りも考えられますので、今回は「棟瓦取り直し工事」を行う運びとなりました。

 

【棟瓦取り直し工事】

 

まずは棟の解体を行います 冠や熨斗瓦を再利用する為に一度撤去解体し、その土台である葺き土も綺麗に清掃します

 

 まずは銅線で固定されている棟を解体清掃する作業から棟瓦取り直し工事は始まります。思っていらっしゃるよりも大量に土台には葺き土や粘土がありますので、屋根の上はみるみる土埃で汚れてしまい滑りやすくなってしまいます。ですのでガラ袋を用意し大量に出る葺き土等を清掃しながらの解体となりますので、非常に手間と時間がかかる作業となります。

 写真右は綺麗に清掃が終わり、既存の土台に使われていた葺き土も全て清掃した状態となります。棟瓦取り直し工事では、既存の瓦を再利用する為に、解体したら冠瓦や熨斗瓦は破損させないようにしておく必要があります。

 

型枠を置いてそこへ納まる様に南蛮漆喰シルガードを詰めます シルガードを土台に大量に使用します

 

 その後、型枠を棟の部分に置き、新たな土台である南蛮漆喰、シルガード(黒)をしっかりと土台として詰めてゆきます。昔は瓦屋根の仕上として白い漆喰が使われておりました。今日でも室内の仕上などに使われるものですが、今回の棟瓦取り直し工事に使用する漆喰は防水剤が添加されている為に漆喰よりも強度と耐久性が上がっております。街の屋根やさんでの棟瓦取り直しは南蛮漆喰シルガード(黒)を使用しております。予算によってはさらに強度のあるモルロックという選択肢もございます。

 

平たい熨斗瓦を取付 四段熨斗でしたので手間がかかってしまいます

 

 シルガードを大量に土台として塗り込んだ後に、各種瓦の取付を行います。野地板にビスを打ち、銅線で鬼瓦をまずは固定。またシルガードを塗り込んで土台造りをしている途中にも最後に棟を強固に固定できるように銅線を仕込んでおきます。その後に、平たい熨斗瓦を一枚一枚丁寧にのせてゆきます。水平器を用いて整えながら慎重に行います。せっかく棟を新しくするのに歪んだ棟を作るわけにはまいりません。とても繊細な作業なのです。K様邸の棟は熨斗が4段ある棟でしたので、一段目を取付終えたら一度シルガードを塗り、そこへまた熨斗瓦を乗せ取り付けるという流れを4回行う必要がございます。最後に冠瓦をのせ、仕込んであった銅線で固定致します。

 

瓦屋根では大量の葺き土や泥が出ますので廃材処分が大変です 瓦屋根工事はとても手間がかかるのと同時に職人の腕が問われます

 

 K様邸には斜めに降っている隅棟もありますので、そちらも同様に解体撤去、清掃を同時に行っておきます。順番は前後しておりますが、分かりやすい様に解体時の様子の写真となります。

 先ほどの大棟部と合わせて大量の葺き土や粘土は全て手作業で梯子から下さなくてはなりませんので、大変時間と労力がかかります。また、慎重に解体しませんと、外している瓦が屋根から落ちてしまい使い物にならなくなってしまいます。一枚でも足りなくなりますと棟が納まらなくなります。現在瓦や色によっては手に入らない物も出てきている為、瓦屋根の工事は慎重になります。

 ですので、棟を解体後は綺麗にならべて屋根から落下しないように対策をしておかなければなりません。

 

シルガードを使用 大棟と同様に熨斗瓦をつんでゆきます

 

 こちらもシルガードを綺麗に塗り込んで置き土台を形成致します。同時に銅線も仕込んで置き、最後に冠瓦を取付後に銅線を結んで固定します。銅線で固定する理由は、棟が崩れないように銅線で結び固定するのではなく、万が一の時に瓦が屋根から落下しないように銅線を使用します。あくまで棟の固定は漆喰の役目となります。

 経年で棟が劣化してしまった屋根の調査にお伺いした際、銅線が切れているだけで棟は倒壊していないお住まいもよく見かけます。隠れた場所で漆喰がしっかり自分の役目を果たしてくれているからです。しかし、その漆喰も時間と共に劣化してしまいますので、定期的に詰め替えたり、今回の様に棟瓦取り直し工事を行い棟が台風で倒壊したり雨漏りする前にメンテナンスする必要があります。

 

【棟瓦取り直し工事完成】

 

歪みのない綺麗な棟は雨漏りの不安から解放されます 漆喰のメンテナンスをしておき雨漏りにそなえましょう

 

 歪みが出ていた綺麗な青緑瓦を使用した瓦屋根の棟が南蛮漆喰シルガード(黒)によって、正しい姿に戻りました。棟の歪みは雨漏りに繋がる事がございますので、少しでも気になった場合は専門の街の屋根やさんへお問い合わせくださいませ。和瓦や洋瓦、棟工事はおまかせください。

 

これからは不安なく過ごせる綺麗な青緑瓦葺き屋根になりました

 

 鎌倉市岡本K様邸の棟瓦取り直し工事が無事竣工となりました。桟瓦部分の傷みはほとんどなく、釉薬が塗られている青緑瓦はまだまだお住まいを守ってくれそうです。

今回の棟瓦取り直し工事に使用しましたのは抜群の耐久性を誇る南蛮漆喰シルガードです。通常内装などでもよく使用される漆喰と違い、シリコンや防水剤を配合した防水性や耐久性を高めた商品となります。近年自然災害の影響で瓦屋根の棟が倒壊するケースが多く、備える事の重要さを感じます。ご自宅の瓦屋根のメンテナンスを長い間していなかった場合、気づかぬところで雨漏りしている場合もある為一度街の屋根やさんの無料点検調査をご利用してみてはいかがでしょうか。

 この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

漆喰(しっくい)工事 
漆喰(しっくい)工事 
 瓦と瓦の接着剤(漆喰)を補修する工事です。漆喰が痛んでしまうと、接着剤としての機能を果たさなくなるため、瓦にズレが生じてしまうのです。漆喰の剥離は雨漏りを引き起こす危険性があるのです。状況に応じて棟の取りなおし工事や漆喰の増し詰め工事をご提案しています。漆喰工事には大きく分けて2種類の工事がありま…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
狭小地に多い!軒先が短いお家で雨漏りが起こりやすい理由とは
狭小地に多い!軒先が短いお家で雨漏りが起こりやすい理由とは
 現在、よく見かけるようになったのが、極端に軒先が短い建物です。建物で軒や軒先と呼ばれるところは外壁より外側に突き出た屋根の部分です。昔のお家というと、軒先でも充分に雨宿りが出来たものですが、現代のお住まいではそれもままならなくなっています。キューブ型のビルのような建物ですと軒そのものがありませんし…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      11年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      28年
      使用材料
      シルガード(黒)

      鎌倉市と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      40年
      使用材料
      コロニアルクァッド 
       (アイリッシュグリーン)


      同じ工事のブログ一覧

      横浜市旭区川井本町にて瓦屋根の調査、漆喰が劣化し剥がれると棟が歪んでしまい雨漏りに繋がりますので棟取り直し工事をしておきましょう

      2020/12/28 横浜市旭区川井本町にて瓦屋根の調査、漆喰が劣化し剥がれると棟が歪んでしまい雨漏りに繋がりますので棟取り直し工事をしておきましょう

       屋根の上から白い塊が落ちてきているので、一度屋根を見てほしいと横浜市旭区川井本町にお住まいのM様より屋根のご相談を頂きました。お話を伺いますとM様邸は築35年程経過しており、今まで瓦だから何もしなくても大丈夫だろうと一度もメンテナンスをしたことがなかったようです。さっそく現地に伺い屋根の点検調査を...続きを読む

      海老名市社家の瓦屋根は、瓦が割れて棟に詰められた漆喰が無くなっておりました

      2020/11/14 海老名市社家の瓦屋根は、瓦が割れて棟に詰められた漆喰が無くなっておりました

       「家の屋根が傷んでいるらしい」とお困りのご相談がございましたのは、海老名市社家にお住いになられているM様からでした。お隣にお住いになられている方から教えてもらったそうです。聞くところによると、海老名市社家M様のお宅の屋根は、典型的な瓦を使用した屋根とのことでした。建てられてから40年以上が経過して...続きを読む

      茅ヶ崎市室田で瓦屋根の不具合、鬼瓦が倒れて棟瓦の銅線が切れておりました

      2020/09/16 茅ヶ崎市室田で瓦屋根の不具合、鬼瓦が倒れて棟瓦の銅線が切れておりました

       茅ヶ崎市室田にお住いになられているE様より「自宅の瓦屋根が傷んでいるようだ」とお困りのご相談がございました。築40年近い茅ヶ崎市室田E様のお宅の屋根は、新築当初から和瓦を使用した屋根でした。定期的にメンテナンスを行ってきてはいるものの、前回のメンテナンスからは20年近く経過しているようです。今回は...続きを読む

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン