横浜市戸塚区矢部町にて雨漏り調査、原因はトップライト(天窓)以外にもあるようです

HOME > ブログ > 横浜市戸塚区矢部町にて雨漏り調査、原因はトップライト(天窓).....

横浜市戸塚区矢部町にて雨漏り調査、原因はトップライト(天窓)以外にもあるようです

更新日:2023年08月26日

 増築した小屋裏部屋に設置してあったトップライト近辺に雨染みがある事がきっかけで雨漏り調査の依頼を頂きました、横浜市戸塚区矢部町のお宅での調査の様子をお伝えいたします。築年数は40年近く、何度か建物に関しては増築部も含めリフォームをされてきたとの事でした。

 まずはきっかけとなったトップライト回りの様子を見てみます。

 

数年前から雨漏りしていたと思われる木枠の黒い雨染み

 

設置後20年経過したトップライトからの雨漏り、木枠が雨水や湿気等を吸い込み黒ずんでいる様子

 

 吹き抜けの天井や台所など、採光がとりにくい所に設置するのが多いトップライトですが、基本的には屋根に穴を開けて設置する事になりますので、メリットもありますがデメリットもあります。きちんと屋根の構造を理解して将来的に上記の写真の様に室内への雨水の侵入などを考慮に入れて設置しませんと、いざとなった時に大きな出費に繋がる事もあります。

 窓枠回りのパッキン等のメンテナンスや交換が必要な物もありますし、雨水が水上に行っても大丈夫なように水切りをしっかりしないといけない事もあります。採光を多くして健康的にと考えていても将来こうなってしまい腐食している部分のカビ等が室内に浮遊している事などを考えると意味がありません。

 よく見ると結露が確認できましたが、結露が出ているから雨漏りの原因とはなりません。結露は室内外気温差が激しくなる冬場の早朝など、サッシ回りなどによく見られます。また暖房器具、主にエアコンなどを使って室内を暖めようとしても暖気は基本上へ上へとあがっていきます。どうしてもトップライト回りに結露が出やすい時期でもありますので雨漏りと混同しがちですが、今回はそうではありません。屋根に上がるとわかりますが、原因はトップライト以外にもありました。

 

屋根を見ると雨水を吸い込んで黒ずんでおりクラックも多く見つかりました

 

屋根一面に見られる雨水を吸ってしまい黒ずんだ築40年、塗装なしのスレート屋根の様子 通常よりも大きく5㎜以上ある横に入ったクラック

 

 室内の様子を見た後屋根に上がらせて頂いた時の様子です。元々は綺麗な緑色であったであろう屋根が黒く変色してしまっています。

 原因は増築し20年経過して一度も屋根塗装のリフォームを行っていないのが原因と思われます。表面の塗膜が紫外線や経年で剥がれ撥水効果がなくなると、雨が降るたび雨水を吸い込んでしまいます。塗装で保護ができているうちはいいのですが、何も手をかけずこれだけ年数が経つとこうなってしまいます。

 金属や他の屋根材と違いスレート・コロニアルと呼ばれる屋根材は必ず塗装で保護が必要な屋根材です。

 今回の場合はここまで屋根材の劣化が進んでしまっていると葺き替え工事が最良の選択になると思われます。一度雨水を吸い込んでかなりの年数が経ったスレート屋根は塗装で保護しようとしても塗料がのらずすぐに塗膜が剥がれ塗装にかかる費用が無駄になる可能性が大きいです。

 

躯体にも見受けられる雨染みの様子 木枠が腐食してさわると湿っています

 

 他にも、トップライト以外にも屋根の劣化から来る雨染みの様子が確認できました。こちらの建物にはトップライトが2つありましたが、どちらも同じ様な黒染みで木枠が腐食してしまっており、触ると湿っています。躯体部にも染みているので早急な処置が必要です。雨漏りは原因が一つとは限らず、目に見えない所からや思っても見ない所からも起こります。雨漏りしているのが分かったらすぐに専門の我々に調査を依頼してください。大きな出費になる前に対処しておいたほうがよろしいと思います。

 街の屋根やさんでは原因追及後のご提案も複数致します。雨漏りでお困りなら街の屋根やさんへご相談くださいませ。

 記事内に記載されている金額は2023年08月26日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

横浜市戸塚区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

工事種類

雨樋交換

お問い合わせ内容

横浜市戸塚区Y様
雨樋が詰まってしまい雨漏りが発生しているとご相談をいただきました。雨樋の詰まりの改善と雨漏りのお悩みを解決するために雨樋部分交換工事を行なわせていただきました!

関連動画をチェック!

雨漏りを修理しないとどうなる?放置による6つの被害【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

天窓の交換、メンテナンスで雨漏りなどのお困り事を全て解決致します!
@media only screen and (max-width: 767px) {.ykorangecheck520 {width:7%;}} ※窓枠のコーキング充填や水切りの交換、天窓周辺の清掃といったメンテナンスの価格となります。  「天窓からの雨漏りで悩んでいる」  「天窓のある部屋…続きを読む
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市戸塚区のその他のブログ

      2024/03/1 横浜市戸塚区平戸で傷んだスレート屋根を点検しました

      スレート屋根の汚れが目立っている 横浜市戸塚区平戸にお住まいのお客様より、経年劣化で傷んだスレート屋根の点検と、必要な工事の提案をお願いしたいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました(^^)/ 苔などの発生が見受けられました 屋根材はアスベスト含有スレートのニューコロニアルです。...続きを読む

      2024/02/18 横浜市戸塚区上矢部町にて築30年のスレート屋根が劣化していました

      スレート屋根材の端部が白く変色している    横浜市戸塚区上矢部町にて築30年のお住まいの現地調査を行いました。  調査を開始すると全体的にスレート屋根材の端部が白く変色していました。スレート屋根の性質として横殴りの雨や毛細管現象などによってスレートの隙間などから内部に...続きを読む

      2024/01/28 横浜市戸塚区品濃町にて瓦屋根調査、飛散物が瓦を割ってしまい防水紙が丸見えの状態でした

       横浜市戸塚区品濃町にお住まいのY様より、強風が続いたとある日から数日後に敷地内に自宅の屋根に使われているかもしれない瓦屋根の欠片が落ちていた。もし本当に自宅の屋根が破損していたら心配との事で、私たち街の屋根やさんへ屋根点検調査のご相談を頂きました。平屋造りで築30年程経過しているとの事でした。さっ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市戸塚区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      28年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドモスグリーン
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      築約25年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドチャコール

      その他の施工事例一覧→

      雨漏り修理を行った現場ブログ

      2024/04/11 笠木とは?ベランダ・バルコニーの中でも雨漏りリスクが高い場所です!

       ベランダ・バルコニーの外周には、落下防止や排水性向上のために立ち上がり壁である「パラペット」が設置されることが一般的です! その上部に被せるように設置されているのが「笠木」と言われる部材です(^^)  今回は笠木の特徴・役割と併せて、笠木の雨漏りリスクが高い理由を詳しくご紹介いたします!笠木とは?...続きを読む

      2024/03/28 屋上・バルコニーの立ち上がり壁「パラペット」とは|笠木からの雨漏りに注意が必要です!

       屋上・バルコニーには立ち上がり壁が設けられており、落下防止や手すりとしてとの役割を担っていますよね😊 この立ち上がり壁は「パラペット」と呼ばれ、実は安全性を高める以外にも様々な役割を担っています! 今回は「パラペット」の役割と併せて、パラペットの上面を保護している「笠木」の特徴・雨...続きを読む

      2024/03/24 サンルームで雨漏り発生!考えられる原因や修理方法をご紹介します

      サンルームでの雨漏り…考えられる原因とは?  サンルームの雨漏りの原因として、サッシの窓枠やコーキングの劣化、水抜き穴の異常、パネルのひび割れや破損などが考えられます。 また、屋根や壁の接合部分やサッシなど、雨水が浸入しやすい箇所がある…ということも原因として挙げられます💦...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      雨漏り修理を行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      22年程
      使用材料
      ケイミュー コロニアルクァッド ネオ・ブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!