屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

HOME > 施工事例 > 横浜市青葉区大場町にて、強風の影響で棟板金の一部が屋根から剝.....

横浜市青葉区大場町にて、強風の影響で棟板金の一部が屋根から剝がれてしまった2階建てアパートの棟板金交換工事を行いました

更新日:2022年6月9日

【施工前】
捲れてしまった棟

【施工後】
下地ごと新しく交換致しました

施工内容棟板金交換

築年数約15年

平米数25.7m

施工期間1日

使用材料JFE鋼板 極みMAX

費用44万円

保証詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカーハウスメーカー不明地元工務店

足場アイコン火災保険アイコン台風アイコンアパートアイコン棟板金交換

【お問い合わせのきっかけ】


担当:新海


 横浜市青葉区大場町にありますとある賃貸物件のオーナー様より、屋根から板金の一部が落ちてきたようだと、ご入居様から連絡を受けたので調査をお願いしたいと、私たち街の屋根やさんにご相談を頂きました。

 現地調査にお伺いしますと敷地内に棟板金の一部が落下しており、屋根上は危険な状況にあるとすぐに判断できました。実際に屋根に上がりますと棟板金が下地材の貫板ごと屋根から剝がれてしまっている箇所が確認できました。劣化により固定力が弱まった棟板金が台風などの強風の煽りを受けることで、屋根面から剝がれてしまったのでしょう。剝がれて浮き上がってしまった棟板金は、屋根上部で他の板金と重なり合っている箇所が辛うじて繋がっているだけで、いつ飛散してもおかしくない状態でした。

 このままの状態では、棟板金が剝がれた箇所から屋根内部に雨水が入り込むことで雨漏りの危険性が高まるだけでなく、棟板金が飛散し、重大な二次災害が起きる危険性もあることをご説明、また築後約15年程経過している事もあり、他の箇所でも棟板金が剝がれた箇所同様に劣化していることが考えられるため、賃貸物件全体の棟板金交換工事をご提案し、工事のご用命を頂きました。

 私達、街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス完成拡大防止の為、ソーシャルディスタンスやこまめな消毒、マスクの着用の徹底に努めております。
 横浜市青葉区大場町にありますとある賃貸物件のオーナー様より、屋根から板金の一部が落ちてきたようだと、ご入居様から連絡を受けたので調査をお願いしたいと、私たち街の屋根やさんにご相談を頂きました。

 現地調査にお伺いしますと敷地内に棟板金の一部が落下しており、屋根上は危険な状況にあるとすぐに判断できました。実際に屋根に上がりますと棟板金が下地材の貫板ごと屋根から剝がれてしまっている箇所が確認できました。劣化により固定力が弱まった棟板金が台風などの強風の煽りを受けることで、屋根面から剝がれてしまったのでしょう。剝がれて浮き上がってしまった棟板金は、屋根上部で他の板金と重なり合っている箇所が辛うじて繋がっているだけで、いつ飛散してもおかしくない状態でした。

 このままの状態では、棟板金が剝がれた箇所から屋根内部に雨水が入り込むことで雨漏りの危険性が高まるだけでなく、棟板金が飛散し、重大な二次災害が起きる危険性もあることをご説明、また築後約15年程経過している事もあり、他の箇所でも棟板金が剝がれた箇所同様に劣化していることが考えられるため、賃貸物件全体の棟板金交換工事をご提案し、工事のご用命を頂きました。

 私達、街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス完成拡大防止の為、ソーシャルディスタンスやこまめな消毒、マスクの着用の徹底に努めております。


担当:新海


【現地調査時の様子】

 

 

 調査のため現地に到着すると、屋根から落下してきたと思われる棟板金の一部が敷地内に落ちていました。屋根から剝がれ落下した棟板金が、ご近隣の外壁や窓ガラス、また車や通行人に当たってしまったりといったことが無かったのは不幸中の幸いと言えます。

 この落ちていた棟板金がどこの箇所のものなのかを確認するため屋根に上ろうとすると、すぐにどこのものかが分かりました。屋根頂上部から軒先に向かって斜めに取付けられている隅棟の棟板金が下地木材の貫板ごと屋根面から剝がれてしまっている状態でした。写真右の様に雪止め金具に引っかかっている様な状況です。

 

 

 屋根上部まで上がり状態を確認すると風の煽りを受けた棟板金は紙きれの様に曲がってしまっておりました。屋根上部で他の板金と重なり合う箇所だけがギリギリ繋がっているだけで、再び強風が吹いたときに飛散してしまう危険性が非常に高い状態でした。また、棟板金が屋根面から剝がれてしまっている箇所による影響で、その板金と繋がっている板金も曲がっていたり浮きが発生していました。そのほかの箇所でも棟板金を固定する釘が緩み抜けそうになっている箇所もございました。

 棟板金が剝がれてしまった箇所から雨水が入り込むことによって起こりえる雨漏り、飛散する事によって近隣被害が起きる前に今回はご予算と相談の上で棟板金交換工事を行う運びとなりました。

 

【足場仮設、棟板金交換工事着工】

 

 

 屋根全体の棟板金交換工事を行うにあたり、まず最初に既存の棟板金と下地である貫板を撤去していきます。

 棟板金が剝がれてしまっている箇所や、そのほかの箇所も棟板金を固定している釘を抜いて板金を剥がしていきます。屋根にある全ての棟板金を剥がし終えると右上の写真のような状態になります。棟板金を固定するための下地木材の貫板だけの状態です。築15年程経過している事もあり、内部の貫板をよく見ますと黒ずみ腐食している様子が窺えます。屋根材が綺麗だとしても雨仕舞として取り付けられている棟板金はいづれは交換が必要になる屋根の役物です。

 

 

 腐食してしまった貫板も板金同様に撤去していきます。腐食の進んだ貫板に再び釘を打ち込んでも固定力は期待できないため、貫板も新しいものにする必要があります。右上の写真が既存の貫板を撤去し、新しい棟板金を取付ける箇所の清掃までを終えたものです。屋根全体の棟部分が、この状態になったら次は新しい棟板金を取付ける工程へと移ります。

 訪問業者がよく行うのは、目視できる板金だけ交換し下地を交換しない等の工事です。釘がしっかりと固定できずに意味のない工事になりますので、訪問業者を屋根に上げたりするのも注意が必要でしょう。

 

【新規棟板金取付】

 

 

 

 新しいガルバリウム鋼板製の棟板金を設置するため、既存の棟板金を撤去した箇所に、まずは貫板を取付けていきます。棟板金交換工事では新しい貫板の固定には釘ではなく、貫板をより強固に屋根面に固定できるステンレスビスを使用しています。屋根の形状に合わせて貫板を切断加工し、屋根全体に貫板を取付けていきます。

 ご覧頂くとわかるように屋根の角度がきつい急勾配屋根になります。緩い勾配の屋根と比べれば施工にかかる手間や時間もかかります。あまりにも屋根の角度が急すぎる場合は、屋根専用の屋根足場を仮設する事もございます。

 

 

 貫板の取付けが終わると、いよいよ板金を取付けていきます。隅棟の棟板金の取付けは軒先から始め、下から上へ、軒先から棟へと屋根頂点に向かって順に取付けていきます。

 また、軒先や棟板金が重なり合う箇所は板金を屋根の形状に合わせて加工します。屋根面や板金同士を合わせながらサイズを計り、専用の道具を使い板金を加工し、屋根の形状に合わせていきます。この作業が上手くいかないと、板金同士が重なり合う箇所や軒先で余計な隙間が出来て板金内部に雨風が入り込みやすくなってしまいます。それでは棟板金交換工事の効果も薄れてしまいますので、職人も慎重に作業を行っていきます。

 

 

 

 切断や曲げの作業を行い、軒先も綺麗に納まりました。このような軒先の棟板金の加工は先端が剣のような形になることから剣先加工と言います。

 また、棟板金を屋根面に固定する際には、貫板を屋根面に固定した時と同様にステンレスビスを使用します。

 工事を行う前の既存の棟板金は釘で固定されていたので、より固定力が高くなる専用のステンレスビスを打ち込むことで更に棟板金の強度を高めることが出来ます。棟板金の側面から貫板に向けて打ち込んでいきます。側面から打ち込んでいきますが、よく調査を行っておりますとために脳天打ちをされている棟板金を見かけます。脳天打ちはビス・釘廻りから雨水が侵入しやすくなり雨漏りに繋がりやすいので、納め方もしっかりとしている、もしくは施工後の写真等を提供してくれる業者選びも必要ではないでしょうか。

 

 

 屋根面すべてに板金を取付け終わったら工事完了というわけではありません。屋根の形状に合わせて加工した板金同士が重なり合う箇所や、棟板金が外壁などとぶつかる取合いと呼ばれる箇所にはどうしても境目に隙間が出来てしまいます。こういった箇所は雨漏りの原因にもなりやすい箇所です。

 そのために隙間を埋めるシーリング材を打ち込みます。この作業がしっかり行われていることを確認し、棟板金交換工事の全ての施工完了となります。

 

【棟板金交換工事、竣工】

 

棟板金交換完了

 

 横浜市青葉区大場町にて棟板金交換工事が無事に竣工となりました。今回、お問い合わせ頂きましたのはこちらの賃貸物件のオーナー様です。遠方にお住まいになられていらっしゃいましたので、現地調査もお立合い頂けなかったのですが、お電話やメールでの細かいやりとりで信頼していただき、今回施工させて頂きました。

 気になる費用面ですが棟板金交換工事は屋根の勾配や継ぎ目の数、手間などでも変わってまいりますが、5,500円/m~より承っております。

 また、今回は強風による棟板金の捲れも事もあり、お客様が火災保険に加入されているかどうかを確認させて頂きました所、ご加入されていらっしゃった為に今回は火災保険の申請もお手伝いさせて頂き、無事に認定され工事費用に充てる事が出来ました。

 自然災害でのお住まいの被害では、火災保険が適用になるケースもございます。経年での劣化やメンテナンス不足が関係するお住まいの被害は申請しても却下されてしまう事もございます。そのあたりを含め、火災保険の申請を数多く街の屋根やさんはきっとお役に立てると思います。

 

【完工後にドローンにて全体を撮影してみました】

 

 

 

 工事が完了し、足場の解体も終えたあと、ドローンを飛行させて上空から撮影を行い、お客様にも工事後の様子を確認していただきました。

 棟板金が屋根から完全に剥がれ落ちる前に棟板金交換工事ができたことで、棟板金飛散の危険もなくなり、ご入居様やご近隣の方々に迷惑を掛けずに済んでよかったとご満足いただくことが出来ました。

 この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 記事内に記載されている金額は2022年07月06日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

工事を行ったK様のご感想をご紹介いたします

K様のアンケート

【工事前】

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
強風の影響で屋根の一部が破損したため
Q3.弊社をどのように探しましたか?
グーグルの検索
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに連絡した
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
迅速な対応
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
現地で破損部分をすぐチェックし、適格な説明をくれた 見積もすぐ提示された その後も電話でフォローが細かくされた
工事前アンケート

【工事後】

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
迅速な対応、工事の説明、見積り速やかな提出 丁寧な工事、細部の完了報告
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
地元の「きたせつ」
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
見積りが速かった
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
工事スケジュールを逐次報告がありよかった
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
対応が迅速かつ保険会社への提出資料も作ってくれる スケジュールのコミュニケーションも密に連絡をくれ信頼出来る
工事後アンケート

K様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根工事
【最新版】火災保険が適用される屋根工事
 近年では地球温暖化の影響もあり、自然災害が増加しています。そのせいで、自宅の屋根が壊れてしまい損害保険を使って修理するケースが増えてきました。  自宅を新築した時に必ず加入するのが「火災保険」です。なんとなく「火災保険は火事の被害の補償」だと思っている方が多いようですが、「火災や天災」はもちろ…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
入居率を上げる魅力的な4つのポイント、<br>アパート・マンション・ビルの屋根メンテナンスを行うメリット
入居率を上げる魅力的な4つのポイント、
アパート・マンション・ビルの屋根メンテナンスを行うメリット
 私たちはたくさんのアパート・マンション、ビルなどの屋根工事を手がけています。アパート・マンション、ビルはオーナー様の大切な資産ですかたメンテナンスサイクルを検討し、予算も組み、定期的にメンテナンスをされていらっしゃるオーナー様もたくさんおられます。  「定期的にメンテナンスを行なっていきたいが…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      棟板金交換,雨樋工事,雨樋交換
      築年数
      22年
      使用材料

      横浜市青葉区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      棟板金交換,雨樋工事,雨樋交換
      築年数
      22年
      使用材料


      同じ工事のブログ一覧

      横浜市神奈川区西神奈川にて経年劣化で棟板金に錆が発生していました

      2022/08/10 横浜市神奈川区西神奈川にて経年劣化で棟板金に錆が発生していました

      棟板金と谷が錆びているのが確認できました  横浜市神奈川区西神奈川にて屋根の点検、調査をしてほしいとお問い合わせをいただき現地調査に伺わせていただきました。早速屋根に上ってみると屋根材の交わる頂点に設置してある棟板金と屋根材の交わる谷になっている箇所に設置してある谷板金と呼ばれる板金が錆びて...続きを読む

      横浜市鶴見区諏訪坂にて屋根足場を用いて棟板金交換を行いました

      2022/08/9 横浜市鶴見区諏訪坂にて屋根足場を用いて棟板金交換を行いました

       横浜市鶴見区諏訪坂にお住いのお客様より「屋根の上の方で音がする」とうことで調査に伺いました。実は、以前に外壁塗装を施工させていただいたお客様で、再度ご用命をいただきました。メンテナンスやリフォームの時だけでなく、風災害などのお困りの際にもご連絡いただき、お役に立てることは、とてもありがたく励みにな...続きを読む

      横浜市南区永田東にて棟板金が一部飛散しまったお住いの調査に伺いました

      2022/08/7 横浜市南区永田東にて棟板金が一部飛散しまったお住いの調査に伺いました

      棟板金が一部飛散している  横浜市南区永田東にて棟板金が一部飛散しているお住いの現地調査を行いました。調査時は雨が降った直後で屋根が濡れている状況でしたのでドローンでの調査を行いました。  屋根全体を見てみますとお客様のお住まいはスレート屋根材で寄棟屋根でした。寄棟屋根の隅棟と呼ばれる箇所が...続きを読む

      お問い合わせバナー