屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市旭区|雨樋つなぎ目部分からの水漏れ、原因は経年劣化

横浜市旭区|雨樋つなぎ目部分からの水漏れ、原因は経年劣化

更新日:2018年3月2日

本日は横浜市旭区にお住まいのM様より「雨樋から水漏れがあり、補修が可能かどうか調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。M様宅は築30年ほど、屋根や外壁のメンテナンスは10年おきに行ってきたそうです。また、2,3年後を目途に建物の全体的なメンテナンス、若しくは建て替えなども視野に入れながら計画を練っているそうです。今回ご相談を頂いた雨樋に関しては、ちょうどベランダ上部の位置の軒樋から水が漏れるので、不便を感じ、先に補修などで改善できれば直したいとのご要望です。

水漏れのある樋

問題の箇所を確認しますと、所々コーキング材を使用しての補修の痕も見受けられます。どうやら以前から水漏れはあった様で、簡易的に補修を行ってきてはいたそうですが、今回は水漏れが起こる部分の劣化も激しさを増してきた事もあり、部分的な交換ができれば行いたいとの事の様です。10年おきに建物のメンテナンスを行ってきたにしては雨樋に関しては劣化状況がひどく感じます。詳しくお話を伺うと、屋根や外壁に関しては塗装を行ってきたそうですが、雨樋に関しては約30年間、手をつけずにきたそうです。全体的な塗装を行った際も、雨樋に関しては手を加えてこなかったそうで、それがここ数年で水漏れやたわみなど、劣化の速度が速まり、簡易的な補修でつなぎとめてきたそうです。

樋の撓み エスロンE-100

全体を見るからに部分的な補修ではなく、全体的に交換を行うのが最善です。M様も次回のメンテナンス時に雨樋も考えてプランを立てる予定ではいるそうですが、今回は部分的な交換が可能であれば、不便を感じるベランダ部分の樋だけは先に修理をしたいとの事です。今回の調査から、まず、水漏れを起こしている樋(軒樋)の部分的な交換は難しいと判断できます。樋の部分的な交換には同じ部材があってこそになりますが、M様宅で使用されている樋は「エスロンE-100」で、現在は廃盤になっております。同じ部材が手に入らない場合は、劣化した部分の部分的な交換はできないので、その部分とつながりのある箇所を含めての交換が必要になります。軒樋であれば、つながりある端から端までの交換になります。M様宅の軒樋は屋根一周分でつながっておりますので、ほぼ全体的な交換を考える必要がございます。また、屋根一週分になりますと、交換するにも足場も必要になりますので、費用的にも結構な負担が掛かってきます。

樋の劣化状況・1 樋の劣化状況・2

2、3年後を目途に全体的なメンテナンス、若しくは建て替えなどをお考えならば、ここで樋だけを新しくするのも考えモノです。しかし、樋全体の劣化状況から、水漏れを起こしている部分以外でも早い時期に不具合が生じてくることは十分に予想できます。今回は、この期に、建物全体のメンテナンス時期を早めて工事を行うかどうかを含めて検討していくなど、最善の選択を導き出していける様、これから確りと打ち合わせを行っていきたいと思います。
街の屋根やさんでは点検・調査は無料です。建物に関してのご相談事は(フリーダイヤル0120-989-936まで)お気軽にお声かけください。

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市旭区のその他のブログ

      2018/09/16 横浜市旭区での台風被害はTOEX製カーポートにマグマで溶けたような大きなへこみ
      横浜市旭区での台風被害はTOEX製カーポートにマグマで溶けたような大きなへこみ

         先日の台風21号でカーポート屋根が破損したので火災保険を使って補修したいとのご依頼を受けそのための調査に伺いました。 今回の台風で弊社には多くの被害による補修のお問合せが大変多く、カーポートの破損、ベランダの波板ポリカが割れた、屋根の一部が飛散している、棟板金が一部なくなっているなど、多くございました。それらも迅速に対応致しました。 【経年劣化も多少は関係していそうなカ...続きを読む

      2018/08/22 横浜市旭区で倒れた鬼瓦を棟瓦取り直し工事で元に戻します
      横浜市旭区で倒れた鬼瓦を棟瓦取り直し工事で元に戻します

         築年数が経過すると、瓦屋根もいろいろな不具合が発生してきます。瓦屋根の不具合と言えば、漆喰の劣化や瓦の割れ・飛散などが代表的ですが、台風や強風の影響により鬼瓦が倒れてしまうこともあります。瓦屋根には、いろいろな名称の瓦が使用されておりますが、いろいろな瓦の中でも瓦を立たせて固定しているのは鬼瓦だけではないでしょうか。鬼瓦は鬼瓦の裏側に銅線を括り付けて、その銅線を棟瓦の内部で固定...続きを読む

      2018/08/17 横浜市旭区で軒樋の調査、交換のため止まり(とまり)に記載された品番で同製品を確認
      横浜市旭区で軒樋の調査、交換のため止まり(とまり)に記載された品番で同製品を確認

         屋根と付属する形であるのが雨樋です。雨樋は大きく分けて軒樋と竪樋がありますが、軒先に対して取付けられている軒樋の方が何かとお困りになることが多いようです。現にお困りになられているお宅へ調査にお伺いしてみると、軒樋でお困りになられていることの方が圧倒的に多いです。雨樋の中でも特に軒樋は、風や雪、大雨の影響を受けやすく、年間を通してどの季節でもお困りになりやすいです。横浜市旭区のS...続きを読む

      2018/07/16 横浜市旭区|漆喰詰め直し工事の様子をお伝えいたします
      横浜市旭区|漆喰詰め直し工事の様子をお伝えいたします

         本日は横浜市旭区I様宅で行われました、漆喰詰め直し工事の様子をお伝えいたします。I様宅は築20年、3年前に外壁塗装のメンテナンスは行ったそうですが、屋根に関しては手を付けていなかったそうです。たまたま近くで工事を行っていた業者さんより、屋根の不具合を指摘されたのをきっかけに、点検調査を行う事になりました。 現状、瓦のズレなどは無く、きれいに保たれている印象で、下地...続きを読む

      2018/07/9 築40年一度も手をかけていない雨樋|横浜市旭区
      築40年一度も手をかけていない雨樋|横浜市旭区

         本日は大雨時に雨樋の歪みが気になったとの事がきっかけで、調査に伺いましたのでその様子をお伝えいたします。 築40年とのことで、おそらくですが既に既存雨樋は廃盤になっており、歪んだ部分だけの交換ができないかもしれないという事や、部分補修ができたとしても、築年数から雨樋を支える吊り金具が劣化し、本来の吊り角度を維持できていなくなり、雨樋を部分交換や補修をできたとしても補修が意...続きを読む

      2018/06/30 横浜市旭区|瓦屋根、点検調査・漆喰詰め直しのご提案
      横浜市旭区|瓦屋根、点検調査・漆喰詰め直しのご提案

         本日は横浜市旭区にお住いのI様より、屋根の点検調査のご依頼を頂きました。先日、別の業者さんに屋根の調査を行ってもらったところ、漆喰の劣化を指摘されそうです。そこで、直すための見積金額が思った以上に高く、金額が妥当かどうかも含め、今回、ご相談を頂きました。まずは実際に屋根の状況を確認いたさいます。 築20年程で、屋根に関してはいまだメンテナンスは行ったことが無いそい...続きを読む

      2018/06/29 横浜市旭区|雨樋補修工事・這樋のズレを直します
      横浜市旭区|雨樋補修工事・這樋のズレを直します

         本日は横浜市旭区のM様宅より、雨樋補修工事の様子をお伝えいたします。M様宅の雨樋は設置されてから25年ほど経過しております。今まで塗装のメンテナンスは行ったことはあるそうですが、全体的に大分劣化が窺える状況にございます。 この先5,6年後を目途に屋根の葺き替えなども検討しているとの事で、その時に雨樋の交換も視野に入れているとの事です。そんな事もあり、今回は部分的な...続きを読む

      2018/06/24 廃盤であるエスロンE70の雨樋調査|横浜市旭区
      廃盤であるエスロンE70の雨樋調査|横浜市旭区

         本日は雨樋から水が溢れ近隣へご迷惑がかかっているから見に来てほしいとの事がきっかけでご依頼を受け、調査にお伺い致しました。 築年数は30年以上と聞いておりましたので、経年劣化の可能性が大いにあります。 大雨ではない時でも雨樋から雨水が溢れてしまい、漏れた雨水が地面に落ちた時に音が相当響き、うるさく感じるとの事なので、さっそく調査に入ります。 一番酷い...続きを読む

      2018/06/22 メンテナンスをしてない屋根はこうなります|横浜市旭区
      メンテナンスをしてない屋根はこうなります|横浜市旭区

         本日は築10年以上経過一度も手をかけていないとの事がきっかけで、外壁を含め調査のご依頼を受けたのでお伺い致しました。 今回は屋根を中心に点検の様子をお伝え致します。 ではさっそく安全を確保し、屋根にあがります。 屋根材はスレートです。全体的に築年数から予想されます、コケなどの汚れが目立ちますが、細かくみるとクラック(ひび割れ)が目立ちます。 ち...続きを読む

      2018/06/17 横浜市旭区|金属屋根材 OZルーフ182で屋根カバー工法
      横浜市旭区|金属屋根材 OZルーフ182で屋根カバー工法

         本日は横浜市旭区のN様宅で行われました、屋根カバー工法の様子をお伝えいたします。N様宅では室内に雨漏りまでは無いのですが、屋根裏を確認すると、所々に雨染みが見て取れたり、屋根裏から外の光が漏れる箇所がいくつか発見されたりと、屋根全体の劣化が窺える状況がございました。当初は塗装でのメンテナンスをお考えの様でしたが、経年での屋根材の劣化も考慮に入れ、カバー工法でメンテンナンスを行う...続きを読む

      2018/06/3 アパートオーナー様のお悩みを解決します|横浜市旭区
      アパートオーナー様のお悩みを解決します|横浜市旭区

         アパートの修繕を考えているとの事で、現地にてオーナー様から現状のお悩みをお伺いし、どこまで手をかけたらいいのかを含めご提案するためにまずは調査を致します。 本日は屋根外壁まわりの調査の様子をお伝えいたします。 築40年木造アパート、特に手をかけた覚えがないとお伺いしましたが、屋根は一度葺き替えているようでした。 屋根材はスレート屋根、所々汚れの付着やひび割れ、...続きを読む

      2018/06/2 築年数30年の棟瓦の調査|横浜市旭区
      築年数30年の棟瓦の調査|横浜市旭区

         本日は棟瓦のゆがみを直したいとのご相談を受け、調査に伺いました様子をお伝え致します。 メンテナンスに手が掛からないと言われる日本瓦ですが、瓦自体は丈夫でも支えている漆喰などが原因で今回のゆがみが発生する事があります。 屋根に上がりますので、棟瓦以外にもおかしな所はないかきちんと調査してゆきます。 築年数が経ったら必ずメンテナンスしましょう ご相談を受けた...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市旭区の施工事例一覧

      劣化した化粧スレートにスーパーガルテクトで屋根カバー|横浜市旭区

      【施工内容】

      スーパーガルテクト

      強風で化粧スレートが割れるからディプロマットの屋根カバー工事|横浜市金沢区

      【施工内容】

      ディプロマット

      雨漏りを止める為にスレート屋根を葺き替えました|横浜市金沢区

      【施工内容】

      コロニアルクアッド

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      横浜市旭区|雨樋補修工事・這樋のズレを直します

      横浜市旭区|雨樋補修工事・這樋のズレを直します

      本日は横浜市旭区のM様宅より、雨樋補修工事の様子をお伝えいたします。M様宅の雨樋...続きを読む

      雨樋の外れ・破損はすぐに直しましょう|横浜市金沢区

      雨樋の外れ・破損はすぐに直しましょう|横浜市金沢区

      本日は雨樋補修の前の仮養生の様子をお伝えいたします。 横浜市金沢区のN様宅...続きを読む

      横浜市緑区|築、間もない建物での雨樋の詰まり・点検調査

      横浜市緑区|築、間もない建物での雨樋の詰まり・点検調査

      本日は横浜市緑区にお住まいのF様より、「雨が降る度に雨樋から水が溢れ、雨樋が機能...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      お問い合わせバナー