屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > 横浜市瀬谷区で屋根工事・雨漏り修理なら『街の屋根やさん』

横浜市瀬谷区で屋根工事・雨漏り修理なら『街の屋根やさん』

私たち『街の屋根やさん 横浜店』は神奈川県全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です! もちろん横浜市瀬谷区も対応エリア内ですので、お気軽にご相談下さい!

各種屋根工事メニュー

街の屋根やさんでは上記の工事を取り扱っております。 工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。 また、相談・点検・お見積りは無料で承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい!

横浜市瀬谷区限定!お得な屋根工事キャンペーン実施中!

地震に強い屋根へ

現在街の屋根やさんでは重量の重い瓦から金属屋根材への葺替えによる耐震対策キャンペーン を実施しております!

街の屋根やさん横浜 瀬谷区お問い合わせ

横浜市瀬谷区の施工事例

横浜市瀬谷区にお住まいの島田様邸 工事の様子

【工事前後】


工事前


工事後

「ホームページで楽しく勉強させて頂きました!」 お問い合わせ時にこのように仰って頂き、感激です! 天井に雨染みがあるとのことで、点検のご依頼を頂きました。 以下は点検時の様子です。

【屋根裏点検の様子】



天井に雨染みがあるということでしたが、屋根裏を点検させて頂くと、断熱材に水滴が落ちた跡がありました。 縁切りがされていないので、雨水が防水紙の裏に回り込んでしまっているようです。


また、お住まいの構造材にカビが発生していました。 このままでは、お住まいの内部が腐食し、大規模な改修工事が必要になってしまいます!

縁切りとは?
縁切りとは毛細管現象で吸い上げられた雨水を排出するための逃げ道をつくることです。 (塗装されたスレート屋根材の間に少し隙間を作っておくことを言います) もし、縁切りをしていなかったとしたら、吸い上げられた雨水は外に逃げることができず、屋根裏にたまってしまいます。 特に目立った外傷もないのに雨漏りしてしまう人の多くの原因がこの「縁切り」を行っていないことになります。 私たち街の屋根やさん横浜では、縁切り部材の「タスペーサー」の挿入を行いますので、ご安心ください!

【屋根点検の様子】



屋根は縁切りが出来ていない箇所がいくつかあります。 しかし、調査したところ内部に雨水がたまっている様子はありませんでした。 スレート屋根材をご使用ですが、すでにスレート材の裏側に雨水の通り道ができており、防水紙部分まで水が達しているようです。 屋根全体にはコケの発生がみられ、塗膜が剥がれており、地肌が露出している部分があります。 【外壁点検の様子】


外壁との雨押えはしっかり止まっており、良い状態です。



ただ、破風板や木部の塗装は剥げてしまっており、塗膜の機能は果たしていません。 外壁の木部と内部の構造材にも雨水による劣化がみられるため、このまま放置するとお住まいのあちこちで木部が腐食し、全体が歪んでしまったり、雨漏りしてしまう恐れがあります。



ベランダの状態はかなり良いです。 錆や腐食も少ないため、塗装で十分対処できます。

【屋根カバー工事の流れ】


まずは既存の棟板金を撤去します。


次にアスファルトルーフィング(防水紙)を屋根全面に敷き詰めます。


アスファルトルーフィングを敷いた上に、新しい屋根材を設置していきます。


最後に棟板金を設置して、屋根の工事は完了です!

【外壁塗装・その他塗装工事の流れ】


まずは高圧洗浄を行い、汚れをしっかりと落とします


木部などはケレンを行い、残っている既存の塗装をはがしてしまいます。


塗装面にまずは下塗りを行います。


次に塗装面それぞれに中塗り、上塗りを施していきます。


こちらは鉄部の塗装の様子です。


合計で3回丁寧に塗装していきます。


今回はカラーシミュレーターを使用して色決めをしました!
街の屋根やさん横浜店では、お撮りした写真をもとに、カラーシミュレーションをすることができます! 今回は以下のようなサンプルをご覧頂きました。

【カラーシミュレーター】


赤系の色でのシミュレート


ブラウン系の色でのシミュレート


最終的にこちらのカラーでお決め頂きました!

横浜市瀬谷区と近隣地区の施工事例のご紹介


横浜市瀬谷区

横浜市瀬谷区
雪止め設置

横浜市瀬谷区
雨樋交換

その他の施工事例一覧→

横浜市瀬谷区と近隣地区の現場ブログ

2017/09/25 横浜市瀬谷区で足場を架けて棟板金交換するなら外壁塗装も一緒がオススメです
横浜市瀬谷区で足場を架けて棟板金交換するなら外壁塗装も一緒がオススメです

   横浜市瀬谷区で工事をおこなう建物です。先日の台風の時に屋根の上で大きな音が鳴っているので心配、というお問合せで屋根の調査をおこないました。大きな音の原因は、屋根の頂上に取り付けてある棟板金が外れかかって風に煽られていた事でした。強風によってこの様になりましたので、建物に加入している火災保険の『風災』が適用できます。風災とは、強風によって被害を受けた建物を元に戻すのに使う事が出来...続きを読む

2017/08/31 横浜市瀬谷区で屋根カバー工事をおこなった建物の定期点検
横浜市瀬谷区で屋根カバー工事をおこなった建物の定期点検

   横浜市瀬谷区で屋根の定期点検をおこないました。台風15号の影響か、天気が崩れてきて風も段々強くなってきましたね。直撃はしない様ですが、不具合が出ていないかしっかりと見ていきましょう。 もともとの屋根はスレートが葺いてありました。表面の塗装が大分剥がれてきていて、部分的にスレートの基盤が見えているところもありました。軒先の方から除いてみると、隙間が大きな...続きを読む

2017/07/22 横浜市瀬谷区でご近所から指摘された漆喰の剥がれ調査
横浜市瀬谷区でご近所から指摘された漆喰の剥がれ調査

   横浜市瀬谷区で屋根の調査をおこないました。以前に雨樋の修理工事をおこなったお客様で、近所で工事中という業者が来て『瓦の棟部分を直ぐに直さないと崩れてしまう!』と脅かされたとの事で心配になってご連絡頂きました。 屋根は日本瓦葺きです。今日も良い天気で照り返しが暑いですね...近くの業者がどこの事をいっているのか屋根の上を調査してみましょう。 崩れてし...続きを読む

2017/07/8 横浜市瀬谷区で塗装が出来ないスレート屋根の調査
横浜市瀬谷区で塗装が出来ないスレート屋根の調査

   横浜市瀬谷区で屋根の調査をおこないました。数年前に外壁のメンテナンスをしたそうですが、屋根はその時に何も手を掛けなかったそうです。 屋根に葺いてあるのはスレートです。スレート屋根のメンテナンス方法は大きく分けて2種類で、塗装工事か葺き替えなどの屋根工事に分けられます。塗装が出来るか出来ないかはスレートの傷みと築年数が関係しますので、屋根の状態をしっかりとみてみま...続きを読む

2017/06/14 横浜市瀬谷区でトタン葺きの庇の下地は雨水が回っています
横浜市瀬谷区でトタン葺きの庇の下地は雨水が回っています

   横浜市瀬谷区で屋根の工事をおこなっています。棟瓦の取り直し工事と一緒に玄関とサッシ上の庇部分の傷みも直していきいます。 トタンの表面は大分傷みが出ていました。たわみも出ていて雨水が溜まっている部分もあります。 トタン葺きの庇は、それ程勾配がありませんのでどうしても雨水が回ってしまうことがありますので、野地板に傷みが出ることが結構あります。庇なので建...続きを読む

2017/05/15 横浜市瀬谷区で瓦屋根の歪んだ部分を直します
横浜市瀬谷区で瓦屋根の歪んだ部分を直します

   横浜市瀬谷区で屋根の調査をおこないました。棟瓦は取り直し工事をおこなうのですが、平らな部分の桟瓦(さんかわら)で気になる部分が何箇所かありました。 屋根は日本瓦のいぶしが使われています。棟瓦の調査をおこなったところ、平らな面の桟瓦(さんかわら)部分に気になるところがありました。 画像をみてお分かりになると思いますが、瓦が浮いているところが何箇所かあ...続きを読む

2017/05/14 横浜市瀬谷区で漆喰ではなくモルタルが詰めてある棟瓦のメンテナンス
横浜市瀬谷区で漆喰ではなくモルタルが詰めてある棟瓦のメンテナンス

   横浜市瀬谷区で屋根の調査をおこないました。屋根の状態が気になるということでお問い合わせ頂き、どの様な状況なのか屋根に上って調べさせて頂きました。 屋根は瓦葺きで、傷んでいる部分は棟の漆喰部分という事でした。何となく雨が降り出しそうな雲行きになってきたので、降り出す前にしっかりと調査します。 ここが、棟ののし瓦と桟瓦の間に詰めてある漆喰です。下から見...続きを読む

2017/05/1 横浜市瀬谷区で防水紙が原因の雨漏りで屋根葺き直しを行います
横浜市瀬谷区で防水紙が原因の雨漏りで屋根葺き直しを行います

   横浜市瀬谷区で防水紙が原因で雨漏りが発生した屋根に葺き直し工事を行います。 調査の段階で雨漏りの原因が防水紙にあることがわかりましたので、葺き直し工事を行う運びとなりました。葺き直し工事とは、既存の瓦を捲って野地板や防水紙・木ずり・桟木を新しくして、雨漏りを防ぎつつ瓦の歪みを無くすことの出来る工事です。また部分的にも施工が可能で、施工範囲に棟やケラバ・雨押えなど...続きを読む

2017/04/28 横浜市瀬谷区ALC内壁雨漏りの原因はサッシに打たれたコーキングの可能性
横浜市瀬谷区ALC内壁雨漏りの原因はサッシに打たれたコーキングの可能性

   横浜市瀬谷区以前雨漏り補修を行ったALC壁の工場で、別の箇所から雨漏りが発生したとのご相談がありました。 以前に雨漏り修理として、雨漏りが発生しているエリアのコーキング亀裂補修やコーキング打ち替え、外壁塗装を行いました。今回はちょうど雨漏り修理した隣のエリアから発生したそうです。 現在雨漏りが発生してる室内には、高額な機器が置いてあるそうで、何と...続きを読む

2017/04/14 横浜市瀬谷区雨漏りが発生するときの屋根の状態とは
横浜市瀬谷区雨漏りが発生するときの屋根の状態とは

   横浜市瀬谷区のお宅で室内天井より雨漏りが発生しました。 先週に初めて発生してから雨が降る度に雨漏りするそうです。玄関の室内側に発生するそうです。 こちらが室内側玄関の天井です。先週初めて発生した染みには見えませんが、その後の雨で毎回雨漏りしていることで、このような染みになったとのことです。 木造2階建ての建物ですが、玄関の真上は屋根に...続きを読む

2017/03/27 横浜市瀬谷区で防水紙が原因の雨漏りで屋根葺き直しのご提案
横浜市瀬谷区で防水紙が原因の雨漏りで屋根葺き直しのご提案

   横浜市瀬谷区のお宅より雨漏りのご相談がありましたので、雨漏り調査にお伺いいたしました。 以前から雨漏りをしていたそうですが、天井が落ちてきたそうで、今回は調査の依頼をしたそうです。 まずは雨漏り地点の確認です。もちろん天井の被害状況を確認するのも大切ですが、この後屋根に上がって調査するためには、ある程度どの辺りかは確認しておかなくてなりません。確...続きを読む

その他の現場ブログ→

実際に施工したお客様の声

横浜市瀬谷区 屋根工事 お客様の声01

屋根カバー工事・屋根塗装工事 オオタケ様
工事が終わって一言
屋根と外壁の色の組み合わせがよく、濃い目の色にしたが、
仕上がりも素晴らしいと思いました。

担当営業に一言
施工前に色々な質問・注文にも丁ねいに対応して頂き助かりました。アドバイスも的確だった。
工事前の不安はありましたか
仕上がり・色調の2つに不安があったが、アドバイスが良い。
いい判断が出来た。
シェアテックへの要望・感想など
これからもお世話になることもあるかと思います。

横浜市瀬谷区 屋根工事 お客様の声02

ガレージ屋根葺き替え工事 田村様
工事が終わって一言
大変良く仕上がっております。

担当営業に一言
大変親切に対応していただきました。
工事前の不安はありましたか
特にありません 期待どおりです。
シェアテックへの要望・感想など
今後もケアーの程宜しくお願いします。

横浜市瀬谷区 屋根工事 お客様の声03

瓦屋根棟取り直し工事 川村様
工事が終わって一言
思っていたよりも地震の被害が大きかったことに驚きました。

担当営業に一言
丁寧に仕事をして頂き、安心しました。
工事前の不安はありましたか
迅速かつ誠実な対応をして頂き感謝しております。
シェアテックへの要望・感想など
今後ともどうぞ宜しくお願いします。

横浜市瀬谷区 屋根工事 その他のお客様

施工事例

横浜市瀬谷区 屋根工事 施工前01

横浜市瀬谷区 屋根工事 施工後01

屋根塗装工事 T様

横浜市瀬谷区 屋根工事 施工前01

横浜市瀬谷区 屋根工事 施工後02

瓦屋根漆喰工事 益子様

横浜市瀬谷区 屋根工事 施工前03

横浜市瀬谷区 屋根工事 施工後03

屋根葺き替え工事 安永様

横浜市瀬谷区 屋根工事

横浜市瀬谷区 屋根工事 不安な事

そんな皆様のお悩み、私たちが解決致します!

横浜市瀬谷区 屋根工事 親切NO.1

私たち『街の屋根やさん』は屋根工事に関する不安やお悩み、 ご質問などに真剣にお応え致します! 少しでも不安に思うことや、心配なこと、ご質問等あれば お気軽にお問合せ下さい! 施工実績2,500棟の経験をもつ専門スタッフが誠意をもって 対応致します!相談・点検・お見積は無料です! 私たちはお客様の悩みを解決し、より楽しく、より快適なリフォームになるよう心がけると共に、最新の設備や部材・塗料による高品質な施工を 行い、厳正な施工基準に基づいた工程管理によるお客様の最高の満足をご提供する事をお約束いたします!

横浜市瀬谷区 屋根工事 親切NO.1 お問い合わせ

お住まいの地域情報

瀬谷区の「せや」の地名は、一説に狭谷(せや)で、「狭い川瀬の小谷がある土地」に由来すると言われています。
1969年10月1日の旧戸塚区域との分区の際は、公募による候補区名では「西浜」(にしはま)(西部の横浜から)が「瀬谷」と並んで多かったですが、「親しみやすい」ということもあり、現在の瀬谷区という地名になった経緯があります。

お問い合わせバナー