屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

HOME > 横浜市港南区で屋根工事・雨漏り修理なら『街の屋根やさん』

横浜市港南区で屋根工事・雨漏り修理なら『街の屋根やさん』

私たち『街の屋根やさん 横浜店』は神奈川県全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です! もちろん横浜市港南区も対応エリア内ですので、お気軽にご相談下さい!

各種屋根工事メニュー

街の屋根やさんでは上記の工事を取り扱っております。 工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。 また、相談・点検・お見積りは無料で承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい!

横浜市港南区限定!お得な屋根工事キャンペーン実施中!

地震に強い屋根へ

現在街の屋根やさんでは重量の重い瓦から金属屋根材への葺替えによる耐震対策キャンペーン を実施しております!

街の屋根やさん横浜 港南区お問い合わせ

横浜市港南区の施工事例 棟板金交換 屋根塗装 コーキング打ち替え スレート補修

横浜市港南区 棟板金交換 屋根塗装 コーキング打ち替え スレート補修 港南区のお客様から「スレートが剥がれた」とのお問い合わせを承りました。さっそく伺って、屋根に登りました。

横浜市港南区 棟板金交換 屋根塗装 コーキング打ち替え スレート補修 港南区のお客様から「スレートが剥がれた」とのお問い合わせを承りました。さっそく伺って、屋根に登りました。

【点検・調査】

被災状況 (3).jpg

被災状況 (1).jpg

スレートがずれて、今にも落ちそうな状況でした。 スレートの補修と、板金交換屋根の塗装、コーキングの打ち替えを提案しました。

【スレート補修】
まずは、スレートの補修です。

スレート補修 (1).jpg
既存のスレートを剥がして、下地の割れている ところや釘穴は、コーキングで補修します。

スレート補修 (6).jpg
新しいスレートを、下からビスで留めていき、 一番上はコーキング留めになります。

樹脂製芯木 (2).jpg
まずは、既存の棟を撤去し、きれいに清掃します。 防水紙やスレートに亀裂や割れがないかチェックします。 今回は、樹脂製の芯木を取り付けます。

板金設置 (2).jpg
ガルバリウムの板金を被せて、

2012-09-07 15.44.51_R.jpg
つなぎ目とビス頭をコーキングして 出来上がりです。

【コーキング打ち替え】 私達が屋根工事をするときには、無料点検であちこちを事前にチェックしておきます。コーキングの具合も確認していきます。 そして、手順よく足場をかけた時に一緒に打ち替えるか、増し打ちします。 /p> コーキングはサッシ廻り、サイディングの継ぎ目などから水が入らないようにする接着剤のようなものです。 塗料と一緒で、年数が経つと劣化し痩せてきます。 痩せてくると隙間が開き、そこから水が侵入してくるので、建物に重大な問題をひきおこします。

コーキング撤去 (1).jpg
まず既存のコーキングを剥がします。

コーキング撤去 (2).jpg
既存のコーキングがきれいに剥がれました!

CIMG1727_R.jpg
次に、マスキングをして、 「プライマー」という接着剤を塗り

コーキング打ち替え (1).jpg
バックアップ材を詰めてからコーキングします。

コーキング打ち替え (7).jpg
きれいにコーキングが蘇りました!これで浸水の不安はありません。

【屋根塗装】

最後に屋根の塗装です。
高圧洗浄 (1).jpg
きれいにコーキングが蘇りました!これで浸水の不安はありません。

タスペーサー (2).jpg
きれいに洗浄し終わったら、縁切り工事です。 スレートとスレートの間に、「タスペーサー」という、 プラスチックの板を挟んで隙間を作ります。 ここから雨水を逃がしますので、雨漏りしません。

錆止め (5).jpg
縁切りが終わったら、 谷と棟の板金部分に錆止めを塗ります。 屋根はシーラーで下塗りします。

しっかりと下地処理が終わりました。 これから中塗り、上塗りと重ねていきます。

中塗 (3).jpg
上塗り (3).jpg

中塗 (2).jpg
上塗り (4).jpg

CIMG1734_R.jpg
完成しました。 工事前の屋根は色あせが激しかったですが、 今は新築同様に色と艶が蘇りました!

横浜市港南区にお住まいの青柳様 施工事例

横浜市港南区にお住まいの青柳様邸 工事の様子 工事名:カバー工法 使用部材:横暖ルーフ きわみ(ブラック) 工期:3日
【工事前後】


工事前


工事後

【屋根カバー工事の流れ】


まずは既存の板金を撤去し、その上から防水紙(アスファルトルーフィング)を敷いていきます。


隙間なく、丁寧に防水紙を敷きます!


防水紙が敷き終わりました!


続いて、防水紙の上から、新しい屋根材を噴いていきます! 今回使用したのは「横暖ルーフ きわみ」という屋根材です。


屋根の形状に合わせ、屋根材を調整しながら作業を進めます。


噴き終わるとこのようになります! この後、いよいよ仕上げの板金の設置を行います!


まずは貫板を設置していきます。


新しく設置した貫板の上に板金を設置していきます!


板金の設置が終わると、工事完工です!

カバー工法のメリットは、屋根が二重構造になることです。 屋根が二重になることで、断熱効果が高くなります! カバー工法のデメリットとしては、既存の屋根の上にさらに屋根をかぶせるので重くなること、と言われておりますが、今回青柳様にご提案させて頂いた「横暖ルーフ きわみ」がガルバリウム鋼板の金属屋根材です! 非常に軽量なため、カバー工法にピッタリの屋根材です!

横浜市港南区にお住まい 石塚様の施工事例

横浜市港南区にお住まいの石塚様邸 工事の様子 石塚様の屋根の漆喰撮り直し工事の様子をご紹介いたします! 劣化の具合から、一部詰め直し、一部取り直しの工事をご提案させて頂きました!
【工事前後】


工事前


工事後


まずは既存の瓦を撤去していきます。 こちらは丸瓦撤去後の写真です。


続いて丸瓦の下ののし瓦を撤去します。 ようやく中の粘土が見えてきました。


次は中にあった粘土を撤去して、一度周りをきれいに清掃します。


既存の材料を撤去後、新しい粘土を積んでいきます。


新しい粘土の上から、のし瓦を積みなおしていきます。


以前はのし瓦が1枚1枚離れていたので今回の工事で銅線でしっかりと結束を強くさせます。 これで不安定な状態だった瓦の強度が増し、強風や地震などで棟が崩れにくくなります!


補強した上から、さらに瓦を積みなおしていきます。


積みなおした瓦をしっかりと銅線で固定し、 最後に鬼瓦にも漆喰を詰め、工事完了となります!

漆喰も定期的にメンテナンスを行っていかないと、詰め直し工事ではなく、取り直し工事が必要になってしまいます。 今回工事のご依頼を頂いた石塚様には、今後私たちが定期点検にお伺いさせて頂くので、ご安心ください!

横浜市港南区と近隣地区の施工事例のご紹介


横浜市港南区
雨樋交換

横浜市港南区
屋根カバー工法・屋根カバー工事

横浜市港南区
屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

横浜市港南区と近隣地区の現場ブログ

2017/10/5 横浜市港南区|金属屋根の瓦棒葺きをガルバリウムで屋根カバー工事③
横浜市港南区|金属屋根の瓦棒葺きをガルバリウムで屋根カバー工事③

   横浜市港南区のお宅で、金属屋根の瓦棒葺きにガルバリウム鋼板を使用した屋根カバー工事を行っております。前回は防水紙の設置とドブの加工と設置をお伝えしました。工事は終盤に差し掛かり完成間近です。本日はカッパの取付けと棟板金取付けの様子お伝えします。   【カッパの取付け】 瓦棒葺きは規則正しい間隔で、心木のサイズもほぼ統一されております。瓦棒葺きのカバ...続きを読む

2017/09/30 横浜市港南区|金属屋根の瓦棒葺きをガルバリウムで屋根カバー工事②
横浜市港南区|金属屋根の瓦棒葺きをガルバリウムで屋根カバー工事②

   横浜市港南区のお宅で、金属屋根の瓦棒葺きにガルバリウム鋼板を使用した屋根カバー工事を行っております。前回は軒先部分の加工や水切りの設置をお伝えしました。本日は防水紙の設置とドブの加工と設置の様子お伝えします。   【防水紙の設置】 防水紙には、改質アスファルトルーフィングを使用します。ロール状で入荷されます。この防水紙をドブという凹んだ部分の幅に合...続きを読む

2017/09/27 横浜市港南区|金属屋根の瓦棒葺きをガルバリウムで屋根カバー工事①
横浜市港南区|金属屋根の瓦棒葺きをガルバリウムで屋根カバー工事①

   金属屋根の中で昔からある葺き方があります。それが瓦棒葺きです。トタンと木製の心木を使用した葺き方です。築30年以上経過しているお宅では今でもよく見かけます。横浜市港南区のM様のお宅は瓦棒葺きの屋根でした。 M様のご要望としましては、「どうせ工事するなら長持ちさせたい」とのことでした。既存のトタンはチョーキングが屋根全体に発生しており、錆も出始めている状態でした。工事の種類...続きを読む

2017/09/24 アルミ製の後付バルコニーが乗った屋根も工事は可能です|横浜市港南区
アルミ製の後付バルコニーが乗った屋根も工事は可能です|横浜市港南区

   築30年以上経過したお宅では、1階に屋根があることが多く、その上にアルミ製の後付けバルコニーが乗っているのを見かけます。1階の屋根を下屋(げや)と呼びますが、その下屋は築年数の経過ととも雨漏りすることが多くなる傾向があり、雨漏り調査にお伺いすると下屋に原因があることがよくあります。「雨漏りしていて直してほしいけど、屋根の上にバルコニーあっても大丈夫ですか?」という質問を聞かれま...続きを読む

2017/09/2 横浜市港南区で劣化して膨れてきた屋上防水
横浜市港南区で劣化して膨れてきた屋上防水

   横浜市港南区で屋上防水の調査をおこないました。今日は朝から良い天気で、このあと雨が降るなんてちょっと信じられないくらいです。 マンションの管理会社さまから、屋上の防水が大分傷んできたので見て欲しいというご要望でした。雨が降る前にしっかりと調査をしていきます。 屋上の様子です。防水が施工してあるのですが、全体的にヒビ割れしている状態でした。防水の種類は...続きを読む

2017/08/25 横浜市港南区負荷が掛かると硬質塩ビ製の雨樋も変形してくる
横浜市港南区負荷が掛かると硬質塩ビ製の雨樋も変形してくる

   横浜市港南区で雨樋破損のご相談があり、調査にお伺いしました。 雨が降った際に外でバチャバチャする音に気づいたそうです。お伺いしてみると破損というか継手の部分から外れているような状態でした。しかし、上側をどんなに引っ張っても下がらず、下側をどんなに持ち上げてもこれ以上は上がりません。はまっていた形跡はありますので最初からこの状態だったはずはありません。もともとはま...続きを読む

2017/08/11 横浜市港南区1度塗装したスレートの次の調査目安とは
横浜市港南区1度塗装したスレートの次の調査目安とは

   横浜市港南区で1度塗装したスレートの調査にお伺いしました。 8年ほど前に外壁と同じタイミングでこのスレート屋根も塗装を行ったとのことです。本日はご自宅の屋根が見える近隣にお住まいの方より教えてもらってのご依頼でした。 ご依頼者様のご自宅の見えるご近隣にお住いの方いわく、屋根の色がまばらに見えるということだったそうですが、まさにその通りでした。まばら...続きを読む

2017/06/21 横浜市港南区瓦屋根のメンテナンス屋根葺き直し工事
横浜市港南区瓦屋根のメンテナンス屋根葺き直し工事

   瓦の屋根では他の屋根材と違って、メンテナンスとして葺き直し工事という方法があります。既存の瓦を利用しながら、瓦との野地板の間にある防水紙や桟木、きずりなどを新しいものに交換して、雨漏りを防いだり瓦の歪みを直したり瓦の固定を強くすることが出来ます。 横浜市港南区あるこちらのお宅では下屋の葺き直しを行います。大屋根から瓦が落下してそこから雨漏りをしておりました。まだ...続きを読む

2017/06/3 横浜市港南区スレート以外に棟板金やケラバ水切りも傷みます
横浜市港南区スレート以外に棟板金やケラバ水切りも傷みます

   築15年や17年経過してくると、屋根にも傷みが出てきます。屋根材の傷みが気になるところではありますが、屋根材以外にも不具合や傷みが出るところがあります。   本日お伺いした横浜市港南区のお宅でも、化粧スレートがこのように剥がれておりました。波打ったような剥がれ方をしていて化粧スレートの中身が見えているところもあります。 これはパミールという商品名で過去...続きを読む

2017/05/19 横浜市港南区で工事中の屋根葺き替え工事が完成しました
横浜市港南区で工事中の屋根葺き替え工事が完成しました

   横浜市港南区で工事中の屋根葺き替え工事が完成しました。 今まで一度もメンテナンスをした事が無いスレート屋根で、今後なるべくメンテナンスをしなくて済むように葺替え工事をおこなう事になりました。古いスレートにはアスベストが含まれていますので、飛散しないように一枚一枚釘を抜きながら丁寧に解体してきます。 スレートを撤去したあとは、野地板のコンパネを貼り...続きを読む

2017/05/12 横浜市港南区で雨漏りで傷みが出ているバルコニーの腰壁張替え
横浜市港南区で雨漏りで傷みが出ているバルコニーの腰壁張替え

   横浜市港南区で工事中の建物です。屋根葺き替え工事と外壁塗装工事をおこなっていて、バルコニーの腰壁が傷んでいたので張り替えをおこないました。 サイディングが貼ってありますが、水を吸っていてグズグズになっていて塗装もペロンと捲れてしまっていました。ここから更に雨水が入り込んでしまいますので、非常に悪循環になっていました。床の防水の立ち上がりとサイディングの...続きを読む

その他の現場ブログ→

横浜市港南区にて屋根リフォームをしたお客様の声

横浜市港南区 屋根葺き替え・戸袋板金巻 大関様
数ある業者様の中から私たちを選んで頂いた決めてはなんでしょうか?
色々な屋根工事会社がある中で、訪問によるもの、電話等ありました。 その中でシェアテックをインターネットでみて非常に良いと思い契約させて頂きました。 火災保険の請求においても良く説明して頂き感謝しております。 仕上がりはいかがでしたか?
とても良いと思いました。 写真での説明をして親切でした。 担当営業に一言お願いします。 いつも笑顔であいさつもとてもよかったです。 本当にお疲れ様でした。感謝でいっぱいです。 当社へのご要望等御座いましたらご記入ください。
戸袋の設計について説明がもっとほしかったかな?

横浜市港南区 屋根葺き替え・戸袋板金巻

施工事例

横浜市港南区 屋根工事 施工前01

横浜市港南区 屋根工事 施工後01

屋根塗装工事 T様

横浜市港南区 屋根工事 施工前01

横浜市港南区 屋根工事 施工後02

瓦屋根漆喰工事 益子様

横浜市港南区 屋根工事 施工前03

横浜市港南区 屋根工事 施工後03

屋根葺き替え工事 安永様

横浜市港南区 屋根工事

横浜市港南区 屋根工事 不安な事

そんな皆様のお悩み、私たちが解決致します!

横浜市港南区 屋根工事 親切NO.1

私たち『街の屋根やさん』は屋根工事に関する不安やお悩み、 ご質問などに真剣にお応え致します! 少しでも不安に思うことや、心配なこと、ご質問等あれば お気軽にお問合せ下さい! 施工実績2,500棟の経験をもつ専門スタッフが誠意をもって 対応致します!相談・点検・お見積は無料です! 私たちはお客様の悩みを解決し、より楽しく、より快適なリフォームになるよう心がけると共に、最新の設備や部材・塗料による高品質な施工を 行い、厳正な施工基準に基づいた工程管理によるお客様の最高の満足をご提供する事をお約束いたします!

横浜市港南区 屋根工事 親切NO.1 お問い合わせ

お住まいの地域情報

港南区は行政区再編成により、1969年(昭和44年)10月1日、南区より分区して発足しました。 かつては農村地帯が広がっていたが、1950年代から虫食い的に宅地開発が始まりました。 1970年代には野庭(のば)団地、港南台団地などといった巨大団地が形成され、人口は爆発的に増加し、発足時の人口は約9万5千人であったが、現在では約22万人の暮らす住宅都市となっています。 戦後しばらくは、大岡川沿いに捺染工場が林立し、横浜名産のスカーフが生産されていました。

お問い合わせバナー