屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

横浜市港南区で屋根工事・雨漏り修理なら『街の屋根やさん』

私たち『街の屋根やさん 横浜店』は神奈川県全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です! もちろん横浜市港南区も対応エリア内ですので、お気軽にご相談下さい!

各種屋根工事メニュー

街の屋根やさんでは上記の工事を取り扱っております。 工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。 また、相談・点検・お見積りは無料で承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい!

横浜市港南区限定!お得な屋根工事キャンペーン実施中!

地震に強い屋根へ

現在街の屋根やさんでは重量の重い瓦から金属屋根材への葺替えによる耐震対策キャンペーン を実施しております!

街の屋根やさん横浜 港南区お問い合わせ

横浜市港南区の施工事例 棟板金交換 屋根塗装 コーキング打ち替え スレート補修

横浜市港南区 棟板金交換 屋根塗装 コーキング打ち替え スレート補修 港南区のお客様から「スレートが剥がれた」とのお問い合わせを承りました。さっそく伺って、屋根に登りました。

横浜市港南区 棟板金交換 屋根塗装 コーキング打ち替え スレート補修 港南区のお客様から「スレートが剥がれた」とのお問い合わせを承りました。さっそく伺って、屋根に登りました。

【点検・調査】

被災状況 (3).jpg

被災状況 (1).jpg

スレートがずれて、今にも落ちそうな状況でした。 スレートの補修と、板金交換屋根の塗装、コーキングの打ち替えを提案しました。

【スレート補修】
まずは、スレートの補修です。

スレート補修 (1).jpg
既存のスレートを剥がして、下地の割れている ところや釘穴は、コーキングで補修します。

スレート補修 (6).jpg
新しいスレートを、下からビスで留めていき、 一番上はコーキング留めになります。

樹脂製芯木 (2).jpg
まずは、既存の棟を撤去し、きれいに清掃します。 防水紙やスレートに亀裂や割れがないかチェックします。 今回は、樹脂製の芯木を取り付けます。

板金設置 (2).jpg
ガルバリウムの板金を被せて、

2012-09-07 15.44.51_R.jpg
つなぎ目とビス頭をコーキングして 出来上がりです。

【コーキング打ち替え】 私達が屋根工事をするときには、無料点検であちこちを事前にチェックしておきます。コーキングの具合も確認していきます。 そして、手順よく足場をかけた時に一緒に打ち替えるか、増し打ちします。 /p> コーキングはサッシ廻り、サイディングの継ぎ目などから水が入らないようにする接着剤のようなものです。 塗料と一緒で、年数が経つと劣化し痩せてきます。 痩せてくると隙間が開き、そこから水が侵入してくるので、建物に重大な問題をひきおこします。

コーキング撤去 (1).jpg
まず既存のコーキングを剥がします。

コーキング撤去 (2).jpg
既存のコーキングがきれいに剥がれました!

CIMG1727_R.jpg
次に、マスキングをして、 「プライマー」という接着剤を塗り

コーキング打ち替え (1).jpg
バックアップ材を詰めてからコーキングします。

コーキング打ち替え (7).jpg
きれいにコーキングが蘇りました!これで浸水の不安はありません。

【屋根塗装】

最後に屋根の塗装です。
高圧洗浄 (1).jpg
きれいにコーキングが蘇りました!これで浸水の不安はありません。

タスペーサー (2).jpg
きれいに洗浄し終わったら、縁切り工事です。 スレートとスレートの間に、「タスペーサー」という、 プラスチックの板を挟んで隙間を作ります。 ここから雨水を逃がしますので、雨漏りしません。

錆止め (5).jpg
縁切りが終わったら、 谷と棟の板金部分に錆止めを塗ります。 屋根はシーラーで下塗りします。

しっかりと下地処理が終わりました。 これから中塗り、上塗りと重ねていきます。

中塗 (3).jpg
上塗り (3).jpg

中塗 (2).jpg
上塗り (4).jpg

CIMG1734_R.jpg
完成しました。 工事前の屋根は色あせが激しかったですが、 今は新築同様に色と艶が蘇りました!

横浜市港南区にお住まいの青柳様 施工事例

横浜市港南区にお住まいの青柳様邸 工事の様子 工事名:カバー工法 使用部材:横暖ルーフ きわみ(ブラック) 工期:3日
【工事前後】


工事前


工事後

【屋根カバー工事の流れ】


まずは既存の板金を撤去し、その上から防水紙(アスファルトルーフィング)を敷いていきます。


隙間なく、丁寧に防水紙を敷きます!


防水紙が敷き終わりました!


続いて、防水紙の上から、新しい屋根材を噴いていきます! 今回使用したのは「横暖ルーフ きわみ」という屋根材です。


屋根の形状に合わせ、屋根材を調整しながら作業を進めます。


噴き終わるとこのようになります! この後、いよいよ仕上げの板金の設置を行います!


まずは貫板を設置していきます。


新しく設置した貫板の上に板金を設置していきます!


板金の設置が終わると、工事完工です!

カバー工法のメリットは、屋根が二重構造になることです。 屋根が二重になることで、断熱効果が高くなります! カバー工法のデメリットとしては、既存の屋根の上にさらに屋根をかぶせるので重くなること、と言われておりますが、今回青柳様にご提案させて頂いた「横暖ルーフ きわみ」がガルバリウム鋼板の金属屋根材です! 非常に軽量なため、カバー工法にピッタリの屋根材です!

横浜市港南区にお住まい 石塚様の施工事例

横浜市港南区にお住まいの石塚様邸 工事の様子 石塚様の屋根の漆喰撮り直し工事の様子をご紹介いたします! 劣化の具合から、一部詰め直し、一部取り直しの工事をご提案させて頂きました!
【工事前後】


工事前


工事後


まずは既存の瓦を撤去していきます。 こちらは丸瓦撤去後の写真です。


続いて丸瓦の下ののし瓦を撤去します。 ようやく中の粘土が見えてきました。


次は中にあった粘土を撤去して、一度周りをきれいに清掃します。


既存の材料を撤去後、新しい粘土を積んでいきます。


新しい粘土の上から、のし瓦を積みなおしていきます。


以前はのし瓦が1枚1枚離れていたので今回の工事で銅線でしっかりと結束を強くさせます。 これで不安定な状態だった瓦の強度が増し、強風や地震などで棟が崩れにくくなります!


補強した上から、さらに瓦を積みなおしていきます。


積みなおした瓦をしっかりと銅線で固定し、 最後に鬼瓦にも漆喰を詰め、工事完了となります!

漆喰も定期的にメンテナンスを行っていかないと、詰め直し工事ではなく、取り直し工事が必要になってしまいます。 今回工事のご依頼を頂いた石塚様には、今後私たちが定期点検にお伺いさせて頂くので、ご安心ください!

横浜市港南区と近隣地区の施工事例のご紹介


横浜市港南区
雨樋交換

横浜市港南区
屋根カバー工法・屋根カバー工事

横浜市港南区
屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

横浜市港南区と近隣地区の現場ブログ

2016/12/12 横浜市港南区でバルコニーから下の階に雨漏りしているマンション
横浜市港南区でバルコニーから下の階に雨漏りしているマンション

   横浜市港南区でバルコニーからの雨漏り調査に伺いました。下の階に雨が降ると雨漏りしてしまうという事で、どこが原因なのかさっそくみてみましょう。 防水の上に保護モルタルが塗ってあるのですが、ヒビ割れが結構入っていて下の防水の傷みが心配です。床には避難はしごが設けてありますので、床に穴があいているのと一緒ですのでこの辺りの処理がしっかりしていないと、ここも雨漏りの原因...続きを読む

2016/10/6 横浜市港南区で屋上防水の劣化、建物経年劣化により雨漏り
横浜市港南区で屋上防水の劣化、建物経年劣化により雨漏り

   横浜市港南区で商業店舗の建物より雨漏りがあるとのご相談を受けて点検にお伺いしました。 商業施設や大型店舗、工場などの雨漏りとなると施設担当者は、果たしてどこに連絡すればよいのか?と悩んでしまう方が多いようです。 一般的なお住まいではなく、施設建物の雨漏りとなると対応してもらえるのか?工事を行う場合はお店の営業はできないだろうか?など様々なお悩みを抱えています。 業者によっ...続きを読む

2016/07/30 横浜市港南区で外壁塗装の為の外壁実測
横浜市港南区で外壁塗装の為の外壁実測

   今日は暑かったですね。青空なのは気持ち良くていいのですが、気温が高いのは屋根に上ると暑いんです。本日は横浜市港南区より、外壁塗装のお問い合わせ頂きましたお客様のお宅へ、図面が無いとのことでしたので、スケールにて外壁塗装の為の塗装面積の実測に行って来ました。   スケールにて外壁実測を開始します。外壁回りの長さ、外壁の高さ等の実寸を測ります。正面・両側面・背面・それぞ...続きを読む

2016/06/4 横浜市港南区で劣化したトタン張りの外壁修理工事
横浜市港南区で劣化したトタン張りの外壁修理工事

   横浜市港南区で外壁の調査をおこないました。外壁に穴があいたので見て欲しい、というのがお問い合わせのきっかけでした。どんな傷み具合なのかしっかり見てみましょう。 外壁はトタンが張ってあります。塗装してありますが、塗膜がはがれてしまい全体的にサビによって侵食されていて穴があいている部分もあります。穴があいてしまうと、雨が降るたびに建物の中に雨水が浸入して柱などの構造...続きを読む

2016/06/2 横浜市港南区で店舗ビルの屋上防水機能低下などによる雨漏り
横浜市港南区で店舗ビルの屋上防水機能低下などによる雨漏り

   横浜市港南区にて店舗ビルの3階廊下から雨漏りがあるとのご相談をいただき、点検にお伺いしました。 以前にも何度か雨漏りをしており、修理を繰り返しているとのことでした。 外壁に設置された喚起筒から錆びが発生していることと、コーキング処理が施されていましたがあまり機能を果たしていないようでした。 屋上部分でも防水層の荒れや剥がれ、立ち上がり部分の亀裂など様々な箇所から漏水が発生...続きを読む

2016/05/29 横浜市港南区で瓦屋根から金属屋根へ葺替え
横浜市港南区で瓦屋根から金属屋根へ葺替え

   横浜市港南区で屋根の葺き替え工事を検討中のお客様です。築30年程の建物で、屋根は一度もメンテナンスをされたことが無いそうです。下地に傷みが無いかが気になりますので、屋根に上って調べてみましょう。 屋根はコンクリート瓦が葺いてありました。表面は劣化して色がなくコンクリートがむき出しです。数枚うっすらと元の色が見える瓦もありましたが、ほとんどの瓦が劣化しています。今...続きを読む

2016/02/19 横浜市港南区にて棟板金の飛散、浮きを確認
横浜市港南区にて棟板金の飛散、浮きを確認

   横浜市港南区にて棟板金が風に煽られ、庭先に落ちてしまったというご相談をうけて点検にお伺いしました。 スレート屋根で葺かれたお住まいを早速点検していきます。屋根にコケなどの発生はなく比較的キレイな状態ですが、少々色あせが目立つ状態です。   築10年が経過しているということでしたので、そろそろ塗装の時期がきていると言えるでしょう。本題の棟板金ですが、飛散してしまい中の貫...続きを読む

2016/02/7 横浜市港南区の住宅で平板瓦アーバン40の漆喰調査
横浜市港南区の住宅で平板瓦アーバン40の漆喰調査

   横浜市港南区築10年の住宅屋根で漆喰の調査を行いました。 ちょうど築10年といことで、外部メンテナンスを行いたいという事でお問合せを頂きました。それでは調査に入ります。 とても鮮やか無い色ですね!こちらの屋根材はアーバン40防災という商品のシャドーライトというカラーです。瓦の種類としましては平板瓦といいます。灰色がランダムに吹付けられており、より色...続きを読む

その他の現場ブログ→

横浜市港南区にて屋根リフォームをしたお客様の声

横浜市港南区 屋根葺き替え・戸袋板金巻 大関様
数ある業者様の中から私たちを選んで頂いた決めてはなんでしょうか?
色々な屋根工事会社がある中で、訪問によるもの、電話等ありました。 その中でシェアテックをインターネットでみて非常に良いと思い契約させて頂きました。 火災保険の請求においても良く説明して頂き感謝しております。 仕上がりはいかがでしたか?
とても良いと思いました。 写真での説明をして親切でした。 担当営業に一言お願いします。 いつも笑顔であいさつもとてもよかったです。 本当にお疲れ様でした。感謝でいっぱいです。 当社へのご要望等御座いましたらご記入ください。
戸袋の設計について説明がもっとほしかったかな?

横浜市港南区 屋根葺き替え・戸袋板金巻

施工事例

横浜市港南区 屋根工事 施工前01

横浜市港南区 屋根工事 施工後01

屋根塗装工事 T様

横浜市港南区 屋根工事 施工前01

横浜市港南区 屋根工事 施工後02

瓦屋根漆喰工事 益子様

横浜市港南区 屋根工事 施工前03

横浜市港南区 屋根工事 施工後03

屋根葺き替え工事 安永様

横浜市港南区 屋根工事

横浜市港南区 屋根工事 不安な事

そんな皆様のお悩み、私たちが解決致します!

横浜市港南区 屋根工事 親切NO.1

私たち『街の屋根やさん』は屋根工事に関する不安やお悩み、 ご質問などに真剣にお応え致します! 少しでも不安に思うことや、心配なこと、ご質問等あれば お気軽にお問合せ下さい! 施工実績2,500棟の経験をもつ専門スタッフが誠意をもって 対応致します!相談・点検・お見積は無料です! 私たちはお客様の悩みを解決し、より楽しく、より快適なリフォームになるよう心がけると共に、最新の設備や部材・塗料による高品質な施工を 行い、厳正な施工基準に基づいた工程管理によるお客様の最高の満足をご提供する事をお約束いたします!

横浜市港南区 屋根工事 親切NO.1 お問い合わせ

お住まいの地域情報

港南区は行政区再編成により、1969年(昭和44年)10月1日、南区より分区して発足しました。 かつては農村地帯が広がっていたが、1950年代から虫食い的に宅地開発が始まりました。 1970年代には野庭(のば)団地、港南台団地などといった巨大団地が形成され、人口は爆発的に増加し、発足時の人口は約9万5千人であったが、現在では約22万人の暮らす住宅都市となっています。 戦後しばらくは、大岡川沿いに捺染工場が林立し、横浜名産のスカーフが生産されていました。

お問い合わせバナー