屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

漆喰(しっくい)工事 横浜

屋根漆喰工事 横浜
瓦と瓦の接着剤(漆喰)を補修する工事です。 漆喰が痛んでしまうと、接着剤としての機能を果たさなくなるため、瓦にズレが生じてしまうのです。 漆喰の剥離は雨漏りを引き起こす危険性があるのです。 状況に応じて棟の取りなおし工事や漆喰の増し詰め工事をご提案しています。
漆喰工事には大きく分けて2種類の工事があります。

漆喰詰め直し工事 横浜

漆喰詰め直し工事 横浜

瓦屋根の間にある漆喰の詰め直し作業の事を言います。 漆喰は長い間雨や風に晒されると劣化し、取れてきてしまいます。 そのままにしておくと雨漏りの危険性もあります。 また、状態がひどくなると漆喰の取り直し工事が必要になります。 金額は取り直し工事の方が高くなるので、早目の対応が望まれます。

»施工の流れはコチラ!
漆喰取り直し工事 横浜

漆喰取り直し工事 横浜

棟(屋根の頂上部分)を一度取りはずし、漆喰を詰め直し、再び棟を設置する作業のことを言います。 長期間にわたって棟のメンテナンスをしないと雨や風の影響で漆喰が崩れ、棟が歪んで隙間ができ、そこから雨漏りする可能性もあります。 また、地震などで強い揺れを受けたりすると棟が崩れることもあります。 まずは一度屋根やさんへご相談下さい!

»施工の流れはコチラ!
屋根漆喰工事 横浜 施工の流れ
工事準備 ◎足場・メッシュシートの設置 工事によっては足場、メッシュシートを設置します。 設置の判断については担当がお客様にご説明致します。 不明点などお気軽にご質問下さい。
漆喰工事流れ01

1.下地処理 まずは既存の漆喰の下地の処理を行います。

漆喰工事流れ02

2.新規漆喰塗り 次に新しい漆喰を塗っていきます。 弊社自慢の職人が丁寧に作業します。

漆喰工事流れ04

工事終了!

工事後処理 ◎清掃・足場撤去 足場を設置した場合、工事後に撤去します。 また、工事後にお住まい周辺を丁寧に清掃します。
屋根漆喰工事 横浜 施工の流れ
工事準備 ◎足場・メッシュシートの設置 工事によっては足場、メッシュシートを設置します。 設置の判断については担当がお客様にご説明致します。 不明点などお気軽にご質問下さい。
漆喰工事流れ01

1.棟撤去 まずは既存の棟を撤去していきます。

漆喰工事流れ02

2.どろ漆喰撤去・清掃 次に既存の漆喰を撤去し、清掃していきます。

漆喰工事流れ03

3.新規漆喰塗り、新規棟設置 新しい漆喰を塗り、その上に棟を設置し直していきます。 弊社自慢の職人が丁寧に作業します。

漆喰工事流れ04

4.銅線補強 設置した棟を銅線で補強していきます。

漆喰工事流れ05

工事終了!

工事後処理 ◎清掃・足場撤去 足場を設置した場合、工事後に撤去します。 また、工事後にお住まい周辺を丁寧に清掃します。
屋根漆喰工事 横浜 お客様の声
横浜市泉区 屋根漆喰工事
横浜市泉区 入内嶋様
工事が終わって一言
仕事がとても丁寧で気持ち良く働いてくれました。
担当営業に一言 説明が分かりやすく非常に良かったです。 工事前の不安はありましたか
シェアテック社は初めての工事依頼でしたので、多少の不安はありました。 要望・感想など
資料がしっかりしていましたので、とても安心致しました。 (毎日の工事終了後の資料での説明はすばらしい事です。) ありがとうごあいました。
屋根漆喰工事前 屋根漆喰工事後

工事内容:漆喰(しっくい)詰め増し工事

従来、棟・壁際(土居のし)のし積み部は、中に屋根土、表面に漆喰というのが 標準工法でした。 異なる土質で収縮率が違うため、上記のような剥れ、亀裂等が起きて しまっています。 ご予算に応じて、積み直しの検討をお勧め致します。(10,000円/m~) 漆喰工事には基本的に足場は必要ありません。 漆喰工事専門スタッフが丁寧に 手作業で 漆喰を詰め直します。 漆喰が屋根から落ちてきたり、外見上漆喰の剥離が出てきたと思ったら まずはお気軽にご連絡下さい。 デリケートな部分ですから早めに対処する事が 屋根を長持ちさせる秘訣です。

お問い合わせバナー