屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指し.....

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

崩れかけて固定力が弱まった漆喰、新しく詰め直して強い屋根にしませんか?

 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も風雨や寒暑、直射日光に晒され続けているので、他の屋根材と同じように時間とともに劣化していきます。目視して、ひびや剥がれが出ている場合は危険です。固定している力が弱まっているので、ちょっとした風や地震で瓦がズレたりします。最悪の場合は落下してしまう可能性もあります。また、ズレた瓦同士が干渉し合って欠けたり・割れたり、そこから雨水が浸入して雨漏りになったりと様々なトラブルを招きます。

漆喰の美しい白壁、世界遺産の姫路城

街の屋根やさん東京は信頼の証である建設業許可!安心のリフォーム瑕疵保険登録業者です

瓦屋根を健全に保つために定期的な点検が必要です

漆喰の劣化と悪影響

剥がれ、崩れが軽微な場合は…

漆喰詰め直し工事

 漆喰詰め直し工事は文字通り、漆喰を詰め直すものです。漆喰の崩れや剥がれなどの劣化が比較的軽微な場合に行われます。
 この状態の時にお手入れすれば、メンテナンス費も抑えられます。

剥がれ、崩れが酷い場合は…

棟瓦取り直し工事

 棟瓦取直し工事は棟瓦(屋根の頂上部分の瓦)を一旦取りはずし、再度漆喰を詰め直して、取りはずした棟瓦を再び設置していきます。瓦がズレたり、漆喰が剥がれてほとんどなくなってしまっていたりと重症な場合に行われます。

 昔は海藻を炊いてのりを作り、麻すさ(麻の繊維)や藁と塩焼き消石灰を混ぜて作られていました。地方によって混ぜ合わせられる材料が異なるが、主成分は石灰です。現在は合成樹脂を使用した製品や化学繊維を使用したものもあります。

1漆喰の除去

1漆喰の除去

 古くなった漆喰を取り除きます。

高圧洗浄に取り掛かる準備

 詰め直し補修はまず古くなった漆喰を取り除くことから始めます。既存の漆喰が残った上に新しい漆喰を詰めてもすぐに剥がれてしまいます。ですのでしっかり取り除いて清掃を行います。右写真をご覧下さい。漆喰を除去した下に茶色い土が見えるのがお分かりいただけると思います。漆喰は経年変化によってひび割れを起こします。漆喰がボロボロになって剥がれると中の土が出てきてしまうので、傷みが見られたら早めに手当てをする必要があります。

次へ

2新規漆喰詰め

2新規漆喰詰め

 新しい漆喰を詰めていきます。

高圧洗浄に取り掛かる準備

 左写真で塗っている黒い物が漆喰です。細かい所まで隙間無く塗っていくことはとても難しいです。更に表面も綺麗にならす必要がありますので、まさに職人技の見せ所と言えるでしょう。この作業を実施する箇所全てに行っていきます。

次へ

3漆喰詰め直し工事完了

3漆喰詰め直し工事完了

実施箇所全ての漆喰塗りが終われば工事完了です。

高圧洗浄に取り掛かる準備

 写真は漆喰詰め直しが完了したものです。塗り上がりの漆喰はとても雅な雰囲気がありますね! しっかり補修を行った漆喰は20年は持ちます。長く持たせるためには定期的なメンテナンスをしていくことが大事です。ちょっとしたひび割れでも、放置せずに早めの対処を心がけましょう。

01状況確認

01状況確認

 棟や漆喰の状況を確認します。

高圧洗浄に取り掛かる準備

 棟は本来まっすぐになっていなけれなりませんが、ご覧の様に曲がっているのがお分かりいただけるでしょう(左写真)。これは漆喰の大部分が剥がれているためです(右写真)。漆喰が剥がれると中の土が水分を吸って傷みます。それによって棟の固定力が弱り曲がってしまうのです。

次へ

02棟撤去

02棟撤去

 これまでの棟を撤去します。

高圧洗浄に取り掛かる準備

 左写真は棟瓦を取り外したところです。棟瓦の下には土が盛られています。更にその下に設置されていた、のし瓦も撤去します(右写真)。その下にも土が盛ってあります。この土は棟の大事な土台になっており、漆喰が剥がれて土が流出してしまうと棟を支えられなくなってしまうのです。

次へ

03新しい土の盛り込み

03新しい土の盛り込み

 実施箇所全ての漆喰塗りが終われば工事完了です。

高圧洗浄に取り掛かる準備

 左写真は古い土を撤去したところです。棟瓦をまっすぐに設置するための目安に糸を張ります(左写真の黄色い糸)。これに沿ってのし瓦と土を設置していきます(右写真)。この後に棟瓦を固定する銅線もこの時に仕込んでおきます。

次へ

04漆喰の詰め直し

04漆喰の詰め直し

棟瓦を設置し、漆喰を詰めていきます。

高圧洗浄に取り掛かる準備

 のし瓦と土で作った土台の上に棟瓦を設置します。左写真が設置前です。ここに更に土を盛り込んだ後、棟瓦を被せます。のし瓦と屋根瓦の間に漆喰を詰め、銅線で固定していきます(右写真)。

次へ

05銅線の処理

05銅線の処理

 飛来物が銅線に引っ掛からないよう処理します。

高圧洗浄に取り掛かる準備

 銅線での固定が終わりましたら、余った部分を左写真のようにしっかりと取りまとめます。このように丸めておかないと、小枝やレジ袋などが飛んできた際に引っ掛かったりするからです。もし、レジ袋が引っ掛かったままになると風の影響を受けやすくなりますし、そこに雨水が溜まる可能性もあります。こうした小さな処理も屋根工事では大事な部分です。

次へ

06棟瓦取り直し工事完了

06棟瓦取り直し工事完了

 鬼瓦の周りにも漆喰を詰めて、固定します。

高圧洗浄に取り掛かる準備

 鬼瓦を元の位置に戻し、漆喰で固定します(左写真)。漆喰が乾けば、棟瓦取り直し工事は完了となります。まっすぐな棟は見ていて気持ちが良いものですね!

漆喰に関する施工事例一覧

漆喰に関するブログ一覧

2021/4/14 横浜市港北区師岡町の瓦屋根の建物、屋根からセメントのような欠けらが落ちてきました

   屋根の中でも重厚で頑丈な部類に属している瓦屋根も傷んでしまう箇所があります。横浜市港北区師岡町にお住いになられているU様より「自宅の屋根からセメントのような欠けらが落ちてきて心配だ」ととても心配なご相談がございましたので、実際に点検にお伺いいたしました。聞くところによると瓦を使用した屋根のようで、これまでも割れた瓦を交換したりはしているようで、不具合が起こ...続きを読む

2021/4/8 廃盤になってしまったセメント瓦屋根を利用しているお住まいはメンテナンス方法を要チェック!

   屋根材はお住まいによって異なるかと思いますが、時代の流れとともにトレンドも変化しつつあります。このトレンドはやはり耐久性・メンテナンス性と深くかかわりがありますが、耐久性等を鑑みた上で廃盤になった屋根材も当然あります。その中の一つとして知られるのがセメント瓦です。現在セメント瓦が施工されている場合は、そもそもどのような屋根材であるのか、施工においての注意点...続きを読む

2021/4/6 横浜市神奈川区神大寺で雨漏りしている瓦葺き屋根は葺き直し工事で下地を新しくします

   横浜市神奈川区神大寺で屋根の調査をおこないました。雨漏りしているのは瓦葺き屋根で、棟の崩れと下地の防水紙の劣化が顕著な状態でした。屋根は屋根材と下に葺いてある防水紙によって雨から建物を守っていますので、屋根材がズレたりしても防水紙が問題無ければ雨漏りしない事もあります。今回は防水紙(とんとん)がボロボロになっていて下地が見える状態でしたので、雨漏りに繋がっ...続きを読む

漆喰に関するお客様の声一覧

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー