屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 漆喰(しっくい)工事 横浜

漆喰(しっくい)工事 横浜

屋根漆喰工事 横浜

漆喰工事のことならおまかせください

漆喰工事のことならおまかせください

 瓦と瓦の接着剤(漆喰)を補修する工事です。漆喰が痛んでしまうと、接着剤としての機能を果たさなくなるため、瓦にズレが生じてしまうのです。漆喰の剥離は雨漏りを引き起こす危険性があるのです。状況に応じて棟の取りなおし工事や漆喰の増し詰め工事をご提案しています。

漆喰工事には大きく分けて2種類の工事があります。

漆喰詰め直し工事 横浜

漆喰詰め直し工事 横浜

 瓦屋根の間にある漆喰の詰め直し作業の事を言います。漆喰は長い間雨や風に晒されると劣化し、取れてきてしまいます。そのままにしておくと雨漏りの危険性もあります。
 また、状態がひどくなると漆喰の取り直し工事が必要になります。金額は取り直し工事の方が高くなるので、早目の対応が望まれます。

»施工の流れはコチラ!
漆喰取り直し工事 横浜

漆喰取り直し工事 横浜

 棟(屋根の頂上部分)を一度取りはずし、漆喰を詰め直し、再び棟を設置する作業のことを言います。長期間にわたって棟のメンテナンスをしないと雨や風の影響で漆喰が崩れ、棟が歪んで隙間ができ、そこから雨漏りする可能性もあります。また、地震などで強い揺れを受けたりすると棟が崩れることもあります。まずは一度屋根やさんへご相談下さい!

»施工の流れはコチラ!
屋根漆喰工事 横浜 施工の流れ

工事準備 ◎足場・メッシュシートの設置 工事によっては足場、メッシュシートを設置します。 設置の判断については担当がお客様にご説明致します。 不明点などお気軽にご質問下さい。

漆喰工事流れ01

1.下地処理 まずは既存の漆喰の下地の処理を行います。

漆喰工事流れ02

2.新規漆喰塗り 次に新しい漆喰を塗っていきます。 弊社自慢の職人が丁寧に作業します。

漆喰工事流れ04

工事終了!

工事後処理 ◎清掃・足場撤去 足場を設置した場合、工事後に撤去します。 また、工事後にお住まい周辺を丁寧に清掃します。

漆喰詰め直し工事の施工事例一覧

横須賀市|棟の漆喰詰め直し工事で雨漏りを改善致しました
横須賀市|棟の漆喰詰め直し工事で雨漏りを改善致しました
施工内容
漆喰工事,漆喰詰め直し
築年数
築20年
使用材料
川崎市川崎区|雨漏り防止に棟瓦漆喰詰め直し工事
川崎市川崎区|雨漏り防止に棟瓦漆喰詰め直し工事
施工内容
漆喰工事,漆喰詰め直し
築年数
築35年前後
使用材料

 

漆喰詰め直し工事のブログ一覧

2019/08/17 寒川町田端にて下屋雨仕舞に南蛮漆喰モルロックを使用し漆喰詰め直し工事を行いました

寒川町田端にて下屋雨仕舞に南蛮漆喰モルロックを使用し漆喰詰め直し工事を行いました

本日は寒川町田端にて下屋と外壁の取合いにある雨押えの漆喰が経年劣化で剥がれてしまっていた為、新たに漆喰を詰め直す工事を行いましたので、その様子をお伝えします。 漆喰は瓦や石材の施工には欠かせないものとして古くから使われている建材です。 瓦屋根に使われる漆喰ですが、瓦自体は丈夫にできており自然災害などで被害を受けるなどない限りはほぼメンテナンスがいらないもの...続きを読む

2019/06/6 鎌倉市西鎌倉での陶器瓦屋根調査、漆喰の剥がれが雨漏りの原因になる前に漆喰詰め直し工事で不安を解消しましょう

鎌倉市西鎌倉での陶器瓦屋根調査、漆喰の剥がれが雨漏りの原因になる前に漆喰詰め直し工事で不安を解消しましょう

鎌倉市西鎌倉のお客様より築20年以上経過した瓦屋根の点検依頼を頂きました。離れの棟がちょうど二階のベランダから見え、化粧漆喰が剥がれて瓦屋根の上に落ちているの事が見えた事がお問い合わせいただくきっかけでした。 漆喰は棟の土台として使われている土などが湿って棟が崩れてしまわない様に保護をする役目があります。漆喰を剥がれたままにしておくと、瓦同士の接着力も薄れ、隙間...続きを読む

2019/04/12 平塚市東八幡にて強風による瓦のずれの補修と漆喰詰め直し工事を行いました

平塚市東八幡にて強風による瓦のずれの補修と漆喰詰め直し工事を行いました

本日は平塚市東八幡O様宅にて、瓦のずれの補修と漆喰詰め直し工事の様子をお伝えいたします。O様宅は築40年、屋根には瓦が葺かれております。お問い合わせのきっかけは、去年の台風で屋根のケラバ部分の瓦がずれたことによる補修工事のご依頼になります。 「ケラバ部分の瓦のずれ」 近くに住んでる方から瓦が落ちそうとの指摘を受け、気が付いたそうです。こちらは切妻屋...続きを読む

漆喰工事のことならおまかせください

漆喰工事のことならおまかせください

屋根漆喰工事 横浜 施工の流れ

工事準備 ◎足場・メッシュシートの設置 工事によっては足場、メッシュシートを設置します。 設置の判断については担当がお客様にご説明致します。 不明点などお気軽にご質問下さい。

漆喰工事流れ01

1.棟撤去 まずは既存の棟を撤去していきます。

漆喰工事流れ02

2.どろ漆喰撤去・清掃 次に既存の漆喰を撤去し、清掃していきます。

漆喰工事流れ03

3.新規漆喰塗り、新規棟設置 新しい漆喰を塗り、その上に棟を設置し直していきます。 弊社自慢の職人が丁寧に作業します。

漆喰工事流れ04

4.銅線補強 設置した棟を銅線で補強していきます。

漆喰工事流れ05

工事終了!

工事後処理 ◎清掃・足場撤去 足場を設置した場合、工事後に撤去します。 また、工事後にお住まい周辺を丁寧に清掃します。

棟瓦取り直しの施工事例一覧

葉山町下山口で令和元年東日本台風で破損した瓦屋根を、棟瓦取り直し工事で復旧しました
葉山町下山口で令和元年東日本台風で破損した瓦屋根を、棟瓦取り直し工事で復旧しました
施工内容
棟瓦取り直し
築年数
31年
使用材料
シルガード(黒)
葉山町堀内にて令和元年東日本台風の猛威により和瓦屋根の棟が倒壊、棟取り直し工事を行いました
葉山町堀内にて令和元年東日本台風の猛威により和瓦屋根の棟が倒壊、棟取り直し工事を行いました
施工内容
棟瓦取り直し
築年数
40年
使用材料
南蛮漆喰 シルガード(黒)

 

棟瓦取り直しのブログ一覧

2020/07/26 横須賀市浦賀にて和瓦と銅板で葺かれた屋根調査、銅製雨樋に穴が開いてしまっておりました

横須賀市浦賀にて和瓦と銅板で葺かれた屋根調査、銅製雨樋に穴が開いてしまっておりました

 横須賀市浦賀にお住まいのK様より築30年経過し、ある程度はリフォームをしてきたが最近自然災害が多くなってきてるので、瓦屋根の総点検をお願いしたいとご相談がございました。 今までに漆喰のメンテナンスや外壁塗装でメンテナンスをされてきたそうです。ただここ10年以上は何もされていないとの事もあり、今回の依頼に繋がりました。ではさっそく現地に王が開始屋根の点検調査をさせて...続きを読む

2020/07/19 藤沢市片瀬にて築40年ノーメンテナンスの日本瓦屋根、棟に使用される漆喰は定期的なメンテナンスしましょう

藤沢市片瀬にて築40年ノーメンテナンスの日本瓦屋根、棟に使用される漆喰は定期的なメンテナンスしましょう

 藤沢市片瀬にお住まいのI様より、瓦屋根のメンテナンスを考えているがどのようなメンテナンスが一番自宅にとって良いか調査してほしいとご相談がございました。  お話をお伺いいたしますとI様邸は築40年以上経過しており、瓦屋根だから大丈夫だろうとの事で一度も足場を架けて等のメンテナンスをした事がなかったそうです。今回はしっかりと屋根全体の点検をさせて頂き、I様にお住まいの...続きを読む

2020/07/18 部位ごとに名称が違う屋根瓦の特徴とメンテナンス方法をご紹介

部位ごとに名称が違う屋根瓦の特徴とメンテナンス方法をご紹介

 まだまだ高い人気を誇る瓦屋根ですが瓦と一言で言っても様々な名称がつけられており、部位によって使う瓦が違うことはご存じでしょうか? 化粧スレートの場合、屋根材と板金(棟・ケラバ・軒先・谷)で屋根ができますが、瓦の場合は目視確認できる場所で板金を使用する部分は谷ぐらいでしょう。塗装が必要ない、錆びない瓦をふんだんに使用することで高い耐久性を維持することができるのでしょ...続きを読む

漆喰工事のことならおまかせください

漆喰工事のことならおまかせください

屋根漆喰工事 横浜 お客様の声
横浜市泉区 屋根漆喰工事
横浜市泉区 入内嶋様

工事が終わって一言
仕事がとても丁寧で気持ち良く働いてくれました。

担当営業に一言
説明が分かりやすく非常に良かったです。

工事前の不安はありましたか
シェアテック社は初めての工事依頼でしたので、多少の不安はありました。

要望・感想など
資料がしっかりしていましたので、とても安心致しました。
(毎日の工事終了後の資料での説明はすばらしい事です。)
ありがとうごあいました。

屋根漆喰工事前 屋根漆喰工事後

工事内容:漆喰(しっくい)詰め増し工事

 従来、棟・壁際(土居のし)のし積み部は、中に屋根土、表面に漆喰というのが 標準工法でした。異なる土質で収縮率が違うため、上記のような剥れ、亀裂等が起きてしまっています。
 ご予算に応じて、積み直しの検討をお勧め致します。(10,000円/m~)漆喰工事には基本的に足場は必要ありません。
 漆喰工事専門スタッフが丁寧に 手作業で 漆喰を詰め直します。漆喰が屋根から落ちてきたり、外見上漆喰の剥離が出てきたと思ったら まずはお気軽にご連絡下さい。デリケートな部分ですから早めに対処する事が 屋根を長持ちさせる秘訣です。

漆喰工事の施工事例一覧

中郡大磯町大磯で経年で隙間ができてしまったセメント瓦屋根の漆喰補修と瓦の差し替え
中郡大磯町大磯で経年で隙間ができてしまったセメント瓦屋根の漆喰補修と瓦の差し替え
施工内容
漆喰工事
築年数
築32年
使用材料
強力なんばんしっくい
平塚市田村にて棟の取り直し工事で漆喰の剥がれと銅線の切れを改善
平塚市田村にて棟の取り直し工事で漆喰の剥がれと銅線の切れを改善
施工内容
屋根補修工事,棟瓦取り直し,漆喰工事,漆喰詰め直し,その他の工事
築年数
使用材料

 

漆喰工事のブログ一覧

2020/07/27 鬼瓦とはなんだろう?名前の由来やメンテナンス時期、補修の様子をご紹介

鬼瓦とはなんだろう?名前の由来やメンテナンス時期、補修の様子をご紹介

鬼瓦とは瓦屋根の棟の軒先部分に設置された役瓦です。名前に「鬼」が入っているため、きっと由来があるとお思いの方も多いと思いますが、古来から家を災いから守るという厄払いとして鬼瓦を屋根に設置するという文化がありました。 名前の通り鬼の面の鬼瓦もあれば、雲や家紋、植物などの装飾がされたものも存在しますが、厄除けだけでなく屋根の構造としても役割をになっているのです。 ...続きを読む

2020/07/18 部位ごとに名称が違う屋根瓦の特徴とメンテナンス方法をご紹介

部位ごとに名称が違う屋根瓦の特徴とメンテナンス方法をご紹介

 まだまだ高い人気を誇る瓦屋根ですが瓦と一言で言っても様々な名称がつけられており、部位によって使う瓦が違うことはご存じでしょうか? 化粧スレートの場合、屋根材と板金(棟・ケラバ・軒先・谷)で屋根ができますが、瓦の場合は目視確認できる場所で板金を使用する部分は谷ぐらいでしょう。塗装が必要ない、錆びない瓦をふんだんに使用することで高い耐久性を維持することができるのでしょ...続きを読む

2020/05/26 海老名市社家でセメント瓦の隙間に詰められている漆喰が無くなっておりました

海老名市社家でセメント瓦の隙間に詰められている漆喰が無くなっておりました

 ご自宅の屋根に使用されている屋根材も、近年ではたくさんの種類が存在します。たくさんの種類が存在している中でも、瓦を使用している屋根はまだたくさんあります。海老名市社家にお住いになられているY様のお宅は、築30年以上が経過した建物で屋根も新築当初から同じ屋根材を使用しておりました。瓦といっても種類はたくさんあり、海老名市社家Y様のお宅の屋根で使用されている瓦は、セメン...続きを読む

漆喰工事のことならおまかせください

漆喰工事のことならおまかせください

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー