屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 屋根工事・屋根のリフォームに対する不安を解消致します!不安ゼ.....

屋根工事・屋根のリフォームに対する不安を解消致します!不安ゼロ宣言

不安ゼロ宣言

 街の屋根やさんのサイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。今このページをご覧になっている方の多くが、屋根リフォームに対して心配や気がかりな事があるのではないでしょうか?

 昨今、住宅リフォームでトラブルが頻発しているのはメディアでも度々取り上げられている通りです。「頼んでもいない工事をされた」、「相場の何倍もの金額を請求された」、「施工ミスがあり、以前よりも酷い状態なった」、「手抜き工事で、家をボロボロにされてしまった」と目も覆いたくなるような被害が後を断ちません。
 私たちもそのような被害を受けたお客様からご相談いただくことがあります。特に屋根周辺はお住まいを雨風から守る大切な部分だけに訪問してきた業者から不具合の指摘を受け、「このままだと雨漏りして余計に修繕費がかかりますよ」などと言われると、焦りを感じて契約してしまう方も多いようです。高齢化社会に付けこんで何も知らないお年寄りを騙す事案も増えています。

お年寄りをだます

 

国民生活センターに寄せられる相談や苦情は年々増加傾向に

 PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)に寄せられたリフォーム工事への相談や苦情は2013年度には7000件を越えました。PIO-NETに寄せられただけでこの数なのですから、水面下ではもっとトラブルが発生しているかもしれません。相談の中でも特に多いのは訪問業者によるトラブルだそうです。

相談件数の推移

理由1

リフォーム費用に明確な価格がない

 

明確が価格がない

 例えば、貴方が新車を買うとします。ネットで調べれば希望販売価格が分かるし、地域によってその価格が違うことも明記されています。それに対してリフォームは店舗で売られている商品と違い、明確な価格がないのです。

 例えば、同じお住まいでも「新築でいざ住みだしてみたら、思ったよりも雨音が気になったので、すぐに屋根を葺き替えた」場合と「屋根の寿命が来て葺き替えた」場合とでは費用は大きく異なります。屋根葺き替えという行為自体は同じですが、必要となる工事や工程が違ってくるからです。新築後ならほぼ表面の屋根材だけを葺き替えるだけで済みますが、寿命が来て葺き替える場合は屋根材の下の防水紙の貼り直しや野地板の交換や貼り増しが必要になってきます。材料費も手間代も日数も大きく変わってくるのです。リフォームはお住まいの状態によって、どうしてもケースバイケースになってしまうのです。

 

理由2

内部や工事が見られない

 

 それに屋根リフォーム、外壁リフォーム、内装リフォーム、どれであっても工事が終了してしまえば内部を見ることはできません。見えない部分であれば、お客様に提示した建材を使わなくても分からないのです。悪意がある業者であれば、手抜き工事し放題なのです。
 例えば、屋根材の下の防水紙をお客様には耐久性の高いものを使うと言っておきながらも安いものを使っても分からずに終わることは多いでしょう。屋根塗装だって仕上げ工程の上塗りを省いても、中塗りで同じ色が塗られていれば見た目はほとんど変わりません。しかも、工事は屋根の上で行われているので、お客様からはほとんど見えません。違いが出てくるのはある程度の期間が経過してからですから、それが故意に行われたか、たまたまなのか、自然現象なのかを見分けるのは非常に難しいのです。

工事中

 

お客様に安心して屋根リフォームを行っていただくために

ハート

 街の屋根やさんでは皆様に点検からご契約・施工、その後の保証までの不安を取り除くため10のルールマイスター制度を定めております。
 このルールや制度には正確な情報提供、ご契約といった大きな部分はもちろんのこと、施工時の心配事まで盛り込みました。

 

不安0宣言 マイスター制度

 

 ご提案書では実際にリフォームをおこなった場合どのようになるのか、完工報告書ではリフォームを行った部位がどのように変わったのかを画像で記録し、お渡ししています。また万が一の際にお客様にご迷惑をかけないよう、リフォーム瑕疵保険にも事業者登録しております。

リフォームに関する施工事例一覧

横浜市鶴見区|リフォーム会社からのご依頼でスレート屋根に雪止め設置工事

【施工内容】
雪止め設置

【使用材料】


横浜市緑区|屋根の状態に合わせて屋根カバーと屋根塗装を使い分け、お住まい全体をリフォーム

【施工内容】
屋根塗装

【使用材料】


リフォームに関するブログ一覧

2020/9/30 破風板の役割と補修回数を減らすためのメンテナンス方法をご紹介

    お住まいのリフォームにあたって「ここって何て説明すれば良いの?」と思う部位があると思います。インターネットで調べてみても「あれ?呼び方違う」という事も…  私たち街の屋根やさんへお問い合わせをする際には「雨漏りが」「台風で破損」等状況を話していただければ調査時に原因を特定し説明をさせていただくのですが、あらかじめその部位を知りメンテナンス方法を知っておき...続きを読む

2020/9/15 瓦屋根の構造を6つのポイントでご紹介します

   瓦屋根の構造は、普段の生活ではどうなっているのか見ることはできません。実際には新築で建てる場合や屋根葺き替え工事を行うときに意識することになりますが、そういった場合に業者との打ち合わせでよくわからない言葉がでてきて戸惑ってしまう…といったことはよくお聞きします。 私達、街の屋根やさんではできるだけ難しい言葉を使わず、わかりやすい説明をさせていただきますが...続きを読む

2020/9/10 茅ヶ崎市出口町にて雨漏り発生、上裏に設置されていたケイカル板が地面に落ちてしまっておりました

    茅ヶ崎市出口町にお住まいのI様より、玄関上の天井が落ちてきて自分たちで簡易養生をしている。原因が何かわからないので一度点検調査をしてほしい、雨漏りしているのかもしれないとご相談を頂きました。  築年数は15年程で、まだ外装リフォームはされていなかったとの事です。今後まだ長くお住まいになられるご予定との事で、原因特定をしご安心頂けるように現地調査にお伺いし...続きを読む

2020/9/9 昔ながらの茅葺き屋根を徹底解明!茅葺き屋根の特徴やトタンでのカバー工事実例紹介

    茅葺き屋根は茅を屋根材として葺いた屋根を言います。今ではほとんど見る機会がなく、寺社仏閣といった100年以上も前の重要文化財に指定されるような建物ばかりでしょう。もともと、日本古来の屋根工法である茅葺きですが、長い時間をかけて現在のような瓦、トタンなどの金属、さらにはスレートというかたちで現在に至っています。  最近では茅葺き屋根の古民家を改装し、おし...続きを読む

2020/9/4 火災保険の補償内容からリフォーム時に利用する際の注意点をご紹介

    このところ猛暑が少し落ち着いたかと思えば台風の発生が非常に多くなってきましたね。去年もちょうどこの時期に令和元年東日本台風が発生し、私たち街の屋根やさんも養生や復旧工事を行いましたが、1年が経つ今もいまだに工事に至っていないというお住まいもございます。台風や雹、積雪による被害は想像が出来ず、思いの外大きな被害を受け補修額がかかってしまったというお住まいは少...続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー