屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 自然石粒の高級感、金属屋根材ディーズルーフィング

自然石粒の高級感、金属屋根材ディーズルーフィング

屋根葺き替え、屋根カバーにも最適ディプロマット 高級感溢れるエコグラーニ、風雅、ディプロマットなどの 豊富なデザイン・カラー展開の「ディーズルーフィング」

 雨、風、太陽熱と、建物で最も厳しい環境にさらされている屋根。それだけ傷みやすく、メンテナンスや修繕に意外と費用がかかります。
長く住むことを考えるなら、コストパフォーマンスに加えて安全性や室内設計の自由度にも目を向けて屋根を選びたいものです。
ハリケーンの多いアメリカ・カリフォルニアで生まれた屋根材「ディーズルーフィング」。その防災性、快適性、美観性、耐久性は、世界70カ国以上のあらゆる気候下においても高く評価されており、日本では18年間で約3万棟の実績を誇ります。

日本では約3万棟の実績を誇ります

 

ディーズルーフィングの特徴

1.従来の陶器瓦に比べて約7分の1の軽さ

  とにかく軽いことです。軽量で錆に強いジンカリウム鋼板を基材としていて、在来の陶器瓦と比較すると重さは約7分の1になります。
軽い屋根は建物の軽量化と建物の重心が下がることで、屋根が軽いほど地震による建物の揺れは小さく、地震に強い家と言えます。
更に屋根材を支える必要壁量が少なくて済むので、窓や開口部の多い開放的な空間が作れる、将来の間取り変更にも自由度が増す、といいことずくめなのです。

各屋根材との重さを比較(1㎡あたりの重さ

2.ライフサイクルコストの低減

 本瓦以外の一般的な屋根材は、顔料が雨風で流れて色あせてくるので、5~10年ごとに塗り替えが必要です。
一方ディーズルーフィングは、セラミックコーティングを施した自然石粒を特殊な方法で接着しているので、メンテナンスフリーで長期的に美観を維持できます。30年の基材保証も、誕生から40年の実績に基づくものです。

 初期費用では一般的な屋根よりやや高いですが、1回目の塗り替えでトータルコストは逆転するので、長く住むほどお得です。

30年以上経過してもコケなどの汚れも少なく美観を保ちます。

3.安心の基材30年保証書付き

 基材は錆に強いジンカリウム鋼板。表面に施した自然石の粒が雨粒を細かく拡散して共鳴を抑え、日射を和らげるので、 通常の鋼板屋根で心配される雨音や夏の暑さを和らげる効果 も発揮します。
しかも軽量だから重ね葺きが可能です。古くなった 平板スレートを剥がさず、ディーズルーフィングでカバーする「り・るふる改修工法」で、既存屋根の撤去費用、処分費用がかかりません。また廃材などが殆ど出ないので、環境や 近隣に優しいリフォームができます。

安心の30年保証付き

 

※「り・るふる改修工法」
平板スレートに重ね葺きしても、重さは日本瓦屋根の約1/2以下。また、柱や梁の制限を軽減し、通し柱や耐力壁を最小限に抑えられるため、大空間も実現できます。

ガルバリウムとジンカリウムはどう違う?

ジンカリウムもガルバリウムも成分は同じ亜鉛とアルミ、シリコン合金のメッキ鋼板です。
何が違うかというと、含まれる成分の割合です。

ジンカリウムの成分と混合比 ■ガルバリウムの成分と混合比

どこが違うか一見しただけでは分からないと思います。 よく見ると、亜鉛とシリコンの比率が0.1%違います。これが、ガルバリウムとジンカリウムの違いです。
たった0.1%の違いで、何が変わるのでしょうか。

 ジンカリウム鋼板とガルバリウム鋼板の違いは、米国でガルバリウム鋼板の生産工程を改良し、より耐久性を持つ鋼材の製造を可能にしたことです。
ジンカリウム鋼板はガルバリウム鋼板と比較した試験結果からもどの様な環境下でも高耐久性を示し、海沿いなどの厳しい塩害地区以外では、試験開始後25年間全く鋼材に腐食が見られず、ジンカリウム鋼板の性能を顕著に発揮しました。

ディーズルーフィングの構造
 

軽量で耐震性の向上

 ジンカリウム鋼板は従来の瓦や平板スレートやアスファルトシングルと比較しても非常に軽量で、家屋の耐震対策にも最適な屋根材です。重い屋根は震災の時に揺れが激しくなり倒壊などに繋がる恐れがあるため近年ジンカリウム鋼板のような軽量な屋根を使用して、地震の対策を考えられるようになりました。

軽い屋根は建物の重心が下がり、地震時の揺れが小さくなる

 

インターロッキング工法

  ディーズルーフィングのジンカリウム鋼板は、軽量で耐震性・耐久性に優れています。インターロッキング工法により、屋根材が建物と一体化するため暴風などの自然災害に対し抜群の耐風性も確かめられています。

※インターロッキング工法
コンクリートをお互いがかみ合うような形にし、レンガ調に組合せた塗装方法です。一般家庭から公園まで幅広く用いられ、張り方によって表情を変えられ外観をさらに明るく演出します。

災害に強い理由

耐震性

 軽量な素材が家屋の揺れを軽減し地震から家屋を守ってくれます。
つくばでは、阪神大震災級の実大振動実験結果屋根材にディーズルーフィングが使用しました。結果、屋根材にゆがみなどの変形はみられませんでした。

瓦屋根は重いため重心が高くなり耐震性に不安が残る ディーズルーフィングは軽いため重心がさがり耐震性があがる

 

耐風性

 海外ではハリケーンなどの災害から家屋を守った実績があります。ディーズルーフィングは、2005年8月末にアメリカ南東部を直撃したハリケーン「カトリーナ」から家主を守りました。

ディーズルーフィング 耐風のイメージ

 

防火性

  素材が金属のため火事の際にも優れた性能を発揮します。そして大きな火災の際にも、延焼を防ぎ火災の広がりを抑える効果もあります。1994年と2003年に発生したアメリカ、カルフォルニアでの大災害で、ディーズルーフィングは家主の家財を守りました。
ディーズ ルーフィング国土交通省認定不燃番号:NM2035/NM1895

ディーズルーフィングイメージ 火災のイメージ

 

防水性

「時間雨量240ミリ」+「風速40m/秒」(日本の気象観測ではない雨量の風雨にさらされる)となり、結果は各1000パスカル。合格でした。
また、試験後に表面が乾かぬまますぐに「風速80m/秒」の負圧をかけた結果、(風速80m/秒⦅時速約300㎞⦆は全ての樹木を根こそぎ吹き飛ばす台風なみ)
<ディブロマット=6500パスカル>
<ローマン=8500パスカル>
<クラシックスタイル=4200パスカル>
<エコグラーニ=4200パスカル>となりました。
※パスカルという単位は、天気予報で使われる hPa (ヘクトパスカル) の1/100です。

ディーズルーフィングのイメージ 大雨のイメージ

 

より快適なお住まいの環境

メリット1断熱性が優れている

 表面の石粒が鋼板の熱伝導を低くし、夏の部屋の暑さを屋根がやわらげてくれます。屋根材と下地の間に空気層を十分に確保できるため、熱を逃がす効果もあります。
接着してある表面の石粒により表面積が広がり、放熱効果も期待できます。

快適な空間

 

メリット2 驚くほどの遮音性

 雨の日に気になる雨音を軽減する表面の石粒。雨粒が拡散するので、音の原因である”共鳴”を抑える機能があります。
雨音や外からの雑音がこれまでの金属屋根とは驚くほどに違います。

快適な空間

 

ディーズルーフィングの豊富なラインナップ

エコグラーニ

エコグラーニ

 和・洋を問わず、建物に美しく調和する直線的でシンプルなデザインです。
表面が凹凸になっていて、建築物をユニークに彩ります。また、1平方メートルあたりの重量が1番軽く、地震による建物の揺れを小さくする効果が抜群です。基材に30年保証を付けておりますので、安心してお選びいただける屋根材です。

 

エコグラーニ カラーバリエーション

ツイードグレー

■TWEED GRAY
(ツイードグレー)

洋服のツイードグレーのように、カジュアルにもシックにも見える表情豊かな色です。汚れにくさを目指して開発した色なので、いつまでも暖かみのある新しさが続きます。

カフェ

■CAFEY
(カフェ)

 カフェに使われる自然石粒は、茶色単色で作り上げているので、ナチュラルで気取らず、どの建物にも合うような暖かみのある落ち着いた色合いです。

エバーグリーン

■EVER GREEN
(エバーグリーン)

日本の風景や自然との調和を追い求め辿りついたエバーグリーン。建築物の和・洋を問わずに、美しくマッチする屋根材で、四季によってそれぞれの表情が楽しめます。

オニキス

■ONYX
(オニキス)

落ち着いた上品な雰囲気をかもし出す漆黒の美しさは、まるでパワーストーンのオニキスのようです。どんな建築物にもマッチし、どの世代の人にも人気のカラーです。

 
材質 IS G 3321、ジンカリウム鋼板0.39mm、自然石粒仕上げ
寸法 1350mm×410mm
働き 1300mm×390mm
1m²あたりの重量 5.8kg
1m²あたりの枚数 2枚
施工可能範囲 2.5寸勾配以上
国土交通省不燃認定番号 NM2035

風雅

風雅

 日本の伝統的な「和」の心を大切にしている風雅。シンプルでありながら、圧倒的な存在感を誇ります。また、あえてカラーバリエーションはモダンな漆黒のみです。基材に30年保証を付けておりますので、安心してお選びいただける屋根材です。

 

風雅カラーバリエーション 漆喰

■漆黒
 荘重でシンプルな美しい黒で表現した漆黒は、建築物をシックで落ち着いた雰囲気にします。また、昔ながらの瓦のような重量感あふれるたたずまいが魅力です。

 
材質 JIS G 3321同等品 ASTM A792M、ジンカリウム鋼板0.39mm、
自然石粒仕上げ
寸法 1175mm×390mm
働き 1111mm×364m
1m²あたりの重量 6.54kg
1m²あたりの枚数 2.47枚
施工可能範囲 2.5寸勾配以上
国土交通省不燃認定番号 NM2035

クラシックタイル

クラシックタイル

 伝統的で由緒正しいクラシックタイルは、30年以上にわたるロングセラーを誇ります。建築物をエレガントに彩る表面には、無数の石粒が広がっています。また、退色・変色を抑えるために、水の浸透や凍害も防ぐことができる釉薬(うわぐすり・ゆうやく)を使用しています。ですから、汚れも付きにくく、長期間にわたり美観を保つことができ、塗り直しなどのメンテナンスが必要ありません。基材に30年保証を付けておりますので、安心してお選びいただける屋根材です。

 

エコグラーニ カラーバリエーション

サンタフェ

■SANTAFE
(サンタフェ)

 ニューメキシコ州の澄んだ空気と鮮やかな青空を想像させる州都サンタフェ。そのままのイメージを、日本の豊かな四季の自然に映えるよう調和させました。青空が似合う明るい屋根です。

モンテカルロ

■MONTE CARLO
(モンテカルロ)

 モナコの4つの地区(カルティエ)の1つであるモンテカルロ。陽気な雰囲気が伝わってくるような色合いです。茶系3色が絶妙なバランスで、温かさと豊かさを表現しています。

シャーウットグリーン

■SHERWOOD GREEN
(シャーウットグリーン)

 イギリスのイングランド、ノッティンガムシャー、ノッティンガムの北約30kmにある王室林のシャーウットの森。そんな森を想像してしまうシャーウッドグリーンは、鮮やかな緑に黒を重ねることによって色彩に深みを増し、建築物の外観に落ちついた緑の潤いを与えます。

チャコール

■CHAROOAL
(チャコール)

 チャコールは木炭という意味で、黒と灰色の中間くらいの色になります。また、明度の低い灰色で、安定感があり、上品な雰囲気を演出します。どんな建築物にもマッチし、年代問わず人気のカラーです。

 
材質 JIS G 3321同等品 ASTM A792M、ジンカリウム鋼板0.39mm、
自然石粒仕上げ
寸法 1175mm×390mm
働き 1111mm×364mm
1m²あたりの重量 6.54kg
1m²あたりの枚数 2.47枚
施工可能範囲 2.5寸勾配以上
国土交通省不燃認定番号 NM2035

ローマン

ローマン

 曲線のデザインが非常に美しく、S字瓦調が最大の特徴のローマンは、建築物を格式高くさせます。また、その曲線美から、ローマンを導入している結婚式場や有料老人ホームなどの施設が増えています。基材に30年保証を付けておりますので、安心してお選びいただける屋根材です。

 

タスカニー

■TUSCANY(タスカニー)

 イタリアのトスカーナ地方にある古都タスカニー。まるでイタリアにいるような、鮮やかなオレンジにクリーム色の屋根材で、パット眼を引き、見る人を魅了します。

モスブラウン

■MOSS BROWN(モスブラウン)

 立体的なコントラストの秘密は、数種類の色のブレンドです。これによって単色では表現できない風合いが生まれます。赤みの少ない、落ち着いたブラウンはどの年代にも人気です。

ネロ

■NERO(ネロ)

 ネロはイタリア語で黒を意味します。そんなネロの漆黒の美しさには安定感があり、シックで上品な色合いは、どの年代層にも人気があります。

 
材質 JIS G 3321同等品 ASTM A792M、ジンカリウム鋼板0.39mm、
自然石粒仕上げ
寸法 1175mm×390mm
働き 1111mm×364mm
1m²あたりの重量 6.54kg
1m²あたりの枚数 2.47枚
施工可能範囲 2.5寸勾配以上
国土交通省不燃認定番号 NM2035

ディプロマット

ディプロマット

 デザインがシンプルで美しく、どんな建築物とも調和するディプロマットは、外壁としても使用できる唯一の屋根材です。また、単色ではなく斑になっていて、カラーバリエーションも明るいものからシックなものまで幅広く、建物の屋根を美しくエレガントに彩ります。基材に30年保証を付けておりますので、安心してお選びいただける屋根材です。

 

エコグラーニ カラーバリエーション

テラコッタ

■TERRA COTTA
(テラコッタ)

 テラコッタはイタリア語で素焼きを意味します。ネイティブアメリカンが好んで使用していた素焼きの赤色をイメージした屋根材は、華やかなカラーで建築物を彩ります。

カフェ

■CAFÉ
(カフェ)

 紅茶色にコーヒー色、よく見ればカフェオレ色にミルクティー色、そんな楽しくて、落ち着いた印象のカフェ。暖かみのある落ち着いたナチュラルな色合いが魅力です。

エバーグリーン

■EVER GREEN
(エバーグリーン)

 音楽では「時を経ても色褪せない名曲」というニュアンスで使われることがあるエバーグリーン。そのキリっとしまった美しい屋根・外壁は、深みのある緑に黒のフラッシュをほどこすことにより生まれました。時を経ても色褪せない屋根材の登場です。

オニキス

■ONYX
(オニキス)

 落ち着いた上品な雰囲気をかもし出す漆黒の美しさは、まるでパワーストーンのオニキスのようです。どんな建築物にもマッチし、どの世代の人にも人気のカラーです。

 
材質 JIS G 3321同等品 ASTM A792M、ジンカリウム鋼板0.39mm、
自然石粒仕上げ
寸法 1175mm×390mm
働き 1111mm×364mm
1m²あたりの重量 6.54kg
1m²あたりの枚数 2.57枚
施工可能範囲 2.5寸勾配以上
国土交通省不燃認定番号 NM1895

金属屋根に関する施工事例一覧

横浜市港北区日吉にて台風15号で被災したかわらUから立平葺きの金属屋根へ葺き替え

【施工内容】
屋根葺き替え

【使用材料】
デコルーフ(シルバー)、半月105(シンチャ)


平塚市真田にて屋根カバー工法を行い、雨染みの目立つスレート屋根から金属屋根へ

【施工内容】
屋根カバー工法

【使用材料】
スーパーガルテクト(Sシェイドブルー)


金属屋根に関するブログ一覧

2020/9/15 瓦屋根の構造を6つのポイントでご紹介します

   瓦屋根の構造は、普段の生活ではどうなっているのか見ることはできません。実際には新築で建てる場合や屋根葺き替え工事を行うときに意識することになりますが、そういった場合に業者との打ち合わせでよくわからない言葉がでてきて戸惑ってしまう…といったことはよくお聞きします。 私達、街の屋根やさんではできるだけ難しい言葉を使わず、わかりやすい説明をさせていただきますが...続きを読む

2020/9/9 昔ながらの茅葺き屋根を徹底解明!茅葺き屋根の特徴やトタンでのカバー工事実例紹介

    茅葺き屋根は茅を屋根材として葺いた屋根を言います。今ではほとんど見る機会がなく、寺社仏閣といった100年以上も前の重要文化財に指定されるような建物ばかりでしょう。もともと、日本古来の屋根工法である茅葺きですが、長い時間をかけて現在のような瓦、トタンなどの金属、さらにはスレートというかたちで現在に至っています。  最近では茅葺き屋根の古民家を改装し、おし...続きを読む

2020/8/27 ルーフィングの種類と選ぶポイントを徹底解説いたします

    ルーフィングとは屋根に設置している防水紙のことを言います。屋根において、雨を防いでいるのは瓦やスレートといった屋根材とお考えの方は多いですが、その実、すべての降雨を屋根材では防げないということはあまり知られていません。すなわち、屋根材では防げなかった雨水はルーフィングがあることで完全にシャットアウトすることができるのです。  ルーフィングと一言でいって...続きを読む

2020/8/25 瓦葺き屋根の特徴と地震や台風による被害を最小限に抑えるメンテナンス方法をご紹介

    近年軽量な化粧スレートや金属屋根材が注目され普及していますが、日本の住宅といえば瓦葺き屋根ですよね?1枚ずつ差し替えができる便利な屋根材としても知られていますが、ずれが生じやすいことから地震大国、台風の多いこの時期の瓦葺き屋根はより一層注意しなければなりません。そこでこのページでは瓦葺き屋根の特徴から自然災害に対してできる対策をご紹介したいと思います。 ...続きを読む

2020/8/20 鋼板屋根材の歴史とガルバリウム鋼板を使用した屋根リフォーム時のポイントをご紹介

    屋根材には瓦や化粧スレート等様々なものがありますが、最近その中でも人気が高まりつつあるのがガルバリウム鋼板屋根材です。トタンやブリキといった今までの金属屋根材よりもはるかに錆びにくいながらも非常に軽量、そして耐久性に優れたガルバリウム鋼板屋根材は長期的に見て魅力的でしょう。しかし「熱が伝わりやすく暑くて寒そう」「雨音がうるさそう」とデメリットにフォーカスが...続きを読む

金属屋根に関するお客様の声一覧

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー