屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 最長15年の長期保証で屋根工事・屋根リフォーム後も安心できま.....

最長15年の長期保証で屋根工事・屋根リフォーム後も安心できます

街の屋根のやさんは充実の長期保証で皆様の安心をお守りします

 新築を建てた際、建物には保証が付いてくるのが一般的です。
大体、どこのハウスメーカーも似たりよったりの保証です。建物の構造物と雨漏りに関しては10年、その他の付帯部に関しては2年というところが多いのではないでしょうか?
 そして雨漏りの保証もメーカーによりますが大体は「室内の仕上げ面を汚染し室内に 至るまで」等と書かれています。
 取り方によっては雨漏りがしても室内に染みるまでは保証しませんよって捉えることもできますよね?
そうなんです、この保証ってものはとてもグレーな部分も多いのです。

一般的な新築の保証

 

リフォームの保証ってどうなっているの?

棟工事

 リフォームを請け負う会社は工務店、リフォーム会社、塗装屋さん、板金屋さんなど専門職の会社さんなどたくさんあります。地域の工務店さんや専門職の会社さん等は保証書を発行しないところが多いと思います。
 これは保証って概念が無いのです。決して無責任なわけではなく、うちがやる工事で雨漏りするはずがない!という部分と、もし漏ったら直ぐに来て直しますよ。という二つの意味合いが入っています。

 

 頼もしいといえば頼もしいのですが、雨漏りしてもうちのせいじゃないなんて言われたら一巻の終わりですよね。
 そういった意味でも保証とその内容は重要になってきます。
 保証の内容と年数を把握した上で適切に保証が受けられるのかを判断してください。

説明

 

街の屋根やさんでは明確な保証内容をご提示しています。もちろん保証書も発行いたします!

施工保証書 保証

 

 工事内容によって保証がつけられないような場合も最初の段階でお話をさせていただきます。ですから保証に関するトラブルは起きないような体制作りをしています。

※屋根工事の場合、保証は工事内容によって変わってきます。
また、建物の状態によっても一律に同じ保証をお付けできない場合もございます。

工事内容と施工保障

屋根工事の施工保証

■ 屋根葺き替え工事

下地(野地板)交換を含む葺き替え工事 施工保証 12~15

※お住まいの状態や施工方法、内容によって保証期間が異なりますが最長15年を保証します。

下地交換をしない場合の葺き替え工事 施工保証 10

■ 屋根カバー工事 施工保証 10

材料の施工保証

■ スーパーガルテクト ※補償対象となる海岸からの距離 500m以上

塗膜・赤錆 施工保証 15
穴あき 施工保証 25

■ 横暖ルーフきわみ ※補償対象となる海岸からの距離 5000m以上

塗膜 施工保証 10
赤錆 施工保証 15

■ 横暖ルーフプレミアムS  ※補償対象となる海岸からの距離 500m以上

変色・褐色 施工保証 20
塗膜 施工保証 20
赤錆 施工保証 20
穴あき 施工保証 20

■ ディプロマット

基材保証 施工保証 30

※基材ジンカリウム鋼板の錆による漏水・基材石粒の極端な褪色・基材石粒の極端な剥離を保証

 各メーカーによって材料ごとに保証内容や範囲が異なります。これはメーカーの保証をお付けするという意味でメーカーの保証に準じます。 

屋根塗装工事の施工保証

基本として施工保証は5~12年をお付けしています。

 屋根材の材料や状態によって保証期間は異なります。著しい傷みのある屋根材の場合は保証をお付けできない場合もございます。

保証内容について

 ここでいう保証とは当社施工箇所に関する瑕疵があった場合、再施工・補修に関わる費用は当社負担で行うものです。施工前に工事仕様をお客様と打合せ致します。その内容との齟齬があった場合にも保証の対象となります。
 お客様の建物の使用方法や天災などに起因する不具合は保証の対象外となる場合がございます。

詳しくはスタッフまでお気軽にお問合せ下さい

 

保証の対象外のもの

部分工事は保証の対象にはなりません。
 但し、工事後に漏水がある場合、無料調査と原因調査は無償で行います。

リフォーム瑕疵保険でダブルの安心

 保証制度がどんなに充実していても、会社が倒産してしまったら、それまでです。本来なら15年間続くはずだった長期保証も途中で強制終了してしまいます。
 街の屋根やさんでは万が一の時にもお客様に迷惑をかけたくないという思いから、リフォーム瑕疵保険に事業者登録しています。
 お客様がご希望であれば、工事の際に私たち街の屋根やさんがリフォーム瑕疵保険に加入いたします。

街の屋根やさんはすべての加盟店がリフォーム瑕疵保険登録業者です

 

お客様のご負担は増えてしまいますが、万が一の場合でも保証されますので安心です。詳しくはリフォーム瑕疵保険のご案内をご覧ください。

屋根工事に関するブログ一覧

2021/1/16 横浜市中区本牧元町にて築30年以上ノーメンテナンスのスレート屋根調査、隅棟の差し棟板金が外れており内部にある防水紙が傷んでおりました

    横浜市中区本牧元町にお住まいのK様より、とおりがかりの業者に屋根の何かが外れそうと指摘されて心配になり街の屋根やさんへ屋根のご相談を頂きました。  お話をお伺いしますと、とある日自宅横に坂道を下りてきた訪問業者より、屋根が見えたら何か板みたいな物が外れそうだと指摘を受けたそうです。自分でも坂道に行き屋根を確認したがどこがどう悪いのかがハッキリわからなく心...続きを読む

2021/1/14 横浜市金沢区鳥浜にて強風被害を受けた大波スレートが使われた倉庫の調査、ケラバ役物が破損しており交換が必要です

    とある運送会社様から倉庫が強風で破損してしまって今足場だけ急ぎ架けた状態、調査を依頼していた業者がすぐに見に来てくれないので街の屋根やさんで調査と施工をお願いできないか横浜市金沢区鳥浜にあります運送会社様よりご相談を頂きました。  配送センターや倉庫が多くある海沿いの立地で一年通して風が強い立地に現場がございました。すでに足場が架かっていた為にさっそく屋...続きを読む

2021/1/14 厚型スレートのメリット・デメリットとメンテナンス方法を知ろう

    厚型(厚形)スレートとは、名前の通り一般的なスレートに厚みをもたせた屋根材をいいます。そもそもスレートとは粘板岩を意味しており、古くはこれを屋根材として使用する上で薄く加工したものを用いていました。粘板岩は泥や粘土が高圧で変成されたもので、密度が高く水分を通しにくいことから屋根材に使われていたということです。  現在においてはスレートと言えばセメントを固...続きを読む

2020/12/17 横浜市戸塚区名瀬町にて経年劣化により下屋根棟板金が飛散、下地も腐食している時は棟板金交換工事を行いましょう

    とある日、帰宅してみたら玄関廻りに金属の板が落ちていたので、自宅の物かどうかもわからないが心配なので一度点検をしてほしいと、横浜市戸塚区名瀬町にお住まいのI様より街の屋根やさんへお問合せがございました。築20年以上経過し、塗装でのメンテナンスは一度行っているとの事でした。現地にてまずは金属の板がI様邸の物なのかどうかも含め、屋根点検調査を行いました。  ...続きを読む

2020/12/17 瓦工事をしたのはいつ?災害に強い瓦屋根にするガイドライン工法は年々改正されています

    何事も時代の流れとともに便利に強固に改良が重ねられていますよね?生活と密接に関係する携帯は特に目覚ましい進化を遂げていると皆さんも身を持って感じている事と思います。それと同時に実は建築の世界も日々進化を続け、より軽量でより強固な材料でより高耐久な住宅を建てられるようになってきています。昔から親しまれている瓦屋根も施工方法や使用材料は昔から変遷を続け、現在で...続きを読む

屋根工事に関するお客様の声一覧

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー

イオン銀行住宅ローン