屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 1回分の足場代費用が節約できる?足場のお得な有効活用方法

1回分の足場代費用が節約できる?足場のお得な有効活用方法

一度組んだ足場を有効活用!足場が必要なリフォームは一度にまとめて行いましょう

屋根など高所を工事する際にはどうしても必要となる足場

その費用は以外と高いんです【運送、組み立て、解体含めて】約15万円~約25万円

 結構な料金ですね。この価格を見ると「足場を掛けないで工事できないかなあ」と思う方もたくさんいらっしゃると思います。

 この価格を見ると「足場を掛けないで工事できないかなあ」と思いたくもなりますよね。
でも、考えても見てください。足元が不安定でしかも高所、そんな中でしっかりと屋根工事ができるでしょうか。
貴方の大事なお住まいです。安全に高品質な工事をしてもらいたいですよね。足場は高所で作業するためには必ず必要になるのです。
しかし、それでも「高い」と感じる方もいるでしょう。そんな貴方、足場を有効活用してみてはいかがですか。

お金と安全もどちらも大切だけど・・・

 

街の屋根やさんからのご提案、一度の足場で工事をまとめてお得に 通常 屋根カバー工法+足場 雨どい工事+足場 別々の工事でお願いすると、足場代が都度かかってしまいます でも!工事をまとめてお得にすると 屋根カバー工法+雨どい工事+足場代 必要な工事やメンテナンスを合わせて行うことで足場代を1回分節約、15万円~25万円お得になります!

 足場が必要な工事は屋根工事以外にもいろいろあります。そのリフォームをまとめて行ってしまうのです。
工事を2回に分けると、足場も2回架設しなければなりません。その工事をまとめてしまえば足場代が1回分、約15~20万円お得になるわけです。

足場が必要な屋根工事一覧

屋根葺き替え 屋根カバー工法 屋根塗装・外壁塗装 板金工事

 

雨樋工事 漆喰補修 屋根葺き直し 防水工事

 

軒天の張り替え その他高所での作業 高さ2mを超える場所での作業は足場などの作業床の設置が必要です

 

足場はほとんどの屋根リフォームで必要だからこそ、複数の工事をまとめたい

家計にやさしくお住まいのためにもなるご提案をいたします。

 建物の高さや屋根の形状にもよりますが、ほとんど屋根工事で足場が必要になります。例えば屋根塗装をしたら、外壁塗装も併せて行ってみてはいかがでしょうか。

 「以前の集中豪雨の時に雨樋が溢れそうになっていたから容量の大きいもの変えたい」なんて方は他の工事雨樋交換をセットにしてもいいかもしれません。「軒天が傷んできた」と感じている方は軒天の張替えもお薦めです。

また「工事をまとめて行いたいけど、どれを組み合わせたらベストなのか分からない」という方もいると思います。そんな方はぜひ、ご相談ください。 街の屋根やさんがプロの視点でお住まいのために必要な工事を厳選します。

 

足場のことをもっと聞きたい。お客様とのQ&A

Q

足場が借りられる日数と延長料金について

 

複数の工事を行いたいので結構な日数がかかりそうで心配です。足場って、いつまで借りていられるのでしょうか?また延長料金についても教えてください。

A

ご安心下さい。足場の料金は期間の長短に関係なく一律です。

 

 街の屋根やさんでは足場の料金は期間の長短に関係なく一律です。
複数の工事を行いたい方は事前におっしゃっていただければ、余裕を持って工程をお組みしますので、長く設置しておいて損ということはありません!

 前述したとおり、足場の料金の内訳は運搬・組み立て・解体・借りている期間の料金です。
足場自体は工事現場で何回も使用されます。足場の料金の多くは組み立てと解体の運搬費も含めた人件費で占められています。現場に設置されている期間は組み立ても解体もしませんので、人件費もかかりません。
長期間、借りていたとしても料金は一律なのです。

足場料金の内訳、そのほとんどが人手のかかる人件費なのです
 

足場に関する施工事例一覧

横浜市港北区小机町にて急勾配屋根に屋根足場を組んでの棟板金交換、屋根塗装工事

【施工内容】

【使用材料】
棟板金:ガルバリウム鋼板     屋根塗装:ファインパーフェクトベスト


足場に関するブログ一覧

2020/9/30 破風板の役割と補修回数を減らすためのメンテナンス方法をご紹介

    お住まいのリフォームにあたって「ここって何て説明すれば良いの?」と思う部位があると思います。インターネットで調べてみても「あれ?呼び方違う」という事も…  私たち街の屋根やさんへお問い合わせをする際には「雨漏りが」「台風で破損」等状況を話していただければ調査時に原因を特定し説明をさせていただくのですが、あらかじめその部位を知りメンテナンス方法を知っておき...続きを読む

2020/9/29 逗子市久木で陥没した屋根の調査、屋根を構築している下地から替える必要がありました

    逗子市久木にお住いになられているY様より「天井から雨漏りしている」とお困りのご相談がございました。雨が降ると天井の端から雨水が漏れてくるそうです。お伺いしてみると、この日は雨が降っておりませんでしたが、天井の端が黒くなっており確かに天井に雨水が流れ出している形跡がございました。逗子市久木Y様のお宅の屋根は梯子で上がれる環境ではございませんでしたので、足場を...続きを読む

2020/9/9 昔ながらの茅葺き屋根を徹底解明!茅葺き屋根の特徴やトタンでのカバー工事実例紹介

    茅葺き屋根は茅を屋根材として葺いた屋根を言います。今ではほとんど見る機会がなく、寺社仏閣といった100年以上も前の重要文化財に指定されるような建物ばかりでしょう。もともと、日本古来の屋根工法である茅葺きですが、長い時間をかけて現在のような瓦、トタンなどの金属、さらにはスレートというかたちで現在に至っています。  最近では茅葺き屋根の古民家を改装し、おし...続きを読む

2020/9/8 竪樋とはなんだろう?竪樋の機能や素材、メンテナンス方法をご紹介

   竪樋(たてどい)とは屋根に降った雨を地上までスムーズに排水するための設備である雨樋、その中でも縦方向に地上に流すための配管を竪樋といいます。竪樋と検索すると、竪樋もしくは縦樋(たてどい)と同じ呼び名であっても違う漢字で表記されている記事がヒットしますが、どちらも同じものを指します。 雨樋は様々なパーツから構成されていますが、その中でもこのページでは竪樋に...続きを読む

2020/9/8 瓦のずれを防止するラバーロック工法の注意点と正しい施工方法を知りましょう

    昔ながらの瓦を使用しているお住まいの方で「以前は強風でもこれほどずれることが無かったのに…」と思った経験はございませんか?瓦は1枚単体でも交換できるように釘止めされていないお住まいもございますが、瓦の凹凸部分をかみ合わせるように取り付けていることから風が吹いてもずれにくい設計になっています。塗装が必要ない瓦は漆喰やずれを補修していれば長く使用できますが、瓦...続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー