屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

HOME > 屋根お役立ち情報

屋根お役立ち情報

屋根のメンテナンスがなぜ必要なの?

屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。 頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして 必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、 屋根そのものの寿命を延ばすことができます春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで 屋根は徐々に痛んできています「うちは大丈夫・・・」 いえいえ決してそんなことはありません少しでもご心配があればまずは無料点検を受けてください『街の屋根やさん』は年間600~700件のお住まいを点検していますが 本当に工事が必要と判断し、実際に工事を引き受けるお宅は200件程です。 『街の屋根やさん』TOPに戻る

メンテナンスのタイミングとは?

屋根単体でのリフォームは、雨漏りがなければ基本的に必要ありません。 但し、年中日ざらし・雨ざらしの屋根 ですから定期的な点検はしておきましょう。 コロニアルの屋根ですと10年に1度位の頻度で板金の釘の打ち直し下地の防水シートの劣化や下地材の点検をするようにしましょう。 瓦屋根の場合は漆喰(しっくい)が剥がれ落ちたり瓦がずれたりしている場合は要注意です。 軽度の症状でしたら比較的早期にメンテナンスしてあげて下さい。 不具合があればすぐに手入れをする ことで、屋根の寿命が延び非常に経済的です。

点検診断中500.jpg

『街の屋根やさん』TOPに戻る

出来るだけ経済的なリフォームをするには?

屋根のリフォームをする場合に足場を架ける場合と、足場が必要でない場合があります。 コロニアル屋根の板金の補修や釘の打直し等には通常足場は必要ありません。 瓦屋根の漆喰詰めなおし工事や棟瓦の積み直し等も足場が要らないケースが多いと 思います。 ところが、屋根全体を塗装したり葺き替えたりした場合は殆どのケースで足場が必要です。 その場合は屋根単体の工事よりは、「雨樋の掃除」「軒天の塗装」「外壁リフォーム」などと 一緒にリフォームしたほうが経済的にも無駄が省けますまた、一般的にはそんなに知られていませんが 屋根の修理には火災保険が適用できるケースが多くあります。 まずはお気軽にご相談ください。 お問い合わせはコチラから ⇒info@shartech.co.jp

『街の屋根やさん』TOPに戻る

会社選びのポイントです

もしもご自宅の屋根の状態が気になったら・・・ まずは「現状の分析」が一番大切です。 リフォームやメンテナンスの必要があるのか?? もしリフォームが必要な場合は、以下のポイントに気をつければ安心です。
70001228_T2.jpg
『街の屋根やさん』TOPに戻る

リフォーム 6つのポイント

屋根のメンテナンスがなぜ必要なの? ①地元で長く営業をしている会社を選ぶ せっかく工事を頼んでも、遠方から作業に来ると当然工事金額が高くなります。 また、施工後のアフターサービスも心配になってきますよね。 長くその地域で営業をしていると言うことは、地元の信用があ る会社と判断してよいと思います。 万が一施工後に何かあっても、すぐに駆けつけてくれるのは地元の会社でしょう。   ②施工の事例を見せてもらう リフォームを依頼しようとしている会社が、信頼できるかどうかの判断材料の一つは、 その会社が過去に手がけた施工例を快く見せてくれるかどうかです。 実際に施工例を見てみて、施工の善し悪しなどを確認してみましょう。 出来ればその会社ですでにリフォームを行った方に評判や感想を聞いて見ましょう。 良い会社ならばそういった施工事例を見せてくれるはずです。   ③担当者との相性 良い会社を探すことは、良い担当者を探すことです。 まずはあなたの家の屋根の状態を的確に正しく伝えてくれる担当者であることです。 美観だけを求めて多額のリフォームをすることは正直あまりお勧めできません。 屋根の役割とは、家全体を日差しや、雨風、雪から守り換気が出来る機能を持っている事です。 あなたの希望に対し誠実に必要なリフォームの提案をしてくれる担当者であれば安心です。 費用の事、工期の事、近隣対策の事。また、アフターサービスまで全てを考えて 「この人なら大丈夫」と思える担当者を見つけましょう。 また、リフォームといってもお客さまの様々な悩みをや考えを聞いて、現状を把握し、 トータルして「何が最善の解決策か?」が判らなければ お客さまの悩みを解決する良い提案は生まれてきません。 時間をかけて、丁寧に話を聞いてくれる担当者ならばきっと満足できるでしょう。   ④広告の価格だけで判断しない 新聞広告やインターネット。比較できる情報は入手しやすい時代になりました。 ついつい安さに惹かれて電話をすると・・「足場代は別途」とか「キャンペーン終了」とか リフォームの値段は業者のやりくりの仕方でどうにでもなるものです。 広告をみてつい値段が気になることでしょうが、値段はあくまで数ある判断基準の内の1つです。 逆に安さだけを売りにしている業者は、工事の品質が心配です。 工事内容や材料費・作業費を出来るだけ明確にしてくれる会社を選びましょう。   ⑤「飛び込み」の会社にご注意!! ある日突然作業服を着たリフォーム会社の社員が現れ・・ 「このままだと雨漏りがする」とか「すぐに工事をやったほうが良い」 とお客様の不安をあおる会社がいるようです。 残念な事に最近はこのような会社が多くリフォーム業界全体が抱える問題となっています。 このような会社は殆どが地元で営業をしていません。 まずはリフォームする必要があるのかを冷静になって考え もし心配であれば、地元の会社に屋根の点検をしてもらいましょう。   ⑥値引きばかりをちらつかせる業者にご注意!! 家は一軒一軒異なるものですから、見積りもその家によって変わります。 それは、「お客様にとって必要なもの」「お客様にとって価値があるもの」が それぞれ異なるからです。 お客様にとって最高の提案をしたはずの「お見積書」のはずなのに 「今だけ~○○円値引きします」 「お客様だけ○○円引きますから!」 こんな会社は当初からの見積の精度を疑ってしまいます。 見積書の内容を正しく誠意を持って説明してくれる会社を選びましょう。

『街の屋根やさん』TOPに戻る

お問い合わせバナー