屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 屋根裏・天井裏・小屋裏の違いとは?すぐにわかる構造と役割

屋根裏・天井裏・小屋裏の違いとは?すぐにわかる構造と役割

 小屋裏、屋根裏や天井裏などという言葉を耳にすることがあると思います。これの違いってなんでしょう?実はみんな同じ空間を指しています。
お住まいの天井と屋根の下(野地板)の間にある空間のことを指しています。
屋根の裏側だから屋根裏、天井の裏側だから天井裏、建物を小屋と見立てて小屋の見えない部分だから小屋裏、結局は同じところを指しているのにややこしいですね。
ここでは統一して小屋裏と呼ぶことにいたします。

小屋裏・屋根裏どう違う?実は同じ空間を指しています。屋根裏・小屋裏を解説します。

 

屋根の勾配によって小屋裏の広さが変わります。傾斜がきついと小屋裏は広く、傾斜がゆるやかだと小屋裏は狭く

 小屋裏、建物の形状にもよりますが屋根の勾配(傾斜)が急であればあるほど広い空間になります。
ログハウスなどは屋根が急ですがこういった建物は天井がない場合も多くその場合は小屋裏は存在しないことになりますね。

収納スペースやロフトなど使い方は様々

 この小屋裏、は時として収納スペースを作っていらっしゃる家もあったり、「ロフト」と称してお部屋にしているお住まいも見受けられます。

 

小屋裏の持つ本当の意味とは?

2階の部屋が暑いメカニズム

 実は部屋の暑さなどに重要な意味を持っているのがこの小屋裏なのです。
屋根が受けた太陽の熱は小屋裏の空気を暖めていきます。この熱気が室内に伝わりお部屋の中は暑くなっていくのです。
2階の部屋が暑いというのは実はこの小屋裏の空気に問題があるのです。

太陽の熱 小屋裏で温められた空気 室内で太陽の熱にあたためられた空気が室内に伝わる

 

結露が発生するメカニズム

冬の冷気で結露が発生、室内の熱気と湿気を帯びた暖気が空気の流れで上へ小屋裏では温度差ができる

そして最近の屋根材に見られるのが結露の問題です。

 野地板、防水紙、その上は屋根材と密着した作りになっています。 屋根材の外側と小屋裏の温度差が多いと内部に結露が発生する恐れがあります。

 この夏の暑さや冬の結露、この原因は小屋裏の換気が十分にされていないから起きる場合がほとんどなのです。

 

小屋裏の換気ってどうしているのでしょう?

 実は大体のお住まいにはついているのです。屋根と壁で屋根が出っ張った部分の裏側、軒裏天井と言いますがそこに穴の空いた部分(有孔板といいます)がないでしょうか?
あるいは天井裏と思われる部分の壁にスリットの入った飾りや穴のような部分(ガラリといいます)がありませんか?
実はその部分で小屋裏の空気を対流させて熱気や湿気を逃がしているのです。
夏に暑く、冬場に湿気があるお住まいはもしかするとこの小屋裏換気がうまくいっていない可能性があります。

有孔板、ガラリ

 
換気棟のイメージ

 コロニアル屋根や金属屋根の場合、棟板金に換気装置の付いた(もちろん雨は入らず空気の出入りだけができるものです)換気棟というものもあります。これをつけることで有孔板やガラリと高さが違うのでより空気の対流が良くなり効果を発揮します。

 小屋裏に収納を作ることも有効利用として良いのですが暑さや湿気の対策は建物を長く持たせる上で重要です。

 

屋根裏に関するブログ一覧

2020/10/23 大和市大和南にて強風により棟板金と下地木である貫板が飛散しており早急な棟板金交換工事が必要な状況でした

    大和市大和南にお住まいのK様より、最近の台風や強風時だと思うが屋根から木材が落ちて庭先に置いてある。自宅の物かどうかも分からない状態なので一度屋根調査をして、もし自宅の物であれば修理を依頼したいとのご相談を頂きました。  K様邸は築20年以上経過されておりましたが、今までに足場を架けての外装リフォームはされた事がないとの事でした。この機会に必要な修繕があ...続きを読む

2020/9/9 昔ながらの茅葺き屋根を徹底解明!茅葺き屋根の特徴やトタンでのカバー工事実例紹介

    茅葺き屋根は茅を屋根材として葺いた屋根を言います。今ではほとんど見る機会がなく、寺社仏閣といった100年以上も前の重要文化財に指定されるような建物ばかりでしょう。もともと、日本古来の屋根工法である茅葺きですが、長い時間をかけて現在のような瓦、トタンなどの金属、さらにはスレートというかたちで現在に至っています。  最近では茅葺き屋根の古民家を改装し、おし...続きを読む

2020/9/1 木造住宅の屋根構造とお住まいに使用できる屋根材を確認し後悔のない屋根リフォームを行いましょう

    屋根リフォームを行う際、重要視されているのが「どの屋根材にしようか」「費用が安いほうが良い」等かと思います。もちろんそれこそが今後も長く生活するためには必要なことです。  しかし補修費用や使用できる屋根材はその下地の状態や構造の問題からある程度は限定されます。そのため安く仕上げたいといっても下地の補修を兼ねると高くなってしまう、瓦を使用したいのに構造上の...続きを読む

2020/8/28 横浜市鶴見区寺谷にて令和元年東日本台風の影響でS型の三州瓦、ケラバ役物が庭先に落下しており早急な修繕が必要な状況でした

    庭におそらく屋根の部材と思われる物が落ちているので屋根の調査をしてほしいと、横浜市鶴見区寺谷にお住まいのK様よりご相談を頂きました。台風の影響かは確定できませんが、その後に落ちてきたそうです。K様邸は擁壁の上に建てられており、一階がガレージになっておりました。不幸中の幸いでお車に被害はなかったそうです。  では落下した屋根の部材は何か、またどこから落下し...続きを読む

2020/8/19 屋根裏換気で過ごしやすいお住いに!夏の暑さ軽減と結露対策

   屋根裏換気とは、名前の通り屋根裏を換気することです。実はお住いの中でも特に屋根裏は湿気や熱気がこもりやすい箇所で、ここを効率的に換気することで建物自体を長持ちさせたり、さらにはお部屋の温度上昇も和らげるため過ごしやすくなります。 このページでは屋根裏換気の利点だけでなく、換気システムやどんな方におすすめかなどをご紹介いたします。 目次【...続きを読む

屋根裏に関するお客様の声一覧

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー

イオン銀行住宅ローン