屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 屋根裏・天井裏・小屋裏の違いとは?すぐにわかる構造と役割

屋根裏・天井裏・小屋裏の違いとは?すぐにわかる構造と役割

 小屋裏、屋根裏や天井裏などという言葉を耳にすることがあると思います。これの違いってなんでしょう?実はみんな同じ空間を指しています。
お住まいの天井と屋根の下(野地板)の間にある空間のことを指しています。
屋根の裏側だから屋根裏、天井の裏側だから天井裏、建物を小屋と見立てて小屋の見えない部分だから小屋裏、結局は同じところを指しているのにややこしいですね。
ここでは統一して小屋裏と呼ぶことにいたします。

小屋裏・屋根裏どう違う?実は同じ空間を指しています。屋根裏・小屋裏を解説します。

 

屋根の勾配によって小屋裏の広さが変わります。傾斜がきついと小屋裏は広く、傾斜がゆるやかだと小屋裏は狭く

 小屋裏、建物の形状にもよりますが屋根の勾配(傾斜)が急であればあるほど広い空間になります。
ログハウスなどは屋根が急ですがこういった建物は天井がない場合も多くその場合は小屋裏は存在しないことになりますね。

収納スペースやロフトなど使い方は様々

 この小屋裏、は時として収納スペースを作っていらっしゃる家もあったり、「ロフト」と称してお部屋にしているお住まいも見受けられます。

 

小屋裏の持つ本当の意味とは?

2階の部屋が暑いメカニズム

 実は部屋の暑さなどに重要な意味を持っているのがこの小屋裏なのです。
屋根が受けた太陽の熱は小屋裏の空気を暖めていきます。この熱気が室内に伝わりお部屋の中は暑くなっていくのです。
2階の部屋が暑いというのは実はこの小屋裏の空気に問題があるのです。

太陽の熱 小屋裏で温められた空気 室内で太陽の熱にあたためられた空気が室内に伝わる

 

結露が発生するメカニズム

冬の冷気で結露が発生、室内の熱気と湿気を帯びた暖気が空気の流れで上へ小屋裏では温度差ができる

そして最近の屋根材に見られるのが結露の問題です。

 野地板、防水紙、その上は屋根材と密着した作りになっています。 屋根材の外側と小屋裏の温度差が多いと内部に結露が発生する恐れがあります。

 この夏の暑さや冬の結露、この原因は小屋裏の換気が十分にされていないから起きる場合がほとんどなのです。

 

小屋裏の換気ってどうしているのでしょう?

 実は大体のお住まいにはついているのです。屋根と壁で屋根が出っ張った部分の裏側、軒裏天井と言いますがそこに穴の空いた部分(有孔板といいます)がないでしょうか?
あるいは天井裏と思われる部分の壁にスリットの入った飾りや穴のような部分(ガラリといいます)がありませんか?
実はその部分で小屋裏の空気を対流させて熱気や湿気を逃がしているのです。
夏に暑く、冬場に湿気があるお住まいはもしかするとこの小屋裏換気がうまくいっていない可能性があります。

有孔板、ガラリ

 
換気棟のイメージ

 コロニアル屋根や金属屋根の場合、棟板金に換気装置の付いた(もちろん雨は入らず空気の出入りだけができるものです)換気棟というものもあります。これをつけることで有孔板やガラリと高さが違うのでより空気の対流が良くなり効果を発揮します。

 小屋裏に収納を作ることも有効利用として良いのですが暑さや湿気の対策は建物を長く持たせる上で重要です。

 

屋根裏に関するブログ一覧

2021/1/23 和小屋?洋小屋?屋根を支える小屋組の構造と特徴についてご紹介

    屋根の構造として欠かせない小屋組ですが、実は和小屋と洋小屋があります。言葉を聞いてわかると思いますが、和小屋が日本の伝統的な小屋組みに対し、洋小屋は欧米の住宅構造から取り入れた小屋組みになります。小屋組みに大きな差はないと思われがちですが、構成自体が違う為得意な場面がわかれます。そこで今回はまず小屋組みに関するおさらいと和小屋・洋小屋の違い、特徴をご紹介い...続きを読む

2020/12/28 横浜市旭区川井本町にて瓦屋根の調査、漆喰が劣化し剥がれると棟が歪んでしまい雨漏りに繋がりますので棟取り直し工事をしておきましょう

    屋根の上から白い塊が落ちてきているので、一度屋根を見てほしいと横浜市旭区川井本町にお住まいのM様より屋根のご相談を頂きました。お話を伺いますとM様邸は築35年程経過しており、今まで瓦だから何もしなくても大丈夫だろうと一度もメンテナンスをしたことがなかったようです。さっそく現地に伺い屋根の点検調査をさせて頂きました。   街の屋根やさんでは現在...続きを読む

2020/12/26 横浜市港南区大久保にてスレート屋根調査、雨漏りが軒先の鼻隠し板を腐食させてしまっておりました

    築30年近く経過し、一度もメンテナンスされていないという横浜市港南区大久保にお住まいのS様より、屋根に関してご相談を頂きました。普段はご両親がお住まいになられているS様のご実家でして、ご依頼されたS様は離れた所にお住まいになられております。月に何度かご実家に訪れるようです。その時に庭先に何やら屋根の破片の様な物や木くずが落ちている事が気になり、ひょっとした...続きを読む

2020/12/18 横浜市旭区中白根にて築30年以上経過したスレート葺き屋根から雨漏り、原因は屋根塗装工事の施工不良にありました

    屋根を塗装してまだ10年も経っていないが、なぜか雨漏りしているとの事で横浜市旭区中白根にお住まいのK様より、雨漏りに関してのご相談を頂きました。お話を伺いますと、K様邸は築30年以上で、今までに定期的にお住まいのメンテナンスはされてきたそうです。しかし、前回塗装でのメンテナンスを行って数年後から室内にカビの臭いがするようになっていたとの事です。それでは現地...続きを読む

2020/12/15 お住まいと健康を考える3種類の断熱材と断熱塗料ガイナについてのご紹介

    かつての住宅と較べ現代のお住まいは住みやすくなった、そう思われる方は多いのではないでしょうか?設備はもちろんのこと、どうしても隙間風が気になっていたという方も建て替え後は気にならないと思います。それもそのはず、現代は高気密・高断熱住宅と呼ばれ、換気設備はあるものの無駄な隙間は存在しない仕上がりになっているからです。そのような仕様にするには外壁だけでなく屋根...続きを読む

屋根裏に関するお客様の声一覧

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー

イオン銀行住宅ローン