屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/20更新】

  台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

HOME > 横浜市神奈川区で屋根工事・雨漏り修理なら『街の屋根やさん』

横浜市神奈川区で屋根工事・雨漏り修理なら『街の屋根やさん』

私たち『街の屋根やさん 横浜店』は神奈川県全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です! もちろん横浜市神奈川区も対応エリア内ですので、お気軽にご相談下さい!

各種屋根工事メニュー

街の屋根やさんでは上記の工事を取り扱っております。

工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。 また、相談・点検・お見積りは無料で承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい!

横浜市神奈川区限定!お得な屋根工事キャンペーン実施中!

地震に強い屋根へ

現在街の屋根やさんでは重量の重い瓦から金属屋根材への葺替えによる耐震対策キャンペーン を実施しております!

街の屋根やさん横浜 神奈川区お問い合わせ

横浜市神奈川区の施工事例

横浜市神奈川区にお住まいの中島様邸 工事の様子 【工事前後】

神奈川区 板金交換工事前 【Before】

神奈川区 板金交換工事後 【After】

台風で板金の一部が飛んでしまわれたという事でお問い合わせを頂きました。 飛んでしまわれた板金は破損されていたので、板金部分の交換工事をご依頼頂きました! 【点検時の様子】

神奈川区 屋根点検1

神奈川区 屋根点検2

台風で板金が飛ばされてしまっております。 心木は片方が折れており、飛ばされた板金も曲がってしまっていたため、心木・板金の交換工事をご依頼頂きました。 【棟板金交換工事の流れ】

神奈川区 棟板金撤去 まずは既存の板金を撤去していきます。 今見えているのが板金の下にある、「心木」という部分です。

神奈川区 心木撤去 今回はこちらの心木も交換するので、こちらも撤去していきます。

神奈川区 樹脂製心木設置 続いて新規の心木を設置していきます。 今回は樹脂製の心木に交換致しました!

神奈川区 樹脂製心木のメリット 樹脂製の心木のメリットは、木製の心木と違い、腐食による劣化がない事です!

神奈川区 新規板金設置 完工 新規心木の上から、新しい板金を設置して、今回の工事は完工です!

横浜市神奈川区と近隣地区の施工事例のご紹介


横浜市神奈川区

横浜市神奈川区
足場

横浜市神奈川区
破風板板金巻き工事

その他の施工事例一覧→

横浜市神奈川区と近隣地区の現場ブログ

2018/11/5 横浜市神奈川区で賃貸物件のオーナー様より錆びてしまった屋根改修のご相談
横浜市神奈川区で賃貸物件のオーナー様より錆びてしまった屋根改修のご相談

   あと数年もたせるだけでいいとのご相談を賃貸物件オーナー様より承りましたので立会いの上調査致しました。 屋根外壁総トタンで出来ているこちらの物件は既に築50年が経過。さすがに建て替えの時期とはわかってはいるが、今ご入居されている方が住んでいただくのに最低限困らない様な施工はないかとのことです。 一階は部分的には新しくトタンを張り替えているようでしたが、屋根や他外壁は手...続きを読む

2018/11/2 横浜市神奈川区で台風による雨樋の破損、部分交換でも足場の設置は必要です
横浜市神奈川区で台風による雨樋の破損、部分交換でも足場の設置は必要です

   本日は横浜市神奈川区のH様宅の雨樋調査に伺ってまいりました、。H様宅では先月の台風の影響で雨樋の一部が外れ、落下する被害がございました。築は6年程で以前にも同じ箇所が外れる被害があったそうです。当初は施工店に簡易的に補修を行ってもたったそうですが、また同じ箇所での被害との事もあり、今回は火災保険を適用し、新たに設置し直してほしいとの要望です。 「部分交換でも足場の設置は必...続きを読む

2018/10/28 横浜市神奈川区にて台風によるアルミ製シームレス雨樋の破損調査
横浜市神奈川区にて台風によるアルミ製シームレス雨樋の破損調査

   本日は横浜市神奈川区にお住いのA様より、「台風の影響で雨樋が折れてぶら下った状態なので対処をしてほしい」とのご相談を頂きました。A様宅の雨樋(軒樋)は、つなぎ目なしのシームレスタイプです。強風で外れてしまったが、飛ばされはせず、途中で折れてぶら下った状態のままです。飛散は免れたものの、風が吹くとぶら下った樋が外壁に当たり、音がすごいとの事です。そこで簡易的に固定をした様ですが、...続きを読む

2018/10/20 横浜市神奈川区で築15年のスレート屋根を調査、屋根材に層間剥離を確認
横浜市神奈川区で築15年のスレート屋根を調査、屋根材に層間剥離を確認

   本日は横浜市神奈川区にお住まいのS様より、「高台からの確認で、屋根材表面の劣化が著しいので調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。S様宅は築15年、周辺ではS様より前に建てられた建物もいくつかあるのですが、その建物と比べてもご自宅の建物の屋根の劣化状況が著しく目立つそうです。また、ここ最近の強風などの影響で、屋根材表面の一部らしきモノが飛散していることに気付き、原因究明と早期...続きを読む

2018/10/4 横浜市神奈川区でセメント瓦の調査、セメント瓦は各メーカー生産が終了し同じ瓦がありません
横浜市神奈川区でセメント瓦の調査、セメント瓦は各メーカー生産が終了し同じ瓦がありません

   瓦の種類はたくさんあります。外から見ると同じように見えますが、サイズや形状が違うことが非常に多いのです。瓦が割れてしまった場合、基本的に同じ瓦じゃないと交換することが難しいのです。瓦の種類の中にはセメントを形成して造られたセメント瓦という種類のものがありますが、このセメント瓦はすでに各メーカーが生産を終了しており、割れた場合に同じ瓦がないという状態になっております。横浜市神奈川...続きを読む

2018/09/23 横浜市神奈川区の現場では棟板金が飛散し二次被害が起きる前にビスで補強
横浜市神奈川区の現場では棟板金が飛散し二次被害が起きる前にビスで補強

   本日は神奈川区S様宅の現場より、工事依頼を頂く前の現場調査時に分かっていた棟板金の浮きを解消すべく、ビスで補強致しましたので、その様子をご紹介いたします。 【板金の捲れや飛散の様子】 こちらは経年で板金も含め屋根全体が傷んでいた今回ご紹介する現場とは別のお宅ですが、台風被害によりこのように棟板金が捲れて裏返っています。 固定するための釘が抜けかかって浮いていた...続きを読む

2018/09/6 横浜市神奈川区で台風被害、消えた鼻隠し(はなかくし)と雨樋エスロンE70の調査
横浜市神奈川区で台風被害、消えた鼻隠し(はなかくし)と雨樋エスロンE70の調査

   本日は台風21号によって雨樋が外れてしまったとの事がきっかけでお問合せを頂きました横浜市神奈川区のお宅に調査に参りました。 今回の台風の影響は凄まじく、様々なところに爪痕を残していきました。 お客様から、お電話口では雨樋を支える金具が外れているだけだから金具を打ち直しすればいけるんじゃないかと言われてましたが、現地に着いたらそうではありませんでした。 【欠けた、と...続きを読む

2018/08/17 横浜市神奈川区にて、玄関廻りの擁壁笠木にガルバリウム鋼板を使ったカバー工事を行いました
横浜市神奈川区にて、玄関廻りの擁壁笠木にガルバリウム鋼板を使ったカバー工事を行いました

   本日は横浜市神奈川区S様宅で行いました、擁壁笠木のカバー工事の様子をお伝えいたします。S様宅の擁壁にはステンレス製の笠木が施工されております。築は20年程で、笠木に関しては当時のまま、点検やメンテナンスは行ったことが無いとの事でした。先月、その笠木の角部分にトラックの荷台がぶつかり、部分的な修理を行ったのですが、その際、下地の木部の劣化が窺え、全体的にメンテナンスが必要な旨をお...続きを読む

2018/05/23 駐車場やベランダのルーフを直すならお早めに|横浜市神奈川区
駐車場やベランダのルーフを直すならお早めに|横浜市神奈川区

   屋根はご自宅以外にも、駐車場やベランダにあるお宅があります。駐車場やベランダに使用されている屋根は、ルーフなど呼ばれております。駐車場に設置されているルーフは、紫外線から車を守ったり、風による飛散物などから守ったりするために設置されているようです。ベランダに設置されているルーフは、多少の雨であってもお洗濯物を干せたりとベランダをより有効に活用することが可能です。しかし、長い年月...続きを読む

2018/04/23 横浜市神奈川区|擁壁笠木の部分修理を行いました
横浜市神奈川区|擁壁笠木の部分修理を行いました

   本日は横浜市神奈川区のS様宅で行いました、擁壁笠木修理工事の様子をお伝えいたします。先日、S様宅の擁壁にトラック(軽く擦った程度に)ぶつかり、笠木部分を壊してしまった様で、壊れた部分の復旧工事のご依頼を頂きました。擦った箇所は笠木部分の角になります。 被せてあったステンレスが下地ごと剥がれております。よく見ると、下地の木が腐食しているのが確認できます。20年ほど...続きを読む

2018/03/16 横浜市神奈川区|屋根材のひび割れ・補修方法、処置の仕方
横浜市神奈川区|屋根材のひび割れ・補修方法、処置の仕方

   本日は横浜市神奈川区にお住まいのF様より、屋根外壁塗装に関する調査のご依頼を頂きました。F様宅は築10年、ご近所も同じ時期に建てられた建物が多く、ここ最近になって周りで塗装や建物に関するメンテナンス工事が目に付くようになり、F様もこの期に点検を行い、建物全体の塗装をお考えになったとの事です。 F様宅の外壁はモルタル仕上げになっております。モルタル外壁は、おおよそ...続きを読む

その他の現場ブログ→

実際に施工したお客様の声

横浜市神奈川区 屋根工事 お客様の声01

屋根カバー工事・屋根塗装工事 オオタケ様工事が終わって一言
屋根と外壁の色の組み合わせがよく、濃い目の色にしたが、
仕上がりも素晴らしいと思いました。

担当営業に一言
施工前に色々な質問・注文にも丁ねいに対応して頂き助かりました。アドバイスも的確だった。
工事前の不安はありましたか
仕上がり・色調の2つに不安があったが、アドバイスが良い。
いい判断が出来た。
シェアテックへの要望・感想など
これからもお世話になることもあるかと思います。

横浜市神奈川区 屋根工事 お客様の声02

ガレージ屋根葺き替え工事 田村様工事が終わって一言
大変良く仕上がっております。

担当営業に一言
大変親切に対応していただきました。
工事前の不安はありましたか
特にありません 期待どおりです。
シェアテックへの要望・感想など
今後もケアーの程宜しくお願いします。

横浜市神奈川区 屋根工事 お客様の声03

瓦屋根棟取り直し工事 川村様工事が終わって一言
思っていたよりも地震の被害が大きかったことに驚きました。

担当営業に一言
丁寧に仕事をして頂き、安心しました。
工事前の不安はありましたか
迅速かつ誠実な対応をして頂き感謝しております。
シェアテックへの要望・感想など
今後ともどうぞ宜しくお願いします。

横浜市神奈川区 屋根工事 その他のお客様

各種屋根工事メニュー

横浜市神奈川区 屋根工事 施工前01

横浜市神奈川区 屋根工事 施工後01

屋根塗装工事 T様

横浜市神奈川区 屋根工事 施工前01

横浜市神奈川区 屋根工事 施工後02

瓦屋根漆喰工事 益子様

横浜市神奈川区 屋根工事 施工前03

横浜市神奈川区 屋根工事 施工後03

屋根葺き替え工事 安永様

横浜市神奈川区 屋根工事

横浜市神奈川区 屋根工事 不安な事

そんな皆様のお悩み、私たちが解決致します!

横浜市神奈川区 屋根工事 親切NO.1

私たち『街の屋根やさん』は屋根工事に関する不安やお悩み、 ご質問などに真剣にお応え致します! 少しでも不安に思うことや、心配なこと、ご質問等あれば お気軽にお問合せ下さい!

施工実績2,500棟の経験をもつ専門スタッフが誠意をもって 対応致します!相談・点検・お見積は無料です! 私たちはお客様の悩みを解決し、より楽しく、より快適なリフォームになるよう心がけると共に、最新の設備や部材・塗料による高品質な施工を 行い、厳正な施工基準に基づいた工程管理によるお客様の最高の満足をご提供する事をお約束いたします!

横浜市神奈川区 屋根工事 親切NO.1 お問い合わせ

お住まいの地域情報

「神奈川」の由来には諸説ありますが、過去によく知られているものは、いずれも民間語源説です。 これらは非科学的で地名語源としては認められないとの意見もあります。 昔、神奈川宿の西の町と仲の町の間に小川がありました。 その川は水源が解らないので、上(かみ)がない川、上無川(かみなしがわ)と呼ばれていた。 いつからか、文字が脱落して「かな川」と呼ぶようになり、これは江戸期の文人が、江戸の品川を下無川、神奈川を上無川とペア地名と見たもので、いわゆる民間語源説である。言語的にも「かみなし」が「かな」となったとするのは無理があり、東海道を歩いた文人が庶民から聞いて広めた俗語源というべきもの。 日本武尊が東方へ赴く際、上無川で船出の用意をしてました。日本武尊が船に乗る時、倭姫命に貰った宝剣が水面に映り、金色に輝いたので、この地を金川(かながわ)と名付け、それから長い月日が流れ、源頼朝がこの地を訪れた時、金川の風光を賞し、「金は西の方角を司ると言われています。 西は上にあたり、皇城の方角でもあります。 「ここは神が大いに示す地である。」と言い、大いに示すを「奈」の字とし、金川から「神奈川」となったというもの。 これも典型的な地名伝説であり、ほとんど文字遊びの域を出ず、地名の学問的な由来としては認められないようです。

お問い合わせバナー