屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > こんな症状でていませんか?お住まいが教えてくれる屋根補修の時.....

こんな症状でていませんか?お住まいが教えてくれる屋根補修の時期

こんな症状でていたら屋根補修のサイン!専門業者に点検してもらいましょう 屋根材別、お住まいからのサインをご紹介

 お住まいの屋根などがメンテナンスの時期にさしかかりますと、さまざまなサインを出して私たちに教えてくれます。しかし、このサイン、軽微なものだとついつい見逃してしまいがちですし、初期症状では判断できないことも多かったり、ましてや屋根の上だと気付かないことすらあるのではないでしょうか?
 初期症状を放置してしまうと雨漏りに繋がり、大事になることもあります。
定期的にチェックすることよって、異変に気付いてあげていただきたいと思います。

気になる方は是非ご連絡ください! 

 

瓦屋根編

棟瓦が歪んでいる

チェック1

棟瓦が歪んでいる

 

 お住まいの一番高い部分にあるので地震の影響を受けやすい場所です。真っ直ぐかどうかを確認してください。蛇行しているようなら棟取り直しなどの工事が必要になります。

 

瓦が割れている・欠けている

瓦が割れている・欠けている

瓦が割れている・欠けている

 

 非常に耐久性の高い瓦ですが、強風時の飛来物やアンテナの倒壊によって割れてしまうことがあります。割れてしまうと他の瓦も動きやすくなり、干渉しやすくなるので割れやすくなります。

 

瓦がずれている・はずれている

チェック3

瓦がずれている・はずれている

 

 強風や地震で瓦がずれてしまうことがあります。ずれたままだと、瓦が動きやすく他の瓦に干渉しやすいので割れやすくなります。正常な位置へ戻す必要があります。

 

漆喰が剥がれてきている・崩れてきている

漆喰が剥がれてきている・崩れてきている

漆喰が剥がれてきている・崩れてきている

 

 瓦を固定し、支えているのが漆喰です。漆喰が劣化してきますと、ちょっとした風や地震でも瓦がずれたり、落下する危険が高まります。屋根だけでなくお庭やベランダにコンクリート片のようなものが落ちてないか確認してください。

 

銅線が緩んでいる

チェック5

銅線が緩んでいる

 

 瓦は漆喰だけでなく、銅線によっても固定されています。しっかりと緩みなく固定されているかを確認しましょう。

 

スレート屋根(コロニアル・カラーベスト編)

棟板金とそれを固定している釘が浮いている

チェック1

棟板金とそれを固定している釘が浮いている

 

 棟板金は釘によって固定されています。強風などによって釘が緩んでくると棟板金も持ち上げられ、浮き上がった状態になります。これが酷くなると強風で飛散したり、変形したりします。

 

チェック2

棟板金が色褪せている・錆びている

棟板金とそれを固定している釘が浮いている

 

 棟板金は金属製で、表面は塗装されています。色褪せは塗装が劣化している状態です。そのまま放置すれば錆びてしまうでしょう。錆が流れ出し、屋根や外壁に付着しますと落とすことが難しく、美観を損ねます。

 

屋根材が欠けている・割れている

チェック3

屋根材が欠けている・割れている

 

 雹や飛来物、倒れてきたアンテナによってスレート材にヒビや割れ、欠けができてしまうことがあります。ちょっとした欠けなら問題ないことしもありますが、その判断はご自分でなさらない方が懸命でしょう。

 

チェック4

屋根が色褪せている

屋根が色褪せている

 

 スレートは表面が塗装されています。その色褪せは塗膜が傷んできた証拠です。今すぐにとはいいませんが、屋根塗装の時期が近づいてきています。

 

チェック5

屋根が色褪せている

苔やカビ、藻が生えている

 

 色褪せよりも深刻な状態と言えるでしょう。表面の水捌けが悪くなってしまうと苔やカビ、藻が生えてきます。苔やカビ、藻が繁殖してしまうと雨水の流れを妨げるので、雨漏りの原因にもなります。

 

金属屋根編

屋根材が浮いている・剥がれている

チェック1

根材が浮いている・剥がれている

 

 瓦棒屋根では端と端の重なった部分を共に折り曲げて固定する(ハゼ)方法が取られています。ここが経年により緩んでくると浮いてきたり、剥がれてくることがあります。強風に煽られると大きく捲れ上がってしまうこともあります。

 

屋根材が浮いている・剥がれている

チェック2

屋根が色褪せている

 

 金属屋根も表面は塗装されています。色褪せてきたら、そろそろ塗膜が限界に近づいてきたサインですから屋根塗装を検討する時期に来ています。

 

屋根表面に傷がある・錆びている

チェック3

屋根表面に傷がある・錆びている

 

 強風時の飛来物などで表面が傷ついてしまうことがあるのは金属屋根も一緒です。傷によって金属が剥き出しになってしまうと、そこから錆が発生します。トタンやガルバリウムは亜鉛が溶け出すことによって錆の発生を遅らせますが、時間の問題です。また、溶け出した亜鉛は二度と戻らないので、どんどん錆やすくなっていきます。

 

雨樋編

落葉などが詰まっている

チェック1

落葉などが詰まっている

 

 お住まいの周りに緑が多い場所では特に気をつけたいポイントです。雨樋が詰ると想定してないところから雨水が溢れ出すので外壁を雨水が伝ったり、跳ねた泥水で外壁を汚すことにもなりかねません。

 

変形している・外れている

 

 雪の重みで変形したり、強風で外れたりすることがあります。雨水がうまく排水できない場合、流れ出す先によってはお住まいへの浸水してしまう可能性もあります。

 

軒天編

変形している・外れている

チェック1

変色している・膨らんでいる

 

 変色はカビによる可能性があります。一部や全体が膨らんでいるのは水を吸った結果かもしれません。雨樋の異常などでこういった現象が起こっている場合は根本的な解決が必要です。

 

剥がれている

チェック2

剥がれている

 

 軒天に水が回った結果、病状が進行してしまった状態です。鳥などの小動物が侵入し、巣を作られてしまうこともあります。また、軒天の剥がれた部分から強風が吹き込むと、屋根に大ダメージを受ける可能性もあります。

 

陸屋根・バルコニー・ベランダ編

排水口が詰っている

チェック1

排水口が詰っている

 

 陸屋根は雨水を雨樋によってではなく、排水口とドレンによって排水しています。バルコニーやベランダも同様です。排水口の詰まりはすぐ雨漏りに繋がります。

 

排水口が詰っている

表面(床)がざらざらしている・傷や亀裂がある

表面(床)がざらざらしている・傷や亀裂がある

 

 表面のトップコートが傷んできた証拠です。このままですと、その下の防水層を傷めてしまう可能性があります。

 

無料点検をご活用ください

 貴方のお住まいの出しているサインはあったでしょうか。屋根の上は見にくいので、全てを確認し、チェックするのは難しいと思います。また、屋根の上はかなり危険な場所です。「見えないから」、「確認したいから」といって、のぼることは絶対におやめください。
 不安な方は私たち街の屋根やさんの無料点検をお気軽にご利用ください。屋根が心配な貴方に代わって、隅々まで調査いたします。

 

屋根補修に関するブログ一覧

2020/12/17 瓦工事をしたのはいつ?災害に強い瓦屋根にするガイドライン工法は年々改正されています

    何事も時代の流れとともに便利に強固に改良が重ねられていますよね?生活と密接に関係する携帯は特に目覚ましい進化を遂げていると皆さんも身を持って感じている事と思います。それと同時に実は建築の世界も日々進化を続け、より軽量でより強固な材料でより高耐久な住宅を建てられるようになってきています。昔から親しまれている瓦屋根も施工方法や使用材料は昔から変遷を続け、現在で...続きを読む

2020/12/15 お住まいと健康を考える3種類の断熱材と断熱塗料ガイナについてのご紹介

    かつての住宅と較べ現代のお住まいは住みやすくなった、そう思われる方は多いのではないでしょうか?設備はもちろんのこと、どうしても隙間風が気になっていたという方も建て替え後は気にならないと思います。それもそのはず、現代は高気密・高断熱住宅と呼ばれ、換気設備はあるものの無駄な隙間は存在しない仕上がりになっているからです。そのような仕様にするには外壁だけでなく屋根...続きを読む

2020/11/30 平屋住宅の天窓は2階建て住宅よりもメリットが多い!その理由をわかりやすく解説!

    住宅を建築される際、中古住宅を購入する際に「天窓」をポイントとして検討された方は多いのではないでしょうか?あるだけでお洒落に見える、日差しが取り入れられる、解放感が得られるなどのメリットは住宅が密集している都市部では特に魅力的ですよね。ただその一方で窓が掃除できない、部屋が暑くなるといったデメリットもありますので、もちろんどちらも考慮しなければなりません。...続きを読む

2020/11/28 横浜市戸塚区影取町で板金屋根が破損、飛来物が当たったことで凹んでおりました

    横浜市戸塚影取町にお住いになられているH様のお宅より「家の屋根が破損しているようだ」とご心配なご相談がございました。築40年以上が経過している建物は、一度屋根を改修しているとのことでした。建物は1階建てとのことで、落ち葉を清掃しているときに気が付いたそうです。もし屋根が本当に破損しているのであれば、雨漏りに繋がる心配もございますので、早めに直さなけれなりま...続きを読む

2020/10/28 聞き馴染みのない部材「トユ」の役割とメンテナンス方法は?

    皆さんは「トユ」「トヨ」が何を指しているのかご存じでしょうか?おばあちゃんやおじいちゃんがそう呼んでいるという方であればわかると思いますが、滅多に聞く言葉ではないかと思います。実はトユやトヨは雨樋の事を指していて形状やその役割に違いもありません。今回はトユのように他の呼び名があるもののご紹介やトユ(雨樋)のメンテナンス方法に関してご紹介させて頂きます。 ...続きを読む

屋根補修に関するお客様の声一覧

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー

イオン銀行住宅ローン