屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/15更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

HOME > 屋根の板金工事 横浜

屋根の板金工事 横浜

屋根板金工事 横浜

棟板金工事のことならおまかせください

スレート系の屋根を止めている板金の工事です。 台風や突風で浮いたり、剥れてしまったままにしておくと中の心木が腐食し、飛ばされる可能性があります。 そのままにしておくと雨漏りや建物木部の腐食の原因となります。 まずは点検をし、交換の必要性を確認することが重要です。 最近では換気棟板金の交換工事を推奨しています。
スレート系の屋根を止めている板金の工事です。 台風や突風で浮いたり、剥れてしまったままにしておくと中の心木が腐食し、飛ばされる可能性があります。 そのままにしておくと雨漏りや建物木部の腐食の原因となります。 まずは点検をし、交換の必要性を確認することが重要です。 最近では換気棟板金の交換工事を推奨しています。
屋根板金工事 横浜 施工の流れ
工事準備 ◎足場・メッシュシートの設置 工事によっては足場、メッシュシートを設置します。 設置の判断については担当がお客様にご説明致します。 不明点などお気軽にご質問下さい。
葺き替え工事流れ01

1.既存板金・貫板の撤去 まずは既存の板金・貫板の撤去を行います。

葺き替え工事流れ02

2.下地処理 次に板金の下地の処理を行います。 傷んでいた場合には補修作業を行います。

葺き替え工事流れ03

3.新規貫板・板金の設置 新しい貫板・板金を設置していきます。

葺き替え工事流れ04

工事終了!

工事後処理 ◎清掃・足場撤去 足場を設置した場合、工事後に撤去します。 また、工事後にお住まい周辺を丁寧に清掃します。

棟板金の施工事例一覧

台風で飛んでしまった棟板金を元に戻します|三浦郡葉山町
台風で飛んでしまった棟板金を元に戻します|三浦郡葉山町
施工内容
築年数
30年
使用材料
棟板金(ガルバリウム鋼板製)

棟板金のブログ一覧

川崎市麻生区で棟板金が飛散したかもしれない屋根を調査、急勾配の屋根には足場の設置が必須です

川崎市麻生区で棟板金が飛散したかもしれない屋根を調査、急勾配の屋根には足場の設置が必須ですNEW

本日は川崎市麻生区H様宅で行いました、スレート屋根の棟板金点検調査の様子をお伝え...続きを読む

横浜市港北区で台風被害、浮いた棟板金の調査でわかった家の本当の傷み

横浜市港北区で台風被害、浮いた棟板金の調査でわかった家の本当の傷み

今回の台風24号でやはり多いのが「棟板金」が浮いた、飛散してしまった」のお問合せ...続きを読む

横浜市港南区で台風によってスレート屋根の棟板金が飛散

横浜市港南区で台風によってスレート屋根の棟板金が飛散

本日は横浜市港南区にお住いのW様より、先日の台風によるスレート屋根の棟板金飛散の...続きを読む

棟板金工事のことならおまかせください

屋根板金工事 横浜 お客様の声

横浜市 上村様

数ある業者様の中から私たちを選んで頂いた決め手はなんでしょうか? インターネットにて写真入りの説明が良かったので。 仕上がりはいかがでしたか? 天気が不順で大変でした。 お疲れ様でした。 担当営業に一言 天気が不順で大変でした。 お疲れ様でした。 当社へのご要望等御座いましたらご記入ください。 特になし
屋根板金工事前 屋根板金工事後

工事内容:棟板金交換工事 (屋根・外壁塗装工事)

お問い合わせバナー