屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

アイジー工業GRVAROOFスーパーガルテクト 遠赤外線を反射して、屋根裏の温度上昇を抑える遮熱性鉄板と断熱材の相乗効果で、優れた遮熱性機能を発揮。もちろん、アイジールーフ伝統のガルバリウム素材で、耐食性は折り紙つき!従来のガルテクトに比べ約3倍強の寿命が期待できます!

家の飾りマーク

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした
屋根材の新しいスタンダード

 

 ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。
そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です。
スーパーガルテクトは、金属素材の良い特性を最大限生かせるよう配合して誕生した素材というイメージです。考えられる多くの条件の中で、他の金属に比べ相対的に良い点が多い素材。これが、ガルバリウム鋼板です。
 考えられる多くの条件の中で、他の金属に比べ相対的に良い点が多い素材。これが、ガルバリウム鋼板です。

ガルバリウム鋼板の屋根施工例

 

ガルバリウム鋼板の特色

金属なのに錆にくい

同じ金属屋根ですが、一般的なトタンである亜鉛メッキ鋼板と比べると約4倍の防錆性があります。

トタン屋根(亜鉛メッキ鋼板)と比べて防錆性は約4倍

金属屋根だから軽い

日本瓦の約1/10の軽さです。そのため、建物への負担も少なく耐震性にも優れています。

日本瓦の1/10という軽さも大きな特徴

金属屋根なのに雨音がしにくい

 芯材入りなので屋根の下に空間が出来辛いため芯材なしの屋根材に比べ雨音がしにくいのも特徴です。
 ハイグレード版への変更や工事方法を工夫すれば、さらに雨音を和らげることができます。

雨音がしにくいので生活も快適

 

金属屋根なのに断熱性がいい

断熱性(熱反射性)顔料を添加した特殊な塗料をコーティングしたものがあります。

長期に渡り、メンテナンスが不要

 ガルバリウム鋼板のメーカー保証は10年~30年です。
 ガルテクトより強くなったスーパーガルテクトは、メーカーの保証内容も大幅に引き上げられました。
 これまでは海岸からの距離が5km以上が補償対象でしたが、500m以上になりましたのも、塩害にも強くなったからです。塗膜と赤錆保証、穴あき保証はそれぞれ5年延長されています。
(ガルテクトは2016年3月末に販売終了しました) 

塩害にも強くなり、補償対象も海岸から500m以上になりました

 

ガルバリウム鋼板とは

ガルバリウム鋼板の成分表

 金属名称と思われがちなガルバリウム鋼板ですが、正式には日鉄住金鋼板株式会社の製品名です。ガルバリウム鋼板は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%のアルミ亜鉛合金をメッキした鋼板です。

 元々はアメリカの会社が開発した製品で、現在は全世界で生産製造されています。

 

スーパーガルテクト徹底解剖!屋根工事のプロがガルテクトをご紹介

長期に渡り、メンテナンスが不要

 超高耐久ガルバのめっき層は、粒状のアルミリッチ層を亜鉛リッチ層が網目状に取り囲んでいる構造になっています。
 めっき層に含まれる亜鉛、アルミニウム、マグネシウムが最もバランスよく機能する組成となっており、優れた耐食性を発揮します。

亜鉛リッチ層+マグネシウム

亜鉛層の多い個所で
マグネシウムが共存しています。

アルミリッチ層

アルミ成分の多い個所で
めっき表面に「不動態被膜」を
形成し鉄素地を保護します。

ガルテクトの成分表

めっき層

耐食性をさらに強化した、
めっき組織を有しています。
アルミニウム:55%
亜鉛:41.4%
マグネシウム:2%
シリコン:1.6%
から構成されています。

合金層

鉄素地

 

スーパーガルテクトの遮熱効果

 表面塗装に採用の「遮熱性フッ素樹脂塗装/遮熱性ポリエステル樹脂塗装」により、大きな遮熱効果が発揮されます。
 太陽光の中には様々な波長の光が含まれており、その中には、熱エネルギーに変換されやすい赤外線が50%含まれています。遮熱性塗装は、赤外線の反射特性が大きい着色顔料を使用していて、日射による鋼板温度の上昇を抑制します。
普通の住宅屋根用化粧スレートに比べると、その差は約マイナス10度です。

他の屋根材との断熱性能比較

※「熱の伝えやすさ」を表す熱貫流率の数値は、値が小さい ほど断熱性能が優れていることを表します

 

ガルテクトの温度変化 住宅化粧用スレート

 

スーパーガルテクトの軽量性

 スーパーガルテクトは1㎡あたり5kgと超軽量のため、建物にかかる負担が軽減されます。金属製のため、地震時の「割れ」の心配がありません。
軽量なので、既存屋根を撤去しない「カバー工法」によるリフォームに最適です。

重量イメージ、軽自動車約700kgで換算。アイジールーフ約500kg、1㎡=約5kg。スレート約1900kg、1㎡=約19kg。和瓦屋根約5000kg、1㎡=約50kg。

スーパーガルテクトの地震への強さ

 日本は地震が多い国です。スーパーガルテクトは、地震対策にも適しています。
 屋根は建物の柱・梁・壁に支えられ、建物の一番上部に位置しています。この屋根が重ければ重いほど、建物の躯体にかかる負担は大きくなります。
 屋根面積100㎡のお住まいの例で比べてみると、スーパーガルテクトの場合は軽自動車1台未満の重量に対し、和瓦屋根の場合は7台以上の重量が躯体にかかっていることになります。
 スーパーガルテクトにすれば耐震性は大幅にアップします。軽量なスーパーガルテクトを使用した場合、建物の重量も軽くなり重心位置も低くなるため、揺れ幅が小さくなります。また、建物の柱や梁などの躯体にかかる負担も軽減できます。

重い屋根 軽い屋根

 

スーパーガルテクトの優れた遮音性

 実際の屋根を再現した模型に人工降雨機で雨を降らせ、屋外と室内にそれぞれ設置したマイクにて雨音を測定しました。
 鋼板とポリイソシアヌレートフォームの一体化により、雨量106mm/hの豪雨の雨音も、室内ではささやき声程度の雨音へと低減します。
※天井:化粧せっこうボード厚さ9mm+グラスウールマット25mm(16kg/㎡品)使用時の場合。 

遮音性についての説明

 

スーパーガルテクトの安心な防火性能

 アイジールーフに採用している「ポリイソシアヌレートフォーム」は、一般的なウレタンフォームに比べ、難燃性能に優れています。
さらに飛び火性能試験にも合格、安全性も兼ね備えています。

飛び火性能認定番号DR-1125ポリイソシアヌレートフォーム

 

スーパーガルテクトの雨仕舞

 本体同士の横ジョイント部には、新たに開発した排水機構とリブ付き折り返しを設け、雨水の浸入をシャットアウトします。

ルーフ本体、雨仕舞拡大図、ウォーターガイドが雨水の浸入をシャットアウト

スーパーガルテクトの価格帯

気になるのは価格ですが、ほぼ据え置きと言ってもよいくらいのアップです。
 ガルバリウム鋼板は10年ごとの再塗装を推奨しています。ただし、JFE鋼板の資料によると皮膜寿命はもっと長期で確認されています。
 屋根に限らず、住宅建材メーカーの建材全てに言えることですが、リスクヘッジのため、住宅建材メーカーの寿命アナウンスは実情と乖離しています。
 スーパーガルテクトは、コロニアルのような明らかな変色、劣化があまりなく、次期塗装までの期間が、他と比べて長いです。また、表面にフッ素加工されたスーパーガルテクトは、再塗装までの期間が更に長いと考えられます。

スーパーガルテクトの豊富なラインナップ

スーパーガルテクトフッ素

 遮熱性鋼板と断熱材の相乗効果で優れた断熱性能を発揮。塗膜の耐久性の高い「遮熱性フッ素樹脂塗装」を採用しました。
カラーはSFブラックとSFブラウンの2色からお選びいただけます。
※塗膜の耐久性について
 塗膜は、太陽光線、雨(水)、大気中の酸素、耐食性因子(塩素イオン、酸性イオン)により劣化します。 その過程において塗膜の白亜化が発生します。白亜化(チョーキング)とは、塗膜表面の樹脂が無くなり顔料が表面に粉状に現れ、触ると手に粉が付く現象をいいます。
 白亜化の後に、めっき鋼板の腐食が始まります。

スーパーガルテクトフッ素のサンプル画像

 

スーパーガルテクト

 遮熱性鋼板と断熱材の相乗効果で優れた断熱性能を発揮。
 葺き上がりを一層引き立てる卓越した質感を誇る特殊な「ちぢみ塗装」を採用した、意匠性に富んだ屋根材です。
 以下がカラーラインナップとなります。
・Sシェイドブラック
・Sシェイドブラウン
・Sシェイドチャコール
・Sシェイドブルー
・Sシェイドモスグリーン

スーパーガルテクトのサンプル画像

 

スーパーガルテクトC

 遮熱性鋼板と断熱材の相乗効果で優れた断熱性能を発揮。
スーパーガルテクトを使い易い長さにした、「スーパーガルテクトC」は、手狭な現場でも扱いやすいコンパクトサイズです。
 スーパーガルテクトに比べ、働き長さが1,14mm短くなります。
(スーパーガルテクト働き長さ:2.960mm、
スーパーガルテクトC働き長さ:1,820mm)
 以下がカラーラインナップです。
・Sシェイドブラック
・Sシェイドブラウン 

スーパーガルテクトCのサンプル
 

ガルバリウムに関する施工事例一覧

逗子市久木にてベランダ下にある傷んでしまっていた瓦棒葺きの下屋根へガルバリウム鋼板を使用しカバー工事を行いました

【施工内容】
屋根カバー工法

【使用材料】
JFE鋼板 和みFIT


葉山町堀内にて令和元年東日本台風の影響でパナホームで建てられたお住まいに設置されていた換気用煙突の外壁部が破損、ガルバリウム鋼板にて復旧工事致しました

【施工内容】
その他の工事

【使用材料】
ガルバリウム鋼板 0.35mm


ガルバリウムに関するブログ一覧

2020/9/30 破風板の役割と補修回数を減らすためのメンテナンス方法をご紹介

    お住まいのリフォームにあたって「ここって何て説明すれば良いの?」と思う部位があると思います。インターネットで調べてみても「あれ?呼び方違う」という事も…  私たち街の屋根やさんへお問い合わせをする際には「雨漏りが」「台風で破損」等状況を話していただければ調査時に原因を特定し説明をさせていただくのですが、あらかじめその部位を知りメンテナンス方法を知っておき...続きを読む

2020/9/19 相模原市南区新戸にて強風により棟板金が破損、化粧スレートも傷んでおり全体のメンテナンスが必要な状態でした

    「最近強風が続いた影響かはわからないが、屋根の部材が飛んでしまったので、どのような修繕が必要なのか一度見てほしい。」と相模原市南区新戸にお住まいのO様よりご相談がございました。築30年以上経過していらっしゃるとの事ですが、今までに屋根は一度もメンテナンスをした記憶がないそうです。屋根材も何を使われているか分からないとの事でしたので現地に伺い屋根点検調査を実...続きを読む

2020/9/9 昔ながらの茅葺き屋根を徹底解明!茅葺き屋根の特徴やトタンでのカバー工事実例紹介

    茅葺き屋根は茅を屋根材として葺いた屋根を言います。今ではほとんど見る機会がなく、寺社仏閣といった100年以上も前の重要文化財に指定されるような建物ばかりでしょう。もともと、日本古来の屋根工法である茅葺きですが、長い時間をかけて現在のような瓦、トタンなどの金属、さらにはスレートというかたちで現在に至っています。  最近では茅葺き屋根の古民家を改装し、おし...続きを読む

2020/9/8 竪樋とはなんだろう?竪樋の機能や素材、メンテナンス方法をご紹介

   竪樋(たてどい)とは屋根に降った雨を地上までスムーズに排水するための設備である雨樋、その中でも縦方向に地上に流すための配管を竪樋といいます。竪樋と検索すると、竪樋もしくは縦樋(たてどい)と同じ呼び名であっても違う漢字で表記されている記事がヒットしますが、どちらも同じものを指します。 雨樋は様々なパーツから構成されていますが、その中でもこのページでは竪樋に...続きを読む

2020/9/1 寒川町大蔵でスレート屋根のメンテナンス、棟板金を交換して台風対策しましょう

    これからのシーズンは台風が多く発生して屋根に損害を与えていきます。毎年多くの被害を受けているのは屋根の中でも棟と呼ばれる箇所です。スレート屋根の棟は板金が被せてありますが、その板金が風の影響で外れてしまい、飛ばされたり落下したりします。寒川町大蔵にお住いになられているU様のお宅では、「台風に備えて棟板金を交換しておきたい」とメンテナンスのご相談がございまし...続きを読む

ガルバリウムに関するお客様の声一覧

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー