屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係

屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係

 普段、生活している限り、屋根のことはあまり気にしない方がほとんどだと思います。それでも、屋根というと大半の方は三角屋根を思い浮かべるのではないでしょうか。見慣れた街並みを思い出してください。大方の屋根には勾配(傾斜)が付けられています。

屋根勾配は雨水を効率良く流すのに必要です。積雪地ではその勾配を大きくして、雪が自然に落下するように屋根を作ることもあります。
屋根勾配は屋根材の種類、そして地域の平均的な気象条件(風速、降雨量、積雪量など)を考えて決められます。勾配が急な尖がった屋根、勾配がなだらかな平たい屋根、それぞれにメリット・デメリットがありますので、覚えておきましょう。

勾配と屋根材の関係。屋根勾配の基礎知識・それぞれのメリットデメリットをご紹介します!

 

屋根工事のプロが解説!屋根勾配の基礎知識

屋根の角度を示す「勾配数」の表し方

勺配数と言われる、屋根の傾斜の度合いの表し方には、次の3つがあります。

1.尺貫法勾配(寸法勾配)

水平距離10寸(303.03mm)に対して、高さが何寸あるかで表します。現在の日本では尺や寸といった単位は一般的ではないのですが、建築業界では今でも根強くこの呼び方が使われています。

表記方法:○寸勾配

※寸(すん)は、尺貫法における長さの単位であり、日本では約30.303 mmで、尺の10分の1と定義されます。寸の10分の1が分(ぶ)です。 ※1尺=10寸

2.分数勾配

水平距離と高さの比率を分数で表しています。上記の尺貫法勾配と基本的に同じ考え方ですが、こちらは約分された数字で表されること、『5/10』を『1/2』と表すこともあります。例えば、3/10とか5/10(1/2)と表します。

表記方法:○/10

3.角度勾配

屋根の勾配の角度、そのものを表記したものですので、一般の方々には一番イメージが伝わりやすいのと思うのですが、建築の世界では一般的ではないようです。
例えば5寸(151.515mm)勾配だと、「26.5650゜」と少数点以下が細かい数字になってしまいます。

表記方法:○°

屋根勾配によって使用できる屋根材も異なってくる

 非常に重要なポイントです。

例えば瓦屋根の場合、厚みがある瓦を重ねていく関係で実際の屋根の勾配に対し、それぞれの瓦の勾配は緩くなります。
屋根の上での雨水の流れや水切れの関係から屋根材ごとに最低勾配が決まっており、雨漏りのリスクを回避するためにも厳守しなければなりません。
瓦の場合、4寸勾配(約122mm・約21.8゜)が最低勾配に指定されています。

瓦・スレート・金属

使用できる屋根材も
屋根の勾配と大きく関係しています

 

■ 各屋根材の最低勾配

金属屋根の場合 金属屋根の場合

必要最低勾配

1寸勾配(約30.3mm・1/10・約5.57゜)以上
※平葺き・横葺きの場合は3寸勾配以上

 

スレート屋根の場合 スレート屋根の場合

必要最低勾配

3寸勾配(約91.0mm・3/10・約16.7゜)以上

 

瓦屋根の場合 瓦屋根の場合

必要最低勾配

4寸勾配(約121.3mm・4/10・約21.8゜)以上

 

4寸勾配以上の屋根であれば、どの屋根材でも使うことができますので、屋根リフォームの際に利便性が高いと言えるでしょう(耐震性の関係でスレート(コロニアル・カラーベスト)から瓦といった重い屋根材への葺き替えはできないのでお気をつけください)。
屋根足場も必要としないので、コストパフォーマンスも高いといえます。新築や中古物件を購入する際は将来のことも見据えて、4寸勾配以上の瓦屋根がお勧めではないでしょうか。

急勾配・並勾配・緩勾配。それぞれのメリットとデメリット

勾配が大きな順に、急勾配・並勾配・緩勾配と呼ばれ、各々メリットとデメリットがあります。

急勾配の特徴(6寸勾配⦅約182.0mm・約31゜⦆以上の屋根)

角度があるので雨水が屋根に溜まりにくく、雨漏りしにくい。ただし、屋根面積が大きくなるので、コスト面では不利。

急勾配のメリット。・雨漏りのリスクが少ない・デザイン性が高い・収納や天窓など屋根裏の利用価値が大きい・小屋裏の空間が大きくなる為、断熱効果が期待が出来る 急勾配のデメリット。・屋根面積が大きいので、施工の面でコストがかかり、屋根足場も必要・風に当たる面積の増大で耐風性が減少する

 

並勾配の特徴
(3寸~5寸勾配⦅約91.0~152.0mm⦆⦅約16.7゜~26.6゜⦆の屋根)

極めて一般的な屋根勾配で、日本で最も普及していると思われる。水はけ・デザイン性・コスト面など、色々な利点があるスタンダードな勾配です。

並勾配のメリット。・広く普及しているので、雨漏りなどに関しても、トラブルに関してもさまざまなノウハウが蓄積されている・工事内容にもよるが足場が必ずしも必須ではない。屋根足場は不要・4寸勾配以上ならば、ほとんどの屋根材に適合している(屋根葺き替えなどで屋根材を変更する場合、対応しやすい)・最も普及しているので、デザインも豊富(並勾配であれば、景観的にも問題のない範囲といわれている) 並勾配のデメリット。・最も普及しているので、没個性的になりやすい

 

緩勾配の特徴(3寸勾配⦅約91.0mm・約16.7゜⦆以下の屋根)

雨水が屋根の上に留まっている時間がやや長くなりそうと心配される向きもありますが、落雪防止などの観点から、雪国などでは多く採用され、屋根の軒先に近い部分にアングルをつけるなども行われます。

緩勾配のメリット。・風の影響を受けにくい(突風・台風などの場合風の影響が少ない)・面積が小さく、なだらかなので施工しやすく、材料費や人件費などコストが抑えられる・落雪しにくいので、そういった被害を抑えられる 緩勾配のデメリット。・急勾配の屋根に比べると雨漏りのリスクが高まる・デザイン性が劣る・ホコリ、ゴミなどが付着しやすく堆積しやすいので、劣化が早く進む可能性がある・屋根材が金属系のガルバリウム鋼板に限られる場合が多い

 
見た目や施工コスト、将来のリフォームに大きく関わるのが屋根の勾配なのです。

 お洒落な屋根にしたいと思っても、屋根勾配によって使用できる屋根材は変わってきます。
屋根材によっても屋根リフォームで選択できる屋根材が限られます。

新築、もしくは中古物件を購入する場合は将来のことも考えた上で、屋根を重要視することも大事なのです。

 

屋根の勾配に関するブログ一覧

2020/9/1 木造住宅の屋根構造とお住まいに使用できる屋根材を確認し後悔のない屋根リフォームを行いましょう

    屋根リフォームを行う際、重要視されているのが「どの屋根材にしようか」「費用が安いほうが良い」等かと思います。もちろんそれこそが今後も長く生活するためには必要なことです。  しかし補修費用や使用できる屋根材はその下地の状態や構造の問題からある程度は限定されます。そのため安く仕上げたいといっても下地の補修を兼ねると高くなってしまう、瓦を使用したいのに構造上の...続きを読む

2020/7/25 鎌倉市岩瀬でスレート屋根の点検、勾配が緩いと傷みの進行が速くなります

    勾配の緩い低勾配な屋根は雨水が滞留しやすいため、屋根材が傷むスピードが速くなる傾向があります。鎌倉市岩瀬にお住いになられているS様より「屋根がけっこう傷んでいるようだ」とご不安なご相談がございました。5年ほど前に屋根塗装をしたばかりと仰っていた鎌倉市岩瀬S様のお宅で使用されている屋根材はスレートでした。屋根塗装をしてそこまで経過していないスレート屋根が傷ん...続きを読む

2020/7/10 断熱材と一体になった製品も…進化し続ける金属屋根材について知りましょう

    最近金属屋根材が屋根リフォームや新築で使用されています。金属屋根材はトタンやブリキが随分前から住宅に使用されていましたが、錆びやすいという点でやはり敬遠されがちな存在だったかと思います。近年はガルバリウム鋼板・ジンカリウム鋼板が主流になりつつあり興味があるという方も多いのではないでしょうか?  実は金属屋根材と一言で言っても様々な種類があり、中には金属屋...続きを読む

2020/7/6 冬では遅い!屋根に雪止めを付けるメリットと安く設置を行う方法をご紹介

    天候の変動が多い近年、猛暑もさながら降雪や豪雨なども多いと感じます。皆さん冬に近づくにつれ、積雪対策を検討していくのですが実際は雪がいつ降るかは見当もつきませんよね?天気予報を確認し「雪止めを付けなければ」「カーポートの補強をしなければ」なんて思ったタイミングではすでに遅いのです。また冬は霜が降り屋根が濡れることで本来は出来るはずの屋根工事の時間も短くなっ...続きを読む

2020/5/29 今後を大きく左右する屋根勾配ごとの特徴とメンテナンス時の注意点

    皆さんがお住まいになっている住宅はどのような形をしていますか?マンションやアパートの方(所有されている方)、三角屋根の家にお住まいの方、フラットで屋上に出入りできるようなお住まいの方、隣のお住まいを見てみても全く同じ住宅は存在しないですよね? 使用材料や形状によっても異なる要素があるのですが、見た目を大きく変えるのは屋根勾配かと思います。屋根勾配によって...続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー

イオン銀行住宅ローン