屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 地震に強い屋根

地震に強い屋根

地震対策の屋根工事|これで安心!地震に強い屋根!

耐震対策するなら金属屋根へ!

まずはこの比較写真をご覧ください。
右側の屋根は震災の影響で棟瓦(屋根の頂上の部分)が崩れてしまったものです。
こちらの屋根を今回金属屋根材で葺き替え致しました。
これでまた地震がきても安心です!

耐震リフォーム施工事例01

なぜ地震に強いのか? 地震に強い金属屋根材

なぜ地震で屋根が崩れてしまうのでしょうか?
それは屋根材が重いからです。
重い屋根材は家の重心を高くし、地震が発生した時に激しく揺れてしまいます。
最悪の場合、家を倒壊させる危険性もあるのです。

現在屋根材が瓦である場合、屋根の重量は約5,600kg/100㎡となります。
これは軽自動車(1台800kg)の約7~8台分に相当する重さです。

しかし、これが金属屋根材である場合、屋根の重量は約560kg/100㎡となります。
これは軽自動車(1台800kg)の約0.7台分に相当する重さです。

数字を見れば一目瞭然ですね。
瓦と比べると金属屋根材の方が圧倒的に軽いのです!
もちろん、瓦にも瓦の良いところはありますが、これから耐震の事を考えると金属屋根材がおすすめです。
また、金属屋根材は軽くてもとても丈夫です。
さらに瓦との大きな違いとして、一枚一枚を屋根に積むのではないので、地震の時にバラバラに落下する危険性がないのです。

以上の事を踏まえると、耐震以外の観点で考えてもとても魅力的な屋根材です!

地震対策 屋根 横浜 屋根工事

上記にあげましたが、金属屋根材は耐震に大変優れています。
耐震だけでなく、金属屋根材に葺替えることによって他にもすばらしいメリットがあります。

低コストで施工可能!
施工後も手間いらず!
短い工期で施工可能!
どんな外壁とも相性抜群

地震に強い屋根、耐震リフォームをお考えの方はぜひご相談下さい!

横浜市鶴見区 屋根工事 お問合せ

過去にご依頼下さったお客様へインタビュー

過去に街の屋根やさんへ葺き替え工事をご依頼頂いたT様に、定期点検の際に今回の震災についてお話を伺ってまいりました。

担当:佐々木

佐々木「T様、お久しぶりです。」

T様「お久しぶりです。今回の震災で忙しそうですね。」

佐々木「はい、千葉県北部の方では瓦の被害が多く、現在もまだ完全には復旧してないのが現状ですね。T様も千葉県北部にお住まいでしたので心配しておりましたが、大丈夫ですね。」

T様「えぇ。去年の7月でしたね。屋根やさんにお願いして葺き替えをしてもらったので、今回は何ともありませんでした。実は私の近所でも何件か瓦が崩れた方がいたんですけどね、私の自宅は何ともなかったんですよ。」

佐々木「そうですか。それは安心しました。やはり瓦屋根ですと屋根材自体が重く、地震が来た際に大きく揺れて瓦が落下する危険性がありますからね。その点、金属は軽量ですから揺れても大丈夫なんです。」

T様「そうそう、実は何件か瓦が崩れた方に街の屋根やさんを紹介しておきましたよ。対応も丁寧だし、長期保証で安心ですからね。こうして震災後もまた担当の佐々木さんが定期点検に来てくれてるし。」

佐々木「ありがとうございます。工事が終わったらお客様との関係が終わってしまうわけではないですからね。むしろ工事後からお客様との関係が始まると思っています。」

T様「街の屋根やさんに頼んで良かったです。今後も頑張って下さいね。」

佐々木「はい、今後も精一杯頑張りたいと思います。本日は貴重なお時間を割いてご協力頂きありがとうございました。また何かお困りの事がありましたらいつでもご連絡下さい。」

T様「いえいえ。こちらこそありがとうございました。また何かあったらお願いしますね。」

千葉県北部にお住まい T様
ちょうど1年前に金属屋根材への葺き替え工事をご依頼頂きました。
今回の震災では何事もなかったようで安心致しました。
インタビューへのご協力、ありがとうございました!

震災後の施工例

今回の震災では多くの瓦屋根が被害にあっています。
また、東北への支援のため、材料で瓦の入手が難しくなっています。
そこで、街の屋根やさんでは地震に強い金属屋根をご提案しております。
ここではその一例をご紹介致します。

 

耐震リフォーム施工事例01 耐震リフォーム施工事例02 耐震リフォーム施工事例04
金属屋根材へ葺き替えの施工の流れはコチラ

地震に関するブログ一覧

2021/1/14 厚型スレートのメリット・デメリットとメンテナンス方法を知ろう

    厚型(厚形)スレートとは、名前の通り一般的なスレートに厚みをもたせた屋根材をいいます。そもそもスレートとは粘板岩を意味しており、古くはこれを屋根材として使用する上で薄く加工したものを用いていました。粘板岩は泥や粘土が高圧で変成されたもので、密度が高く水分を通しにくいことから屋根材に使われていたということです。  現在においてはスレートと言えばセメントを固...続きを読む

2020/12/28 台風に強い屋根を考える上で知っておきたいメンテナンス方法と火災保険

   ここ数年大型台風の被害で全国的に台風に対する関心が高まっています。それはお住まいにおいても同様で、台風の強風で破損などの被害を受けた方も、そうでない方も台風に強い部材を使った工事をご希望の方が多くなっています。特に屋根は台風などの強風の影響を強く受けるため、瓦がずれたり棟の板金が飛散するといった被害が出やすいです。 このページでは台風に強い屋根やメンテナ...続きを読む

2020/12/24 住宅高さの指標にもなる「軒高」とは?リフォーム時の注意点は?

    建物を建てる上でその建築物の高さはあらゆる制限で定められています。中でも日影規制の対象として「軒高が7mを超えるもの」といった記述が有ったりします。『高』という漢字が付くだけで「その建物の高さ」ということだろうか?と思いがちですが、実は軒高とその建物自体の高さは違います。他にも高さを示す言葉・定義があるのですが、その定義と合わせてまず軒高がどこからどこまで...続きを読む

2020/12/18 F型瓦の特徴とメンテナンス方法に関する6つのポイント

    瓦と一言でいってもその種類は複数あり、形状によって呼び名も変わってきます。F型瓦はその一種で平たい形をしたタイプの瓦で、比較的に洋風のお住まいに多く使われています。この瓦を使うことで屋根がフラットになるため景観的な好みだけでなく、屋根の上に太陽光パネルを設置しやすいといった利点などもあります。  このページではF型瓦の機能やメンテナンス方法などをご紹介...続きを読む

2020/12/17 瓦工事をしたのはいつ?災害に強い瓦屋根にするガイドライン工法は年々改正されています

    何事も時代の流れとともに便利に強固に改良が重ねられていますよね?生活と密接に関係する携帯は特に目覚ましい進化を遂げていると皆さんも身を持って感じている事と思います。それと同時に実は建築の世界も日々進化を続け、より軽量でより強固な材料でより高耐久な住宅を建てられるようになってきています。昔から親しまれている瓦屋根も施工方法や使用材料は昔から変遷を続け、現在で...続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー

イオン銀行住宅ローン