屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 屋根の専門家が教える、金属屋根(ガルバリウム)のメンテナンス.....

屋根の専門家が教える、金属屋根(ガルバリウム)のメンテナンス方法とご自身で点検できる4つのチェックポイント

 お住まいもお体と同じです。悪いところは早期に発見し、迅速にケアして上げれば、大事に至ることはありませんし、費用もお安くなります。
定期的な点検の他、悪天候後も検査してあげれば完璧でしょう。しかし、屋根に上るのは危険ですし、体の病状の判断と同じように、その道の専門家でなければ不具合を見逃してしまうことも考えられます。

 台風の時などにご自分のお住まいの心配をされ、屋根に上り、風に煽られ、落下してしまうという事故が毎年、後を立ちません。
点検は無理をしないで、見える範囲だけでも大丈夫です。
それ以上のことは街の屋根やさんにお任せください。無料点検のご利用がお得です。

立地次第では2階の屋根もしっかり見える?

 ご自宅近くにお住まいよりも高い場所があり、そこからの見晴らしが良ければ、2階の屋根もしっかりとチェックできるでしょう。多少遠かろうと、双眼鏡や望遠鏡を使えば、バッチリです。ただし、そういった道具を使った場合、他人には明らかに怪しい人に映るので注意が必要です。お勧めはできません。

 屋根材にもよりますが、金属屋根には端と端の重なった部分を折り曲げて固定する(ハゼ)方法が取られていることもあります。経年でこの部分が緩んでくると、固定する力が弱まり、浮いてしまったり、剥がれてきてしまったりします。
浮いてしまった部分や剥がれてしまった部分は風の影響と抵抗が増えますので、より浮き上がりやすい状態になり、最終的にはめくれあがってしまう場合もあります。

 ビス止めする屋根材でも折り曲げられた端と端を引っ掛けるようにして、葺いていきます。この折り曲げられた端と端は経年で緩むことがあります。

 緩んだ箇所から屋根材が浮いてきますと、強風を受けた場合に剥がれてしまうこともあります。

 金属屋根材も表面は塗装されています。お住まいの外壁やスレート材と同じく、ここでも色褪せは塗装が弱ってきた状態です。放っておくと、その下の金属に悪影響を与えかねません。
 また、強風時の飛来物、アンテナの倒壊によって屋根材の表面に傷がついてしまうこともあります。傷で塗装が剥げてしまうと、金属が剥き出しになった状態となります。剥き出しになった金属は非常にサビに弱いのです。サビは金属を脆くしますので、酷い場合には穴が開いて雨漏りの原因になります。
 ガルバリウムはサビに強いと言われていますが、やはり傷や色褪せには気を配ってあげたいものです。

 ビス止めする屋根材でも折り曲げられた端と端を引っ掛けるようにして、葺いていきます。この折り曲げられた端と端は経年で緩むことがあります。

 緩んだ箇所から屋根材が浮いてきますと、強風を受けた場合に剥がれてしまうこともあります。

屋根塗装

 表面の塗装が色褪せ、撥水性能が落ちてきたら、塗り替え時です。軽度なサビの場合、しっかりとケレン(最適な塗装が行えるように下地を調整すること。ここではサビ落とし)した後に丁寧に塗装を行えば、ほぼ元通りになります。
ケレンをした後、汚れなどを高圧洗浄機で洗い流し、下塗り、中塗り、上塗りと最低3回の重ね塗りを行います。屋根の状態によってはサビ止め用塗料などを使い分けて、3回以上の重ね塗りをすることもあります。
最近は遮熱や防汚といった機能を持った塗料もございます。塗装で暑さを軽減できる時代になりました。
屋根を長持ちさせるには定期的な塗り替えが必要です。使用する塗料によって塗り替え時期は変わってきます。価格と性能(塗装の寿命)のバランスが取れたシリコン塗料がお勧めです。

屋根カバー工法

 サビや腐食が激しく、塗装では回復できない場合に行う屋根リフォームです。屋根で屋根をカバーします。つまり、これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工事です。これまでの屋根を解体しませんので、廃材がほとんど出ません。工期が短く、解体費や廃材費処理費もほぼ発生しませんので、費用もオトクになります。
ただし、屋根が二重になるので、重量は増します。金属屋根の場合、やはり軽い金属での屋根カバーがお勧めです。
屋根が二重になるので、屋根カバー工法には断熱性が増すというメリットもあります。

屋根葺き替え工事

 表面の屋根材だけでなく、その下の防水紙や下地(野地板)まで劣化が進んでしまった場合、全面的な屋根の改修をします。それが屋根の葺き替え工事です。
屋根材の下には防水紙が敷かれているため、少々のことでは雨漏りしません。よって、雨漏りを発見した時は、既に防水紙と下地がボロボロだったということも少なくないのです。
これまでのスレートの解体費、廃材処理費、新しい屋根材の材料費、そして工事費が掛かるので、高額です。大規模な屋根リフォームなので、工期も長くなります。
耐震性を考えた場合、軽い屋根の方が有利です。街の屋根やさんではスレート材よりも軽い金属屋根材をお勧めしております。
大規模な屋根リフォームです。その分、費用もかさんでしまいます。定期的な点検をしておけば、こういったケースを防げます。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー