屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 柔らかな陰影が魅力のアスファルトシングル屋根材「リッジウェイ.....

柔らかな陰影が魅力のアスファルトシングル屋根材「リッジウェイ」

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

 アメリカの住宅の80%以上に使用されているというアスファルトシングル。表面の粒状彩色石による陰影とグラデーションは屋根をとても素敵に彩ります。お家が洋風で、オシャレな屋根にしたいという方にお勧めなのがアスファルトシングルの屋根材「リッジウェイ」です。

柔らかな陰影が魅力がとってもオシャレな屋根材「リッジウェイ」

 表面の粒状彩色石の柔らかな風合い、ランダムなカラーが作り出す自然なグラデーション、それらが奏でる独特の立体感。
 近年、一般的なお住まいにおいても人気が高まっている屋根材がアスファルトシングルです。その中でも街の屋根やさんのお勧めする一つが旭ファイバーグラス株式会社のリッジウェイです。洋風のお住まいによく似合う素敵な屋根材です。日本ではあまり使われていませんが、アメリカでは80%以上の住宅にアスファルトシングルが使われています。

リッジウェイ

アスファルトシングルとは

 屋根材の下に敷かれる防水紙には「アスファルトルーフィング」や「改質アスファルトルーフィング」といったものがあります。
 アスファルトシングルを簡単に説明しますと、これらの防水紙に石粒や砂粒を吹き付け、繊維を強化して屋根材として使えるようにしたものです。

リッジウェイ ARの構造

シート状になっており、折り曲げることができるので曲面にも使用できます

 シート状になっており、折り曲げることができるので曲面にも使用できます。
 どちらかというと布に近い性質を持った屋根材と言えるでしょう。よって、はさみやカッターなどで簡単にカットすることもできます。
 リッジウェイは芯材にガラス繊維を用い、基材に耐候性アスファルトを使用し、その上に彩色石を吹き付けてあります。

 
アスファルトシングルのチェックポイントについて詳しくはコチラ

アスファルトシングル屋根材リッジウェイの魅力

1.独特の風合いが個性的でお洒落

 リッジウェイなどのアスファルトシングルを選ぶ方はそのデザインに引かれてではないでしょうか。表面の彩色石の柔らかな表情、重ねて張り付けて葺いていくことから生まれる立体的な陰影には洋風のお家が好きな方はもちろんのこと、どなたでも魅了されると思います。アメリカンカントリー風の外観のお家はもちろんのこと、洋風から和洋折衷のお住まいまでにぴったりの屋根材です。

 屋根に使われる屋根材はそれぞれにさまざまな魅力がありますが、リッジウェイは間違いなく魅力的でお洒落な屋根の一つです。

独特の風合いが個性的でお洒落

 

2.軽量クラスの屋根材で地震に強い

 1平方メートルあたり約13kgで約50kgの瓦屋根のに較べると約4分の1になります。

 現在の屋根の主流であるスレート(カラーベスト・コロニアル)が約18kgですから、それよりも約30%も軽量です。知っての通り、屋根の重量は耐震性を左右します。軽い屋根の方が有利なのです。
 重さがある屋根材は揺れが収まりづらく、いつまでも揺れ続けることになります。いつまでも揺れ続ける家と揺れが収まりやすい家、後者の方が安心ですよね。

軽量クラスの屋根材で地震に強い

 

3.雨音が静か

 厚みはそれほどない屋根材ですが、表面の細かな彩色石が音を響かないように拡散させます。

 また、もともと布に近い繊維質のものにアスファルトを組み合わせたものですから、音が響きづらいのです。
 トタン屋根に代表されるような金属屋根とは違い、雨が降っても大きな音を立てることはありません。夜中の雨にうるさいと悩まされることもありません。

雨音が静か

 

4.落雪しにくい

 表面の細かな彩色石は彩りやデザインのためだけのものではありません。

 ザラザラとしたこの細かな石のおかげで雪が滑りづらくなり、落雪やそれに伴った事故を防止するのです。
 勾配が急な屋根、積雪地帯の屋根にはもちろん、雪止めを設置することも可能です。たまに降雪がある地方でも、豪雪地帯でも、安心の屋根材です。

4.落雪しにくい

 

5.屋根カバー工法では再度リッジウェイを重ね葺きすることも可能(金属屋根も可)

 屋根カバー工法というと、これまでの屋根に金属屋根材を被せるのが一般的ですが、アスファルトシングルの屋根の場合、同じアスファルトシングルを重ね葺きすることもできます。

 デザインが気に入ってアスファルトシングルを選んだという方はうれしい限りですね。屋根リフォームで元のデザインを壊すことがないというのは大きなメリットです。
 もちろん、金属屋根材で屋根カバー工事を行うことも可能です。スレート屋根への屋根カバー工法にも使えます。

屋根カバー工法では再度リッジウェイを重ね葺きすることも可能(金属屋根も可)

 

6.風にも強い

 強風後、アスファルトシングルが剥がれかかっていたり、飛散して下地が剥き出しになっている光景を見かけることがありますが、あれはメンテナンスを怠っていたり、しっかりとした施工が行われていないためです。

 リッジウェイは標準仕様の施工で風速38m/sにも耐えられます。強風仕様の施工では風速46m/sにも耐えられます。

風にも強い

 

リッジウェイ 標準仕様

■リッジウェイ 標準仕様

釘4本で固定
接着剤はセルフシーラント(屋根材に予め塗布してある接着剤)のみ

 

リッジウェイ 標準仕様

■リッジウェイ 強風仕様

釘6本で固定
接着剤はセルフシーラント(屋根材に予め塗布してある接着剤)と
屋根材1枚につきシングルセメント3箇所
風速46m/sで剥がれ、浮きなし

 

建物の設計における基準風速とは 全国基準風速マップ

 50年に1度と想定される最大風速のことで、各地ごとに全国の市町村別に定められている。

 基準風速を超えたからといって、建物や建材がすぐに飛散するわけではなく、目安として概ねその数値の1.5~1.8倍程度の最大瞬間風速に耐えうることを想定している。

 最大は沖縄の風速46m/sで、最低は30m/s。東京は32~36m/sのところがほとんどです。

 

7.メーカー保証は10年

 製造上の不具合により発生した雨漏れ、製品の飛散が生じた場合は旭ファイバーグラス株式会社が10年間、保証書に記載された範囲の保証をいたします。

 この10年保証の対象は製品本体の他、補修工事代金も含みます。
 以前は日本の気候に向いてないと言われたアスファルトシングルですが、10年間の保証があれば安心ですね。

メーカー保証は10年

 

リッジウェイに関するQA

Q

面の彩色石は色落ち・色褪せしませんか?

 

 リッジウェイの表面の石粒は塗装されていると聞きました。屋根塗装のように色褪せしないか心配です。また、色落ちの心配はありませんか。

A

表面の石粒は耐色性に優れています

 

表面の石粒は耐色性に優れています

 天然石に焼付け塗装をしたものが表面の石粒です。スレートなどとは異なり、耐色性に優れています。 性能的にはほぼ色褪せしない粘土瓦に近く、褪色にも強いのです。

日に焼けて古惚けたような色になることはないので、安心して長期間、ご使用になることができます。

 
Q

屋根塗装はできますか

 

 経年による傷みで表面の石粒が剥がれ落ちてきそうで心配です。その前に塗装して、石粒が剥がれ落ちないようにしたいのですが、塗装しても問題ないでしょうか。

A

可能ですが、グラデーションは消えてしまいます

 

 もちろん、可能です。しかし、リッジウェイ独特のグラデーションと陰影は失われてしまいます。

 リッジウェイをはじめとしたアスファルトシングルはその上にアスファルトシングルを張る重ね葺き(屋根カバー工法)ができますので、そちらをお勧めします。
※必ず水性塗料をお使いください。油性塗料を使用すると石粒が剥がれてくる可能性があります。

可能ですが、グラデーションは消えてしまいます

 
Q

日本の気候にそぐわないとの噂がありますが

 

 もともとアメリカで開発されたものなので日本の気候に合わず、寿命も短くなりがちだという噂を聞きました。実際のところ、どうなのでしょうか。

A

アメリカでは南国ハワイから極寒のアラスカまで使用されています

 

アメリカでは南国ハワイから極寒のアラスカまで使用されています

 アメリカでリッジウェイは南のハワイから北はアラスカまで使用されていますので、気候帯を選ばない屋根材と言えます。凍結融解試験300サイクルにより凍害に対しても性能が確認されています。

日本に不燃のアスファルトシングルが普及しはじめたのは1975年です。それから現在まで品質の向上と改良が加えられてきました。

 現在の製品は耐久性、耐候性も実用上、問題ありません。南は沖縄から北は北海道までどの気候の地域でも使用することが可能です。

 

アスファルトシングル屋根材の気になるメンテナンス方法についてはこちらもご覧ください

アスファルトシングル屋根材の気になるメンテナンス方法についてはこちらもご覧ください

カラーバリエーション ■デュアルブラック

■デュアルブラック

 精悍な黒の中にもどことなくやさしげ表情を見せる風合いが魅力的。似合うお家も幅広く、全ての世代の方に人気のカラーです。特に落ち着いたデザインのお家にマッチするでしょう。迷ったからこの色にするという方も少なくありません。

 

■デュアルブラウン

■デュアルブラウン

 大地を彷彿とさせる力強く濃い茶色。その陰影は湿った土と乾いた土を感じさせ、落ち着いた中にも土の暖かみを見出すことができます。  大地の懐の深さを感じさせる色でもあります。

 

■ハーバードスレート

■ハーバードスレート

 天然のスレートを模した色。光の当たり方によっては陰影が濃く出るので、その表情の変化を楽しみたい方に向いています。
 無難なグレーという色が驚きの変化を見せるので、飽きが来ない色の一つです。

 

■ヴィンテージグリーン

■ヴィンテージグリーン

 深みのあるグリーンが風景や自然との調和を促します。カラーバリエーションの中では最も濃淡が映えるように見える色です。
 こちらも黒っぽいグリーンから新緑のグリーンまで様々な色の変化を楽しめます。

 

■アーストンシーダー

■アーストンシーダー

 世界の屋根とも評されるヒマラヤ山脈。その西部に自生するのがヒマラヤスギです。シーダーはヒマラヤスギのことで、その木材の色が使われています。
 シリーズの中で最も柔らかさを感じさせる色です。

 

アスファルトシングル屋根材「リッジウェイ」のまとめ

●ランダムなカラーとグラデーションがとてもお洒落な屋根材

●防水紙(ルーフィング)が屋根材として進化したものがアスファルトシングル

●見た目がお洒落なだけでなく、「軽いので地震に強い」、「雨音が響かない」、「落雪しにくい」、「屋根カバー工法も可能」、「強風に強い」といったメリットも兼ね備える

●メーカー保証は10年

●色褪せしにくいという特徴もある

●日本の気候に向いていないと言われたのは過去のこと、現在は耐久性、耐候性も問題ありません。

●カラーバリエーションはデュアルブラック、デュアルブラウン、ハーバードスレート、ヴィンテージグリーン、アーストンシーダーの全5種類

アスファルトシングルに関する施工事例一覧

横浜市鶴見区東寺尾で令和元年東日本台風によって剥がれたアスファルトシングルを、軽量のスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】
屋根カバー工法

【使用材料】
スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)


茅ヶ崎市菱沼にて令和元年東日本台風の影響によりアスファルトシングル材が飛散、スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)を使用したカバー工事

【施工内容】
屋根カバー工法

【使用材料】
スーパーガルテクト 
(Sシェイドブラック)


アスファルトシングルに関するブログ一覧

2020/8/1 良いか悪いかは貴方次第!屋根材ごとのメリット・デメリットを比較しメンテナンスに活かしましょう!

    お住まいで使用される屋根材には様々な種類がありますよね?最近多いのは軽量な化粧スレートや金属屋根材ですが、塗装が必要ない瓦や複雑な形状にフィットするアスファルトシングルも魅力にあふれています。 実際屋根材を決められる際に「どの屋根材がベストなのか?」と悩まれる方は多いと思いますが、実際は皆さんが望まれるポイントに合わせて決めるべきです。そこで今回はどの屋...続きを読む

2020/7/10 屋根リフォームにおけるジンカリウム鋼板の屋根材のメリット・デメリット

   屋根材の中で、最近注目を浴びているのが金属屋根材ですが、その中でも耐久性が高いジンカリウム鋼板が多く使用されています。ジンカリウム鋼板の屋根材はスレートや瓦などと比較し軽量であることや、ジンカリウム鋼板の表面にストーンチップが施された意匠性に優れている商品があるなど、機能性とデザイン性どちらも魅力的な屋根材です。 このページではジンカリウム鋼板の屋根材に...続きを読む

2020/7/6 冬では遅い!屋根に雪止めを付けるメリットと安く設置を行う方法をご紹介

    天候の変動が多い近年、猛暑もさながら降雪や豪雨なども多いと感じます。皆さん冬に近づくにつれ、積雪対策を検討していくのですが実際は雪がいつ降るかは見当もつきませんよね?天気予報を確認し「雪止めを付けなければ」「カーポートの補強をしなければ」なんて思ったタイミングではすでに遅いのです。また冬は霜が降り屋根が濡れることで本来は出来るはずの屋根工事の時間も短くなっ...続きを読む

2020/6/30 屋根工事における瓦割りとは?瓦割りの重要性を5つのポイントでご紹介

    瓦割というと空手家が、数十枚の瓦を平積みにしてこぶしや頭突きなどで割るパフォーマンスが有名ですが、このページでは屋根工事における瓦割りについてご紹介いたします。 屋根に瓦を葺く場合に、最初に瓦をどのように配置し、ちょうどよく収まるような割付けのことを「瓦割り」といいます。瓦を設置する上では最初の工程になり、仕上がりにも左右される重要な工程になります。 ...続きを読む

2020/6/19 屋根の構造を4つに絞ってご紹介!絶対失敗しないリフォームのポイント

   屋根の構造ってどうなっているのだろう?このような疑問をもった方がこのページをご覧になっているのではないでしょうか。 普段何気なく過ごしている家には必ず屋根がありますが、いざ屋根のリフォームをしようと思った時に専門用語が多く戸惑うといったお悩みをよく聞きます。たしかに「屋根の葺き替えをする上で、垂木や野地板も傷んでいるので交換が必要です」と言われても、そも...続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー