横浜市南区南太田で落雪で割れた瓦の交換をきっかけに瓦屋根の不具合箇所を部分復旧工事しました

HOME > 施工事例 > 横浜市南区南太田で落雪で割れた瓦の交換をきっかけに瓦屋根の不.....

横浜市南区南太田で落雪で割れた瓦の交換をきっかけに瓦屋根の不具合箇所を部分復旧工事しました

更新日:2024年04月25日

【施工前】
工事前

【施工後】
工事後

施工内容棟瓦取り直し、 軒天部分交換、瓦部分交換

築年数40年以上

平米数棟6m、瓦3枚交換

施工期間実働3日(足場込み)

使用材料釉薬瓦

費用詳しくはお問合せください

保証保証はお付けしておりません

ハウスメーカー地元工務店

足場アイコン火災保険アイコン棟瓦取り直し

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 横浜市南区南太田にお住まいのK様から、積雪の影響で瓦が落ちてしまったので復旧をお願いしたいとお問合せをいただいたことが今回の工事のきっかけでした。

 K様は以前に台風の影響で瓦が飛んだ際にも工事をご依頼いただいており、今回が二回目の工事となりました。

 割れた瓦は前回工事した面と反対側に位置しており、3枚ほど割れている状態でした。

 部分的に交換のみでも良かったのですが、火災保険の申請が通ったということもあり、ついでにその他の心配な部分も部分的に工事を行うこととなりました。

 最小限の工事で瓦屋根をメンテナンスさせていただきました(^^)/
 横浜市南区南太田にお住まいのK様から、積雪の影響で瓦が落ちてしまったので復旧をお願いしたいとお問合せをいただいたことが今回の工事のきっかけでした。

 K様は以前に台風の影響で瓦が飛んだ際にも工事をご依頼いただいており、今回が二回目の工事となりました。

 割れた瓦は前回工事した面と反対側に位置しており、3枚ほど割れている状態でした。

 部分的に交換のみでも良かったのですが、火災保険の申請が通ったということもあり、ついでにその他の心配な部分も部分的に工事を行うこととなりました。

 最小限の工事で瓦屋根をメンテナンスさせていただきました(^^)/


担当:高田


積雪による被害で瓦が落ちてしまった

 横浜市南区南太田にお住まいのK様より、2024年2月の積雪で瓦が落ちて割れてしまったので、復旧工事をお願いしたいとお問合せをいただいたことが今回の工事のきっかけでした。

 

 

 K様は以前にも台風被害で瓦が捲れてしまった際に工事をさせていただいており、今回が二度目のご依頼となりました。

 

 

 瓦は1枚で重さがなんと3kg以上もあります!3合炊きの炊飯器1台分ほどの重さがあります(;´・ω・)

 

 

 それが屋根の高さから落ちてくるのですから、人に当たらなくて本当に不幸中の幸いでした。

 

 

自然災害は火災保険の対象となる場合があります

 今回は積雪による被害でしたが、自然災害による被害は火災保険の対象になることがあります(^^)/

 

 

 火災保険という名前なので火事のときにしか使えない印象を感じますが、実は大変優れた保険でして、台風や今回の雪の様な自然災害による被害を復旧できる保険となっております。

 

 

 とはいえ、保険が通るか否かは保険会社さんが申請を受けて決めることになりますので、必ずしも保険が通るとお約束されたものではありませんので、その点は注意が必要です。

 

 

 今回は火災保険が無事に通ったので、被災部分については保険を使って修理できる運びとなりました(*^^*)

 

 

ひとまずのブルーシート養生

 お見積りの提出、工事までの期間がそれなりに空いてしまうことが予想されましたので、今回瓦が外れてしまった部分はブルーシートで簡易的に養生対応させていただきました(^^)/

 

 

その他、棟瓦の漆喰なども傷んでいる様子でした

 念のためその他の部分も確認したところ、棟瓦の漆喰部分などに傷みが見受けられました(;´・ω・)

 

 

 前回の工事で部分的に棟瓦の積直しを行いましたが、その時に対象となっていなかった部分での劣化となります。

 

 

軒天も一部穴が空いていました

 軒天部分に穴あきが見受けられました。

 

 

 生活するうえで大きな問題はないですが、ここから鳥や小動物が屋根裏に侵入するというケースもあるので、できれば放置はしたくない症状です(;´・ω・)

 

 

瓦は銅線で固定して滑り落ちないようにしました

 部分的な足場を架けて、工事開始です(^^)/

 

 

 今回のような内容であれば、全面に足場を回さなくても工事可能なケースもあります。

 

 

 屋根そのものの傷みがあり、本来であれば全面の工事をしたい状態でしたが、ご予算の兼ね合いもあり今回は部分工事での対応です。

 

 

 通常であれば屋根が桟に引っかかって固定されますが、経年劣化が進行しており再度滑り落ちる危険性がありました(;´・ω・)

 

 

 そのため、まだ腐っていない桟に銅線を固定して、新しい瓦を括り付けることで固定を強化しています。

 

 

前回の工事で手を付けていない棟部分を積直ししました

 続いて棟瓦の積直しです(^^)/

 

 

 元々は土葺きという工法でしたが、土葺きは今ではなかなか行いません。

 

 

 大抵は土を使わず、既存で土が使われていた部分も全て南蛮漆喰という材料を使って強固に積んでいきます!

 

 

南蛮漆喰のシルガードを使います

 こちらが南蛮漆喰のシルガードです。

 

 

 シリコン素材も練り込まれており、防水性能も有している漆喰です。

 

 

 材料は黒色をしているものを使っていますが、経年と共に白色に変化していきます。

 

 

湿式工法で積直ししていきます

 シルガードを使った棟積みの工法は、湿式工法と言います。

 

 

 一般的な棟は湿式で仕上げることがほとんどです(^^)/

 

 

綺麗に積直しできました

 綺麗に棟の積直しができました(*^^*)

 

 

 今までよりも圧倒的に頑丈な棟に仕上がっております(^^)/

 

 

 棟の取り直し工事は全体の長さにもよりますが、16,500円/m(税込)~承っております(^^)/

 

 

軒天もカラーベニヤで張り替えました

 軒天は部分的にカラーベニヤで張替を行いました(^^)/

 

 

 塗装不要の材料なので、塗装職人を別途呼ぶ必要がなく、安価に軒天を交換することができます。

 

 

 なるべく費用を抑えたい方にはオススメの材料です。

 

 

 一度の雪害被害をきっかけに、気になっていた部分工事をまとめて対応することができてK様もご満足されたご様子でした(*^^*)

 

 

 火災保険が適応できるのはあくまで被害を受けた部分の復旧のみですが、その下りた金額を充てて、自己資金を追加して別の工事を併せて行うことも問題ございません!

 

 

 足場が絡むような工事は今回ようにまとめてしまう方がお得と言えるでしょう!

 

 記事内に記載されている金額は2024年04月25日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

工事を行ったK様のご感想をご紹介いたします

K様のアンケート

【工事前】

工事前お客様の顔写真

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
瓦が落ちてしまった為。
Q3.弊社をどのように探しましたか?
以前、お願いしていたので。
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
はい。
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
前回の工事が良かったので。
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
丁寧な対応でした。
工事前アンケート

【工事後】

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
修理を迅速にして頂きたい事かな。
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
比較はしていません。
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
前回もお願いしていたので。
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
連絡がきちんとしていました。
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
正確な工事。
工事後アンケート

K様のアンケートを詳しく見る→

横浜市南区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

  • 工事種類

    その他の工事

  • 工事種類

    棟板金交換

関連動画をチェック!

火災保険が適用できる?屋根工事・屋根修理【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

降雪による屋根被害にご注意ください!
降雪による屋根被害にご注意ください!

積雪による瓦の割れ【原因】老朽化が進んでいた場合に起こりやすい現象です。劣化が進んでいる瓦は雪の重みで簡単に割れてしまいます。割れた部分から、雪が内部へ侵入し、内部を腐らせてしまうことも・・・屋根の構造材の破損(折れ)【原因】もともと弱っていた構造材が雪の重さに耐えきれなくなり、折れてしまう現象です…続きを読む

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
 「瓦屋根は手入れいらずで安全」と思っていませんか?確かに瓦屋根は耐久性が高く、数十年以上も持ちますが、台風や強風の影響を受けやすい場合があります。 瓦屋根の耐用年数をさらに延ばし、安全かつ安心してご利用いただくために、瓦屋根のメンテナンスについて説明します。メンテナンスのタイミングや方法について詳…続きを読む
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
 最近では台風や地震が頻繁に発生し、瓦屋根に不安を感じている方も多いのではないでしょうか? 重くて堅固な瓦が地に落ちると、まず間違いなくその着地点の物を傷つけ、破壊してしまいます。自分の敷地内であればまだしも、お隣に被害を及ぼしてしまった場合、問題が複雑化します。 頑丈で重い屋根材故に、適切なメンテ…続きを読む
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や特…続きを読む
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多い…続きを読む
  瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事    漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      25年前後
      使用材料
      FUJIOKA ヨーロピアン

      施工内容
      防水工事,屋根補修工事,その他の工事
      築年数
      20年
      使用材料
      田島ルーフィング オルタックエース

      横浜市南区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根新設,その他の工事
      築年数
      30年
      使用材料
      鎌倉製作所 特注ドーム型トップライト


      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      19年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック


      同じ工事のブログ一覧

      軒天工事が必要になる理由|軒天に良く使用される「ケイカル板」の特徴とは?

      2024/05/23 軒天工事が必要になる理由|軒天に良く使用される「ケイカル板」の特徴とは?NEW

       屋根が外壁から飛び出している部分を「軒」と呼び、それを見上げた際の天板が「軒天」です。  屋根工事と言えば「屋根塗装」など、屋根材のメンテナンスを想像する方が多いのではないでしょうか。  しかし、軒天も屋根材同様、劣化が著しく進行・不具合が生じた場合にはメンテナンスを必要とします(>...続きを読む

      ベランダ笠木からの雨漏りに注意!笠木の役割や雨漏りリスクが高い理由とは!?

      2024/05/22 ベランダ笠木からの雨漏りに注意!笠木の役割や雨漏りリスクが高い理由とは!?NEW

       ベランダの外周にある立ち上がり壁は「パラペット」と呼ばれ、落下による事故や雨水が外壁に流れ出てしまうことを防止する役割を担っています!  しかし、パラペットは強い雨風に常に晒されており、特にパラペットの上部は雨が打ち付ける場所でもあります。  そこで、パラペット上部に備え付けられているのが...続きを読む

      カーポート屋根におすすめな「ポリカーボネート」とは?特徴・メリットと併せてデメリットを徹底解説

      2024/05/19 カーポート屋根におすすめな「ポリカーボネート」とは?特徴・メリットと併せてデメリットを徹底解説

       一昔前、カーポート屋根やベランダ波板屋根材の主流と言えば「塩化ビニール(塩ビ)」でした。  しかし、塩ビは経年劣化が進行しやすく、熱や紫外線の影響を受けやすい特徴を抱えています(>_<)  そうした中、最近になってカーポート屋根・ベランダ波板屋根材の主流となっているのが「ポリカ...続きを読む

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

                                 

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!