屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市港南区丸山台にて屋根と外壁メンテナンスについてご相談 .....

横浜市港南区丸山台にて屋根と外壁メンテナンスについてご相談 まずは現状の把握が大切です

更新日:2022年9月15日

 横浜市港南区丸山台にお住いのお客様より、屋根と外壁の点検依頼をいただきました。屋根の色褪せも気になりだしたということで、初めてのメンテナンスを考え始めたとのことでした。新築後、10年経過した頃から屋根や外壁のメンテナンス時期となります。屋根の色褪せが顕著に見受けられるようになったり、外壁を手で軽くこすった時に色が付いたり(チョーキング現象)、目地のシーリングにヒビ割れが確認出来たり・・というよなメンテナンスサインが出てきます。今回は、屋根部分の点検結果をご報告します。

スレート屋根の色褪せ

色褪せ コケ

 薄型化粧スレート瓦は、もともと防水機能が無いため、表面を塗装することで防水性や防藻性等を持たせています。表面の塗膜は、紫外線や雨風等を受け、経年により徐々に剥がれてしまうため、定期的な塗装メンテナンスが必要です。スレート屋根材の耐用年数は25年~30年程ですので、塗装メンテナンスは、10~15年に一度行われることが望ましいです。耐用年数を迎える頃には、屋根カバー工法や葺き替えなどのリフォームが必要です。

 屋根全体の小口部分にオレンジ色のが発生し始めていました。塗装メンテナンスの際に注意が必要な部分として、縁切りがあります。屋根材の重なり部分(小口)から屋根内部に入った雨水が排出されるようになっていますが、塗装をする際にこの小口部分を塗料で塞いでしまうと、雨水が排出できなくなり雨漏りや屋根材の傷みに繋がります。近年は、縁切りのために「タスペーサー」という部材を小口部分に差し込んで塗料で塞がらないようにすることが多いです。

補修が必要な部分

スレート屋根 ヒビ 棟板金釘浮き

 屋根材にヒビ割れがいくつか発生していました。ヒビ割れや欠けがあった場合も、下地の防水紙に不具合や破れなどが無く、きちんと機能していれば雨漏りに繋がることはありません。しかし、防水紙にも耐用年数があり、種類にもよりますが多くは約20年です。10年経過した頃から劣化が始まるといわれています。屋根塗装を行う際は、ヒビ割れ等の補修を行ったうえで塗装メンテナンスを進めてまいります。

 棟板金のほぼ全箇所で、釘浮きを確認しました。同じような浮き具合でしたので、内部の貫板の劣化状態も同じくらいであることが推測できます。状態により、ビス固定による補強をするのか、棟板金交換を行い屋根塗装をするのかをご提案するようになります。

劣化で雨漏りに繋がりやすい部分

ケラバ板金 シーリング剥がれ 天窓水切り板金

 屋根の端部分にあるケラバの板金と外壁の取り合い部分のシーリングが剥がれてきていました。金属の板と外壁材という異素材がぶつかる部分には、雨水が浸入しないような仕様(水切り/雨仕舞)とシーリング処理が施されていますが、シーリング部分が剥がれてしまうと、横殴りの雨の吹き付けや、外壁を伝って流れてきた雨水が浸入しやすくなってしまいます。

 また、天窓も設置されていましたので、こちらにも雨漏りを防ぐ仕様が施されています。経年劣化により、機能が発揮されなくなると雨漏りに繋がりますので、定期的な点検や補修が大切です。天窓の耐用年数は30年程です。既に部品が手に入らない事が多く、耐用年数を迎える天窓は交換のご案内になることが多いです。

 私たち街の屋根やさんでは、引き続き新型コロナウィルス感染予防のため、手指の消毒・マスク着用等の徹底をおこない、訪問時もご安心していただけるよう努めております。

参考価格

●棟板金SUSビス増し打ち工事:税込1,650/m~
●棟板金交換工事:税込6,050円/m~ ※棟の位置等により変わります
●屋根塗装:遮熱塗料で塗り替え 217,800円~(税込み)※屋根面積60㎡まで
高圧洗浄、タスペーサーでの縁切り、計3回塗り(下塗り・中塗り・上塗り)

 記事内に記載されている金額は2022年09月16日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
 前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。断熱塗料・遮熱塗料 夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる断熱塗料は夏の冷房と冬の暖房、二つの季節の光熱費を削減してく…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
 新型コロナウィルスの新規感染者数も全国的に落ち着きを見せ始め、5月末までに延期された緊急事態宣言も一部解除を見据えた動きが活発化しています。  とは言え、感染症であるゆえに新たな第二波、第三波による感染拡大の恐れという緊張感、そして暗い雰囲気が私たちの生活を覆っていることに変わりはないのではないで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      横浜市港南区のその他のブログ

      2022/03/7 横浜市港南区上永谷で飛び込み業者さんに指摘された棟板金を確認してきました

      棟板金が外れそうだから工事をしましょう 横浜市港南区上永谷にお住まいのお客様より、近くで工事をしていたという業者さんから屋根の板金が外れそうだから工事をした方がいいと言われたので、別の業者さんにも見てほしいと思って連絡しましたとお問合せをいただきました。この、「近くで工事をしていた業者」「屋根の板金...続きを読む

      2022/02/22 横浜市港南区芦ヶ谷で棟の歪みの指摘を受けた瓦屋根を調査しました

      棟瓦が歪んでいるから工事をした方がいいと言われた 横浜市港南区芦ヶ谷で飛び込みの業者さんから棟瓦の歪みの指摘を受けたので状態を確認してほしいとお問合せをいただき、現地にお伺いしてきました。棟板金や棟瓦の不具合を指摘してくる訪問業者さんは非常にたくさんいらっしゃいますが、そのほとんどが何ともない屋根に...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市港南区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      30年以上
      使用材料
      横暖ルーフαS グリーン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約32年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブルー

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      現場ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる