屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 和風建築に使われる平瓦、名前がよく似た平板瓦との違いやメリッ.....

和風建築に使われる平瓦、名前がよく似た平板瓦との違いやメリット・デメリットをお話します

更新日:2020年7月2日

 平瓦とは数ある瓦の種類の中でも、純和風建築に用いられる瓦の種類です。平瓦にとても良く似た「平板瓦」というものもありますが、これと平瓦はまったく形状がことなり、設置した建物の趣は随分違ったものになります。
 このページでは平瓦だけでなく、代表的な瓦の形状、さらにそれらの違いについてご説明いたします。

 

平瓦

 

平瓦とはなんだろう

 平瓦は瓦の種類ですが、実際にこの瓦を使って屋根に葺く場合は本瓦葺きで行います。平瓦はゆるく上向きにカーブしており、それを並べて設置します。平瓦と平瓦の継ぎ目部分には丸瓦という、半円状の瓦をかぶせて、継ぎ目を覆って雨水が入り込まないように設置しており、この葺き方が本瓦葺きといいます。

丸瓦と平瓦を組み合わせて本瓦葺 平瓦は軒先に向かってゆるくカーブしている

平瓦のメリット

 なんと言っても平瓦が使われた建物は、平瓦でしか出せない重厚な景観になることです。瓦の上に円柱状の瓦が棟から軒先にゆるいカーブを描いて伸びる様は、まさに風建築を代表するデザインともいえるでしょう。通常は鬼瓦などにデザイン性を演出することが一般的ですが、平瓦の屋根は軒先の瓦にも家紋などをデザインすることができます。

平瓦は仏閣などに使われる 平瓦は家紋を軒先部分に装飾できる

 

 

平瓦のデメリット

 もともと粘土瓦は重量があるのですが、平瓦の屋根を葺く場合は使用する瓦も多く、通常の瓦屋根よりも重くなってしまいます。
 屋根が重くなればそれだけ柱なども強固な材が必要になるため、寺院仏閣、お城といった建物でしか使われておりませんでしたが、その重さを克服した桟瓦というものがでてきました。
桟瓦は平瓦と丸瓦が一体化しており横から見るとS字状になっています。桟瓦は現在、寺院仏閣以外にも和風の一般住宅にも多く使われている屋根材です。

平瓦が使われている熊本城

 

平瓦と平板瓦の違いは?

 とても名前の似た平瓦と平板瓦、名前が似ているので同じ瓦と思われがちですが、その形状は全く違うものです。
 平瓦はゆるいカーブを持った瓦で、丸瓦と組み合わせて本瓦葺きになりますが、平板瓦は名前の通りフラットな形の瓦で、平板瓦同士を組み上げて仕上げます。
 ちなみに平板瓦は数種類あり、F型Uタイプは厚みが14mmから20mm程度で屋根面に凹凸が目立つのが特徴です。他にもF型Fタイプといってほとんど凹凸がなくフラットな仕上がりになるもの、さらにF型Mタイプという瓦一枚に半月状のアールが2つついたタイプなどがあります。
 ちなみに平板瓦のF型のFは諸説あり、フランス瓦にもとても似ていることから、フランスのFが由来である説や、平という意味のフラットからFという説があります。

F型瓦 F型瓦は太陽光パネルの設置に向いている

※瓦工事についての詳細はこちら

 

平瓦の重さは耐震性にも影響がある?

 平瓦は丸瓦と合わせて本瓦葺きを行うため、屋根自体がとても重くなります。実は建物において、耐震性に影響を大きく与えるのが屋根の重さです。屋根が重いと、地震の揺れ幅がそれだけ大きくなり、その影響で棟が崩れたり瓦のズレ、さらには壁や躯体などにも影響を与えることがあります。
 そのため、各メーカーでは軽量な屋根材を多く出しており、和瓦の見た目でありながら、重さは1/3程度の屋根材などが多くの建物で使われています。

重量のある粘土瓦は地震に弱い 地震で外壁にひび割れが発生している

 

軽量瓦とは

 瓦にしたいけど重さが気になるという方には、軽量瓦がおすすめです。軽量瓦はその名の通り、従来の日本瓦より軽い瓦です。耐用年数も30年と長く、メンテナンス頻度も少なくコストパフォーメンスの高い屋根材と言えます。また、日本瓦よりも費用が安いのも魅力ですが、スレート屋根や金属屋根に比べると高いです。
 軽量瓦にはいくつか種類があります。その中でもおすすめしたいのが防災瓦です。防災瓦は、瓦の弱点である強風や地震で瓦がずれたり落下することを防ぐ瓦です。瓦同士が噛み合う構造になっており、瓦をビスで屋根に固定しているため災害に強い構造になっています。基準風速の1.5〜1.8倍の風に耐えられると言われています。さらに震度7の揺れでも防災瓦の落下や破損は見られなかったという実験結果もあり、地震が多い日本にとって安心な瓦です。日本瓦の重さは1㎡あたり約43kgであるのに対し、防災瓦は1㎡あたり約39kgです。この数字だけでは本当に軽量なの?と思われるかもしれません。しかし屋根全体瓦を敷くと、軽量瓦の方が日本瓦より軽自動車約1台分も軽くなります。地震が来ても安心です。

 

屋根材を軽さで選ぶなら金属屋根がおすすめです

 耐震性を考慮し、屋根を軽量にしたいとお考えの方には金属屋根材がおすすめです。金属と粘土瓦を比較すると、重さは約1/10と非常に軽量です。
 今まで金属屋根というえば、波板トタンなどチープな印象をお持ちの方もいたかもしれませんが、現在ではデザインに優れた金属屋根材が多くあります。
 私達街の屋根やさんでは、金属屋根材といっても表面に天然石を施している、ディーズルーフィングシリーズを取り扱っています。この屋根材の特徴は、まず第一に景観の良さです。天然石によって金属屋根材のツルッとした印象がまったくなく、重厚な趣があります。また、使われている金属はサビに強いジンカリウム鋼板です。耐用年数も30年以上の長寿命、十数年はメンテナンスも不要ですので安心です。

金属屋根材について、もっと詳しく知りたい方は詳細ページを御覧ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなとこ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる