屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 茅ヶ崎市萩園でオークリッジスーパーを使用した、以前と比べて色.....

茅ヶ崎市萩園でオークリッジスーパーを使用した、以前と比べて色鮮やかになる屋根葺き替え

更新日:2019年8月1日

【施工前】

【施工後】

築年数42年

平米数14.9㎡

施工期間3日間

使用材料オークリッジスーパー(テラコッタブレンド)

費用33万円

保証10年間

ハウスメーカー近隣の工務店

屋根葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


茅ヶ崎市萩園にお住まいになられているW様より、「急に雨漏りがしてきて困ってます。一度点検してもらって必要な工事で直してほしい」という雨漏りのお困りがきっかけとなり調査のご依頼がございました。茅ヶ崎市萩園W様は3年前にも工事のご依頼をいただいているお客様です。茅ヶ崎市萩園W様のお宅は築40年以上が経過しており、これまで屋根や外壁のメンテナンスに関して、塗装では行ってはおりましたが、抜本的なメンテナンスは行っていなかったそうです。1階寝室の天井から滴っていることに気が付いたそうで、染みが出来ていることに気が付いたそうで、寝室の天井には変色した染みが出ている状態でした。寝室の真上は2階のお部屋ではなく、スレートを使用した屋根になっておりました。塗装でのメンテナンスはスレートを長持ちさせるための役割があり、塗装でのメンテナンスでは雨漏りを防ぐことは直接的には出来ません。築年数が経過すればある程度の時期で、雨漏りを防ぐために新しい屋根材を使用した抜本的なメンテナンスを行う必要が出てきます。雨漏りが発生している屋根は野地板から新しくする必要があるため、屋根葺き替え工事を行わなければなりません。茅ヶ崎市萩園W様のお宅の屋根に使用する屋根材は、オーウェンスコーニングジャパンさんのオークリッジスーパーを使用しました。オーウェンスコーニングジャパンさんのオークリッジスーパーはファイバーグラスシングル材と呼ばれる種類の屋根材です。色が踊ったように見えるためデザイン性の高さも魅力的です。色は7種類の中から選ぶこと出来るため、周囲の建物の色やご自宅の外壁の色とも合わせやすいのも特徴です。材料にはメーカーからの保証もついておりますので安心な屋根材です。茅ヶ崎市萩園W様のお宅では、その7種類の中からテラコッタブレンドを選んで屋根葺き替え工事をいたしました。テラコッタブレンドはオレンジ色がベースの明るい色です。
茅ヶ崎市萩園にお住まいになられているW様より、「急に雨漏りがしてきて困ってます。一度点検してもらって必要な工事で直してほしい」という雨漏りのお困りがきっかけとなり調査のご依頼がございました。茅ヶ崎市萩園W様は3年前にも工事のご依頼をいただいているお客様です。茅ヶ崎市萩園W様のお宅は築40年以上が経過しており、これまで屋根や外壁のメンテナンスに関して、塗装では行ってはおりましたが、抜本的なメンテナンスは行っていなかったそうです。1階寝室の天井から滴っていることに気が付いたそうで、染みが出来ていることに気が付いたそうで、寝室の天井には変色した染みが出ている状態でした。寝室の真上は2階のお部屋ではなく、スレートを使用した屋根になっておりました。塗装でのメンテナンスはスレートを長持ちさせるための役割があり、塗装でのメンテナンスでは雨漏りを防ぐことは直接的には出来ません。築年数が経過すればある程度の時期で、雨漏りを防ぐために新しい屋根材を使用した抜本的なメンテナンスを行う必要が出てきます。雨漏りが発生している屋根は野地板から新しくする必要があるため、屋根葺き替え工事を行わなければなりません。茅ヶ崎市萩園W様のお宅の屋根に使用する屋根材は、オーウェンスコーニングジャパンさんのオークリッジスーパーを使用しました。オーウェンスコーニングジャパンさんのオークリッジスーパーはファイバーグラスシングル材と呼ばれる種類の屋根材です。色が踊ったように見えるためデザイン性の高さも魅力的です。色は7種類の中から選ぶこと出来るため、周囲の建物の色やご自宅の外壁の色とも合わせやすいのも特徴です。材料にはメーカーからの保証もついておりますので安心な屋根材です。茅ヶ崎市萩園W様のお宅では、その7種類の中からテラコッタブレンドを選んで屋根葺き替え工事をいたしました。テラコッタブレンドはオレンジ色がベースの明るい色です。


担当:佐々木


【施工の様子】

1階の天井から雨漏り発生

茅ヶ崎市萩園W様のお宅で発生した雨漏りは、1階寝室の天井に滴ってきました。お部屋に通していただきまして、まずは状況の把握に努めます。天井材と天井材の突き合わさっているところには大きな隙間がある訳ではございませんが、滲み出たような変色した染みが出来ておりました。茅ヶ崎市萩園W様の最初は全く気が付かなかったそうですが、歩いた床が濡れていたことで初めて天井を見上げて判明したそうです。染みの量や染みの範囲からして、雨漏りが発生した時期は最近であると判断できます。雨漏りが発生した場合は、野地板や屋根を構築している木材、そして天井材などに被害をもたらすので、被害が拡大することを防ぐために早く解消する必要がございます。

雨漏りしている地点を外側から撮影 葺き替えるときに障害となる部分の確認

屋根に上がって外からの状況を把握します。茅ヶ崎市萩園W様のお宅で発生した雨漏り地点の真上は、下屋と呼ばれる1階のお部屋のための屋根となっておりました。使用されている屋根材はスレートです。割れている訳でもなく棟板金が無くなっている訳でもございませんが、雨漏りは確実に発生しております。雨漏りが発生するときに、必ずしも外から見て原因が特定できる訳ではございません。ただ、雨漏りするときは屋根材の隙間や屋根材自体から雨水が侵入して、内部にある防水紙(ルーフィング)にも浸透することで起こります。その後、野地板にも浸みこんで天井材にたどり着きます。雨漏りが天井に出るときはこの流れで起こり、野地板が傷んでしまうので屋根葺き替え工事を行う必要があります。下屋(1階の屋根)は外壁との絡みがあります。屋根を葺き替えるときは、野地板を重ね張りしまうので屋根の厚みが既存と比べて厚くなります。茅ヶ崎市萩園W様のお宅の下屋を葺き替えるときには、2階の窓の木枠と絡んでしまいそうでしたので、新しく使用する屋根材や棟材の厚みを考えて選ばなくてはなりませんでした。

 

【既存の化粧スレート撤去】

既存のスレートをどんどん撤去 既存のスレートを撤去していきます

屋根葺き替え工事でまず最初に行うのは、既存の屋根材を取り外して降ろすことから始まります。外してそのまま屋根に置いておくと次の工程に進まなくなりますので、屋根の上から既存のスレートを全てどかしてしまいます。まずは棟包みを撤去して、棟側にある化粧スレートから取り外していき、徐々に軒先にあるスレートまで取り外してます。塗装してあるスレートは、スレート同士が塗膜でくっ付いていることが多いので、塗装されていないスレートの撤去作業と比べて時間がかかります。

撤去したスレートは昇降機を使用して降ろします 既存のスレートが無くなったら屋根面を清掃します

取り外した化粧スレートは昇降機を使用して下に降ろしていきます。スレートは1㎡あたり20㎏~25㎏ほど重量がありますので、人が持って降ろすには限界がります。なので葺き替えを含めたそれ以外の屋根工事も含めて昇降機は必需品です。化粧スレートを屋根の上で一定量集めて、それから昇降機で降ろす行為を繰り返して、最終的に屋根に既存の化粧スレートが無くなる状態にします。埃や小さなゴミが落ちておりますので清掃して次の作業に入ります。

 

【野地板重ね張り・防水紙敷設】

新しい野地板を取り付ける 葺き替え工事だけが野地板を新しくすることが出来る

既存の屋根材を撤去して屋根面を清掃したら、今度は新しい野地板を重ね張りします。既存の屋根に対して野地板を新しくすることが出来るのは、葺き替え工事しかありません。なので葺き替え工事は屋根工事の中で最大にして最善の工事なのです。この後に行う、防水紙(ルーフィング)の敷設や新しい屋根材の取付け、新しい棟材の取付けも、この新しい野地板に固定することになります。どんなに新しい材料を使用しても野地板(下地)がしっかりしていなければリスクを伴います。雨漏りをすると野地板が傷んだり腐食している可能性があるため、雨漏りの不安を一番解消出来るのは屋根葺き替え工事と言えるのです。

やっぱり防水紙 防水紙は雨漏りを防ぐ役割

新しい野地板を張り終えると、軒先に新しい水切りを取付けて軒先側から棟側に向かって横方向に防水紙を敷設していきます。棟に差し掛かると左右両側から重ねて棟の部分は2重にします。屋根からの雨漏りは防水紙により防がれている部分が多く防水紙の敷設はとても大切な工程です。万が一でも雨漏りしない状態を作り上げます。防水紙は重ねる幅がとても大切です。防水紙(ルーフィング)は、棟に継ぎ目が来ないように張っていきます。

 

【急に雨が降っても適切に対応】

急な雨にも適切に対応します

雨漏りは雨が多い時期に多く発生します。雨漏りは雨が降っているときに発生し発覚します。当たり前かもしれませんが、その雨漏りを早くな直そうとすると、残安ながら雨に遭遇することも多いのです。茅ヶ崎市萩園W様の屋根葺き替え工事中にも予報にない急な雨が降ってきました。しかしご安心ください。雨に降られても問題のない準備をして、工事に臨んでおります。防水紙(ルーフィング)を敷設したタイミングで急に雨が降ってきました。本来防水紙(ルーフィング)は雨水を透さないので、敷設が完了していれば雨漏りの心配はないのですが、念には念をということで防水紙(ルーフィング)の外からブルーシートも被せてより安全な養生を行いました。

 

【オークリッジスーパー取付け・棟納め】

雪止めを設置しながら本葺き 全体を本葺きし終わりました

オークリッジスーパー(テラコッタブレンド)は、それぞれの部材でまとまって梱包されております。屋根の面積や役物の長さに対して、必要な数量を発注して納品します。茅ヶ崎市萩園W様のお宅の屋根の形状は、寄棟を半分にした屋根形状をしております。オークリッジスーパー(テラコッタブレンド)を、防水紙と同様で軒先側から棟側に向かって横方向に取付けていきます。軒先側には雪止め金具を設置ながら取り付けていきます。オークリッジスーパーは仕上がった後に雪止め金具を設置することが出来ない屋根材です。使用するこのタイミングでしか設置出来ませんので、雪止め金具は設置することをおすすめいたします。

同質の棟材をカットしていきます 同質の棟材を取り付けていきます

茅ヶ崎市萩園W様のお宅では、棟に使用する棟材にヒップ&リッジと呼ばれる同質タイプを採用しました。板金タイプの棟材もありますが、ヒップ&リッジと呼ばれる同質タイプの方がデザイン的にも良く材質的にも長持ちします。ヒップ&リッジを固定している釘頭が板金タイプのように外部へ露出しないのも良いところです。ヒップ&リッジは1枚のものをカットして取り付けていきます。色もランダムなので平場のデザインに合うように作られております。

 

【完成】

オークリッジスーパーを使用した屋根葺き替え

茅ヶ崎市萩園W様のお宅のオークリッジスーパー(テラコッタブレンド)を使用した屋根葺き替え工事が完成しました。今回使用したオークリッジスーパーのテラコッタブレンドという色は、オレンジ色がベースとなっている色で、ヨーロッパにある瓦屋根の色を彷彿とさせる色合いです。ヨーロッパの瓦の色も赤土のようなオレンジ色がメインで、その中に少しだけ茶色の瓦が混じっていることが多いので余計にヨーロッパ調な感じがします。オークリッジスーパーは全部で7種類の色から選ぶことが可能です。テラコッタブレンド以外には、オニキスブラック、ハーバーブルー、シャトーグリーン、エステートグレイ、デザートタン、ブラウンウッドがあります。オークリッジスーパーはオーウェンスコーニングジャパン合同会社さんの製品で、ライフタイムワランティーという制限付きの長期製品保証が付いておりとても安心な屋根材です。弊社でも10年の施工保証をお付けしています。施工性も高く工期が比較的短い期間で仕上がります。またメンテナンスフリーの屋根材ですので長期にわたりメンテナンスの必要がありません。ヨーロッパの屋根を表現できるテラコッタブレンドを使用して、茅ヶ崎市萩園W様も「2階から見る景色が変わった」とお喜びのご様子でした。この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      18年
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)

      施工内容
      屋根葺き替え,瓦屋根から金属屋根へ屋根葺き替え
      築年数
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)

      茅ヶ崎市と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      24年
      使用材料
      コロニアルクァッド


      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      20年
      使用材料
      オークリッジスーパー


      同じ工事のブログ一覧

      座間市さがみ野にて屋根調査、塗装せず20年以上経過したコロニアル屋根の傷みとは

      2020/05/30 座間市さがみ野にて屋根調査、塗装せず20年以上経過したコロニアル屋根の傷みとは

       塗装が必要な屋根材であるコロニアル・化粧スレート屋根を長い間リフォームしていないと、きちんと屋根材の機能を果たしてくれず、雨漏りに繋がります。  本日は座間市さがみ野にて、屋根葺き替え工事を検討されていらっしゃるお客様よりお問合せを頂き調査に伺った際の様子をご紹介致します。こちらの建物は下屋が建...続きを読む

      藤沢市遠藤にて強風によりスレート屋根が破損、屋根葺き替え工事の着工までにこれ以上傷まないよう養生を行いました

      2020/05/25 藤沢市遠藤にて強風によりスレート屋根が破損、屋根葺き替え工事の着工までにこれ以上傷まないよう養生を行いました

       本日は藤沢市遠藤にて屋根葺き替え工事着工までの間に、今以上屋根の傷みが広がらないように「養生」を行った時の様子を紹介します。  屋根葺き替え工事を行うことになったきっかけは強風によりアンテナが倒れていざ調べてみたら想像以上にスレート屋根に傷みが広がっていました。小屋裏に湿気が溜まりやすい構造にな...続きを読む

      藤沢市長後にて築40年経過したアパートの屋根調査、瓦棒葺きのトタン屋根が一面パコっとめくれている場合は葺き替え工事が必要です

      2020/05/22 藤沢市長後にて築40年経過したアパートの屋根調査、瓦棒葺きのトタン屋根が一面パコっとめくれている場合は葺き替え工事が必要です

       藤沢市長後にて築40年以上は経過しているアパートの屋根が強風により飛散した事がきっかけで弊社にお問い合わせを頂きましたので、本日はその様子をお伝えいたします。  こちらの賃貸アパートのオーナー様が遠方から来られており、現地にて初めて屋根を見たときはびっくりされていたそうです。確かに今まで何もメン...続きを読む

      お問い合わせバナー

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!