屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > ブログ > 長年かけて溜まった雨樋の詰まりを解消する雨樋工事|横浜市西区

長年かけて溜まった雨樋の詰まりを解消する雨樋工事|横浜市西区

更新日:2018年4月21日

雨季や梅雨の時期は雨量が多い傾向にあり、そんなときこそ雨樋が最大限に役立つはずですが、台風や積雪が繰り返されることで、役立って欲しいときに発揮されないパターンはよくある話です。雨樋の不具合と言えば、割れや撓みなどの雨樋の材料自体に原因がることが多いのは事実ですが、そうでないパターンもあります。それが雨樋の詰まりです。ベランダ桝から呼び樋を通って合わせ桝までの間や急な角度で短くクランクしている樋で詰まりは起こります。雨樋が詰まる原因はいくつかパターンがあります。日頃からからバルコニーやベランダでの物干しで、落ちた髪の毛や糸くずが雨水で流れることの繰り返しで起こるパターン。バルコニーやベランダでペットを放し飼いにしていて獣毛により詰まるパターン。雨樋の勾配や急な角度で短くクランクしているなどの雨樋の取付け方によるパータンがあります。横浜市西区D様のお宅では、「バルコニーの上裏に染みが出ている」とのお困りのご相談があり調査にお伺いしましたが、見たり触って利するだけの調査では原因の特定が出来ないため、散水試験をさせて頂くこととなりました。

 

 

【散水試験により原因を特定する】

雨樋詰まり1 雨樋詰まり2

バルコニーの上裏を見ると、雨樋周囲の天井材に確かに染みが出来ておりました。指で軽く触っただけで亀裂が入り割れてしまうほど傷んでおりました。「バルコニーの天井に染みが出ている」とのお悩みのご相談により散水試験をすることとなりましたので、バルコニーのドレン周辺に向かって水をかけていきます。少しの量ではなく、高圧洗浄機を使用してたくさんの水量を一気に出して原因が特定しやすい状況をあえてつくります。

 

 

雨樋詰まり3

暫く水を流し続けてみると、バルコニーに水が溜まり始めました。どこか詰まってるなと思いバルコニーの上裏側を見てみると、ご覧の通り天井材の割れ目や継ぎ目からボタボタと水が漏れておりました。これで雨樋に詰まりがあることが確定しました。

 

 

雨樋詰まり4

雨樋を少し揺すってみると、雨樋の継ぎ目からバシャバシャとすごい勢いで水が出てきます。この間は「ゴー!」という低い音が鳴り響いておりました。画像しかお届け出来ないのが非常に残念なのです。

 

 

雨樋詰まり5

詰まりの原因を解消するために、雨樋を外して雨樋内部を清掃していると真っ黒い塊がごそっと出てきました。これが雨樋に詰まりをもたらしていた真の原因です。真犯人です。雨樋はご自宅の環境により詰まりが発生します。環境と言うのは、バルコニーや2階の雨樋より高い位置にある木々が周囲にあることです。この環境にあるお宅は雨樋の詰まりが起こりやすい傾向があります。バルコニーやベランダ絡みの雨樋に詰まりが発生すると、上裏や軒天の天井材も染みが出て傷んでしまい、傷み具合によっては交換しなければならなくなるので、余計なコストがかかることに繋がります。これからは雨量の多い時期に入っていきますので、1度前もった調査をしておくことをおすすめします。街の屋根やさんでは原因特定のための散水試験を行っており、詰まりや漏れなどの現象面に対しても入念な調査が可能です。雨樋・屋根・詰まり・雨漏りは街の屋根やさんにお任せ下さい。

フリーダイヤル0120-989-936。

 

 

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市西区のその他のブログ

      2018/08/3 横浜市西区で使用できる屋根材が限られる低勾配な屋根を立平葺きへ葺き替え
      横浜市西区で使用できる屋根材が限られる低勾配な屋根を立平葺きへ葺き替え

         ご自宅の築年数が長くなっていくと、色々なところに手入れが必要となります。実は屋根も手入れが必要になります。屋根カバー工事や屋根葺き替え工事、瓦屋根では葺き直し工事など、既存の屋根材や屋根の状態によって様々な手入れの仕方があります。屋根は棟から軒先に向かって斜めになっている屋根が多いのですが、その斜めの角度がご自宅によってそれぞれ違います。急勾配の屋根もあれば、比較的緩い低勾配な...続きを読む

      2018/07/29 庇はポリカーボネートのメンテナンスだけにあらず|横浜市西区
      庇はポリカーボネートのメンテナンスだけにあらず|横浜市西区

         庇やご自宅の外部に建てられているルーフの屋根材として、ポリカーボネートを使用していることが多くなって参りました。ポリカーボネートは透明性が高く燃えにくく、耐候性や耐久性に優れているため、ガラスやアクリルを使用する場面で代わりに使用されることが多くなって参りました。そんな庇やご自宅の外部に建てられているルーフに使用されるポリカーボネートですが、ポリカーボネート自体に問題は無くても...続きを読む

      2018/07/8 台風や大雨の被害に遭う前にポリカーボネートの張り替え|横浜市西区
      台風や大雨の被害に遭う前にポリカーボネートの張り替え|横浜市西区

         長年使用している駐車場や庭先のポリカーボネート。紫外線に強く耐候性にも優れているとは言えど、日々の風圧や大雨により劣化は進行していきます。これからは台風や大雨が発生する時期になりますが、この時期はポリカーボネートに穴が空いたり、割れて飛ばされたりすることがよく起こる時期でもあります。建物の屋根と同様に、駐車場や庭先のポリカーボネートも屋根としてメンテナンスが必要なタイミングが出...続きを読む

      2018/06/27 板金で造られている瓦棒葺き屋根の葺き替えの目安とは|横浜市西区
      板金で造られている瓦棒葺き屋根の葺き替えの目安とは|横浜市西区

         瓦棒葺き屋根とは、使用されている材料が板金であることが殆どで、心木という木材に全ての板金を固定して仕上げてあります。この瓦棒葺きは、勾配の緩い屋根にとても有効的で1寸勾配から施工が可能な葺き方です。長く使用していると劣化が進行していろいろなところが傷んできますが、横浜市西区F様のお宅で屋根調査した際にも、代表的なところが傷んでおりました。今回は板金で造られている、この瓦棒葺き屋...続きを読む

      2018/06/1 棟板金が飛散して雨漏りするときはこのような状態のとき|横浜市西区
      棟板金が飛散して雨漏りするときはこのような状態のとき|横浜市西区

         日本の一般的な住宅の屋根で、一番使用されている屋根材は、化粧スレートという種類の屋根材です。その化粧スレート屋根の棟部分は、板金を被せて固定されております。その板金を棟板金と呼びます。以前はカラー鉄板を使用していることが多かったですが、現在はガルバリウム鋼板を使用した棟板金が主流です。横浜市西区N様のお宅より、「棟板金が一部取れてしまっている」とのお悩みのご相談がありましたので...続きを読む

      2018/01/20 放置されることの多いアパートの屋根を調査|横浜市西区
      放置されることの多いアパートの屋根を調査|横浜市西区

         アパートは建物のなかでも、メンテナンスが行われずに放置されることが多いようです。アパートでお住まいになられている方は、賃貸でご入居されているため普段から見る訳も無く、オーナー様もご自宅のように普段からお住まいになられることもないため、アパートのメンテナンスは放置されることになり、気づいたときには抜本的な工事を余儀なくされる場合もあります。アパートオーナー様からのご依頼で、横浜市...続きを読む

      2018/01/16 昨年の台風が原因の被害はまだあります|横浜市西区
      昨年の台風が原因の被害はまだあります|横浜市西区

         横浜市西区でお問合せのあった建物の調査をおこないました。屋根から金属の板が落ちてきたので見て欲しいというのがお問合せのきっかけでした。お伺いすると屋根の棟板金が落ちているのが確認出来ました。『棟板金が浮いているので直さないと直ぐに雨漏りします!』という業者が沢山いますが、棟板金が浮いているからといって直ぐに雨漏りする訳ではありません。棟は屋根の面と面を繋ぐ大切な所ですので、棟板...続きを読む

      2017/10/6 真の原因を解決しないままでは雨漏りの被害は止まりません|横浜市西区
      真の原因を解決しないままでは雨漏りの被害は止まりません|横浜市西区

         建物は築年数の経過により、全体的に傷みが生じてくるものです。どのお宅も決まってる箇所がある訳ではないのですが、屋根や外壁などのメンテナンスが必要と言われてる箇所以外にも生じてきます。雨漏りという現象もその一つです。新築時にすぐに雨漏りするケースを除くと、どこかしらの傷みが原因で生じるケースが多いです。その場合、雨漏りの原因を特定して解決しないと被害が拡がってしまいます。真の原因...続きを読む

      2017/08/30 横浜市西区小屋裏調査で未然に天井の染みや滴りを防ぎましょう
      横浜市西区小屋裏調査で未然に天井の染みや滴りを防ぎましょう

         天井に染みや滴りが発生していなくても雨漏りしていることはよくあります。 特に天井裏に断熱材を敷いているお部屋では、最初は全く気づかない場合が多いようです。 しかし、天井から染みや滴りが発生したときにはすでに野地板の腐食が始まっていて、上の画像のような状態になってしまっていることも少なくありません。 晴天の日に野地板を触ってみて湿って...続きを読む

      2017/08/29 横浜市西区の雨漏りしてもおかしくない屋上防水
      横浜市西区の雨漏りしてもおかしくない屋上防水

         横浜市西区で防水工事の調査をおこないました。マンションの屋上防水で経年によって大分酷い状態になっているとの事でしたので、どれ程の傷み具合なのか早速見てみましょう。 お盆が開けて晴天が続いていましたが、台風15号が近づいているみたいなので雨漏りに繋がる部分は、早めの点検・早めの対処が必須になります。 マンションの屋上には『シート防水』が施工してありまし...続きを読む

      2017/08/21 横浜市西区古いアクリル製波板はポリカーボネート製へ交換
      横浜市西区古いアクリル製波板はポリカーボネート製へ交換

         横浜市西区で玄関前のプラスチックの屋根が破損したとご相談がありました。 先日の大雨で破損したとのことです。最近はかなりまとまった雨が降ることが多いので、雨漏りや破損といった被害が相次いでおります。 建物玄関まで行ってみると、とても悲しい光景がありました。波板がは折れて木下地も落ちかけております。基本的に屋根材としてプラスチックは使用しません。これは...続きを読む

      2017/05/22 横浜市西区へ雨漏りしている建物の原因調査に伺いました
      横浜市西区へ雨漏りしている建物の原因調査に伺いました

         横浜市西区で建物の調査をおこないました。今日は天気も良くて暑いくらいでしたので半袖て建物調査です。 屋根はトタンの瓦棒葺きです。トタンとは薄い鉄板に亜鉛をメッキした板金で、昔から良く使われていた建築資材です。しかし亜鉛メッキはそれ程耐久性が高くないために、塗装工事などの適切なメンテナンスをおこなわないと鉄板が錆びてしまいます。 なんどか塗装した跡が...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市西区の施工事例一覧

      横浜市西区にある住宅屋上塔屋の屋根葺き替え工事

      【施工内容】
      屋根葺き替え

      二クスカラーつや消し

      横浜市西区で傷んだスレート葺替え工事です

      【施工内容】
      屋根葺き替え

      横浜市西区の施工事例 屋根葺き替え工事

      【施工内容】
      屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー