横浜市磯子区栗木にて訪問業者に指摘された棟板金調査、屋根全体の劣化も確認できた為に屋根カバー工事を行わせて頂きました

HOME > 施工事例 > 横浜市磯子区栗木にて訪問業者に指摘された棟板金調査、屋根全体.....

横浜市磯子区栗木にて訪問業者に指摘された棟板金調査、屋根全体の劣化も確認できた為に屋根カバー工事を行わせて頂きました

更新日:2023年10月05日

【施工前】
施工前スレート葺き

【施工後】
オークリッジスーパー葺き

施工内容屋根カバー工法、雨樋工事

築年数約25年

平米数約51㎡

施工期間5日間(足場工事除く)

使用材料オーウェンスコーニング
オークリッジスーパー

費用115万円

保証7年

ハウスメーカーハウスメーカー不明地元工務店

足場アイコン屋根カバー工法

【お問い合わせのきっかけ】


担当:新海


 最近、よく訪問業者に屋根の事を指摘されるのでそろそろ屋根の状態を確認してもらい、どの様な工事が必要なのか調査してほしいと横浜市磯子区栗木にお住まいのお客様より私たち、街の屋根やさんへご相談を頂きました。

 調査にお伺いしますと、アスベスト含有スレートでしたのでそこまで割れや欠けなどのスレート自体の傷みは見受けられませんでした。しかし、経年で以前塗装したというスレート表面の塗膜の劣化が進み、チョーキングが起きてしまっておりました。スレート自体が防水性能を有していない為に塗装により防水性能をもたせておりますが、塗膜が劣化しますとスレート自体が雨水を吸い込みやすくなり、反りや欠け、または滑落などにも繋がる為に定期的に塗装でのメンテナンスが必要な屋根材です。
 また訪問業者によく指摘されると仰られていた棟板金の経年劣化が確認出来ました。また、それ以外にも雨樋が詰まってしまっており、正常に雨水が排出できずにオーバーフローしているであろう箇所も確認できました。
 以上をご説明し、今回は屋根カバー工事雨樋の部分交換工事のご提案をさせて頂き、ご用命頂きました。
 最近、よく訪問業者に屋根の事を指摘されるのでそろそろ屋根の状態を確認してもらい、どの様な工事が必要なのか調査してほしいと横浜市磯子区栗木にお住まいのお客様より私たち、街の屋根やさんへご相談を頂きました。

 調査にお伺いしますと、アスベスト含有スレートでしたのでそこまで割れや欠けなどのスレート自体の傷みは見受けられませんでした。しかし、経年で以前塗装したというスレート表面の塗膜の劣化が進み、チョーキングが起きてしまっておりました。スレート自体が防水性能を有していない為に塗装により防水性能をもたせておりますが、塗膜が劣化しますとスレート自体が雨水を吸い込みやすくなり、反りや欠け、または滑落などにも繋がる為に定期的に塗装でのメンテナンスが必要な屋根材です。
 また訪問業者によく指摘されると仰られていた棟板金の経年劣化が確認出来ました。また、それ以外にも雨樋が詰まってしまっており、正常に雨水が排出できずにオーバーフローしているであろう箇所も確認できました。
 以上をご説明し、今回は屋根カバー工事雨樋の部分交換工事のご提案をさせて頂き、ご用命頂きました。


担当:新海


現地調査時の様子

 

屋根全体の写真 板金役物の錆

 

 調査のお伺いし屋根に上がらせて頂きました。築25年程で、以前に外壁塗装工事と共に屋根も塗装されたそうです。しかし、既に10年以上経過しており塗膜の劣化が顕著でした。

黒く見えるところは、数年前まで太陽熱温水器が設置されていた箇所になります。太陽光パネル等も同じですが設置されている裏側、スレート表面は塗装したくとも塗装でのメンテナンスが不可能です。撤去しての塗装は手間と予算も大きく変わってまいります。

 また、訪問業者に数年前の台風以降に何度も指摘されたという「棟板金」を確認してみます。錆が多くの箇所で散見され、棟板金を固定する為に打たれている釘も浮いている箇所が多く、飛散する可能性が高い状態である事が分かりました。

 

棟板金の浮き

 

 こちらが分かりやすい写真ではないでしょうか。大棟の棟板金がしっかりと固定できておらず手が丸々入ってしまいそうなほど浮いてしまっておりました。

横殴りの強風等が吹いたり、同時に雨が降ればここから浸水し、棟板金の下地材である木材の腐食や雨漏りにも繋がりかねません。

 また調査時に使用しているグローブも、表面が黒かった物がチョーキングが起きてしまい屋根と同色の緑色に変わってしまう程でした。塗膜の劣化はスレートが守られていない事と同じ意味となりますので、スレートが傷みすぎる前に屋根全体の改修が必要な事が分かりますね。苔や黒カビの繁殖もお住まいが教えてくれるメンテナンスのサインです。

 

塗膜劣化 集水マスのゴミの詰まり

 

 また、他にも見ていきますと棟板金以外にもスレート表面の塗膜の劣化が顕著に見受けられます。一年中紫外線や風雨からお住まいを守ってくれるスレート屋根材の塗膜が劣化し剥がれてしまっております。塗装でのメンテナンスも可能ではありますが、お住まいを雨漏りから守る最後の砦はスレート内部に隠れて目視できない「防水紙」にあります。防水紙にも耐用年数が設けられておりますので、築年数25年程を考慮しますと、防水紙の劣化も考慮に入れメンテナンスを考えなくてはなりません。また、アスベスト混入屋根材でもありますので処分費も高額になりがちです。

 屋根を見ていると軒先の雨どいも気になりました。写真を見て頂くとお分かりの様に、横に取付らている軒樋と、下水に流す竪樋とをつなぐ集水マスにヘドロ等、汚れが詰まって排水が出来なくなっておりました。

 今回の調査結果をご報告させて頂きまして、予算を抑えつつ屋根廻りの改修として屋根カバー工事と部分的な軒樋交換工事をご提案させて頂きました。

 

屋根カバー工事の様子

 

棟板金撤去 貫板撤去

 

 屋根カバー工事の時、最初に棟板金撤去、また下地である貫板の撤去や雪止めの切断作業などを行い、屋根全体を均しておきます。割れや欠け等がある場合などはこの時点でシーリングで補修をしておきます。

 もちろん汚れも残りますのでしっかりと清掃してから、次の工程にうつります。

 

防水紙敷設

 

防水紙敷設 遅粘着性防水紙

 

 街の屋根やさんでの屋根カバー工事では標準施工になりました、田島ルーフィングの遅粘着性防水紙であるタディスセルフを軒先から転がし、敷設していきます。

 通常の釘やステープルで固定する防水紙と違い、自らが屋根に食いつくように粘着してくれる防水紙ですので、既存の傷んだ屋根に無理な負担を強いる事がありません。既存の屋根を残す場合は新しい釘孔はあまり作らない方が雨漏り予防にもなりますので、遅粘着のタディスセルフを使用致します。もちろん、施工方法や予算などにより防水紙も様々ありますのでこれが絶対という事はございません。

 

役物の取付

 

軒先水切り ケラバ役物の取付

 

 防水紙敷設とほぼ同時に軒先水切り(写真左)や、ケラバ水切り(写真右)を取り付けてゆきます。カバー工事では既存の役物は残したまま取り付ける改修用の役物の取付を行います。

 どちらも工事に雨水の流れを雨樋に正常に送り、また屋根裏に滞留しないように取り付けられている為に、しっかりと施工しなければなりません。破風板・鼻隠し等が早期に傷まないように水切り役物が存在致します。

 

オークリッジスーパー葺き

 

軒先から葺き始めます 屋根材の取合いはカットします

 

 今回はオーウェンスコーニングのアスファルトシングル材、オークリッジスーパーにて屋根カバー工事を行わせて頂きました。

 お色は7色お選び頂ける中から、オニキスブラックをお選び頂きました。今までがグリーンだった為に、引き締まったイメージになります。

 施工は、雨樋が取り付けられております軒先から1列ずつ打ち込み葺いてゆきます。日当たりによって見え方が違って見えるのも特徴ですね。

 屋根材の特徴としましては、長期保証がついている事、瞬間最大風速50m/秒まで耐えられる耐風設計、軽くて錆が出ず防水性能が高い、表面のコーティングにより退色しにくく綺麗な状態が長い間維持できるなど、現在の屋根材に求められている物はほとんど有しており、お勧めの屋根材の中の一つです。

 街の屋根やさんでは、屋根カバー工事を税込877,000円より承っております。

 

オークリッジスーパー葺き

 

 こちらはオークリッジスーパーを全体に葺き終えた所の写真になります。ちょっと特殊な形状の屋根でしたが、職人の頑張りもありましてサクサクと施工が進みました。

 アスファルトシングル材の特徴として加工のしやすさもございます。複雑な屋根形状でも、屋根上で加工し施工を進められますので工期短縮をご希望されているお客様にもお勧めな屋根材です。これから屋根材の取合い部分からの雨水の浸入を防ぐ為に、棟を取り付けてカバー工事は完了となります。

 

棟納め

 

樹脂貫 板金の取合いは内側にシール打ち

 

 今回はより耐久性の高い樹脂製の下地材である貫板を使用しております。黒く見える板上の物が樹脂製貫板になります。ビスで野地板に固定した後に、ガルバリウム鋼板製の棟板金を樹脂製貫板にSUS製ビスにて固定致します。強風対策は万全です。また、棟板金も継ぎ目が生まれますので継ぎ目からの雨水の浸入がない様にシーリング材を打っておきます。

 

軒樋部分交換工事

 

水糸を張り勾配調整 軒といと竪といの繋ぎ

 

 また調査時に見受けられた詰まりを解消する為に、軒樋を部分交換致しました。竪樋は綺麗でまだ破損もなかったために軒樋とそれに関わる集水マスのみの交換となります。

 屋根カバー工事で使用致しましたオークリッジスーパーを黒にしましたので、雨樋も黒で揃えたいとのお客様のご要望がございました。

 

屋根カバー、軒樋部分交換工事竣工

 

オークリッジスーパーにてカバー工事

 

 横浜市磯子区栗木にて屋根カバー工事、軒樋部分交換工事が無事に竣工を迎える事が出来ました。

 当初、訪問業者の指摘が本当かどうかとてもご不安になられていたお客様も、屋根の仕上がりを見て安心して頂けました。

 街の屋根やさんでは施工中、気になる箇所もあるかと存じますので写真に残し報告書も作成させて頂いております。よく訪問業者等、しっかりと施工体制が整っていない業者に施工を依頼した後の不具合点検調査にお伺いすることも多いのですが、確認できるのは施工前と施工後の2枚など、施工中の様子がまったく分からない状態になっているお住まいも多いようです。

 私たちの施工ではそのような事がない様に現場管理にも気を付けておりますので、安心して工事のご用命を頂ければと思います。

 この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 記事内に記載されている金額は2023年10月05日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行ったS様のご感想をご紹介いたします

S様のアンケート

【工事前】

工事前お客様の顔写真

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
数年前の台風19号の影響の不安。時々、工事請負業者等が通りすがりに「お宅の屋根は工事が必要」との指摘がされていた。
Q3.弊社をどのように探しましたか?
インターネットで「屋根の補修」で探した
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
初めての工事依頼であったので、工事費の相場と必要最少限の工事内容の判断の知識がないため、業者の信頼関係に不安があった。
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
ブログの中の説明と、利用者の声で信頼できそうだった
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
とても丁寧な対応で安心できた。
工事前アンケート

【工事後】

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
工事の具体的内容をしっかり丁寧に説明してくれること
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
2019年台風19号後の翌年に工事の見積を依頼したY社です
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
ブログでの詳しい説明と利用者の声
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
屋根ということで自分の目で工事の進捗状況が確認できないのは仕方ないです。その分事前の説明、契約時の説明、完了報告の写真など安心できました。網戸の件、お手数お掛けしました。
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
丁寧な節目毎の説明で安心して任せられる
工事後アンケート

S様のアンケートを詳しく見る→

関連動画をチェック!

工場・倉庫の屋根修理は屋根カバー工法がお得!【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。 解体と廃材処理が必要な部分は棟板金くらいなので、葺き替えなどと較べると費用がお安…続きを読む

 毎年9月と10月になると、台風の影響により「棟板金の交換・修理」に関するお問い合わせを特に多く頂きます。 屋根の上で「異音が聞こえる」「屋根の頂上が浮いている」といった変化に不安を感じている方はいらっしゃいませんか? 台風以外でも、春一番や竜巻、木枯らしといった突発的な強風で棟板金が被害を受けるこ…続きを読む
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
 リフォーム業界における悲しい事実をお伝えしなければなりません。 屋根や外壁の修理だけでなく、リフォーム業界全体で詐欺やトラブルが増加しています。 たとえば、火災保険を利用したリフォームのトラブルは、国民生活センターに寄せられる相談件数が2010年から約20倍に増加しています。 台風や地震の被災地で…続きを読む
 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根が寿命を迎え…続きを読む
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。建物にとって…続きを読む
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多い…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      雨樋工事,雨漏り修理
      築年数
      20年以上
      使用材料
      ネオアルカディアAC120F

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      28年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドモスグリーン

      横浜市磯子区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      約17~18年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト Sシェイドグリーン


      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      30年以上
      使用材料
      ファインSi (インディアンレッド)、ファインパーフェクトベスト(赤さび)


      同じ工事のブログ一覧

      ジンカリウム鋼板の屋根材としてのメリットとは?ガルバリウム鋼板との違いを併せてご紹介!

      2024/05/11 ジンカリウム鋼板の屋根材としてのメリットとは?ガルバリウム鋼板との違いを併せてご紹介!

       近年、金属屋根材として主流となっているのが、ガルバリウム鋼板です😊  軽量でありながら耐久性に優れ、金属でありながら錆に強い事が大きな魅力です!  しかし、金属屋根材にも種類があり、「ジンカリウム鋼板」という素材が使用された金属屋根材も存在します。  一体どのような特徴が...続きを読む

      スーパーガルテクトの保証年数ってどのくらい?外装リフォームにおける3種類の保証についても詳しく解説!

      2024/05/9 スーパーガルテクトの保証年数ってどのくらい?外装リフォームにおける3種類の保証についても詳しく解説!

      スーパーガルテクトはこんな屋根材です  スーパーガルテクトとはどんな屋根材なのでしょうか?一緒に見ていきましょう!😄      「スーパーガルテクト」は2016年に専門業者であるアイジー工業株式会社がリリースした製品です。以前、当社は断熱材を内蔵したガ...続きを読む

      相模原市中央区田名で劣化が進んだスレート屋根を調査しました

      2024/05/7 相模原市中央区田名で劣化が進んだスレート屋根を調査しました

      スレート屋根の劣化具合を見て欲しい  相模原市中央区田名のお客様より、スレート屋根の劣化具合を点検して欲しいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました(^^)/      築年数は30年以上とのことですので、どのような状態かシッカリ見させていただきます! &...続きを読む

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

                                 

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!