屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 台風到来前に板金工事で対策を!

台風到来前に板金工事で対策を!

更新日:2020年7月13日

 お住まいで板金と言えば、やはりスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根の棟(頂上部)に設置されている棟板金を想像する方が、非常に多いのではないでしょうか?しかし、ケラバや水切りといった場所にも、板金は使用されます。
 台風や強風によって、それらが飛散してしまったというご相談をいただくこともあります。そこで、今回は板金工事についてご紹介したいと思います。板金の劣化症状や、正しいメンテナンス方法を知り、台風などの自然災害にしっかりと備えておきましょう。

棟板金

1.板金工事ってどんな工事?

 板金工事とは、屋根や外壁、雨樋、水回りといった部分に、加工した金属鋼板を取り付ける工事を言います。屋根や外壁には、錆びにくく、耐久性の優れた「ガルバリウム鋼板」と呼ばれる金属鋼板がよく使用されます。あらかじめ加工されているものを現場に運び、職人さんが屋根や外壁の形状に合わせて、切断加工・曲げ加工を行います。一方、室内の水回りでは、ステンレスを貼る板金工事が行われます。

2.板金が使用されている部分と劣化症状・メンテナンス方法

 板金はお住まいの様々な箇所に使用されます。そこで、部分ごとに見られる劣化症状や、メンテナンス方法をご紹介したいと思います。屋根の上や高所に位置する板金は、ご自分で確認しにくい部分です。屋根にのぼってしまうと、怪我をする危険もありますので、無理をせず、私たち街の屋根やさんが実施している無料点検をご利用ください。

棟板金

 冒頭でもご説明したように、スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根の棟(頂上部)に固定されている金属を指します。屋根面同士の接合部分を、板金で覆うことによって、雨水の浸入を防ぐ役割をしています。

劣化症状
棟板金を固定している釘の浮き 棟板金の浮き  風の影響を受けやすい為、台風や強風により、剥がれ・飛散・変形といった不具合が生じることもあります。通常、下地である貫板(木材)を板金で覆い、しっかりと固定されているのですが、貫板が腐食・劣化することによって、固定している釘も浮いてしまいます。釘が浮いてしまえば、板金の固定力が弱まりますよね。そんな状態のときに、強風が吹くことで、飛散や剥がれを引き起こしてしまうのです。

メンテナンス時期
 お住まいの地域や環境によって、劣化のスピードも変わってきますが、10年~15年を目安に交換すると良いでしょう(塩害や風の影響を受ける地域にお住まいの方は、10年未満のメンテナンスも考えておきましょう)。

メンテナンス方法
樹脂製貫板を固定 棟板金交換工事後  棟板金交換工事になります。棟板金交換工事は、既存の貫板と棟板金を新しいものに交換する工事です。下地である貫板から取り替えますので、耐久性も向上します。私たち街の屋根やさんでは、板金を固定する際、鉄製の釘ではなくSUSビスを使用しております。ステンレス製の為、錆びにくく釘よりも抜けにくいのが特徴です。棟板金がよく飛散しお困りの方は、ビスで増し打ち補修を行うと良いでしょう。

棟板金交換工事の流れ
 まずは現在の棟板金の状態を確認します。棟板金を固定している釘が緩んで抜けてしまっている症状は非常に多いです。釘が抜けている場合、固定力が弱まり、台風などの強風で棟板金が飛散する恐れがあり危険です。続いて棟板金とその下の貫板を撤去し、清掃を行います。貫板は釘を使用して屋根材に固定されているので貫板を撤去すると屋根材に釘穴が残ります。このまま工事を始めると、屋根材に穴が開いた状態で雨水の侵入口となってしまいますので、コーキング材を使って釘穴を埋めます。その後新しい貫板を設置し、SUSビスでしっかりと固定します。従来の貫板は木材のものが主流でした。しかし木材は水分に弱いという弱点があり、棟板金から雨が侵入するとすぐに劣化してしまいます。現在では水分に強いプラスチック樹脂性の貫板が登場しており、より長持ちさせることができます。貫板の設置後、棟板金を設置、固定し、棟板金同士の接合部をコーキング材で塞ぎ、完成となります。

ケラバ

ケラバ

 ケラバは、屋根の妻側の端部です。雨水の吹き込みや外壁が劣化するのを防ぎ、日当たりの調整といった役割も果たしています。強風の影響を受けやすく、台風通過後に不具合が見られることも多々あります。屋根材によって、使用される部材は異なり、スレート屋根と金属屋根の場合には、加工された板金を使用することがほとんどです。

劣化症状
 雨・風の影響により、錆びや剥がれといった症状が見られます。また、経年とともに、ケラバを固定している釘も浮きやすくなってきます。前述でもご説明した通り、雨水の浸入を防ぐ役割も担っていますので、剥がれてしまった場合には放置せず、早めにメンテナンスを行いましょう。

メンテナンス方法
 釘が浮いてきている場合、ビスで増し打ち補修します。錆びや剥がれが酷い場合には交換となるのですが、板金は屋根材の下に入り込んで固定されている為、周辺を広く剥がさなければ交換することはできません。剥がしたものは再利用できませんので、屋根カバー工法屋根葺き替え工事を選択する方が良い場合もあります。

軒先や外壁との取り合い部分

軒先に水切り板金を取り付ける様子 屋根と外壁の取り合い部分には水切り板金が取り付けられます

 スレート屋根と金属屋根の場合、軒先や屋根と外壁の取り合い部分に水切り板金が取り付けられます。錆に強いガルバリウム鋼板などの金属が使用され、軒先や取り合い部分に水切り板金を付けることで、隙間から雨水が侵入するのを防ぎます。

メンテナンス方法
 雨水が当たる箇所なので、やはり経年とともに腐食や劣化は見られます。それによって、本来の役割である水切りが不十分になってしまうこともありますので、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。屋根葺き替え工事や屋根カバー工事を行う際に交換することは勿論、定期的に塗装メンテナンスを行うことで、長持ちさせることができます。金属なので、塗料を塗る前には錆止め塗装を行います。

3.これからの台風シーズンに備えましょう

台風 足場

 毎年、台風通過後には、「屋根の板金が飛んでしまった」というお問い合わせを多くいただきます。台風などの自然災害はいつ発生するか分かりません。屋根のことで少しでもご不安がある方、台風に備えておきたい方は一度、点検・メンテナンスを行っておきましょう。私たち街の屋根やさんでは、点検~お見積りまで無料で承っておりますので、お気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる