屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

年末年始休業のお知らせ


12月29(土)~1月6日(日)まで休業いたします。


※1月7日より通常営業いたします。

 年末年始はほとんどの業者がお休みになってしまいます。急な雨漏りなどでお困りにならないよう年越し前に街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

お問い合わせはこちら

年末年始休業のお知らせ


12月29(土)~1月6日(日)まで休業致します。


1月7日より通常営業致します。年末年始はほとんどの業者がお休みになってしまいます。急な雨漏りなどでお困りにならないよう年越し前に街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

お問い合わせはこちら

HOME > ブログ > 劣化した瓦屋根の下地は葺き直し工事で直します|横浜市旭区

劣化した瓦屋根の下地は葺き直し工事で直します|横浜市旭区

更新日:2018年1月29日

横浜市旭区で瓦屋根の葺き直し工事をおこなっています。今回葺き直し工事をおこなった経緯は、下の部屋へ雨漏りしていて原因が瓦の下に葺いてある防水紙の劣化にあったからです。防水紙の劣化と共に瓦を引っ掛ける瓦桟の固定にも問題があり、垂木(たるき)という屋根の下地材に固定されていないところがあったので、釘穴から天井裏へ雨漏りしていました。瓦に限らず屋根の造りは、屋根材の表面だけではなく裏側にも必ず雨水が入り込む造りになっています。もし雨水が入り込まないのであれば、下に防水紙を葺く必要などなくなります。という事は、防水紙が劣化していれば簡単に雨漏りしてしまいますので、その場合はしっかり直さなければなりません。瓦自体には若干表面に劣化は見られますが特に問題はありませんので、下地だけ直す葺き直し工事が必要になります。下地が新しくなれば雨漏りする心配も無くなりますので安心ですね。

瓦は大丈夫でも下地の傷みは進んでいます

日本瓦は何十年もの耐久性を持つ屋根材ですが、下地の傷みは進んでいきます。瓦自体も凍害などで表面が傷むことがありますが、完全に割れない限り心配はありません。気にしなければならないのは、見た目が問題ないからと何十年もそのままにしておくと、下地の劣化が進んでしまい、最悪の場合雨漏りによって木が腐る事もあります。定期的に下地の状態を確認しながら適切な時期にメンテナンスをしていきましょう。

下地の傷みは葺き直し工事で解消します

葺き直し工事は一旦瓦を剥がしてから、下地の防水紙や瓦桟などの下地を新しくして瓦を元に戻す工事をいいます。

瓦屋根は瓦桟という横向きに打ち付けた木に引っ掛けて固定するのですが、この瓦桟に上から流れてきた雨水がせき止められてしまい、釘穴などから雨漏りしてしまう事があります。新しく葺くときには瓦桟の下に『キズリテープ』を取り付けます。縦に取り付けたキズリテープの上に瓦桟を固定するので、テープの厚み分防水紙と瓦桟の間に隙間が出来ます。この隙間がある事で雨水がせき止められずにながれる様になりますので、瓦屋根を直す時には確認した方が良い部分です。瓦桟の下に溝が切ってありここを雨水が流れる様にしているものもあります。せっかく直すのであればより良い状態にして雨漏りの可能性を低くしていきましょう。横浜市旭区の瓦屋根は劣化した下地を葺き直し工事で直しましたので、お客様にも安心して頂けました。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せください。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市旭区のその他のブログ

      2018/11/26 横浜市旭区にて築30年の傷んだ屋根には葺き替えが最善です
      横浜市旭区にて築30年の傷んだ屋根には葺き替えが最善です

         本日は横浜市旭区K様宅で行いました屋根調査の様子をお伝えいたします。K様宅では先月の台風時に屋根から木の一部が落ちてきたとのことです。原因は屋根の棟板金が外れたことによる下地(貫板)の飛散です。K様宅は築30年程で、現在に至るまで屋根のメンテナンスは行ったことがないそうで、今回は棟板金の点検と屋根全体の調査を行います。早速屋根に上がります。 「錆が著しい棟板金」 ...続きを読む

      2018/11/25 横浜市旭区にていい具合に緑青(ろくしょう)が吹いていた銅製雨樋の破損
      横浜市旭区にていい具合に緑青(ろくしょう)が吹いていた銅製雨樋の破損

         お問合せのきっかけは、運転中に操作を誤ってしまい建物の玄関上庇の角にぶつけて傷つけてしまったので、関わる部位を補修をしてほしいとの事でした。 (雨樋交換工事に関してはこちら。) 室内で過ごしていた家主様は驚かれてすぐに外へ出て来られたそうです。その調査の様子をお伝えいたします。   かろうじて潰されても落ちなかった銅製雨樋 割と大き目なト...続きを読む

      2018/11/25 横浜市旭区にて築30年の空き家の棟板金を調査
      横浜市旭区にて築30年の空き家の棟板金を調査

         本日は横浜市旭区にある空き家の棟板金調査に伺ってまいりました。持ち主のN様宛に近所の方から、屋根の一部が壊れているとの指摘を受けたそうです。先月の台風の影響で棟板金の一部が外れた模様です。現地では周辺に下地(貫板)の一部が落ちているのが確認できます。また、屋根の上には外れかかった板金が今にも落ちそうな状態で残っています。 5,6年前より空き家状態で、建物自体のメ...続きを読む

      2018/11/23 横浜市旭区の屋根葺き替え工事の現場より、湿気や結露で傷んでしまった野地板の様子
      横浜市旭区の屋根葺き替え工事の現場より、湿気や結露で傷んでしまった野地板の様子

         本日の現場ブログは、現在屋根の葺き替え工事中の横浜市旭区のお宅より、既存の化粧スレートを撤去した時に見えました野地板の様子をお伝えいたします。 普通であれば、屋根材を撤去した後は下葺き材、アスファルトルーフィングが出てきますが、今回はどうやら違いました。 葺き替え工事を検討するくらいの築年数が経ちました建物になりますと、屋根材を撤去する時に下葺きが外的要因により溶け...続きを読む

      2018/11/19 横浜市旭区で台風被害、外れて鼻隠しにもたれかかっていた軒樋の様子
      横浜市旭区で台風被害、外れて鼻隠しにもたれかかっていた軒樋の様子

         本日は、台風被害にあった後にすぐには異変に気付かずしばらく放置状態になってしまっていた雨樋に気づき、急いで八方手を尽くしたがなかなかすぐに来てくれる業者が見つからず。 たまたま弊社を見つけてお問合せを下さいました横浜市旭区のお宅の台風被害による雨樋の破損の様子です。 割れたり継ぎ手から外れてなどは多くみてきましたが、こちらのお宅の樋の状態はかなりのものでした。 ...続きを読む

      2018/11/12 横浜市旭区で台風による屋根への被災調査、壊れた化粧スレートと同じメーカーで同じ色を探します
      横浜市旭区で台風による屋根への被災調査、壊れた化粧スレートと同じメーカーで同じ色を探します

         「台風により屋根が壊れて飛ばされてしまった」とお困りのご相談がありましたのは、横浜市旭区E様からでした。化粧スレート屋根が部分的に割れたり壊れたりで屋根から無くなってしまった場合、破損個所にもよりますが部分的な補修工事で直すことが可能です。化粧スレートは色々なメーカーが販売しており、1社の中でも形状やデザインの違う化粧スレートがいくつもあります。なのでパッと見ただけではどのメー...続きを読む

      2018/11/10 横浜市旭区にて台風による屋根棟板金の被害状況確認
      横浜市旭区にて台風による屋根棟板金の被害状況確認

         本日は横浜市旭区O様宅より、先月の台風24号の影響で屋根の棟板金が飛散、被害状況の確認のご依頼をいただきました。台風の被害で最も多い屋根棟板金の飛散です。夜の時間帯で一通りが少なかったこともあり、二次被害の報告は少ないのが幸いですが、それでもお隣の外壁やカーポートなどに当たり、傷をつけてしまったなどの報告はございます。自然災害でも無責任と言う訳にはいきません。やはり定期的なメン...続きを読む

      2018/10/29 横浜市旭区にて棟板金調査、台風後に来る訪問業者には気を付けましょう
      横浜市旭区にて棟板金調査、台風後に来る訪問業者には気を付けましょう

         台風による棟板金の飛散。もう既に一か月が経とうとする今でもお困りでお問合せやご相談を受けます。 本日紹介する横浜市旭区のお宅には、台風後に「近所で工事している者ですが、ちょっと気になったもので。」と業者がいきなり来たとの事で屋根を見てもらった所、棟板金が飛散してしまっていると教えてもらったそうです。まさかと思って写真も撮ったのでと見せてもらうと確かに板金が無くなっており貫...続きを読む

      2018/10/10 横浜市旭区で棟板金への台風被害、剥がれかけた一部が屋根に残っている事もあるので注意が必要です
      横浜市旭区で棟板金への台風被害、剥がれかけた一部が屋根に残っている事もあるので注意が必要です

         今回の台風被害の猛威はすごいものがあり、屋根にある様々なものが吹き飛ばされております。車で移動していますと、普段はあまり見ないような屋根材を見かける事もありました。本日は庭先に棟板金が落ちていたため、屋根の調査のご依頼を受け調査に伺った様子をお伝えいたします。 【まさかまだ屋根に残っていたとは】 お客様は、もう台風で捲れた部分は全て落ちているだろうと思っていらっしゃ...続きを読む

      2018/10/8 横浜市旭区で屋根の調査、屋根が飛ばされたら街の屋根やさんにお任せ下さい
      横浜市旭区で屋根の調査、屋根が飛ばされたら街の屋根やさんにお任せ下さい

         今年は勢力の強い台風が多く神奈川県上空を通過していきました。中でも先日の24号は強力だったようで、建物外部にあるあらゆる建築部材に被害を与えて通過していきました。屋根にも影響が出ており、街の屋根やさんでは台風被害の対応をさせて頂いております。今回特に被害の多かったのは屋根の中でも棟板金と呼ばれる部材です。屋根面の角度が変わるところに被せてある板金のことです。この棟板金が飛ばされ...続きを読む

      2018/10/5 横浜市旭区にて台風により屋根材が飛散し室内から空が見えるお宅を調査
      横浜市旭区にて台風により屋根材が飛散し室内から空が見えるお宅を調査

         本日はトタン屋根が捲れてしまったという横浜市旭区のお客様からのお問合せを受けて現地調査に伺った様子を紹介します。 ここ数日、トタン屋根が捲れてしまったというお問合せは多くありますが、その中でも一番被害が大きかったと思われるほどのお宅でした。 【すぐに養生をする必要があり、確かに空が見えていました】 こちらは外から2階屋根に梯子を架ける箇所が無かったため、ベラン...続きを読む

      2018/10/2 横浜市旭区にて台風被害、強風により棟板金とスレート屋根材の飛散
      横浜市旭区にて台風被害、強風により棟板金とスレート屋根材の飛散

         台風で屋根が捲れてしまったとのお問合せがあり、お客様のご不安を取り除くべく本日は横浜市旭区のお宅へ調査に伺いました。 台風24号が過ぎたばかりというのに、今週は週末にかけて雨予報や台風25号もきており、お客様は心配されております。 【軒先やケラバからスレートが飛散しています】 ケラバと呼ばれる部分の板金は飛び散っており、谷・谷樋と呼ばれる屋根と屋根が重なる部分...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市旭区の施工事例一覧

      横浜市旭区にて築30年のスレート屋根をガルバリウム鋼板「OZルーフ182」でカバー工事

      【施工内容】
      屋根カバー工法 屋根カバー工事 足場

      ガルバリウム鋼板(OZルーフ182)

      劣化した化粧スレートにスーパーガルテクトで屋根カバー|横浜市旭区

      【施工内容】
      足場

      スーパーガルテクト

      強風で化粧スレートが割れるからディプロマットの屋根カバー工事|横浜市金沢区

      【施工内容】
      足場 火災保険

      ディプロマット

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー