屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > ブログ > 劣化した瓦屋根の下地は葺き直し工事で直します|横浜市旭区

劣化した瓦屋根の下地は葺き直し工事で直します|横浜市旭区

更新日:2018年1月29日

横浜市旭区で瓦屋根の葺き直し工事をおこなっています。今回葺き直し工事をおこなった経緯は、下の部屋へ雨漏りしていて原因が瓦の下に葺いてある防水紙の劣化にあったからです。防水紙の劣化と共に瓦を引っ掛ける瓦桟の固定にも問題があり、垂木(たるき)という屋根の下地材に固定されていないところがあったので、釘穴から天井裏へ雨漏りしていました。瓦に限らず屋根の造りは、屋根材の表面だけではなく裏側にも必ず雨水が入り込む造りになっています。もし雨水が入り込まないのであれば、下に防水紙を葺く必要などなくなります。という事は、防水紙が劣化していれば簡単に雨漏りしてしまいますので、その場合はしっかり直さなければなりません。瓦自体には若干表面に劣化は見られますが特に問題はありませんので、下地だけ直す葺き直し工事が必要になります。下地が新しくなれば雨漏りする心配も無くなりますので安心ですね。

瓦は大丈夫でも下地の傷みは進んでいます

日本瓦は何十年もの耐久性を持つ屋根材ですが、下地の傷みは進んでいきます。瓦自体も凍害などで表面が傷むことがありますが、完全に割れない限り心配はありません。気にしなければならないのは、見た目が問題ないからと何十年もそのままにしておくと、下地の劣化が進んでしまい、最悪の場合雨漏りによって木が腐る事もあります。定期的に下地の状態を確認しながら適切な時期にメンテナンスをしていきましょう。

下地の傷みは葺き直し工事で解消します

葺き直し工事は一旦瓦を剥がしてから、下地の防水紙や瓦桟などの下地を新しくして瓦を元に戻す工事をいいます。

瓦屋根は瓦桟という横向きに打ち付けた木に引っ掛けて固定するのですが、この瓦桟に上から流れてきた雨水がせき止められてしまい、釘穴などから雨漏りしてしまう事があります。新しく葺くときには瓦桟の下に『キズリテープ』を取り付けます。縦に取り付けたキズリテープの上に瓦桟を固定するので、テープの厚み分防水紙と瓦桟の間に隙間が出来ます。この隙間がある事で雨水がせき止められずにながれる様になりますので、瓦屋根を直す時には確認した方が良い部分です。瓦桟の下に溝が切ってありここを雨水が流れる様にしているものもあります。せっかく直すのであればより良い状態にして雨漏りの可能性を低くしていきましょう。横浜市旭区の瓦屋根は劣化した下地を葺き直し工事で直しましたので、お客様にも安心して頂けました。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せください。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      横浜市旭区のその他のブログ

      2018/06/17 横浜市旭区|金属屋根材 OZルーフ182で屋根カバー工法
      横浜市旭区|金属屋根材 OZルーフ182で屋根カバー工法

         本日は横浜市旭区のN様宅で行われました、屋根カバー工法の様子をお伝えいたします。N様宅では室内に雨漏りまでは無いのですが、屋根裏を確認すると、所々に雨染みが見て取れたり、屋根裏から外の光が漏れる箇所がいくつか発見されたりと、屋根全体の劣化が窺える状況がございました。当初は塗装でのメンテナンスをお考えの様でしたが、経年での屋根材の劣化も考慮に入れ、カバー工法でメンテンナンスを行う...続きを読む

      2018/06/3 アパートオーナー様のお悩みを解決します|横浜市旭区
      アパートオーナー様のお悩みを解決します|横浜市旭区

         アパートの修繕を考えているとの事で、現地にてオーナー様から現状のお悩みをお伺いし、どこまで手をかけたらいいのかを含めご提案するためにまずは調査を致します。 本日は屋根外壁まわりの調査の様子をお伝えいたします。 築40年木造アパート、特に手をかけた覚えがないとお伺いしましたが、屋根は一度葺き替えているようでした。 屋根材はスレート屋根、所々汚れの付着やひび割れ、...続きを読む

      2018/06/2 築年数30年の棟瓦の調査|横浜市旭区
      築年数30年の棟瓦の調査|横浜市旭区

         本日は棟瓦のゆがみを直したいとのご相談を受け、調査に伺いました様子をお伝え致します。 メンテナンスに手が掛からないと言われる日本瓦ですが、瓦自体は丈夫でも支えている漆喰などが原因で今回のゆがみが発生する事があります。 屋根に上がりますので、棟瓦以外にもおかしな所はないかきちんと調査してゆきます。 築年数が経ったら必ずメンテナンスしましょう ご相談を受けた...続きを読む

      2018/05/28 屋根の葺き替えでお悩みのオーナー様へ|横浜市旭区
      屋根の葺き替えでお悩みのオーナー様へ|横浜市旭区

         弊社でご対応しておりますのは戸建て住宅だけではございません。 集合住宅もご依頼頂き工事させて頂いております。本日は築40年 瓦棒屋根の葺き替え工事が始まりましたのでその様子をご紹介致します。 築40年経過だと、どのような状態になっているのか。職人が既存屋根を剥がしている所です。 いつ雨漏りしてもおかしくありません 瓦棒屋根とは、屋根の軒先に向かって一定間...続きを読む

      2018/05/19 はずれていると指摘された棟板金の調査|横浜市旭区
      はずれていると指摘された棟板金の調査|横浜市旭区

         築20年、棟板金がはずれているのでみてほしいという横浜市旭区I様のお宅にお伺いいたしました。 既に他業者にて一度みてもらったことがあるということですが、弊社でも調査してほしいとのご依頼を受けましたので、できる範囲内で調査させていただきます。 塗装もみてほしいとのことなので、さっそく屋根へ上がります。 地上からでもかなりの劣化がうかがえます   ...続きを読む

      2018/05/13 雨樋支持金具も重要な存在です|横浜市旭区
      雨樋支持金具も重要な存在です|横浜市旭区

         本日は横浜市旭区のT様邸にて、破損した雨樋支持金具の交換作業をいたしました。 破損していた支持金具で支えていた管は2階北側の軒樋に溜まった雨水を集水器に一旦集めて、縦樋ではなくそのまま少しさがった屋根に乗せて軒先へとつながるリレーの役目もはたしていました。 このままでは雨水が下野に直接流れ落ちてしまい、家屋への雨水の侵入の恐れや外壁の汚れにつながるために、交換となり...続きを読む

      2018/05/11 アパート屋根のケラバ材の破損は直すことが可能です|横浜市旭区
      アパート屋根のケラバ材の破損は直すことが可能です|横浜市旭区

         ハウスメーカーの建物は、ハウスメーカーが独自に製造した材料を使用していることが多いですが、工事代金・修繕費が高額と聞きます。ハウスメーカーが独自に製造した材料ではなくても直せるところもあります。横浜市旭区のアパートオーナー様より、「20年経ったアパートの屋根を見てほしい」とのご相談がありましたので、オーナー様所有のアパートにお伺いいたしました。   &nb...続きを読む

      2018/05/10 浮き上がった棟板金は飛散する前に交換します|横浜市旭区
      浮き上がった棟板金は飛散する前に交換します|横浜市旭区

         横浜市旭区で屋根の調査です。屋根の塗装工事をおこないたいというお問合せで屋根にのぼって状態を調べてみました。築20年以上経過していて一度も屋根の塗装をおこなった事がないと伺ったのですが、実際は塗装した跡がありました。しかし、大分劣化していて表面にはコケや汚れなどがこびりついていてズルズルな状態になっています。スレートの表面の傷みも気になりますが、棟板金の状態が目に入りました。棟...続きを読む

      2018/04/26 箱樋が詰まると雨漏りに直結します|横浜市旭区
      箱樋が詰まると雨漏りに直結します|横浜市旭区

         横浜市旭区で雨漏りの調査に伺いました。最近雨が降る時は集中的に大量の雨が降るので、今まで何ともなかった建物も雨漏りする事があります。雨漏りすると建物に悪影響が出てしまいますので、定期的なメンテナンスをおこなっていく必要があります。今回は店舗前にある庇部分の雨漏りで、建物と庇の間からポタポタと雨水が垂れています。お店の入り口の真上から雨漏りしていますので、直ぐに対処しないとお客様...続きを読む

      2018/04/15 横浜市旭区|破風板補修・軒天工事の様子
      横浜市旭区|破風板補修・軒天工事の様子

         本日は横浜市旭区のN様宅の破風板補修と軒天工事の様子をお伝えいたします。N様宅では今回、屋根のカバー工事と外壁塗装を行う予定でおります。そこで、以前から気になっていた腐食した破風板の補修と軒天ボードの工事も合わせて行うことになりました。ご予算などの都合もあり、破風板に関しては全体の交換ではなく、腐食した部分の補修になります。 (こちらが腐食した破風板部分です) ...続きを読む

      2018/03/2 横浜市旭区|雨樋つなぎ目部分からの水漏れ、原因は経年劣化
      横浜市旭区|雨樋つなぎ目部分からの水漏れ、原因は経年劣化

         本日は横浜市旭区にお住まいのM様より「雨樋から水漏れがあり、補修が可能かどうか調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。M様宅は築30年ほど、屋根や外壁のメンテナンスは10年おきに行ってきたそうです。また、2,3年後を目途に建物の全体的なメンテナンス、若しくは建て替えなども視野に入れながら計画を練っているそうです。今回ご相談を頂いた雨樋に関しては、ちょうどベランダ上部の位置の軒...続きを読む

      2018/02/19 横浜市旭区|築30年ならば屋根のメンテナンスには葺き替えを
      横浜市旭区|築30年ならば屋根のメンテナンスには葺き替えを

         本日は横浜市旭区にお住まいのM様からのご相談を受けました。築30年、建物に関して所々で不具合や劣化が目立ち始めてきている現状で、建て替えも検討している中、「仮に塗装を行った場合、改めて10年程の耐久は可能かどうか」とのご相談です。結論から言いますと、持つ事もあるかもしれないが、持たない可能性のほうが高いと言えるでしょう。実際の屋根を調査する中で、屋根材表面の劣化(塗膜の劣化)は...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市旭区の施工事例一覧

      劣化した化粧スレートにスーパーガルテクトで屋根カバー|横浜市旭区

      【施工内容】

      スーパーガルテクト

      強風で化粧スレートが割れるからディプロマットの屋根カバー工事|横浜市金沢区

      【施工内容】

      ディプロマット

      雨漏りを止める為にスレート屋根を葺き替えました|横浜市金沢区

      【施工内容】

      コロニアルクアッド

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー