屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

台風10号にお気を付けください

台風10号にお気を付けください

HOME > ブログ > 大和市鶴間にて築30年以上の2階建て工場の屋根を葺き替える為.....

大和市鶴間にて築30年以上の2階建て工場の屋根を葺き替える為に調査しました

更新日:2019年4月11日

本日は以前波板ポリカの交換工事を依頼されているT様からご相談を受けました。

営まれている大和市鶴間の工場の屋根が築30年以上経ってしまっており、何かしらしなくてはとご検討されているとの事で、屋根の調査に伺いました。

一階が工場で二階が住まい、休憩所とされているようで、夏場はとにかく暑い!との事です。

30年経過すると屋根材自体の傷みもそうですが、下葺きも耐用年数をすぎている建物も多いため、年数を考えますと葺き替え工事のご提案となります。

 

 

棟違いありパラペットありの瓦棒葺きの屋根

瓦棒葺きのトタン屋根、工場入口には棟違いとパラペット。

 

歩き始めて最初に感じたのは、下地がしっかりとしていない感覚でした。写真の様に全景を見渡すと築年数程傷みがないと見えてしまうかもしれませんが、踏んだ感覚が絨毯の上を歩いている様な感覚になってしまう事が多いのが心配です。このような時は大抵下地が雨水を吸いすぎて腐食し雨漏りしている可能性があります。

雨水が屋根材の裏に回ったりしているかどうか、痕跡があると思いますので詳しく見てみます。

 

 

棟やケラバなどの板金部分の腐食し錆が多くまわっています

思えばこの庇から上がった時から板金の錆がありました 棟板金自体も錆びが広がってしまっていますが、貫板もない状態です

 

今回の建物はお隣との距離が近いなどの事があり、階段上がっての通路から脚立を使って屋根に上がりましたが、その時に板金部分が既に錆が出ているのが分かりました。本来棟板金を固定する為に設置してあります貫板(ぬきいた)もない箇所の方が多く、運よく棟板金が残っていてくれている印象です。

台風などで腐食が進んでしまった板金は飛散する可能性が高いため、早めの修繕が必要と分かります。また錆が屋根材に落ちてそこからまた錆が広がるという悪い流れが出来上がってしまっています。

 

 

雨樋に入っている腐食した野地板 歪んでいる雨樋は雨水が撥ねて外壁や軒先から雨水が侵入してしまう可能性があります

 

他には写真左はあまりない見た事がないですが、野地板が腐食しきってしまって何かしらの原因で雨樋に入っている様子です。雨樋が設置してある鼻隠し、破風板も無くそこから野地板の腐食が確認できました。これでは下葺きの状態も良くないと判断でき、夏場異常に暑いのも納得です。

また、雨樋自体も築30年経ってしまうと、写真右の様に赤線を引いてみるとわかりますが線から外に出て歪んでいるのも分かります。

雨水を正常に受け止めていない雨樋。特に屋根が瓦棒葺きですと軒先から水を吸いやすい弱点があります。屋根を固定する為に屋根材を打ち付けてある心木が腐ると、固定力を心木に頼っている瓦棒葺きは面ごと台風時や強風時にめくれてとばされてしまう事もあります。

屋根工事、特に葺き替えなどを検討する時期ですと、屋根と同時に雨樋交換も視野に入れておくと先々不安が無くなります。

工場の屋根工事も街の屋根やさんへお任せください。

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      大和市のその他のブログ

      2019/08/10 大和市福田にて下屋根の雨仕舞に設置されているのし瓦が滑落してしまっていました
      大和市福田にて下屋根の雨仕舞に設置されているのし瓦が滑落してしまっていました

         大和市福田にお住まいのお客様より、強風の影響で屋根から瓦が道路に落ちてしまって知り合いの大工さんの修理はしてもらったが、本当に大丈夫か見て欲しいとの事で屋根調査の依頼を頂きました。幸い屋根から落ちた瓦は割れただけで二次被害などはなかったようです。 ではどこの瓦が落ちたのか調べて、きちんと修繕してあるか確認してみましょう。   大屋根は問題なく道路に落ちて...続きを読む

      2019/08/10 大和市桜森で発生した雨漏りは棟板金の飛散が原因でした
      大和市桜森で発生した雨漏りは棟板金の飛散が原因でした

         「雨漏りしているのをしばらくそのままにしてしまった」とご不安なご相談がございましたのは、大和市桜森にお住いになられているY様からでした。雨漏り発生を確認してから3か月以上が経過しているそうですが、見て見ぬフリをしてしまったそうです。最近になって天井に出来た染みの色が濃くなってきたことに不安を覚え、点検の依頼をしたそうです。まずは大和市桜森Y様のお宅にお邪魔して、状況の把握に努め...続きを読む

      2019/07/31 大和市西鶴間の塗装されたスレート屋根は、棟板金の釘抜けとスレートのひび割れが起こってました
      大和市西鶴間の塗装されたスレート屋根は、棟板金の釘抜けとスレートのひび割れが起こってました

         スレート屋根は塗装を行ってより長持ちするようになりますが、どんな状態のスレートであっても塗装を行って長持ちする訳ではございません。大和市西鶴間にお住まいになられているU様のお宅のスレート屋根は、過去に屋根塗装を行ったことのある状況でした。今回も屋根塗装を行ってスレートをより長持ちさせたいとお考えとの事でした。既存のスレートや塗膜を確認して、再び屋根塗装が行える状態なのかを確認し...続きを読む

      2019/07/29 大和市下鶴間で雨漏りしていた工場屋根は、折板屋根と棟の隙間が原因でした
      大和市下鶴間で雨漏りしていた工場屋根は、折板屋根と棟の隙間が原因でした

         大和市下鶴間にございます工場より「先日の長雨で雨漏りが発生した」とお悩みのご相談がございました。以前から雨漏りが発生していたそうですが、長雨や台風などときに発生することがあるそうでいつも雨漏りする訳ではないそうです。しかし、先日の長雨のときに久しぶりに雨漏りが発生したそうで、その前の雨漏りのときに補修工事を他業者さんで行っていたそうです。まずは工場屋根に上がり状況把握に努めます...続きを読む

      2019/07/26 大和市上和田で調査した瓦屋根は、瓦以外の部分で傷みが出ておりました
      大和市上和田で調査した瓦屋根は、瓦以外の部分で傷みが出ておりました

         大和市上和田にお住いになられているH様より「瓦の屋根もメンテナンスは必要なのでしょうか?」とご相談がございました。屋根はどのような屋根材を使用していたとしてもメンテナンスは必要です。ただ使用している屋根材によって、メンテナンスの期間的目安やメンテナンスを行わなければならない箇所が違ってきます。大和市上和田H様のお宅ではこれまでメンテナンス屋根のメンテナンスを行っておりませんでし...続きを読む

      2019/07/20 大和市つきみ野の築26年が経過したスレート屋根は、スレートも棟板金も傷んでおりました
      大和市つきみ野の築26年が経過したスレート屋根は、スレートも棟板金も傷んでおりました

         大和市つきみ野にお住いになられているT様より「屋根を塗装でメンテナンスしたい」とのご依頼がございましたので調査にお伺いいたしました。大和市つきみ野T様のお宅は築26年が経過したスレート屋根でしたが、新築当初からスレート屋根のメンテナンスを一度も行っていなかったそうです。スレート屋根に使用されているのはスレート以外にもあり、それぞれにメンテナンスが必要になります。屋根に上がって実...続きを読む

      2019/07/17 大和市桜森で1か所だけ飛散した棟板金、飛散していない棟板金も同様の傾向があります
      大和市桜森で1か所だけ飛散した棟板金、飛散していない棟板金も同様の傾向があります

         大和市桜森にお住いになられているS様から「屋根の部品が飛ばされた」とお悩みのご相談がございましたので調査にお伺いいたしました。屋根は屋根材だけで成り立っている訳ではなく、それ以外の部材も使用して造られております。大和市桜森S様のお宅に使用されている屋根材はスレートでした。そして飛ばされて屋根の部品というのは棟板金のことでした。屋根に上がって調査を行います。 &nb...続きを読む

      2019/07/13 大和市鶴間でガサガサに傷んだスレート、メンテナンスが出来ない状態でした
      大和市鶴間でガサガサに傷んだスレート、メンテナンスが出来ない状態でした

         大和市鶴間にお住いになられているS様のより「屋根が傷んでいるようなので見てほしい」と調査のご依頼がございました。これまでに屋根のメンテナンスを行ってきていないそうで、初めて屋根のメンテナンスをご検討中とのことでした。築19年の大和市鶴間S様のお宅の屋根はスレートを使用した屋根でした。スレートは定期的に塗装でメンテナンスを行っていく屋根材です。ただし、スレートの状態によってメンテ...続きを読む

      2019/07/10 大和市下鶴間で調査したスレート屋根の棟板金は、飛散して貫板も無くなっておりました
      大和市下鶴間で調査したスレート屋根の棟板金は、飛散して貫板も無くなっておりました

         大和市下鶴間にお住いのF様より「屋根の上に貼ってある金属が無いところがある」とご不安のご相談がございましたので調査にお伺いいたしました。大和市下鶴間F様のお宅はスレートを使用した屋根のようで、その上に貼ってあるという表現であれば恐らく棟板金ではないかと思います。棟板金は築年数や使用年数の経過により外れやすい傾向があります。実際に屋根に上がって調査いたします。 &n...続きを読む

      2019/07/6 大和市西鶴間で調査したスレート屋根は、傷みが著しく釘抜けが多く散見されました
      大和市西鶴間で調査したスレート屋根は、傷みが著しく釘抜けが多く散見されました

         大和市西鶴間にお住いのM様より「屋根が古くなってきた感じがする」とのことで調査のご依頼がございました。屋根は常に外部に晒されているため使用し続けることで傷んできます。屋根は定期的に調査や点検が必要です。大和市西鶴間M様お宅は築15年以上が経過しており、屋根も15年以上が経過しております。使用されている屋根材はスレートでした。   使用年数の経過により傷...続きを読む

      2019/06/26 大和市深見東にてケラバ破風板が経年劣化により破損、ケイカル板で補修致しました
      大和市深見東にてケラバ破風板が経年劣化により破損、ケイカル板で補修致しました

         大和市深見東にお住まいのS様より、屋根の破風部分が剥がれてしまった事がきっかけで調査の依頼を頂きました。 お伺いし現地で確認すると、剥がれていた破風板は「ケラバ」と呼ばれる部分に設置されていた破風板でした。 ケラバとは、切妻屋根や片流れ屋根などに見られ、外壁から出ている屋根部分の雨樋が設置されていない部分をケラバといいます。 どんな状態か梯子を架けて近くで見る...続きを読む

      2019/06/23 大和市福田にてS形洋瓦の棟が落下、和瓦も洋瓦も漆喰のメンテナンスが必要です
      大和市福田にてS形洋瓦の棟が落下、和瓦も洋瓦も漆喰のメンテナンスが必要です

         大和市福田にお住まいのT様より、屋根の瓦が落下して養生だけしてあるとの事で、どのように補修すればいいか見に来てほしいとの事がきっかけでご相談頂きました。 お伺いする前にお話しを聞くと赤い瓦とだけ言われました。どうやら洋瓦のようです。 日本瓦には銀黒や青緑などのいぶし銀や青い瓦が多いですね。   では屋根にあがり現状を見てみましょう。 &n...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      お問い合わせバナー