屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/15更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

HOME > ブログ > 横浜市中区棟瓦取り直しで既存の接着がセメントだと時間がかかる

横浜市中区棟瓦取り直しで既存の接着がセメントだと時間がかかる

更新日:2017年4月26日

先日、巴瓦の交換を行った横浜市中区のお宅で、その際に発見した棟瓦を束ねる銅線切れにより、棟瓦取り直し工事を行っております。

棟瓦銅線切れ 棟瓦取り直し①

棟瓦取り直し工事は、1度バラしてから既存の瓦を再利用してもう1度積み直す工事です。本来は積み上げる瓦の内部には泥や土が詰めてあり、積み上げる隙間や外側には漆喰が詰めてありますが、こちらのお宅の棟瓦にはセメントが使用されてありました。

棟瓦取り直し② 棟瓦取り直し③

強度を出すために漆喰にセメントを混ぜることはありますが、全てセメントだけで仕上げてありました。調査の段階で瓦をバラすことが出来ないため特に内部に関しては確認ができません。取り直す際に冠瓦を外して初めて判明します。

棟瓦取り直し④

詰めてあるものが漆喰でもセメントでも作業の内容は変わりませんが、かかる時間が全く違います。漆喰であればすぐに剥がせますが、セメントは瓦に完全に接着されているため剥がすのにすごい時間がかかります。剥がす際に力を入れすぎると瓦ごと割れますし、弱い力でやっても剥がれません。外部の工事は天候に影響されるので、晴れた日に工事をしっかりと進めていかなければならないので、このような状況になると非常に困ります。

棟瓦取り直し⑤ 棟瓦取り直し⑥

時間はかなりかかりましたが、何とか剥がし終えて積み上げの作業まで辿りつきました。ここまで来るとゴールが見えたようなものです。

棟瓦取り直し⑦

昔よく「造ったり建てたりするときは、必ずメンテナンス性を考えなさい」と口酸っぱく言われていたことを思い出しました。まさにそれだと思いました。そして情報って大切だと改めて思いました。「伝える」ということや建築でいうと「明記する」というのも同じ種類かもしれませんね。街の屋根やさんは、急なハプニングにも臆することなく解決へと導きます。横浜市中区棟瓦取り直しで既存の接着がセメントだと時間がかかるをお伝えしました。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市中区のその他のブログ

      2018/10/15 横浜市中区で台風被害を受けた瓦屋根の漆喰(しっくい)調査
      横浜市中区で台風被害を受けた瓦屋根の漆喰(しっくい)調査

         本日は横浜市中区にお住いのO様より、「先月の台風の影響で屋根の上から漆喰(しっくい)の欠片が落ちてきたので調査をしてほしい」とのご依頼を頂きました。O様宅は築40年以上は経っている瓦屋根の建物です。屋根のメンテナンスは今までに一度だけ行ったことがあるそうですが、数十年前との事です。また、5、6年後には建て壊しを考えていることもあり、ここで予算を使いたくないのがご希望の様です。早...続きを読む

      2018/10/12 横浜市中区で以前に交換した銅製雨樋の色がいい感じに変わっていました
      横浜市中区で以前に交換した銅製雨樋の色がいい感じに変わっていました

         別件でのご依頼があり横浜市中区Y様のお宅にお伺いしました。以前から度々工事のご依頼を頂いており、2年前には玄関庇に取付けられた銅製雨樋を交換させていただきました。取付けたばかりの銅製雨樋やすでに緑青がふいているものは街中で目にすることはありますが、ピカピカな状態から緑青がふくまでの中間の状態を見たことはありませんでした。銅は経過により色合いが変化していきます。変改してく様子を見...続きを読む

      2018/08/18 横浜市中区で行った瓦屋根の谷板金塗装は意外な盲点?
      横浜市中区で行った瓦屋根の谷板金塗装は意外な盲点?

         スレート屋根を塗装する場合はスレート部分はもちろんのこと、棟板金や谷板金、ケラバ水切りなどの板金を加工されて造られているところも一緒に塗ります。日本瓦や洋瓦などを使用している瓦屋根はどうでしょうか。日本瓦や洋瓦などの瓦屋根の場合、棟に関しては棟用の瓦が使用されておりますが、谷に関しては板金をしています。日本瓦や洋瓦などの瓦屋根はそのまま使用し続けても、塗装せずに長期間維持するこ...続きを読む

      2018/08/3 横浜市中区で雨樋点検・50年程前から使用の軒樋半月、劣化状況を確認します
      横浜市中区で雨樋点検・50年程前から使用の軒樋半月、劣化状況を確認します

         本日は横浜市中区A様より、雨樋の点検調査のご依頼を頂きました。A様は築50年は経っている平屋の建物にお住まいです。2年ほど前に屋根の修理工事を行ったそうですが、雨樋に関しては現在に至るまで手を付けていないそうです。当時、屋根工事と併せて交換をお考えの様でしたが、ご予算の都合上、見送ることにしたそうです。 さすがに屋根は直したばかりとの事もあり、状態は良好です。し...続きを読む

      2018/07/25 雨漏りに気づかなくて急に天井が落ちてきた|横浜市中区
      雨漏りに気づかなくて急に天井が落ちてきた|横浜市中区

         外壁より内側に樋がある場合、それを箱樋と呼んだりします。箱のような形の樋をしており、雨水がそこに溜まるようになっているのですが、屋根材に板金を使用した箱樋形状の屋根で雨漏りは発生しました。横浜市中区E様より、「暫く使用してない部屋の天井が急に落ちてきた」とお悩み・お困りのご相談がありました。     【最近の集中豪雨も天敵】 先ほど申...続きを読む

      2018/06/28 瓦は問題なくても他の要因で雨漏りに繋がります|横浜市中区
      瓦は問題なくても他の要因で雨漏りに繋がります|横浜市中区

         瓦は何かあっても一枚から交換できます。他の屋根材と違い瓦自体はメンテナンスがほぼいらないと言われるほど長持ち致します。 ではどこが原因で雨漏りに繋がったりするのでしょうか。 もちろん瓦の割れからの雨漏りもありますが、多くは漆喰が剥がれて棟瓦がズレていたり、雨水が多く集まる谷部に長年ポタポタ落ちる水滴による摩耗によって穴が空いてそこからの雨水の侵入であったり、瓦の隙間...続きを読む

      2018/06/23 強風で落下した洋瓦を元に戻してお悩みを解決|横浜市中区
      強風で落下した洋瓦を元に戻してお悩みを解決|横浜市中区

         横浜市中区の山手町周辺では、昔から洋館が建ち並んでいたこともあり、洋瓦を使用している屋根のことでお悩みやお困りのご相談をよく受けます。横浜市中区H様より。「落下した洋瓦を元に戻してほしい」とのお困りのご相談がありましたので、調査にお伺いして早速工事に取り掛かりました。     【小さな瓦工事もお任せ下さい!!】 ケラバの一番軒先側に取...続きを読む

      2018/06/19 洋瓦屋根のメンテナンスに棟瓦取り直し工事|横浜市中区
      洋瓦屋根のメンテナンスに棟瓦取り直し工事|横浜市中区

         横浜市中区の山手町周辺では、昔から洋館が建ち並んでいたこともあり、外観の風合いを今も大切になさらる方が多い地域柄のようです。屋根に使用されている瓦は洋風の洋瓦が今も多く点在しております。和瓦も同様ですが、瓦屋根も定期的なメンテナンスが必要となり、メンテナンスの有無には調査を行いわないとなりません。横浜市中区山手町E様のお宅より、屋根調査のご依頼がありました。横浜市中区山手町E様...続きを読む

      2018/06/11 横浜市中区|トタン屋根の補修・点検調査依頼
      横浜市中区|トタン屋根の補修・点検調査依頼

         本日は横浜市中区より、現在は誰も住んでいない建物の屋根(トタン屋根)の補修の為の調査に伺ってまいりました。ご依頼を下さったオーナー様によると、大分古い建物で、10年以上前から誰も住んでおらず、今後の建て替えなどの見通しも立っていないとのこと。年に2,3回は確認する中、トタン部分の屋根の劣化が著しいこともあり、雨漏り防止のための補修を施したいとのことでご相談をくださいました。 ...続きを読む

      2018/05/25 横浜市中区|落ち葉よけネット設置工事の様子
      横浜市中区|落ち葉よけネット設置工事の様子

         本日は横浜市中区のO様宅で行われました「落ち葉よけネット設置工事」の様子をお伝えいたします。O様宅は築半年ほどのまだ新しい建物になります。周辺は木々に囲まれ、静かな環境にございます。現状、建物に関しての不具合は無い様ですが、後々を考え、周辺の木々から落ちてくる枯れ葉などで雨樋が詰まってしまうのではないかとの事で、今回、事前に雨樋に落ち葉よけ用のネットを設置することになりました。...続きを読む

      2018/05/19 特にアパート屋根で棟板金の釘抜けや浮きがご心配のオーナー様へ|横浜市中区
      特にアパート屋根で棟板金の釘抜けや浮きがご心配のオーナー様へ|横浜市中区

         長く同じ建物に住んでいると、「急に業者が訪問してきて指摘された」なんてことがあると思います。特に屋根では棟板金に関する指摘が多いです。急に訪問してきて指摘されると、そんなときはちょっと不安になりますよね。訪問業者は営業トークとして言ってくることが殆どですが、実は訪問業者があまり訪問しない建物があります。それはアパートです。アパートと聞いてすでにピンとくる方もいらっしゃると思いま...続きを読む

      2018/04/23 雨季や梅雨に備えて破損した雨樋を直しましょう雨樋工事|横浜市中区
      雨季や梅雨に備えて破損した雨樋を直しましょう雨樋工事|横浜市中区

         雨樋は雨が降っているときに役立ちます。長年使い続けますので、気が付くと不具合が起こっていることがあります。雨樋の敵は風や重さです。台風や大雨、積雪などがそれに当たります。割れたり、撓んだり、無くなったりします。これからは雨季や梅雨といった時期に入っていきますので、必要なときに役立つようにしておきましょう。     【破損した雨樋は直しましょう】...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市中区の施工事例一覧

      横浜市中区の施工事例 屋根カバー工事 外壁塗装工事

      【施工内容】
      外壁塗装 屋根カバー工法 屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      横浜市保土ヶ谷区にていつもより日差しを感じると思ったら庇のポリカがなくなっていました

      横浜市保土ヶ谷区にていつもより日差しを感じると思ったら庇のポリカがなくなっていました

      台風後にベランダに出たらいつもと何か違うと見回した所、ベランダにあります庇のポリ...続きを読む

      横浜市南区を襲った台風の猛威、ケラバ水切りが飛ばされた

      横浜市南区を襲った台風の猛威、ケラバ水切りが飛ばされた

      過去にも毎年何回も台風が神奈川県上空を通過しておりますが、今回の台風24号の破壊...続きを読む

      横浜市瀬谷区にてアマチュア無線アンテナが倒れ瓦が割れてしまい穴が開いてしまいました

      横浜市瀬谷区にてアマチュア無線アンテナが倒れ瓦が割れてしまい穴が開いてしまいました

      趣味でアマチュア無線をやられていたお客様。台風によりアンテナが倒れてしまい瓦屋根...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      横浜市南区で日本瓦から金属系屋根材エコグラーニへ葺き替え
      横浜市南区で日本瓦から金属系屋根材エコグラーニへ葺き替え
      施工内容
      屋根葺き替え,瓦屋根から金属屋根へ屋根葺き替え,その他の工事
      築年数
      使用材料

      お問い合わせバナー