屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 断熱材と一体になった製品も…進化し続ける金属屋根材について知.....

断熱材と一体になった製品も…進化し続ける金属屋根材について知りましょう

更新日:2020年7月10日

 最近金属屋根材が屋根リフォームや新築で使用されています。金属屋根材はトタンやブリキが随分前から住宅に使用されていましたが、錆びやすいという点でやはり敬遠されがちな存在だったかと思います。近年はガルバリウム鋼板・ジンカリウム鋼板が主流になりつつあり興味があるという方も多いのではないでしょうか?

 実は金属屋根材と一言で言っても様々な種類があり、中には金属屋根材のデメリットをカバーした製品もあるんです。今回はそんな近年進化し続けているガルバリウム鋼板と断熱材が一体になった金属屋根材や印象をがらりと変える金属屋根材についてご紹介したいと思います。

断熱材と一体になった金属屋根材

 

ガルバリウム鋼板の特徴

 金属と聞くとどのような印象を持たれるでしょう?シンプル?強い?錆びる?金属は日々の生活でも身近にあるため、生活の仕方等で金属に持たれる印象も違うでしょう。

錆びが気になる金属屋根材 シンプルな形状の金属屋根

ただ従来使用されていたトタン等の印象が強い方は、おそらく現在の金属屋根材を見ると驚かれるかと思います。というのも現在主流となっているガルバリウム鋼板は非常に進化しているからです。

ガルバリウム鋼板の特徴

・錆びにくい

 ガルバリウム鋼板が注目されている理由としてトタン等よりもはるかに錆びにくい特徴が挙げられます。ガルバリウム鋼板はアルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%からなるアルミ亜鉛合金めっき鋼板です。この割合が非常に重要であり、亜鉛が多いと犠牲防食作用により一時的に錆が進行し、アルミニウムが多いと強固な不動体皮膜を形成するものの一度錆びてしまえばあっという間に劣化してしまいます。これらの良さを活かし高い性能を発揮するために質量比が大切でしっかり決められているのです。

 

・高耐久

 上述した「錆びにくい」という特徴はいうなれば錆びにくいが故に耐久性も高い状態を保持し続けられるという事です。錆が発生しにくいため塗装等のメンテナンスサイクルも15年超と非常に長く補修のわずらわしさもありません。トタンと較べると費用はもちろん高いですがメンテナンスの回数を考えれば決して無駄にはなりません。

・軽量

 ガルバリウム鋼板はだいたい0.35㎜厚みのものが使用されます。瓦やスレートと比較しても非常に薄く、その分非常に軽く仕上げられます。屋根材を軽く仕上げるという事は地震時の建物全体の揺れも軽減され、耐震性向上に役立ちます。地震大国日本では近年建物全体の軽量化が進められています。もちろん耐震計算はされているため瓦であっても何ら問題ありませんが、構造を強くするという事は建物全体のコストが跳ね上がるのです。軽量化がリーズナブルな住宅を手に入れる方法といっても過言ではないでしょう(だからこそコストの高いタイルや瓦には強い憧れがあるという方もいらっしゃるでしょう)。

・遮音性・断熱性が心配

 薄いガルバリウム鋼板だからこそ「遮音性・断熱性が低そう」という印象もあります。瓦は厚み・施工方法により高い断熱性・遮音性を誇っているため金属屋根材に対しての不安は残るかと思います。しかし最近のガルバリウム鋼板はあらゆる対策でそれらの不安を解消する動きが高まっています。後程屋根材の種類と特徴でご紹介させていただきますね。

・全く錆びないというわけではない

 吸水性の低いタイルや瓦はメンテナンス回数が低いことで知られていますが、補修の必要性が全くないというわけではありませんよね?
棟板金交換に使用されるガルバリウム鋼板 錆びにくいガルバリウム鋼板
ガルバリウム鋼板も同様、強風で棟板金が飛散することもあれば錆びて穴あきが起こることもあります。どれほど高い耐久性を持っていても劣化を防ぐためにはメンテナンスが欠かせないということはしっかりご理解ください。

高性能な金属屋根材

 薄い金属屋根材だからこそやはり気になるのが遮音性・断熱性ですよね。これらのデメリットをカバーするために各屋根材メーカーはさまざまな工夫を取り入れています。そこで今回は2種類の金属屋根材についてご紹介します。

・石粒吹き付け鋼板(ディーズルーフィング)

ジンカリウム鋼板

 金属屋根材の表面に着色された自然石粒を吹き付けられた屋根材ですが、実はこの鋼板はガルバリウム鋼板ではなくジンカリウム鋼板が使用されています。ジンカリウム鋼板はオーストラリアにある「BlueScope」社が登録商標を取ったものですが実際の質量比率はガルバリウム鋼板とほとんど変わりません。
 金属屋根材表面に石粒を吹き付けることで雨が当たった時の音を大きく軽減させ、高い遮音性を図った屋根材になります。屋根材本体も表面に露出しないため劣化しにくく長い耐久性が見込めます。シンプルなディプロマット、表面がデコボコとしているエコグラーニ、平板瓦の印象が漂うクラシックタイル、洋瓦のようなローマン等、形状によって住宅の印象も大きく変わりますので、種類や色を比較してみても面白いです。

・スーパーガルテクト(IG工業)

断熱材と一体になったスーパーガルテクト スーパーガルテクト_Sシェイドチャコール

 こちらはガルバリウム鋼板と断熱材が一体になった金属屋根材です。断熱材がすでに取り付けられていますので遮音性・断熱性は格段に向上します。またスーパーガルテクトの大きな特徴として沿岸地域でも海岸から500m離れていれば保証対象になるという優れた製品です。塩害で劣化しやすい金属屋根材は保証対象になるだけで珍しい話です。

 断熱材と一体になっている屋根材は他メーカーでも販売されており、遮熱性鋼板が使用されている等特徴も異なります。メーカーによって強みも違いますので見た目・特徴を比較して検討してみましょう。

金属屋根材はカバー工法にうってつけ

 各屋根材メーカーが工夫をしながら高性能の金属屋根材を販売していますが、「本当に効果はあるの?」と不安視されている声も少なくありません。金属屋根材が注目されたそもそものきっかけは屋根カバー工法です。

ガルバリウム鋼板によるカバー工法 複雑な屋根形状

既存の屋根材に被せるように施工することから本来、金属屋根材の遮音性・断熱性は気になる機会が少なかったのですが、軽量化も進み新築や葺き替え工事に採用されることが多くなったため遮音性・断熱性が求められるようになりました。
 端的に言ってしまえばスレートへ屋根カバー工法を行うときには遮音性・断熱性は気にされる必要がありません。葺き替え工事や新築時も小屋裏断熱や屋根断熱が採用されますので、そこに断熱材と一体になった金属屋根材を使用されるかはお客様のご要望次第です。既存スレートやシングル屋根材が寿命を迎えコストを抑えたいという方はぜひ屋根カバー工法でのメンテナンスを選択肢に入れてみましょう。

屋根断熱・天井断熱

 上記で断熱材と屋根材が一体になった金属屋根材のご紹介をしましたが、屋根での断熱方法は主に2つに分けられます。

・屋根断熱
 屋根に断熱材を取り付ける方法です。屋根の勾配に沿って断熱材を取り付けるため、小屋裏に空間ができて収納スペースなどを作ることができます。また、天井断熱より2階の断熱効果が高いので、屋根に近い部屋でも快適に過ごすことができます。一方で、天井断熱に比べて費用が高いことや、断熱材の厚さに制限があることがデメリットです。

・天井断熱
 天井に断熱材を設置する方法です。屋根断熱に比べて施工範囲が狭いので、費用は安くなります。また、冷暖房する空間が天井から下の空間だけなので、屋根断熱に比べると冷暖房費が抑えられます。デメリットは、小屋裏を利用できないことや、屋根断熱に比べて施工に技術が必要なので、職人の腕によって仕上がりが左右されることです。天井断熱をする際は、施工業者をきちんと選ぶことが重要です。

まとめ

 近年台風や雹、地震等異常気象が多く目につくようになりました。今までは何ら問題なかった屋根材であってもいつ何が起きるかはわかりません。またメンテナンスを怠れば不意に雨漏りを起こすことは目に見えます。今後安心して生活するために軽量で割れない金属屋根材を使用したリフォームをご検討されることも必要です。メンテナンスの際には今お困りになっていることを解決することが非常に重要です。私たち街の屋根やさんはお住まい無料点検によりお客様のお住まいに対して適切なメンテナンスをご提案させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説
 一般的な戸建て住宅においては今や使われていない建物を探す方が難しいと思わせる素材がガルバリウム鋼板です。軽いことから屋根リフォームで人気の高い屋根カバー工法の選択肢となりやすい屋根材ですし、耐用年数が長いことから屋根葺き替えでも選ばれることが多くなってきました。2014年には従来のガルバリウム鋼板…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
一番強い金属屋根、トタン・ガルバリウム・エスジーエル(次世代ガルバリウム)を徹底比較
一番強い金属屋根、トタン・ガルバリウム・エスジーエル(次世代ガルバリウム)を徹底比較
 建物に使われる金属製の屋根材にはさまざまなものがありますが、一般的な戸建て住宅に使われているのはトタン、ガルバリウム、エスジーエルのいずれかがほとんどです。この中で最も耐用年数長く、一番コストパフォーマンスが高い金属屋根材はどれなのでしょうか。さまざまな面から比較します。 【動画で確認「金属屋根…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング
 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。  高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。  寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重み…続きを読む
屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!
屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!
 お住まいのご購入、そして住み続けるための維持管理、人間が生活していく上で基本となる「衣食住」はいずれもお金がかかります。 特に「住」、お家のことに関しては購入する際にかなりの金額を必要としますし、数十年に渡って維持していくのにも相当な費用がかかります。 また、お子様がいるご家庭では「学」にもお金が…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
自然石粒の高級感、金属屋根材ディーズルーフィング
自然石粒の高級感、金属屋根材ディーズルーフィング
 雨、風、太陽熱と、建物で最も厳しい環境にさらされている屋根。それだけ傷みやすく、メンテナンスや修繕に意外と費用がかかります。 長く住むことを考えるなら、コストパフォーマンスに加えて安全性や室内設計の自由度にも目を向けて屋根を選びたいものです。 ハリケーンの多いアメリカ・カリフォルニアで生まれた屋…続きを読む
屋根の専門家が教える、金属屋根(ガルバリウム)のメンテナンス方法とご自身で点検できる4つのチェックポイント
屋根の専門家が教える、金属屋根(ガルバリウム)のメンテナンス方法とご自身で点検できる4つのチェックポイント
 お住まいもお体と同じです。悪いところは早期に発見し、迅速にケアしてあげれば、大事に至ることはありませんし、費用もお安くなります。定期的な点検の他、悪天候後も検査してあげれば完璧でしょう。しかし、屋根に上るのは危険ですし、体の病状の判断と同じように、その道の専門家でなければ不具合を見逃してしまうこと…続きを読む
屋根材について
屋根材について
 みなさんはご自身の家の屋根材についてどれほどご存じでしょうか?ほとんどのみなさんがよくご理解してらっしゃらないのではないでしょうか? まず、屋根材は主に【瓦】【スレート】【金属】の3つに大きく分けられます。それぞれの屋根材の特徴をここでは簡単にご説明致します。瓦とは 瓦と一口にいっても様々な種類が…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる