屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > アスファルトシングルとコロニアルの違い

アスファルトシングルとコロニアルの違い

更新日:2021年3月16日

 屋根材にも色々な種類がありますが、アスファルトシングルとコロニアルはどちらも薄型なため比較されることがあります。お住まいは屋根で決まると言われるほど、建物の寿命に大きく影響を与えるのが屋根です。特に屋根材による違いは大きく、耐久性やメンテナンス性によって今後のメンテナンスが変わってきます。
 このページではそれぞれの特徴や違い、メリット・デメリットなどをご紹介させていただきます。

アスファルトシングル

アスファルトシングルとコロニアルの特徴

アスファルトシングル
 名前の通りアスファルトをガラス繊維でコーティングし、砂粒などの材を付着させた屋根材です。屋根材の歴史はコロニアルよりも古く100年以上前に北米で生まれて普及し、現在では日本においても多くのお住いに使われています。アスファルトは、防水材に使われていることから防水性が高く、それを基材としたアスファルトシングルも当然高い防水性能を有しています。また、コロニアルと違い材自体が柔らかいため、飛来物などの衝撃によるクラックの発生はほとんどありません。

コロニアル
 一般的にコロニアルといっても、実はこの名はケイミュー株式会社が販売しているスレート屋根材の商品名をいいます。シェア率が高かったことからスレートというよりもコロニアルの名前の方が広く認知されたようですね。
そもそもスレートとはセメントと繊維質を混ぜて板状に加工した屋根材です。

アスファルトシングル  コロニアル

 

アスファルトシングルとコロニアルのメリット・デメリット

アスファルトシングルのメリット
 非常に高い防水性能があることと、多くの製品に長期の防水保証がついていることが大きなメリットと言えます。また、防音性にも優れており雨音などが天然石がクッションになり騒音に悩まされることはないでしょう。他にも施工のしやすさがあります。前項でもお話した通り、材自体が柔らかいことから加工をカッターやハサミでできる利点があります。それにより、作業がしやすく複雑な形状の屋根においても対応できる扱いやすい特徴があります。
 そしてアスファルトシングルは軽量な屋根材です。近年では地震に対する意識が高まっており、耐震や免震などのお住いが注目されています。実は屋根を軽くすることで地震の揺れを軽減できるため、軽量な屋根材への交換工事も多くなっています。
 そして最後に瓦や金属の屋根材と比較して価格が安いメリットがあります。

アスファルトシングルのデメリット
 表面に石粒が施されていますが、経年によってこれが剥がれ落ちてくることがあります。それによって雨樋に砂粒が溜まってしまったり、意匠性を損なってしまうデメリットがあります。
 他にも傾斜がゆるい屋根材には設置が不向きで、3.5寸以上の勾配がないと雨漏りの危険が高まります。

アスファルトシングルの表面の石粒が剥がれている アスファルトシングルは施工がしやすい

 

コロニアルのメリット
 価格のやすさから多くの住宅に使用されています。また、瓦などに比較して軽量であることや、多くの屋根に使用されていることから、施工できる業者が多いのも大きなメリットと言えます。耐用年数は20年程度ですが、定期的に塗装をすることで長持ちさせることも可能です。

コロニアルのデメリット
 年数が経つことで劣化が進みひび割れや欠けなどが発生します。また、古いコロニアルで2004年以前の製品にはアスベストが使われている可能性があります。アスベストは飛散によって人体に吸い込まれると肺がんなどの病気を引き起こすことがあります。現在はアスベストが使われていませんが、含まれている屋根材を工事する場合は作業に加え処分にも別途費用がかかります。

コロニアルが欠けている コロニアルの屋根塗装の様子

アスファルトシングルとコロニアルの共通点

 比較されるケースがあるのは、やはり多くの共通点があるからです。

形状の薄さ
 屋根材が薄いことで、将来的に屋根材が傷んだ場合に屋根葺き替えだけでなく、屋根カバー工法といった手段も選ぶことが可能です。屋根カバー工法は既存の屋根に屋根を重ねる工法で、瓦など厚みがあったり凹凸がある屋根材には不向きです。既存の屋根を撤去しないため、廃材が少なく工期も短いため工事費用を抑えるといった利点もあります。

勾配がゆるい屋根には不向き
 どちらも傾斜がゆるいと、屋根材同士の隙間から浸水する可能性があります。とはいっても瓦や金属の横葺き屋根なども同様に傾斜のゆるい屋根には不向きです。では、実際にどのような屋根が向いているかというと、棟から軒先まで一枚の屋根材で構成された屋根です。瓦棒葺きのような縦葺き屋根材は、傾斜がゆるくても継ぎ目が無いため雨水の侵入の危険が少ないです。

屋根材の重量
 コロニアルもアスファルトシングルも重さはそこまで違いがありません。重量的には粘土瓦は一番重く、その次がコロニアルやアスファルトシングル、一番軽量なのは金属屋根材です。

金属屋根材への屋根カバー工法 ディプロマットで屋根カバー工法

 

アスファルトシングルとコロニアルの相違点

 コロニアルは経年によって表面が傷む前に塗装をすることで、寿命を延ばすことが可能ですが、コロニアルは一概に塗装をして長持ちするとは言いにくいです。理由はアスファルトシングルは表面に石粒が施されているためで、塗装をしても耐用年数が伸びるとは考えにくいのです。
しかし、メンテナンスとしてではなく、景観を変えるという意味での塗装ができるという意味ではアスファルトシングルもコロニアルも同じです。
 他にも施工のしやすさでいったら柔らかいアスファルトシングルに分がありハサミなどでも容易に加工できます。それに対してコロニアルは硬いため専用のカッターをが必要になります。
街の屋根やさんではお住いの状況やお施主様のご要望から、最適なご提案をさせていただきますので、「我が家に適した屋根材はなんだろう?」といったご質問についてもお気軽にご相談ください。

※詳しくは施工の流れを御覧ください

このページに関連するコンテンツをご紹介

アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法
アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法
 皆さんは「屋根材」というとどのような屋根を思い浮かべるでしょう?多くの方は瓦やスレートではないでしょうか?新築を検討されている方や最近リフォームをされた方であれば金属屋根材も注目しているかと思います。これらはすべて日本国内の住宅で上記3種類の屋根材を使用しており毎日意識せずとも見ているからですよね…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる