屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 棟瓦のメンテナンス時に知っておきたい瓦の積み方

棟瓦のメンテナンス時に知っておきたい瓦の積み方

更新日:2021年5月7日

 棟瓦とは屋根の棟部分に積まれた瓦を言います。棟は屋根の面と面が付き合わさる部分で、雨漏りなどをさせないために瓦を積んで棟を作っていますが、このページでは棟の工事における棟瓦の積み方や漆喰補修、棟のトラブル事例などをご紹介いたします。

棟瓦の積み方

棟瓦の積み方と使われる瓦の種類

 棟瓦と一言でいっても数種類の瓦によって棟を構成しています。使われるのはまず土台に熨斗瓦、その上にかまぼこ型の冠瓦、棟の端には鬼瓦が使われます。
 棟瓦の積み方として、まず土台部分に土を詰め、熨斗瓦を上に設置します。熨斗瓦の上に冠瓦を取り付け銅線で固定、鬼瓦も同様に設置し漆喰で塗り固めます。土台部分にも詰めた土が出土しないように漆喰を塗って工事は完了となります。

熨斗瓦 漆喰

 

棟瓦積み直し工事の様子

 それでは実際の工事様子をご紹介していきます。工事のきっかけは台風によって棟瓦が飛散してしまったためで、実は2019年の令和元年東日本台風の影響によるものでした。この台風によって棟の被害だけでも相当数街の屋根やさんに補修の相談がありましたが、今回のお施主様は馴染みの瓦やさんに依頼していたそうです。しかし、この時は瓦の供給が追いつかず、結局お断りされてしまった経緯で私達街の屋根やさんにご連絡をいただきました。
 まず現地を確認させていただきましたが、棟瓦が飛散しているため雨漏りさせないようブルーシートと土嚢袋で仮養生している状態でした。

棟瓦積み直し工事 棟瓦積み直し工事 熨斗瓦とを設置し漆喰を詰める

 最初に仮養生を撤去し、棟瓦が飛散している棟を一旦解体します(左写真)。棟に使われていた土なども土嚢袋に入れて、きれいに清掃をしてから新しい棟を作っていきます。
 右写真のように熨斗瓦を設置し、その中には葺き土ではなく南蛮漆喰のシルガードを詰めていきます。南蛮漆喰は葺き土の代わりになるもので、通常葺き土には粘土や砂利などをまぜるなどで使用しますが、南蛮漆喰にも同様の効果があるだけでなく葺き土よりも高い防水性能があることが特徴です。

 熨斗瓦を高く積むことで、棟の防水性はより向上します。また、熨斗瓦の積む段数が高ければそれだけ見た目も立派になる反面、地震や台風による被害も受けやすくなるため、施工スタッフの技術の見せ所でもあります。
熨斗瓦の上から冠瓦を取り付け、銅線で固定すれば棟瓦取り直し工事は完了です。

 

漆喰交換(漆喰詰め替え工事)

 棟に使われている漆喰は10数年で劣化が進み、最初は変色やひび割れ、さらに進行が進むと剥がれ落ちて中の土が出てきてしまうといった問題に発展します。棟の土台に使われていることから、中の土が出てくると棟を支えられなくなり、歪んだり、しまいには崩れてしまうため、漆喰に異常が見られた場合は速やかに補修するようにしましょう。
 今回は古くなった漆喰を剥がして新しい漆喰を詰め直す漆喰詰め直し工事を行います。

 まずは古い漆喰は剥がします(左写真)。古い漆喰が残っていると、その上から新しい漆喰を詰めても剥がれやすくなるため、剥がしたあとは清掃を行ってから漆喰を詰めていきます(右写真)
 使用した漆喰は南蛮漆喰の水シャットです。シリコンが使われていることから水をよく弾き水の浸水を防ぐ漆喰です。

 青いテープはマスキングテープです。施工を行う箇所を予めテープで印を付けて作業を進めていきます。(左写真)数日で行う作業の場合は、このように一日ですすめる箇所をマークし、作業を翌日に持ち越すというケースもあります。
漆喰を丁寧に詰め、表面をきれいに仕上げれば工事は完了です。

 

棟瓦のメンテナンスのサイン

 上記の様な工事を行う上で、実は事前に問題が発生しているサインによって早めに対応することができます。屋根はに風雨にさらされる箇所です。また、夏場は非常に高温になりますが冬は氷点下まで下がるといった過酷な環境ですので、それだけ外的要因による劣化が進みやすいのです。そのため、健全な状態であるならまだしも、ちょっとした不具合箇所が発生しただけでそこから被害が大きくなるというケースも珍しくありません。問題が発生したらなるべく早く対応することが被害を最小にするために重要になってくるのです。
 まずは漆喰の変色や剥がれです。瓦は数十年〜100年などもつとても耐久性が高い屋根材です。しかし漆喰はそこまで長持ちしないため10年ほどで交換をする必要があります。その目安として漆喰の変色や剥がれが見られたら、漆喰交換時期と判断できます。
 他にも瓦の割れというケースもあります。多くの場合は瓦は自然に割れるよりも、地震の揺れや強風による飛来物があたったことで割れが発生します。瓦が割れればそこから雨水が侵入し雨漏りにも繋がりますので注意が必要です。
 棟においては本来まっすぐになっていますが、曲がっていたりしている場合も補修が必要になります。
 街の屋根やさんでは屋根の状態を確認するにあたり、可能であれば屋根に上って目視による調査を行います。また屋根の勾配が急であったり屋根材の劣化が激しく乗ると割れてしまうような屋根に上れない状況であれば、はしごをから見える範囲での点検やドローンを使っての調査を行います。これから棟の工事をお考えの方は点検・お見積り無料の街の屋根やさんにお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる