屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市旭区にて台風被害、強風により棟板金とスレート屋根材の飛.....

横浜市旭区にて台風被害、強風により棟板金とスレート屋根材の飛散

更新日:2018年10月2日

台風で屋根が捲れてしまったとのお問合せがあり、お客様のご不安を取り除くべく本日は横浜市旭区のお宅へ調査に伺いました。

台風24号が過ぎたばかりというのに、今週は週末にかけて雨予報や台風25号もきており、お客様は心配されております。

【軒先やケラバからスレートが飛散しています】

ケラバと呼ばれる部分の板金は飛び散っており、谷・谷樋と呼ばれる屋根と屋根が重なる部分などに用いられる板金も軒先から捲れてしまっていました。

こちらは構造上どうしても雨水や雪などが集まりやすくなっているため築年数が経過しているお宅などでは雨漏りに繋がる事が多い箇所になります。

さらにその上に屋根の頂上に上がっていく途中のスレート屋根が無残に飛散してしまっており、防水紙(ルーフィング)が見えてしまっています。

写真にはスレート屋根を固定するために打ち付けてある釘も見え、早急に復旧が必要と分かります。放置すると雨漏りに繋がるばかりか、下地まで痛めてしまうと大事になってしまいます。

【所々に見える穴】

こちらは反対側から撮った写真です。隣の写真も含め穴がいくつも見えますがこれはスレート屋根を下地(野地板)に止める為の釘がスレート屋根が飛散した時に一緒に巻き込まれて飛散し、なくなってしまっている跡です。

釘ごと屋根材を吹き飛ばしてしまう台風は一晩で屋根をこの様な状態にしてしまう事がございます。

今回の台風でも板金が落ちてしまったというお問合せが多く、まだ庭先や敷地内に落ちてくれていたから良かったものの、通行人あたってしまったりなどの二次被害があったらと思うと・・・と調査に伺うとよく言われます。

あと調査にお伺いして多いのが、屋根の塗装はしたのに棟板金などはビスで補強などもせずにそのままにされている事が多い所です。

弊社では現場調査時に屋根に上がらせて頂く際、必ず見れるものは全て見てお客様にわかりやすくご説明し、塗装だけではなく板金などの補強もよくご提案しておりますが、他業者ではあまりそこまでお客様にお話ししている所が少ないように感じます。歯痒いです。今回捲れてしまった板金は谷などでビス補強はできないですが、よく見ると棟板金を固定するための釘も半分以上出てしまっているところも多く見受けられました。

また、こちらの建物はまだ塗装してそんなに年数が経っていないとの事でしたが、タスペーサーという縁切り作業がされているところとされていないところが目立ち、結果屋根材の裏側に回った雨水や小屋裏の湿気の逃げ場が無くなり屋根材を傷めていたかもしれません。

右は建物の4隅に張ってある、テレビを見る為のアンテナを支える為の支線(しせん)ですが、1本外れてしまって現在3本でアンテナを支えていました。

これではバランスも悪く、次に同じような強風にさらされたときにアンテナの倒壊もありえます。

 

単純に屋根といっても屋根の上にはテレビを見る為のアンテナや屋根材、付随する役物など様々なものがあります。日頃目につかない所だからこそ、築年数が経ったお宅は点検をして大きい出費になる前に劣化を止めるなどのリフォームをされてみてはいかがでしょうか。

街の屋根やさんでは屋根に関するお困りごとには何にでも対応しております。ご連絡お待ちしております。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!
 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか? 台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受ける…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう
 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。  地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。【動画で確認…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング
 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。  高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。  寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重み…続きを読む
屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!
屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!
 お住まいのご購入、そして住み続けるための維持管理、人間が生活していく上で基本となる「衣食住」はいずれもお金がかかります。 特に「住」、お家のことに関しては購入する際にかなりの金額を必要としますし、数十年に渡って維持していくのにも相当な費用がかかります。 また、お子様がいるご家庭では「学」にもお金が…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
屋根材について
屋根材について
 みなさんはご自身の家の屋根材についてどれほどご存じでしょうか?ほとんどのみなさんがよくご理解してらっしゃらないのではないでしょうか? まず、屋根材は主に【瓦】【スレート】【金属】の3つに大きく分けられます。それぞれの屋根材の特徴をここでは簡単にご説明致します。瓦とは 瓦と一口にいっても様々な種類が…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市旭区のその他のブログ

      2021/05/13 築25年の横浜市旭区今宿東町のスレート屋根のお住まいに屋根葺き替え工事をご提案

       今回は横浜市旭区今宿東町のお住まいでスレート屋根の調査を行った際の様子をご紹介いたします。 お住まいは築25年ほどで、9年前に屋根塗装を行ったそうです。しかし、屋根が全体的に白く変色しているように見えます。 このような状態になる原因は何なのか、調査を進めて行きます。 スレート屋根には適切...続きを読む

      2021/04/20 横浜市旭区白根でマンションのALCの斜壁は防水工事で保護します

       横浜市旭区白根で外壁の塗装工事をおこなっています。3階建てのマンションで鉄骨造で外壁にALCパネルが張ってあります。 一部壁が斜めになっている斜壁(しゃへき)があり、そこにもALCが使用されているのですが、経年劣化によって表面に塗装した会った塗膜が剥がれALC自体が掛けたり割れたりしている部分があ...続きを読む

      2021/04/9 横浜市旭区中白根で過去に塗装したスレートの点検、表面が白く見えるのは塗膜が剥がれているからです

       過去に塗装したスレートも経過と共に劣化していきます。元々が傷んきたことで塗装をする訳ですから、塗膜が劣化してくれば再び塗装で塗り直さなければならなくなります。横浜市旭区中白根にお住いになられているT様のお宅のスレート屋根は、8年ほど前に塗装を行っておりました。「最近になって白く見えるところが増えて...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市旭区のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      18年
      使用材料
      ニスクカラーProつや消し Sブラック

      その他の施工事例一覧→

      屋根補修工事を行った現場ブログ

      2021/04/22 横浜市港北区大倉山にて強風の影響でポリカ波板が割れて飛散、飛散しなかった部分も固定が緩くなっている時は全部交換しておきましょう

       横浜市港北区大倉山にお住まいのS様より、庭ある庇のポリカ波板が強風の影響でいつのまにか数枚なくなってしまっていた。中古で購入した時からあった為に何年経っているか不明な為に一度点検調査をして必要な工事が何かを教えてほしいとご相談を頂きました。 お住まいの築年数は30年近く経過しているとの事でしたが、...続きを読む

      2021/04/7 横浜市港南区下永谷でスレート屋根の調査、板金が外れてスレートが破損しておりました

       スレートは割れる屋根材です。スレートを長持ちさせるためには、定期的に塗装でのメンテナンスが必要になります。横浜市港南区下永谷にお住いになられているI様より「家の屋根が破損した」とお困りのご相談がございました。メンテナンスを行うタイミングが遅れると、より不具合が起こりやすくなります。実際にスレート屋...続きを読む

      2021/04/2 高座郡寒川町岡田にて令和元年房総半島台風で棟瓦が倒壊し、平部の瓦も破損していました

       台風などの自然災害でお住まいが破損してしまった場合には、素早く応急処置を行い、その後適切な補修工事を行う事が大切です。応急処置は、被害の拡大化や二次災害を防ぐことが出来ますので、必ず行うようにしましょう。 高座郡寒川町岡田にお住まいのお客様邸は、令和元年房総半島台風による被害を受けてしまったようで...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根補修工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS
      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      26年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる