屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市泉区和泉中央北にて築40年の木造2階建て瓦棒葺き屋根を.....

横浜市泉区和泉中央北にて築40年の木造2階建て瓦棒葺き屋根を調査しました

更新日:2019年2月28日

昨年の台風後に屋根の状態が心配になっていたところで雨樋も含め屋根調査の必要性を感じていた事がきっかけで弊社にお問合せいただきました横浜市泉区和泉中央北のI様邸へ屋根調査にお伺いしました。

瓦棒葺きはよくアパートや戸建てにもよく使われた工法です。あまり手間もかからなくコストも安価に抑えられるためによく戦後から使われていました屋根葺きの一種です。主に緩勾配で使われます。

 

棟板金を固定する為に打ち込んである釘が経年により浮き、錆びが出てしまっています

棟板金の釘が経年による錆びで釘頭などもなくなって固定力が弱まってしまっています。

さすがに築40年で一度も屋根リフォームをされていないとの事でしたので、屋根表面も色褪せが激しく状態は決していいとは言えない状態でした。

特に屋根材をおさえる棟板金の釘の浮きが顕著に見らました。

また台風などが来た時にこのままでは飛散してしまうのではないかと思う程、どこの釘も浮きが見て取れます。この時点では棟板金交換工事が最低行っておかなければいけないと分かります。

 

固定力を失った棟板金は台風時などに飛散し二次被害を起こす危険があります

棟板金の何かしらの異常は、屋根全体を見直すいい機会だと思います。 棟板金の固定力を試す為に横から手を差し込むと軽く浮いてしまいます。

I様邸は寄棟の瓦棒葺きです。貫板や心木が経年による何かしらが原因の雨水の浸入を許してしまっていると、腐食いたします。

(雨漏りでお悩みの方はこちらをご覧ください。)

棟板金の中にあります貫板や屋根材を固定する為に棟から軒へ流れて設置してある心木など、木材が腐ってしまうと屋根全体が飛散する可能性がございます。

昨年も特に瓦棒葺きの屋根で、長年リフォームをしていなかったお宅などで一番多かったのが心木に固定している釘が飛散してしまい、屋根が台風で吹き飛ばされてしまった、2階室内から空が見えるなどでした。

 

テレビ用アンテナを支える屋根馬、アンテナを取り付けているポールが腐食してしまっており、錆びが屋根材に流れてしまっています。 軒先には必ず設置してある雪止めも錆が進んでしまっているのと、釘が抜けかかっている箇所もあり、不安が残ります。

 

屋根全体を見回すために歩いていると一番気になるのが野地板の腐食です。どこを歩いてもミシミシと音が鳴り、絨毯の上を歩いている様に軽く沈む所もありました。屋根材の中にありますルーフィングや野地板も耐用年数があります。築40年近く何もしてこなかったならば、雨漏りがしているかもと思ってしまうのは自然な流れだと思います。

一般的によく見るような屋根より、緩勾配のデメリットとしては雨水の流れが悪く、その結果雨漏りに繋がりやすいというのがあります。

特に瓦棒葺きは、雨樋が設置してある軒先の方の心木が雨水を吸い込んで腐食してしまい、それが原因となり釘で固定してある屋根1面ごと吹き飛ばされるというのがあります。最近は瓦棒葺きが進化した立平葺きもあります。どちらもシンプルで屋根材の繋ぎ目も少なくコロニアルや横葺きの金属屋根に比べメリットもありますが、やはり心木が雨水を吸ってしまって腐るなどありますので、どんな屋根材にも一長一短があります。

築年数が30年前後のお宅はルーフィングも踏まえ屋根の葺き替え工事を検討する時期と考えていた方がいいでしょう。

 

 

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなとこ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市泉区のその他のブログ

      2021/05/16 横浜市泉区中田南で過去に塗装されたスレート屋根の調査、塗膜は艶を失い傷んでおりました

       スレートは使用し続けることで塗装でのメンテナンスが必須な屋根材です。屋根で使用し始めてから10年くらいで1度塗装して、それからも定期的に塗装していなかなければ傷みの進行を遅らせることが出来ません。横浜市泉区中田南にお住いになられているM様のお宅より「屋根が傷みでして来ているようだ」とご心配なご相談...続きを読む

      2021/05/13 横浜市泉区和泉中央南にてスレート屋根の棟板金が剥がれ、塗膜の劣化も見られます

       横浜市泉区和泉中央南でお住まいになられるK様より、「棟板金が外れてしまった」とのお問い合わせをいただきました。屋根にはスレートが使用されており、築19年が経過しているとのことです。 調査のために屋根へ上らせていただくと、棟板金が剥がれている状態と塗膜の劣化が確認できました。スレート屋根の防水性  ...続きを読む

      2021/03/13 横浜市泉区中田南でスレート屋根の点検、スレートの染みと棟板金の凹みが確認されました

       築年数が経過したスレート屋根は、徐々にあちこちで傷み始めてきます。横浜市泉区中田南にお住いになられているT様のお宅では、これまでにスレート屋根のメンテナンスを定期的に行ってきておりました。以前に塗装を行っているスレート屋根でしたが、ここ10年近くは何もメンテナンスしていないそうです。過去に塗装して...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市泉区のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      12年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sオレンジ
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      30年
      使用材料
      屋根:コロニアルクアッド

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる