屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市神奈川区|雨樋のたわみの原因は雪によるものです

横浜市神奈川区|雨樋のたわみの原因は雪によるものです

更新日:2018年2月26日

本日は横浜市神奈川区にお住いのY様宅より「雨樋の途中から水が漏れるので調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。詳しくお伺いすると、雨の降った翌日、二階のベランダ横の軒樋から水が漏れているのが確認されたそうです。遠目での確認で、はっきりと見えてるわけではないのですが、樋の途中に水が溜まり、そこに穴が開いているのではないかとの事です。

雨樋のたわみ

実際に問題の樋を確認すると、問題の箇所で樋がたわんでいるのが見て取れます。また、そのたわんだところに水が溜まっているのも確認できます。樋自体には亀裂や穴などは見受けられず、水漏れと見られた原因は、樋がたわんで、そのたわんだ所に溜まった水が流れ落ちる事によるものだと判断できます。Y様宅で使用されている樋はエスロンの古い型の半月タイプになります。こちらの半月は一般の住宅に使用されている角樋などに比べ、容量が小さく、若干、排水能力も劣る事が考えられます。大量の雨などで排水が間に合わず、途中で溢れてしまうケースなどです。しかし、今回の場合ははっきりとたわんでいるのが見て取れるので、おそらく原因は先日降った雪の影響によるものではないかと推測できます。

エスロン・半月 軒樋・繋ぎ目

実際にY様も樋からの水漏れを確認したのは雪が降った後からの様で、雪による重みで樋がたわんだと見て間違いない様です。一度たわんでしまった樋を元通りにするのは難しいので、たわんだ樋を交換するかたちになります。同じ樋や部材があれば、たわんだ箇所を切断して、途中から(部材を挟んで)樋をつなぎ合わせることも出来るのですが、Y様宅の樋は古い型で、現在は廃盤になっております。樋を交換するにも似た形状のもので交換する事になります。その際は、たわんでいる部分とつながっている軒樋は全体的に交換するかたちになります。

屋根・雨樋調査 型の古い樋

今回は雪による影響との事もあり、保険の適用が認められれば、費用の負担は少なくて済みます。Y様は共済保険に加入しているとの事でしたので、これから保険の申請を行い、たわんでしまった部分の樋の交換工事を行います。樋自体古い型なので、全体的に交換を行うのも一つではありますが、Y様宅では先々で建て替えなども検討しているとの事で、今回は部分的な交換のみを行うことになりました。
街の屋根やさんでは部分的な修理、交換も行います。小さな事でも、建物に関して気になる事がございましたら(フリーダイヤル0120-989-936まで)お気軽にご相談ください。調査・お見積りは無料です。

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市神奈川区のその他のブログ

      2018/09/6 横浜市神奈川区で台風被害、消えた鼻隠し(はなかくし)と雨樋エスロンE70の調査
      横浜市神奈川区で台風被害、消えた鼻隠し(はなかくし)と雨樋エスロンE70の調査

         本日は台風21号によって雨樋が外れてしまったとの事がきっかけでお問合せを頂きました横浜市神奈川区のお宅に調査に参りました。 今回の台風の影響は凄まじく、様々なところに爪痕を残していきました。 お客様から、お電話口では雨樋を支える金具が外れているだけだから金具を打ち直しすればいけるんじゃないかと言われてましたが、現地に着いたらそうではありませんでした。 【欠けた、と...続きを読む

      2018/08/17 横浜市神奈川区にて、玄関廻りの擁壁笠木にガルバリウム鋼板を使ったカバー工事を行いました
      横浜市神奈川区にて、玄関廻りの擁壁笠木にガルバリウム鋼板を使ったカバー工事を行いました

         本日は横浜市神奈川区S様宅で行いました、擁壁笠木のカバー工事の様子をお伝えいたします。S様宅の擁壁にはステンレス製の笠木が施工されております。築は20年程で、笠木に関しては当時のまま、点検やメンテナンスは行ったことが無いとの事でした。先月、その笠木の角部分にトラックの荷台がぶつかり、部分的な修理を行ったのですが、その際、下地の木部の劣化が窺え、全体的にメンテナンスが必要な旨をお...続きを読む

      2018/05/23 駐車場やベランダのルーフを直すならお早めに|横浜市神奈川区
      駐車場やベランダのルーフを直すならお早めに|横浜市神奈川区

         屋根はご自宅以外にも、駐車場やベランダにあるお宅があります。駐車場やベランダに使用されている屋根は、ルーフなど呼ばれております。駐車場に設置されているルーフは、紫外線から車を守ったり、風による飛散物などから守ったりするために設置されているようです。ベランダに設置されているルーフは、多少の雨であってもお洗濯物を干せたりとベランダをより有効に活用することが可能です。しかし、長い年月...続きを読む

      2018/04/23 横浜市神奈川区|擁壁笠木の部分修理を行いました
      横浜市神奈川区|擁壁笠木の部分修理を行いました

         本日は横浜市神奈川区のS様宅で行いました、擁壁笠木修理工事の様子をお伝えいたします。先日、S様宅の擁壁にトラック(軽く擦った程度に)ぶつかり、笠木部分を壊してしまった様で、壊れた部分の復旧工事のご依頼を頂きました。擦った箇所は笠木部分の角になります。 被せてあったステンレスが下地ごと剥がれております。よく見ると、下地の木が腐食しているのが確認できます。20年ほど...続きを読む

      2018/03/16 横浜市神奈川区|屋根材のひび割れ・補修方法、処置の仕方
      横浜市神奈川区|屋根材のひび割れ・補修方法、処置の仕方

         本日は横浜市神奈川区にお住まいのF様より、屋根外壁塗装に関する調査のご依頼を頂きました。F様宅は築10年、ご近所も同じ時期に建てられた建物が多く、ここ最近になって周りで塗装や建物に関するメンテナンス工事が目に付くようになり、F様もこの期に点検を行い、建物全体の塗装をお考えになったとの事です。 F様宅の外壁はモルタル仕上げになっております。モルタル外壁は、おおよそ...続きを読む

      2018/02/27 横浜市神奈川区|雨樋の詰まりを未然に防ぐ雨樋清掃
      横浜市神奈川区|雨樋の詰まりを未然に防ぐ雨樋清掃

         本日は横浜市神奈川区のO様宅へ雨樋の詰まりの点検と雨樋清掃を行ってまいりました。O様宅は築10年、今回、屋根外壁の塗装工事を行う予定でおります。そこで、足場を組むのならと、落ち葉が多い環境で気になっていた雨樋の点検と清掃も行う事になりました。 O様宅の裏手の敷地は山になっており、十分な管理がされていない状況だそうです。そのため、年中落ち葉や枯れ葉に悩まされている...続きを読む

      2018/02/12 横浜市神奈川区|板金部分の塗装はケレンを行い錆止めを
      横浜市神奈川区|板金部分の塗装はケレンを行い錆止めを

         本日は横浜市神奈川区I様宅の屋根塗装の様子をお伝えいたします。I様宅は築10年、今回が初めての塗装メンテナンスになります。初めての塗装は塗料の吸い込みが通常よりも激しい事が予想されます。その為、下塗り材をしっかりと塗っていくことが大切です。塗装の工程は基本的に下塗りを行い、中塗り、上塗りと3度塗りの工程になります。まずは屋根の下塗りの様子です。 今回I様宅で使用...続きを読む

      2018/01/26 横浜市神奈川区|落ち葉が原因の雨樋の詰まり・対策方法は!?
      横浜市神奈川区|落ち葉が原因の雨樋の詰まり・対策方法は!?

         本日は横浜市神奈川区にお住いのO様より「隣の敷地からの落ち葉が原因で、雨樋が詰まっていないか調査をしてほしい」とのご依頼を頂きました。O様のお宅は築10年で、ちょうど全体的なメンテナンスも考える時期との事もあり、建物全体の点検も兼ねて雨樋の詰まりの調査を行いました。 まず屋根に関してですが、築10年ですので下地に関しては問題がないのですが、屋根材の表面(塗膜)の...続きを読む

      2018/01/22 横浜市神奈川区|玄関サイドの空間に庇を設置しました
      横浜市神奈川区|玄関サイドの空間に庇を設置しました

         本日は横浜市神奈川区のN様宅より、玄関両サイドの空間に雨除けの庇の設置工事を行った様子をお伝えいたします。こちらのお宅では先月、玄関前の屋根の破風に板金を巻く「破風板板金カバー工事」を行いました。今回はその屋根の両サイド(玄関出入り口すぐの箇所)の空間部分に雨よけの庇をつけてほしいとのご依頼を頂きました。 大きさとしては縦70センチ・横35センチ程になります。多...続きを読む

      2018/01/21 築25年のスレート屋根はカバー工事でメンテナンス|横浜市神奈川区
      築25年のスレート屋根はカバー工事でメンテナンス|横浜市神奈川区

         明日は関東地方でも雪予報なので積もらないかが心配ですね。今日は横浜市神奈川区で屋根の調査をおこないました。お問合せのきっかけは、棟板金が浮いていると近所で工事中だという業者に言われたそうです。この様な話は最近特に増えていて、調査に伺うと換気棟だったり棟板金のジョイント部分で板金が厚くなっている所を指摘して『浮いている』という事が非常に多くなっています。数年前から同じ様なお問合せ...続きを読む

      2018/01/21 横浜市神奈川区|海外から帰宅したら棟板金が飛散していた
      横浜市神奈川区|海外から帰宅したら棟板金が飛散していた

         本日は横浜市神奈川区にお住いのM様より「屋根の棟板金が落ちてしまった」とのご相談を頂きました。M様は現在お仕事の都合で海外に住んでおり、3か月ぶりに日本のご自宅へ戻られたそうです。その際、近所の方から「台風時に屋根の板金が飛散しているのを発見した」との指摘を受け、板金の一部が庭に落ちているのを確認したとの事です。 築は30年以上は経っているそうで、屋根のメンテナ...続きを読む

      2017/12/25 横浜市神奈川区|破風板を板金でカバーしました
      横浜市神奈川区|破風板を板金でカバーしました

         本日は横浜市神奈川区にあるお宅から、玄関前の破風板に板金を巻く「破風板板金カバー工事」の様子をお伝えいたします。破風板の役割としては、耐風・耐火性能の向上、壁面の保護、意匠性の向上があげられます。傷んだ破風板を補修する方法としては、破風板の状態にもよりますが、塗装、金属板金巻き、破風板交換になります。今回はガルバリウム鋼板の板で既存の木製破風板をカバーする方法を採用します。 ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市神奈川区の施工事例一覧

      横浜市神奈川区|破風板の劣化に板金でカバーを行いました

      【施工内容】

      ガルバリウム鋼板

      築20年の化粧スレートにエコグラーニで屋根カバー|横浜市神奈川区

      【施工内容】

      エコグラーニ

      横浜市神奈川区で劣化した破風板を板金で巻いたメンテナンス!!

      【施工内容】
      破風板板金巻き工事

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      横浜市都筑区にて倉庫の雨樋から水が溢れでてしまう原因を調査しました

      横浜市都筑区にて倉庫の雨樋から水が溢れでてしまう原因を調査しました

      本日の現場は、とある会社の倉庫の雨樋から水が溢れており、屋根の波板ポリカから雨漏...続きを読む

      横浜市旭区|雨樋補修工事・這樋のズレを直します

      横浜市旭区|雨樋補修工事・這樋のズレを直します

      本日は横浜市旭区のM様宅より、雨樋補修工事の様子をお伝えいたします。M様宅の雨樋...続きを読む

      廃盤であるエスロンE70の雨樋調査|横浜市旭区

      廃盤であるエスロンE70の雨樋調査|横浜市旭区

      本日は雨樋から水が溢れ近隣へご迷惑がかかっているから見に来てほしいとの事がきっか...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      お問い合わせバナー