屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > ブログ > 瓦屋根の構造を6つのポイントでご紹介します

瓦屋根の構造を6つのポイントでご紹介します

更新日:2020年9月15日

瓦屋根の構造は、普段の生活ではどうなっているのか見ることはできません。実際には新築で建てる場合や屋根葺き替え工事を行うときに意識することになりますが、そういった場合に業者との打ち合わせでよくわからない言葉がでてきて戸惑ってしまう…といったことはよくお聞きします。
私達、街の屋根やさんではできるだけ難しい言葉を使わず、わかりやすい説明をさせていただきますが、すべての業者がそうとは限りません。これから新築を建てる方、屋根リフォームをご検討の方はぜひこのページで瓦屋根の構造について学んでいただければと思います。

屋根瓦の構造

実は瓦に限らず、屋根の構造的にはスレートも金属も大きな違いはありません。瓦やスレートなどは屋根材といって屋根の構造の一部です。その下にはルーフィング、野地板、垂木といったレイヤー構造になっており、屋根の頂上部分は棟が設置されています。他にも破風や鼻隠し・軒天など部分ごとに役割があります。

屋根材

屋根材は屋根の構造の中でも一番外側にあたります。屋根材は直接雨風が当たる場所であり、さらには昼夜や季節によっても温度差が激しい過酷な環境になるため、それに耐えうるような耐久性が求められます。
屋根材の中でも瓦は耐久性がダントツで高く、スレートが20年ほど、金属が30年ほどと比較すると40年から50年と瓦は長寿命です。その分価格はスレートよりも割高ですが、瓦は塗装などのメンテナンスも不要ですので長期的なランニングコストは抑えることができます。
デメリットとしては、瓦は陶器なので重量があることで、またそれに耐えうる強固な躯体が必要になるため建築時のコストも割高になります。

スレート屋根 金属屋根材の屋根

 

ルーフィング(防水紙)

屋根材の下に設置されるのがルーフィングです。あまり知られていませんが、瓦だけですべての雨水の侵入を防ぐことはできません。雨量や風の方向、強さなど条件によっては瓦の隙間から中に侵入してしまうことがあるため、ルーフィングで雨水は完全シャットアウトします。
逆に瓦が一部割れてしまっても、ルーフィングに破れなどがなければすぐに雨漏りするようなことはありません。
※上記の状態が長く続けばルーフィングが劣化しますので、早めの対処をするようにしましょう。
ルーフィングには色々な種類があり、アスファルトルーフィングや、更に耐久性を高めた改質アスファルトルーフィング、他にも透湿性を有したものもあります。

防水紙(ルーフィング) 防水紙が経年劣化で穴が空いている

 

野地板

ルーフィングの下には野地板が設置されています。合板で厚さは9mmもしくは12mmが主流で、大きさは1800mm ✕ 900mmです。雨漏りした場合、その期間が長くなると、この野地板にも傷みが出てきてしまい、そうなった場合は屋根材を撤去して野地板を交換する必要がでてきます。
よく野地板を「コンパネ」といったりしますが、コンパネはコンクリートの型枠に使われるもので、コンクリートパネルが正式な名称で、実は野地板使われるものとは別ものです。サイズは一緒なため、野地板=コンパネと混在されていますが、実際に野地板に使われるものは構造用合板です。

野地板 野地板用の構造用合板

垂木

野地板を支えているのが垂木です。約45cmの間隔で設置されており、この上に野地板を設置していきます。屋根材を固定する場合、この垂木にめがけて釘やビスを打つことで屋根材をしっかり固定でき屋根材のズレなどを起こしにくくします。
垂木に使われる材には種類があり、瓦などの重量がある場合は幅6cmで高さ7.5cmの材を使います。これに対してスレートや金属などの場合は幅4.5cmで高さ6cmと瓦よりも細い垂木が使われています。

垂木 垂木の設置間隔は45cm

 

棟は屋根の頂上部分や、そこから軒先に降りてきている部分に当たる箇所で、屋根の面と面が交わる部分を言います。屋根の頂上部分は大棟、それに対して軒先に向かっている部分は隅棟(すみむね)・下り棟などと呼びます。
棟に使われる瓦は棟瓦といい、土台部分には土が詰められ、その周りを漆喰で固めます。土台部分の上には熨斗瓦を積んで最後に冠瓦を設置するような流れで作られます。
棟は屋根の構造の中でも比較的トラブルが多く、その原因には漆喰の剥がれからの雨漏りや棟の歪みなどがあります。瓦は耐久性が高いのですが、漆喰はそこまで長持ちせず20年ほどで漆喰を交換する必要があります。

棟瓦は土と漆喰で土台を作り、その上から熨斗瓦と冠瓦を乗せる 棟は大棟と隅棟などの名称がある

 

屋根の構造的な問題の事例紹介

屋根の不具合の中でも、多いのは瓦の割れやズレなどですが、交換用の瓦があれば部分的な差し替えで済むケースも多いです。しかし、瓦の下の野地板や垂木にトラブルが発生している場合は大掛かりな工事が必要になります。

・野地板が水分で腐食しており、屋根の歩くとぶかぶかと沈み込む
・屋根の平部が波打っている
・軒先が下がっている

これらの問題が見つかった場合は屋根葺き替え工事に合わせて野地板や垂木の交換まで必要になります。「瓦は長持ちでメンテナンスフリー」と思われていても、その下の防水紙や漆喰はそこまで長持ちしませんので時期を見て専門業者への調査を依頼しましょう。私達街の屋根やさんでは現地調査を行い、屋根の状態を確認した上で必要な工事のご提案をいたします。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      瓦屋根の構造に関連するブログ

      2020/08/17 瓦屋根の歴史と変わりつつある補修方法について一挙ご紹介
       皆さんの知る瓦屋根は他の屋根材よりも「落ちる」「ずれる」イメージが多いのではないでしょうか?確かに少し前は土葺きと呼ばれる工法で瓦自体固定がされていない状態でした。そのため地震があればすぐに瓦が落ちる設計だったのですが、建物全体を崩壊させない為の手段だったようです。現在は建物構造もしっかりしており、あえて瓦を落とすという施工方法は行わないのですが、瓦自体が ...続きを読む
      2019/05/29 逗子市桜山の瓦屋根で確認、隙間に詰まった落ち葉や枯れ葉が雨漏りに繋がることもあります
      逗子市桜山にお住いのI様より、「ときどき雨漏りするときがあるので見てほしい」とご不安なご相談がございましたので調査にお伺いいたしました。逗子市桜山I様のお宅の屋根は粘土瓦を使用した入母屋造りの屋根でした。瓦屋根で度々雨漏りするときには確認しておかなくてはならないポイントがいくつかございますが、その中の一つをご紹介したいと思います。   ...続きを読む

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる

      イオン銀行住宅ローン