屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > ブログ > いぶし瓦の性能や特徴、メンテナンス方法をご紹介します

いぶし瓦の性能や特徴、メンテナンス方法をご紹介します

更新日:2020年10月15日

 いぶし瓦とは、数ある粘土瓦の一種です。粘土を窯で焼いて瓦に仕上げる途中に、窯の中で燻す工程を経ていぶし瓦はつくられます。粘土瓦でいぶし瓦と同様に多く使われているのが釉薬瓦ですが、それと比較していぶし瓦は落ち着きがあり、独特の雰囲気をもっているため、多くのお住いに使われています。
 このページではいぶし瓦について、メリット・デメリットやメンテナンス方法についてご紹介いたします。

いぶし瓦

いぶし瓦はどんな瓦?

 最初にお話した通り、粘土瓦の一種であるいぶし瓦。名前の由来は作る工程で窯で燻(いぶ)すためで、この工程によって独特の灰色の瓦に仕上がります。
 いぶし、という言葉でもうひとつ思い当たるのが「いぶし銀」です。これはいぶした銀の風合いを色で例えた言葉ですが、それよりも華やかさわなくとも、確かな実力や魅力があるという意味で使われています。いぶし瓦の色はまさしくいぶし銀で、ツヤもなく、灰色という地味な色ではありますが日本の風土にマッチし、和風建築よく合うこのいぶし瓦は古くから愛されてきました。
 いぶし瓦が作られる工程として、まず粘土を焼き上げますが、その最後の工程で窯を密閉させて煙で燻して表面処理をしています。これを燻化工程といいますが、このとき表面には炭素膜が作られ、それが瓦を全体的に覆っていぶし銀の瓦にできあがります。炭素膜によって、素焼きの粘土瓦よりも劣化に強く長持ちしますが、屋根全体での重量はほんの少し素焼き瓦よりも重くなります。

いぶし瓦 日本の風土にあった景観 いぶし瓦 古い建物にも多く使われている

 

いぶし瓦は経年によって色ムラが起こる?

 よくいぶし瓦が使われているお住いで、部分的に色が変わっている状態を見たことはないでしょうか?実はこれは表面の炭素膜が経年によって剥がれたために起こる現象です。炭素膜があることで表面の保護機能は向上しますが、それがなくとも粘土瓦はとても耐久性が高く大きな影響はないと言えます。
 この色ムラはむしろいぶし瓦独特の味ともいえ、好まれる傾向があります。とくに日本家屋は古くなることで趣が出て、良さが増すと言われていますが、いぶし瓦はそれに一役買っていると言えるでしょう。

いぶし瓦は経年で色ムラが発生する いぶし瓦 色ムラ

いぶし瓦と釉薬瓦の違い

 同じ粘土瓦であるいぶし瓦と釉薬瓦ですが、いぶし銀ないぶし瓦とは対比し、ツヤがあり色鮮やかなのは釉薬瓦です。釉薬というガラス質のうわ薬と表面に塗って乾燥させ、さらに1150度の高温で焼成して瓦に密着させます。そのため、めったなことで表面の釉薬が剥がれることはなく、長期間美しい色合いを保持します。それに対していぶし瓦は経年によって表面の炭素膜が落ちるため、色ムラがみられるようになります。当初の景観を維持したい方には釉薬瓦に分がありますが、経年とともに変化するといういぶし瓦もその良さがあるといえるでしょう。
 気になる性能についてですが、耐久性や強度など屋根材に求められる性能としてほとんど変わりはありません。ですので、いぶし瓦と釉薬瓦での性能では選ぶよりも、見た目などの好みになるのではないでしょうか。

釉薬瓦 釉薬瓦は様々な色が出せる

 

いぶし瓦のメリット

 粘土瓦全般に言えるメリットになりますが、何よりもメンテナンスフリーであることが大きいです。経年で表面の炭素膜が剥がれるという変化はありますが、だからといって塗装をする必要はなく、50年以上もの耐用年数があります。また、遮音性の高さや燃えにくさ(難燃性)。屋根材としてとても優秀と言えるでしょう。
 また、見た目の良さや日本の建物にとてもよく合う景観もいぶし瓦のメリットといえます。

いぶし瓦のデメリット

 釉薬瓦のように表面にガラス層がないことから、若干ではありますが凍害や塩害に弱い可能性があります。また、これは軽量な金属屋根材やスレートと比較して、重量があることもデメリットです。
 屋根材が重くなるとどうしてもそれを支える躯体に負荷がかかるため、太くて丈夫な材が必要にないます。必然的に建築コスト高くなってしまうのです。また、地震による揺れにも屋根が重いことでダメージは大きくなるため、耐震を考えて軽量な屋根材への葺き替えを検討される方もいらっしゃいます。

地震で崩れた棟瓦の仮養生 地震で棟瓦が崩れている

いぶし瓦のメンテナンス

 メンテナンスフリーと言われるだけあっていぶし瓦に限らず粘土瓦自体は特別メンテナンスは必要あありません。しかし、だからといって屋根を放置していていいわけではないのです。
 瓦は何十年ももつとしても、その下に設置されている防水紙は10数年で寿命を迎え、経年劣化でひび割れや穴あきなどがでてきます。また、瓦屋根の棟などに使われる漆喰も10数年で変色からひび割れ、剥がれなどに発展するため、屋根としてのメンテナンスは必要になるのです。
 街の屋根やさんではお住いの無料点検を承っております。何も問題がないと思っていても、実際に屋根にのぼらなければわからない不具合もあります。とくに台風や強風があった後などは、気づかない破損箇所があり、それが何年も経って雨漏りになってしまったというケースも多いのです。
 長年異常がなかった方も、10年以上点検をしていないのであれば、ぜひ街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

いぶし瓦
いぶし瓦
     【特徴】薬品を焼成の際に塗らずに焼いたものです。その後蒸し焼きにすることによって、瓦全体が渋い銀色をした瓦となっています。10~15年ほどで年数の経過による変色があります。劣化が進むと水が浸透しやすくなるので注意が必要です。【メンテナンス】風や地震でズレたり割れたり、落ちたりすることがあり…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      いぶし瓦に関連するブログ

      2020/09/02 和瓦の特徴やメリット・デメリット、さらにメンテナンス方法をご紹介します
       和瓦(わがわら)とは屋根材の一種で、瓦の分類の中でも和風建築にマッチした瓦をいいます。和瓦という呼び名以外に日本瓦やJ形瓦、和形瓦とも言われており、純和風の建築以外に一般住宅にも広く使われています。和瓦は粘土を焼いた陶器瓦の一種で、とても耐久性が高く長持ちするのですが、やはりそれに付随したメンテナンスは必要不可欠です。  このページでは和瓦の特徴やメリッ ...続きを読む
      2020/07/30 屋根瓦の種類からリフォームに最適な性能や耐用年数、デザイン性を考える
      屋根瓦といえば日本では古くから様々な建物に使われている屋根材です。しかし、多くの人が瓦とイメージするのは粘土を焼いた粘土瓦のことだと思いますが、実はそれ以外にも様々な種類や特徴を持った瓦が存在します。 このページでは一般的な粘土瓦をはじめ、セメント瓦やコンクリート瓦についてご紹介いたします。 目次【表示】 目次【非表示】 ...続きを読む
      2020/06/10 瓦の種類によってメンテナンス方法が変わること、ご存じでしたか?
       昔から親しまれ使われている瓦ですが実は種類が多いこと、ご存じでしたか?厳密にいえば薄いセメント質のスレートも「スレート瓦」と呼ばれていますが、今回は和風住宅に使用されているような瓦の種類について少しご紹介したいと思います。中には塗装が必要な瓦もございますので、お住まいにはどの瓦が使用されているのかを確認の上メンテナンスに臨みましょう。 目 ...続きを読む
      2020/02/25 海老名市大谷北で築年数の経過した瓦屋根を調査、漆喰が剥がれて土が露出しておりました
      海老名市大谷北にお住いになられているT様より「自宅の屋根が古くなってきたの見てもらいたい」と調査のご依頼がございましたのでお伺いいたしました。築50年以上が経過しているという海老名市大谷北T様のお宅の建物は、これまでにも何度かメンテナンスを行ってきたそうですが、ここ20年近くは何も行ったはこなかったそうです。瓦が割れたときに新しい瓦と交換する程度とのことでし ...続きを読む

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン