屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > F型瓦の特徴とメンテナンス方法に関する6つのポイント

F型瓦の特徴とメンテナンス方法に関する6つのポイント

更新日:2020年12月18日

 瓦と一言でいってもその種類は複数あり、形状によって呼び名も変わってきます。F型瓦はその一種で平たい形をしたタイプの瓦で、比較的に洋風のお住まいに多く使われています。この瓦を使うことで屋根がフラットになるため景観的な好みだけでなく、屋根の上に太陽光パネルを設置しやすいといった利点などもあります。
 このページではF型瓦の機能やメンテナンス方法などをご紹介いたします。

F型瓦

F型瓦の名前の由来

 F型はその形状からFLAT(フラット)のFが由来という説がありますが、フランス瓦をモチーフにされた瓦のためFranceのFからとったとも言われます。また、他の呼び名として平板瓦(へいばんかわら)とも言われますが、どれも同じ形状のF型瓦を表すものです。

 

 

F形瓦の素材

 瓦というとみなさん一般的な和瓦である粘土素材をイメージすると思いますが、実は大きく分けて数種類の素材の瓦が使われいます。

・粘土瓦
 粘土を窯で焼き上げる瓦です。陶器と同じ作り方なので陶器瓦とも言われます。粘土瓦にも素焼きの瓦やガラス質の釉薬処理された釉薬瓦、窯の中で燻す燻瓦などがあります。それぞれ耐久性にも違いがあり、その中でも釉薬瓦が一番耐用年数が長いですが、粘土瓦はどの種類も耐用年数が50年ほどと長いことが特徴です。塗装などが必要ないのでメンテナンスフリーという利点もあります。

F型瓦 粘土瓦 F型瓦 粘土瓦

 

・セメント瓦
 名前の通りセメントが使われた瓦です。粘土瓦よりも価格が安いことや、粘土瓦よりも製造過程で破損などが少なく安定した生産ができることから広く普及していました。価格が安いメリットの反面、デメリットとして耐用年数が粘土瓦ほど長くなく、30年程度で交換時期を迎えます。また、メンテナンスとして塗装を定期的に行う必要があるなど粘土瓦よりも機能的には劣っています。

F型瓦 セメント瓦 F型瓦 セメント瓦

 

・金属瓦
 金属板を加工し、F形に成型された屋根材です。金属といえば経年によってサビなどがでるイメージがありますが、近年ではガルバリウム鋼鈑などのサビに強い材が多く使われており、30年のメーカー保証がついているもの多いです。粘土瓦やセメント瓦と比較し、軽量であることも大きな利点で景観的にF型瓦が好みでも耐震のために屋根を軽くしたいといったご要望の方にはマッチしているでしょう。メンテナンスとして定期的な塗装は必要ですが、表面にストーンチップが施されているものはメンテナンスフリーです。

F型瓦 金属 F型瓦 金属

 

F型瓦のメリット

 前項では材による違いをお話しましたので、形状におけるメリットについてご紹介いたします。F型瓦を使うことで屋根の凹凸が少なくなります。そのため屋根の景観がスッキリと見えるため洋風建築はもちろん、和風建築にもマッチするシンプルなデザインです。また、太陽光パネルの設置もしやすいことから、同じ瓦であってもS型瓦などよりも適していると言えます。他にも防災瓦によく使われる形状なので、オーバーラップロック構造などで固定力の強い製品も多いです。
形状がフラットなので接地面積あたりに使う瓦の枚数もS型やJ形よりも少ないため、工期が短く費用も抑えるといったメリットが挙げられます。

 

 

F型瓦のデメリット

 屋根からの断熱効果で重要なのは屋根材と下地との空気層です。空気層が十分あるS型などと比較し、F型瓦はあまりスペースがないため断熱効果はや通気性は若干劣ります。また、様々な種類のF型瓦が存在する反面、生産終了になっているものも多く、瓦の部分差し替えに対応できない場合もあります。

 

F型瓦と防災瓦

 日本は自然災害が多い国です。毎年のように訪れる台風や地震に耐えうる屋根が求められますが、その中でも自然災害に強く特化した屋根材が防災瓦です。台風や地震で特に被害が多くでるのが瓦で、強風や揺れによって瓦自体がずれてしまうケースです。粘土瓦やセメント瓦が多く使われていることから、その重さからも地震の揺れの影響を受けやすいことも原因です。
防災瓦の特徴としては、まずズレに強いロック構造になっていることです。瓦同士がしっかり結束していることに加え、ビスを使って下地に固定されているためズレが起こりにくいです。
また、軽量なものが多いので、地震の揺れによる建物が受けるダメージを軽減することもできます。防災瓦にも様々な形状がありますが、比較的F型瓦のタイプが多く見られるのは形状的にも適しているのでしょう。

F型瓦 防災瓦 F型瓦 劣化した防水紙

 

F型瓦のメンテナンス

 F型瓦の割れの場合は補修材を使って接着する補修があります。また、同じ瓦が入手できれば部分的な交換も可能です。防災瓦の場合は瓦同士をロックさせる必要があるので、ハンマーの柄などを使って慎重に少しずつ入れるようにします。知識がない方がやると、無理やり押し込んで瓦を割ってしまう危険がありますので、かならず専門業者に依頼するようにしましょう。
 セメント瓦や金属瓦の場合は10年程度の周期で塗装を行います。下地処理として高圧洗浄をし、下塗りから中塗り、上塗りと塗装を仕上げます。粘土瓦は基本メンテナンスフリーですが、瓦の下に設置されている防水紙は10年以上経っていると経年劣化が進んでいる場合がありますので、交換が必要になります。その場合は屋根葺き替え工事なども必要になりますので、街の屋根やさんのような専門業者に現地調査をお願いし、最適な工事を提案してもらうようにしましょう。

F型瓦 割れ F型瓦 劣化した防水紙

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる